プロジェクト演習Ⅱ
インタラクティブゲーム制作
第3回
はじめての3Dプログラミング
3次元的お絵かき編
今日の内容
• 「すごい変数」を使ったプログラミング
• 「世界」を我が手に
• プログラムによる3次元的お絵かき
今週のプロジェクト
• 授業資料ページからダウンロードします
– 落としたZipファイルを解凍して、出てきた
フォルダを好きなところに配置
• 本来は毎回「新規作成→プロジェクト」
で作るのですが、色々サンプルなどを含
めることが多いので、とりあえずこうい
う形で進めます
中身
• First3D.sln
– これを開くとVisual
Studioが起動します
• First3D.vcproj
– こっちでも開きます
• main.cpp
– Visual Studio上で
読み書きする
プログラム本体です
• FKUT
– ないしょ☆
とりあえず開いてみよう
• ソリューション
エクスプローラー →
First3D → ソース
ファイル →main.cpp
• C++のプログラムで
主に書くのは
cppファイル
– hファイルもそのうち
書きます
今日のサンプル
• 先週のものより更に短いです
• その分色々こゆいです
• まずはコメントを含めて読んでみましょう
コメントによく出てくる
すごい変数プログラミング?
「すごい変数」とは?
• プログラミングに付きものの「変数」
• 普通のだと「数値」しか仕舞えません
– intには整数、doubleには実数が仕舞えます
• ですが世の中にはもっとすごい変数が
存在するのです
• “fkut_Window”とか”fkut_BlockModel”
がintやdoubleなどの変数型にあたる
– “window”や”block”が変数名
「すごい変数」のすごいところ
• 数値以外の「何か」を仕舞える
– 表現できる、といってもいい
• 「すごい変数」は「技」を持っている
– 呼び出し方
• すごい変数名.技の名前();
– 色々な設定をしたり、アクションを起こさせ
たりできる
• 自分で自由に「すごい変数」を作れる!
これからの時代は
「すごい変数プログラミング」
• またの名を
「オブジェクト指向プログラミング」と
言います
– すごい変数の型=「クラス」
– プログラム中で作ったすごい変数そのもの
=「オブジェクト」
– すごい変数が持っている技=「メンバ関数」
• 細かいことは後々で覚えても無問題
– まずは「すごい変数」を使いこなそう
数値で構築される世界の法則を知ろう
「世界」を我が手に
世界は数値で構築されている
• 確かめてみよう
• 下のコードを適当な
ところに追加
– window.showGuide
(FKUT_ALL_GUIDE);
• 赤の軸がX軸
• 緑の軸がY軸
• 1マスで距離5
数学のグラフを思い出してみよう
(嫌かも知れないけど)
•
•
•
•
右に行くほどX座標が大きくなる
左に行くほどX座標が小さくなる
上に行くほどY座標が大きくなる
下に行くほどY座標が小さくなる
• 軸の伸びている方がプラス、と覚えよう
• でもこれって2次元だよね?
実は三次元なんですよ
• 以下のコードを追記
– window.setCameraPos(0.0, 50.0, 100.0);
– window.setCameraFocus(0.0, 0.0, 0.0);
• さっきの追記は以下のように修正
• window.showGuide();
• さあ、どうなる?
座標とカメラ
• 青い軸がZ軸
• 最初は(0, 0, 100)の
地点から(0, 0, 0)を
見てました
• 今は(0, 50, 100)に
上昇して(0, 0, 0)を
見下ろしている状態
理屈が分かったところで
プログラムによる
3次元的お絵かき
とりあえず作れる図形は4種類
•
•
•
•
fkut_BlockModel で直方体
fkut_SphereModel で球
fkut_PrismModel で円錐
fkut_ConeModel で円柱
• 作りたい図形に応じて変数型を選ぶ
– 変数名は自分で好きに決めていい
• 全ての技は「変数名.技名();」で呼び出す
– いつまでも「技」とか言ってるとアレなので、
「命令」と言い換えましょう
作る手順
• create()でサイズを決める
– Blockの場合は(幅,高さ,奥行き)
– Sphereの場合は(角数,半径)
– Prismの場合は
(角数,上面半径,底面半径,高さ)
– Coneの場合は(角数,半径,高さ)
• 角数とは曲線の滑らかさをあらわす
– 曲線は角をたくさん作って擬似的に表現する
3Dでは単純な色と言わず
マテリアルと呼びます
• 単純に色が付かないのは3次元だから
– 光の向きによって陰影が付く
– 今は上から斜めに光が当たっている設定
• setMaterial()でマテリアルを指定する
– だいたいは英単語で指定できる
– 指定できるキーワードは別途資料を参照
位置と姿勢
• 位置はglMoveTo(x, y, z);で移動できます
• 姿勢がちょっと難しいです
– 全てのModelは作りたての時(0,0,-1)を
向いてます、これを「前」にします
– それを基準に向けたい方向を考えます
• 右(1,0,0)、左(-1,0,0)
• 上(0,1,0)、下(0,-1,0)
• 前(0,0,-1)、後(0,0,1)
– glVec(x, y, z);で向けたい方向を指定します
作例
fkut_BlockModel
kushi;
// すごい変数「直方体になる変数」
kushi.create(1.0, 1.0, 70.0);
kushi.setMaterial(Green);
kushi.glMoveTo(-2.5, -2.5, 0.0);
kushi.glVec(5.0, 15.0, 0.0);
window.entry(kushi);
//
//
//
//
//
fkut_SphereModel
// すごい変数「球になる変数」
dangoA, dangoB, dangoC;
縦横高さがの立方体を作る
色は黄色にする
直方体の中心点を指定する
右斜め上を向かせる
↑で先に作ったウィンドウ(window)に表示する
dangoA.create(8, 8.0);
dangoA.setMaterial(Yellow);
dangoA.glMoveTo(-5.0, -10.0, 0.0);
window.entry(dangoA);
// ↑で先に作ったウィンドウ(window)に表示する
dangoB.create(8, 8.0);
dangoB.setMaterial(Yellow);
dangoB.glMoveTo(0.0, 5.0, 0.0);
window.entry(dangoB);
// ↑で先に作ったウィンドウ(window)に表示する
dangoC.create(8, 8.0);
dangoC.setMaterial(Yellow);
dangoC.glMoveTo(5.0, 20.0, 0.0);
window.entry(dangoC);
// ↑で先に作ったウィンドウ(window)に表示する
こうなる
課題
• 以下のお題の図形を
作ってみよう
–
–
–
–
何かの動物(→はねこ)
自動車
サザエさん的なおうち
その他思いつくもの
• 自分の一番のお気に
入りをAssitで提出
ダウンロード

はじめての3Dプログラミング・3次元的お絵かき編