ページをめくるにはクリックしてください。
糖尿病患者におけるPWV
(脈波伝播速度)
当院通院糖尿病患者648名からの解析
• 武田クリニック
武田 浩
ページをめくるにはクリックしてください
はじめに
•
•
動脈硬化は糖尿病合併症として重要である。PWVは非侵襲的に行える動脈硬化診断方法として有意義な検
査法である。
原理は血管が硬ければ(動脈硬化)心臓の拍動(脈波)が速く伝わり、柔らかければその速度(PWV)が遅く伝
わることに基づくものです。
PWVの測定法と問題点
•測定は両上肢、両下肢に血圧測定カフと胸部に心拍検出のプローブを貼り付けるだけで簡便に測定できる機械
を利用します。
•簡便であるが、再現性、年齢、血圧に左右され問題点を指摘する報告もあります。
目
的
•当院にて通院中の糖尿病患者の臨床パラメーターとPWVの間に何らかの相関がみられるか検討した。
•一年間の期間で経過観察しえた患者群において、PWVの改善に及ぼす、臨床パラメーター、糖尿病治療薬の
影響を検討した。
方
法
•当院通院糖尿病患者のうち2002年4月より、2003年7月の間に648名のPWVおよび、収縮期血圧、拡張期血圧、
体重、BMI、随時血糖、HbA1c、TC、TG、HDL-C、尿中ミクロアルブミンを測定した。
•さらにこの患者群のうちほぼ1年間経過観察しえた221名中、血圧が悪化し、PWVが改善しえた患者で来院時間
がほぼ一致している(1時間以内)群40名において、他のパラメーターの変化を検討した。 この間のパラメーター
は2002年4月から7月、2003年4月から7月の平均値を用いた。
•統計学的検討で相関に関しSpeaman、比較はWilcoxon t-testを利用した。
ページをめくるにはクリックしてください
患者総数
(男/女)
平均年齢
身長(cm)
体重(kg)
BMI
20歳時体重(kg)
過去最高体重(kg)
糖尿病罹病期間(年)
HbA1c(%)
随時血糖(mg/dl)
649
(424/225)
59.5±12.4
162.1±8.9
63.4±13.6
24.2±4.1
56.8±13.7
72.3±46.1
8.2±5
6.86±1.2
156.8±55.0
ページをめくるにはクリックしてください
y = 11.07 x + 229.38
R 2 = 0.20
-95%CI
脈
波
伝
播
速
度
-95%PI
4000
3500
3000
(PWV)
2500
2000
1500
1000
500
0
0
50
100
150
200
収縮期血圧(mm/Hg)
n=
648
Result of Correlation
Spearman
two-tail P=1.74E-33
rs=0.449
0.07
P<0.05 significant
correlation*
rs=0.449
0.10
P<0.01 significant
correlation**
ページをめくるにはクリックしてください
-95%CI
脈
波
伝
播
速
度
-95%PI
y = 0.48 x + 1607.65
R 2 = 0.01
4000
3500
3000
2500
(PWV)
2000
1500
1000
500
0
0
200
400
600
随時血糖値 mg/dl
n=
585
Result of Correlation
Spearman
two-tail P=0.001
rs=0.135
0.081
P<0.05 significant
correlation*
rs=0.135
0.106
P<0.01 significant
correlation**
ページをめくるにはクリックしてください
y = 34.03 x + 1445.61
R 2 = 0.01
-95%CI
脈
波
伝
播
速
度
-95%PI
4000
3500
3000
(PWV)
2500
2000
1500
1000
500
0
0
5
15
10
HbA1c(%)
n=
645
Result of
Correlation
Spearman
two-tail P=0.00531
rs=0.109
0.077
P<0.05 significant
correlation*
rs=0.109
0.101
P<0.01 significant
correlation**
y = 7.57 x + 1625.08
R 2 = 0.02
-95%CI
-95%PI
脈
波
伝
播
速
度
3500
3000
2500
2000
(PWV)
1500
1000
500
0
0
10
20
30
40
尿中ミクロアルブミン(mg/gCr)
n=
413
Result of
Correlation
Spearman
one-tail P=0.00835
rs=0.11
0.081
P<0.05 significant
correlation*
rs=0.11
0.114
P<0.01 significant
correlation**
two-tail
P=0.0167003328975539
rs=0.11
rs=0.11
0.096
P<0.05 significant
correlation*
0.126
P<0.01 no significant
correlation
ページをめくるにはクリックしてください
1年間の間に血圧悪化しPWVが改善した群(n=40)
180
3000
400
160
12
350
2500
収
縮
期
血
圧
140
脈
波
伝
導
速
度
(
120
100
10
随
時
血
糖
値
2000
250
1500
200
PWV
80
)
60
グ
リ
コ
ヘ
モ
グ
ロ
ビ
ン
300
8
6
150
1000
4
100
40
500
2
50
20
(mmHg)
0
0
before
after
two-tail P=1.89E-11
(%)
(mg/dl)
(cm/sec)
0
before
after
two-tail P=2.80E-8
0
before
after
two-tail P=0.00364
before
after
two-tail P=0.323
ページをめくるにはクリックしてください
まとめ
• 当院における糖尿病患者648名のPWVを測定した。PWVと血圧、随
時血糖、HbA1c、ミクロアルブミン尿との間に有意な相関を認めた。
• 一年間時系列的に観察しえた221名中、収縮期血圧が悪化し、PWV
が改善した40名において、随時血糖の有意な改善が認められたが、
HbA1cの改善は認められなかった。
• 当院における随時血糖の約95%は食後血糖であり、食後血糖の改
善がPWVの改善に関与することが示唆された。
ダウンロード

パワーポイントファイル