テーマ別解説
中学校における
情報モラル指導の実際
千葉県八千代市立八千代中学校 校長
坂本 仁
テーマ別解説
1 継続的・計画的な指導
 3年間を見通して、計画的
に取り組む
 学校全体での共通理解を
図る
 情報モラルの指導時間を
確保し、継続的に指導す
る
各種の情報モラル教材を活用
テーマ別解説
2 年間指導計画の立案
 子どもの実態を把握し、
学習内容を配置
 光の部分を活用できる
ように、具体的な活動を
通して指導
 年間指導計画が実施さ
れるような工夫が必要
情報モラル学習年間指導計画の例
 教務主任、情報教育主
任が連携
テーマ別解説
3 指導事例① チェーンメールの対処法
悪質なチェーンメールが
1年生の間で飛び交う
 緊急性を感じ、学年全体
ですぐに指導
 Web教材「ネット社会の
歩き方」、「迷惑メール
■ネット社会の歩き方
http://www.cec.or.jp/net-walk/ 相談センター」を使用
■迷惑メール相談センター
http://www.dekyo.or.jp/soudan/
テーマ別解説
◆指導ポイント
 チェーンメールは、転送し
なくても何も起こらないこ
とを理解させる
 チェーンメールを止める勇
気をもたせる
 受け取ったチェーンメール
は削除させる
 どうしてもストップできない
とき、不安なときの転送先
があることを指導
「ネット社会の歩き方」より抜粋
テーマ別解説
4 指導事例② 掲示板への書き込み
友だちの悪口、誹謗中傷
の書き込みや、いじめが
2年生の間で発生
■情報モラル研修教材2005
 書き込みをした生徒への
個別の指導
 各学級で、道徳の時間に
指導
 学級差が出ないように指
導案・資料は学年で用意
http://sweb.nctd.go.jp/2005/index.htm
テーマ別解説
◆指導ポイント
 うわさ話や悪口、写真を
ネット上に流すことは人権
侵害である
 一度流れたものは回収で
きない
情報モラル指導 M中学校の例
 どのような情報を発信す
るか、責任は大きい
テーマ別解説
5 指導事例③ PTAとの連携
「思春期の子どもと
インターネットとの関わり」
<PTA研修会の例>
PTA研修会 M中学校の例
 実際にインターネットにふれ
てもらう
 子どもに見せたくない有害情
報も見てもらう
保護者の関心を高める
テーマ別解説
◆PTA研修会の内容①
子どもを取り巻く現状と課題は何か
未熟の段階で大人社会と関わっている
・コミュニケーション
・情報に対する適切な判断力
・危険な情報に対する予防や対処力
子どももインターネットを通して
被害者・加害者になってしまう
*小中学生の1割が何らかの被害に
PTA研修会 M中学校「気をつけよう インターネットと携帯電話の使用」より
テーマ別解説
◆PTA研修会の内容②
家庭では <日本PTA全国協議会アンケートより>
 5割弱の家庭で、何の規制やルールも設けずに、自
由に使わせている
 保護者の知らないところで、子どもがインターネットを
利用している
 子どものほうが保護者よりインターネットに関する知
識をもっている
家庭のほうが危険性が高い
保護者も危険性を把握する必要がある
PTA研修会 M中学校「気をつけよう インターネットと携帯電話の使用」より
テーマ別解説
◆PTA研修会の内容③
家庭での対策
 家庭でのルール作り
・パソコンの置き場、利用時間など
・携帯電話の使い方
 家庭でのコミュニケーション
・利用状況の把握、危ない兆候を見逃さない
 フィルタリングソフトの導入
・有害情報の遮断、閲覧状況のチェック
PTA研修会 M中学校「気をつけよう インターネットと携帯電話の使用」より
テーマ別解説
◆PTA研修会の参加者の要望に応えて
保護者向け手引き書を配布 PTA広報誌の特集として
テーマ別解説
6 情報モラルを体系的に教えるために
指導計画を作成しておくこと
⇒「何を教えるか」が明確になる
⇒次の指導が容易に行える
場当たり的、一回限りの指導をしない
継続して指導を行う
ダウンロード

情報モラルの有効活用