大田(テジョン)=韓国5番目の都市

首都圏
ソウル
仁 川
大田=科学技術の都市
科学技術
の都市
テジョン
機械・
車・造船
部品
テグ
造船業
機械・
車部品
光州
九州へ
の玄関
プサン
①北朝鮮から離れた場所
②地震少なく、自然環境がいい
③韓国中央の位置、交通のハブ
上記の理由で科学技術都市に
選ばれた、という説明を受けた。
しかしながら、
世界の玄関を仁川に、
九州への玄関をプサンに、
・ ・ ・ ・ ・ ・
と役割分担していったところ、
海を持たない大田には、
消去法的に「科学技術」
(資源が無くてもできる)
が与えられたのだと思う。
大田を発展させた人物はノムヒョン
1998
2002 2003
2007
大統領と
企業の癒着
金大中大統領(71歳)
ノムヒョン大統領(55歳)
経済活性化政策
福祉重視政策
アジア通貨危機
で、韓国はIMF
管理下へ。
(財政破綻)
その後、国
家としては
経済回復。
しかし国民
生活は困窮。
首都をソウルから
世帝(セジョン)へ
移転すると発表。
⇒世帝~大田
地域の発展へ
繋がった。
*ノムヒョン大統領
はテグの出身な
ので、ソウル仁川
首都圏の一極
集中を避けた
かった(?) 。
世帝
セジョン
大田
テジョン
大邱
テグ
(私案)大田のSWOT分析とSWOT戦略
SWOT
分析
SWOT
戦略
機会
(O)
脅威
(T)
強み(S)
弱み(W)
科学技術基盤が充実
海(資源)が無い
国内交通の中心地
国際交流の活性化不十分
伝統産業を維持
製造業の基盤脆弱
自然環境と親和
市中心部以外は遅れた生活文化
機会(O)
脅威(T)
基礎研究の基盤拡大
研究基盤の分散(大田→仁川へ)
新交通手段の導入による広域化
人口の流動化(大田→ソウル仁川へ)
強み(S)に対する戦略
弱み(W)に対する戦略
交流中心地として成長すべき
国際化を強化すべき
(大田⇔ソウル仁川)日帰りビジネス圏
製造業を強化すべき
を推進すべき
大田(テジョン)と福岡の比較

大田=トップダウン方式
ノムヒョン大統領
大田市長

福岡=??
福岡市長
シンクタンク
(福岡アジア都市研究所)
シンクタンク(ISIT)
シンクタンク(大田発展研究院)
実行部隊(行政(役所等))
実行部隊?(行政(役所等))
?
?
イミョンバク大統領誕生=政策転換
1998
金大中大統領
2002 2003
2007 2008
ノムヒョン大統領
イミョンバク大統領
収賄容疑→自殺へ
経済活性化政策
首都移転を撤
回。一部の首都
機能をソウルから
世帝(セジョン)へ
移転するのみ。
大田には、
国のお金が大
幅には回らな
くなった。
↓
↓
大田は現在、
手詰まり状態。
大企業が経済
を活性化し、引
き続き中小企業
も潤うという、元
現代建設社長ら
しい考え方。
(一極集中に近
い。)
「地域は自給自
足。地域独自の
競争力を自力で
持て。」
2012
首都圏、企業
の優先政策
「仁川では
法人税ゼロ
(10年間)」
仁川(インチョン)の成長-1 埋め立て工事
現在(2012年1月)
第1段階
埋め立て工事
開始
将来(2020年完成予定) 更に埋め立て地を作る
第2段階
全世界から
企業誘致活動
2009年
第3段階
全世界企業
移動完了へ
2014年
2020年完成予定
仁川(インチョン)の成長-2 企業誘致活動


仁川は、世界の拠点都市を目指す。
(韓国内の全リソースも総取りする)
3か所開発中(ヨンゾン、チョンラ、ソンド) 。
・ハブ空港
・物流、商業、流通施設
・国際業務施設
・住居施設、国際学校
・最新産業クラスター、グローバル大学
・バイオ研究団地、新薬開発、国際病院
・スポーツ施設、観光、レジャー施設
・アートセンター、ショッピングセンター
・農業複合団地、その他すべて

3段階の説明。
①ビデオ上映(仁川の目標、将来像)で洗脳する。
②街の模型(完成物、未着工建物が混在している)で、
本当に実現するような錯覚を起こす。
③タワーから展望して、空いた土地を斡旋する。
「今なら法人税なしです」
青羅
(チョンラ)
永宗
(ヨンゾン)
仁川
国際空港
松島
(ソンド)
仁川と福岡の比較
(地図は等倍率)
アイランド
シティ
埋め立て規模、用途、目標、戦略が
全く違う。
 現在の福岡都市計画としては、
「10年後に地下鉄を2駅伸ばす。」

仁川(インチョン)の不安要素
1998
金大中大統領
2002 2003
2007 2008
ノムヒョン大統領
2012 2013
イミョンバク大統領
イミョンバク大統領?
経済活性化政策
大方予想は落選
①政策転換?
①今年2012年12月選挙。韓国政治体制が揺らぐ場合、
(ハンナラ党のイミョンバク大統領の路線を、
従来の韓国全土繁栄路線に変更した場合、)
仁川へは国の優遇政策、補助金が大幅に減る。
②中国バブル崩壊した場合、影響は多大。
(連鎖的に韓国バブルも崩壊する)
②中国バブル
崩壊!?
福岡はどうすべきか?
仁川と組み、
科学技術を発展。

第3段階
(A)仁川が
計画通り
完成した場合
第2段階
福岡は
日本の拠点都市
(仁川の補完機能)
(B)仁川が
こけた場合
2009年
2014年
大田と組み、
科学技術を発展。

2020年

(仁川が完成したら
大田は衰退する。
大田は生き残る為、
外部と組む道を選ぶはず。)
大田と
組み続ける。
福岡は
アジアの拠点都市
福岡はアジアの拠点都市
その他(出張の感想)
・明洞(ミョンドン)繁華街
・明洞はソウル隣の大繁華街。平日夜であるにも拘らず、
人が多く、バブル期の新宿歌舞伎町の様相であった。
週末はもっと多くなるとのこと。
明洞の広さは歌舞伎町の5~6倍はある、広大な範囲。
もし東京、横浜、大阪、名古屋、福岡の繁華街を1つにすれば
同等の規模(集客)にはなると思う。
・歌舞伎町はほぼ男性で賑わっていた。
明洞はほぼ若い女性。韓国、中国、日本など様々な人種。
・歌舞伎町は男性向けの店(ゲームセンター、パチンコ、風俗、飲み屋)が多かった。
明洞はほぼ女性ターゲットの店ばかり。マッサージ、アクセサリー、日用雑貨など。
ゲームセンターは1軒、パチンコは無し(韓国には無し)、カジノはあるが外国人向け
(年配の男女ばかり)。
・韓国の若い男性はどこへ行ったのか?週末になれば若い男性も来るのか?
(もう一度、今回と同じコースを、今度は土曜、日曜日で回ってみたい気がする。)
おそらく、軍隊(2年半)に入り、韓国全土に配置されているのではないかと思う。
・マッサージ店が多い。(1店員につき1日1顧客1万円で経営が成り立つ!?)
その他
・日本車が少ない。3日間でプリウスは2台しか見かけなかった。
(高速道路移動中のバス内から見たので、プリウスが左ハンドルかどうかは不明。)
・朝夕の通勤時間帯の車渋滞がひどい。(渋滞を解決する方法がビジネスになると思う)
・ソウルの朝、通勤時間帯、地下鉄から地上に上がってくる人はほとんど若者だった。
(中高年・年配はいなかった。)
韓国では、(歳をとるにつれ)働いてお金が貯まり、車を買うと、車通勤になるのか?
(東京のように)電車、バス等公共機関で通勤という考えはないのか?(だから渋滞する)
・ソウルの免税店で、韓国女性キャラクター(KARA、少女時代等)お土産を子供向けに探したが
「売ってません」との事。韓国男性キャラクターしか置いてなかった。
女性のみをターゲット顧客としている。
・韓国のホテルは(東京のホテルに泊まったことがないので比較できないが)、
歯みがき、石鹸、シャンプー、ひげそり、タオル等の小物はすべて有料だった。
そもそも宿泊料が高額なので、小物の価格など微々たるものだが、
整備時間のかかる小物を有料にすることで宿泊客は使用を控えるようになり、
部屋の整備費用(人件費)抑制には効果がある。
・現地通訳の人は、2千万円で買ったマンションが8千万円になったとのこと。日本のバブル期
同様である。(現在は、年末の大統領選挙の行方を見ていて買い控えが起きているらしい。)
ダウンロード

ノムヒョン大統領