予備自衛官
~学生なのに公務員?~
北海道情報大学 情報メディア学部
情報メディア学科 新井山ゼミ
0421118 瀬戸 裕
予備自衛官とは?
• 予備自衛官(Reserve Candidate)
–
–
–
–
非常勤の自衛官
訓練召集命令により出頭、勤務
有事には国防長官の承認により出動(防衛・国民保護)
平時にも出動要請により出動(災害派遣など)
• 特徴
–
–
–
–
普段はそれぞれの職業に従事
年間に20日以内の訓練が必要
身分は特別職国家公務員
職種に関係なく仕官可能(一部例外あり)
予備自衛官とは?
• 公募と退役
– 従来の予備自衛官 → 自衛官退職者が任官
– 公募予備自衛官
→ 予備自衛官補より任官
• 一般公募
– 18歳以上34歳未満
– 予備自補からは陸軍へ所属
• 技能公募
– 18歳以上55歳未満(保有技能による)
– 医療、情報処理、土木建築、通信、語学、整備、電機
• 第1種・第2種情報処理、基本情報技術者、シスアドもあり
予備自衛官制度
• 即応予備自衛官
– 自衛隊経験者が任官
– 年間30日の訓練
• 予備自衛官
– 予備自衛官補から任官
– 年間20日以下の訓練
• 予備自衛官補
– 自衛官未経験者のみ
– 3年以内に50日の訓練
– 平成18年に本格導入
予備自衛官になるには?
• Step 1
– 採用試験の受験
• Step 2
– 予備自衛官補へ仕官
• Step 3
– 訓練召集命令に応じ出頭
• 3年間で50日間の訓練
• Step 4
– 教育訓練修了の翌日より予備自衛官に任用
絵: 金子氏
採用試験
• 受験資格
– 日本国籍を有する18~34歳
– 自衛官としての期間が1年未満
– 身長、体重、胸囲、肺活量その他が基準値内
• 試験
– 筆記試験(国数理社英)、作文
– 口述試験(面接)、適性検査
• 実際に受けてみたら…
– 筆記→国語と数学だけ
– 口述→1次面接程度、対策なし+徹夜でも合格
教育召集訓練
• 第一段階(20日間)
– 初歩的な識能の習得
• 第二段階(20日間)
– 戦闘行動の識能を習得
• 第三段階(10日間)
– 各種識能を総合化
※識能=知識と技能?
教育召集訓練期間
• 初年度は9月中旬~2月中旬まで
– 10工程、計50日間
• 段階的訓練
– 1工程5日間
– 5日間達成で次の訓練へ参加可能
– 訓練中は訓練召集手当てが支給
♪みんな大好きお金の時間♪
• 予備自衛官補
– 召集訓練で日額7,900円 支給
• 1回の訓練で39,500円!
• 全ての訓練をこなせば395,000円!
• 予備自衛官
– 月額4,000円の手当て
– 召集訓練で日額8,100円 支給
• 1回の訓練で40,500円!
• 任用中は年に48,000円の手当て!
• ちなみに
– 訓練中の被服、食事、起居は無償提供
– 災害補償、健康管理も万全
※税抜き
メリット・デメリット
• メリット
–
–
–
–
–
–
肉体的・精神的な鍛錬
集団行動などの体得
救急法などの習得
各種手当ての支給
自衛隊活動の学習
災害派遣
• デメリット
– 訓練期間中は泊り込み
– 有事での召集
– 訓練による欠勤、欠席
• 予備自補で50日
• 予備自で20日以内
• 事例なし
※公認欠席はとれません
訓練に対する保障
• 雇用企業給付金
– 月額42,500円の支払い
– 支給要件
• 訓練に理解を示すこと
– 不当解雇をしない
• 1年以上の継続雇用
• 出頭による勤務免除
• 予備自の広報
※学生に対する保障はなし
※予備自補は対象外?
そーゆー訳でして
• 9月より出稼ぎにいってきます
– ゼミには最低限しか参加できない予定
– 前倒しもそのため
※根性がなければ尻尾を巻いて帰ってきます
参考文献
• 防衛省 陸上自衛隊予備自衛官制度ホームページReserve
– http://www.mod.go.jp/gsdf/reserve/index.html
• 防衛省・自衛隊大阪地方協力本部 東大阪地域事務所公式
Webサイト
– http://homepage3.nifty.com/higasioosaka-jsdf/index.html
• 防衛省
– http://www.mod.go.jp/
• Wikipedia
– http://ja.wikipedia.org/wiki/
ダウンロード

Document