中-長期噴火予測グループ研究集会報
告:これまでの成果、今後の研究計画、成
果公表に関して
中川光弘・中-長期噴火予測グループ
中長期噴火予測とは
• 火山の噴火の可能性(噴火ポテンシャル)
を数年~数10年あるいはそれ以上の長期
で評価する
噴火の規模・様式・場所
• 火山噴火推移予測
17世紀からの3火山一斉噴火事件
いつまで噴火活動は続くの
か?
中長期予測の現状
• 階段ダイアグラムを用いた予測
北海道駒ケ岳の例(宇井ほか,1997)
火山の活動:噴火活動期と休止期の存在
北海道駒ケ岳の噴出量階段図(Yoshimoto, 2001)
中長期噴火予測手法の確立に向けて
• 噴火史の精密復元
階段ダイアグラムは基本
• マグマ供給系・噴火メカ
ニズムの解明とその時
間変遷
• 火山毎のマグマ系-噴火
機構の把握と現況
->科学的予測へ
噴火・休止期では何が
起こっているか
火山のマグマ供給系
浅~中部マグマ貯蔵系の現状を知ることが大切
特定領域研究A05班「火山噴火の中長期予測手
法の開発」グループ集会
日時:9月16日ー17日
場所:北大理学部6号棟
出席者
分担者:中川光弘(北大)
協力者:吉本充宏(東大)・伴 雅雄(山形大)・
宮坂瑞穂(産総研)
研究支援員:杉原孝充(北大)
その他:北大の大学院生
研究発表の内容
•
•
樽前火山の中長期噴火予測ー層状マグマ溜まりの形成と進化ー 中川光弘(北大)
樽前火山噴出物のTa-c期におけるマグマ供給系の変遷
古堅千絵(北大)
• 海域に流入した北海道駒ケ岳火山1640年岩屑なだれの分布と体積:吉本充宏(東
大)
• 北海道駒ヶ岳,歴史時代噴火における珪長質マグマの変遷 高橋 良(北大)
•
有珠火山歴史時代噴火のマグマ供給系の変遷
松本亜希子(北大)
•
那須、蔵王火山の最近3万年間のマグマ供給系の機能
伴
雅雄(山形大)
•
伊豆諸島三宅島火山・歴史時代マグマ供給系の時間変化とカルデラ形成噴火の特
徴
宮坂瑞穂(産総研)
・ 十勝岳、最近3000年間の噴火史
藤原伸也(北大)
•
•
パプアニューギニア、ラバウルカルデラのタブルブル火山とブルカン火山における
1994年同時噴火のマグマ供給系について
高橋僚子(北大)
西南日本弧第三紀設楽火山地域の進化とマグマ成因
杉原孝光(北大)
2003年度の研究計画(赤は終了予定)
• 活動期にある火山のマグマ系の解析と噴火予測
駒ヶ岳・樽前・三宅島・有珠:中川・宮坂ほか
• 噴火史の詳細検討
十勝岳・有珠・樽前:吉本・中川ほか
• 過去の活動期のマグマ系の解析
樽前:宮坂・中川ほか
• 活動度の低い火山の噴火史とマグマ系
那須・蔵王:伴
• 噴火プロセスの検討
カルデラ火山・ラバウル・翁翁岳:中川・杉原
• 実験室整備(Mass+XRF):杉原・中川
研究ターゲット
マグマ供給系の解析
噴火史の精密復元・過去
の活動期の解析
2003年度から開始する研究
・活動期にある火山のマグマ系の解析と噴火予測
桜島:宮坂・中川
・噴火史の詳細検討
駒ケ岳:中川・吉本
・過去の活動期のマグマ系の解析
駒ケ岳:宮坂・中川
・実験室整備(ICP-MS):杉原・中川
スケジュールおよび要求されるもの
(スケジュール)
• 学会でのシンポジウム(合同)
• 研究集会(班毎+全体(年度末))
• 国際シンポジウム(AGU?)
(要求されるもの)
• 研究業績
国際誌
国内誌(査読あり・査読なし)
その他(マスコミ、普及講演など)
噴火予測グループの目標
• 学会発表
• 論文公表(最低2本/year)
2002‐03の実績
ルアペフ火山:Nakagawa et al.(2002)
翁翁岳:Nakagawa et al. (2002)
三宅島:Miyasaka & Nakagawa (2002), Miyasaka & Nakagawa (2003)
Miyasaka, Nakagawa & Nakada (submit)
有珠:中川ほか(2002), 中川ほか(投稿寸前)
駒ケ岳:高橋・中川(投稿寸前)
青麻:Ban et al. (submit)
樽前火山,歴史時代噴火活動での層状マグマ溜ま
りの形成とその進化:火山活動の長期予測に向けて
中川光弘1・平賀直人2・古川竜太3
1:北大・理院・地惑
2:日鉄鉱業
3:産総研
樽前山1909年溶岩ドーム
歴史時代活動
・大噴火の連発
・頻発する小噴火
・100年間の沈黙
マグマ系の変遷と現状
からの活動予測
樽前火山の噴出量階段図
今後は?
(いつ休止期
に?)
噴出物の時間変化
小規模(2桁小さい)
安山岩質マグマ主体へ
大規模・爆発的
フェルシックマグマが主体
珪長質岩の輝石斑晶組成
Ta-bとTa-aで差はない。
マフィック岩の輝石斑晶組成
Type 2
Ta-b:珪長質岩と同じ
Type 1
Ta-a(+最新期):Wo量の
異なる2タイプが出現
2つのタイプは非平衡
歴史時代噴火のマグマ
系:
成層マグマ溜まりの形成
と間歇的噴火
・1667年噴火でType 1マグマ(デイサイト質)と玄武岩
質マグマが混合し,Type 2マグマ(安山岩質)が生成
Type 2
噴出物の時間変化:成
層マグマ溜まりの進化
最新期(特に1874年
以降):噴出率が低下
して、Type2マグマの
比率が増大
成層マグマ溜まりからのマグマ吸出しプロセス
(下層マグマが噴出するには)
噴出率(Q)が高いほど
吸出し深さ(d)は大き
い。
Blake & Ivey (1986)
1667・1739年:高噴出率
最新期:低噴出率
タイプ2マグマが卓越する
最新期では上層マグマ(タ
イプ1)が薄く(少なく)なった
樽前火山、歴史時代噴火のマグマ供給系の変遷
低噴出率
混合マグマ
(Type 2マグマ)
浅い吸出し深度
Type 1マグマが欠乏
低温マグマ
(Type 1マグマ)
高噴出率
深い吸出し深度
高温マグマ
階段ダイアグラムから考えると
既に過去の実績
を越える,大量の
マグマを放出
・休止期に移行してもいいのでは?
まとめ
樽前火山のマグマ供給系の時間変化
• 1667噴火(Ta-b):低温マグマ溜まりに玄武岩質マグ
マが貫入・混合,そして成層マグマ溜まりが形成
• 1739噴火(Ta-a):成層マグマ溜まりに玄武岩質マグ
マ貫入
• 最新期:成層マグマ溜まりに玄武岩質マグマ貫入,
低温マグマがほぼ消費されつくした
現状:少量の混合マグマが存在しているだけ?
今後:大規模(Ta-b or –a)噴火は可能性低い
ダウンロード

Document