特定領域「火山爆発のダイナミックス」平成17年度シンポジウム
2006.3.3
水準測量から見た有珠山の
中長期的活動
北海道大学大学院理学研究科
地震火山研究観測センター
森
済
有珠山近傍の上下変動
活動期:活動火口を含む領域で大規模隆起
隆起停止が終息の目安
静穏期:定常的沈降、隆起中心が沈降中心
活動が古いほど沈降率小
次期活動直前まで継続的沈降
広域の変動
活動期:隆起・膨張⇔活動中心;100m程度以上の隆起
静穏期:収縮・沈降か?
中長期的な変動は?
有珠山周辺の一等水準路線
42゚45'N
J13
6609
6602
7170
7173
7189
J6
42゚30'N
噴火湾
洞爺湖
有珠山の20世紀の活動と
広域水準測量(国土地理院のデータ)
1905年
1.1910年明治新山生成活動
2.1943-45年昭和新山生成活動
1953年
1968年
3.1977-82年有珠新山生成活動
1985-86年
1992年(北は無し)
4.2000年新山生成活動
2000年(北のみ)
2004年
有珠山広域水準測量による比高経年変化
<既知>
活動期:局所的大規模隆起
静穏期:
有珠山近傍(半径数km程度)では、
恒常的沈降
過去の活動に対応した、沈降中心
を含む
(左図より)
有珠山に近いほど変動量大
活動期を含む→沈降
静穏期のみ →隆起
静穏期は深部ソースにマグマ蓄積
↓
広域隆起
(中心部は持続的沈降)
活動期には、マグマ上昇
↓
広域沈降
(中心部活動域では大規模隆起)
有珠山周辺の一等水準路線
42゚45'N
北
洞爺湖
西
42゚30'N
南
噴火湾
:解析に使用した水準点、有珠山(中心から10km以遠)
■
有珠山の噴火活動と
広域一等水準測量(10km以遠)との対応
静穏期:1.1953・54-1968
2.1985・86-1992(北路線無し)
活動期:1.1905-1953・54(明治新山、昭和新山)
2.1968-1985・86(有珠新山)
1.西路線:BM7189以西
1905、1954、1968、1986,1992、2004
2.北路線:BM6604以北
1905,1953、1968、1985、2000、2004
3.南路線:BM7199以南
1905、1953、1968、1985、1992、2004
静穏期の広域上下変動①(1953-1968、1985-1992)
(0点は有珠山中心)
静穏期の広域上下変動②(1953-1968、1985-1992)
1953-1968
西・南-同傾向
北はやや異なる
1985-1992
西・南-同傾向
(0点は有珠山中心)
静穏期の広域上下変動③(1953-1968、1985-1992)
10km:ややずれる
15km、20km:差は小
(0点は有珠山中心)
広域上下変動と有珠山の火山活動
遠方の水準点基準、有珠山山麓以遠では、
・活動期:沈降
・静穏期:緩やかな隆起
有珠山に近い程、変動量大→隆起中心は有珠山?
静穏期の隆起ソースを有珠山直下と考える
→ソースは10km以深
西・南路線の一致は良いが、北路線はやや異なる
→水平位置のズレ?
活動期の沈降ソースの位置と深さは?
ダウンロード

Document