Webページ作成
アカペラブーム再生
~過ぎ去った音楽ジャンル~
北海道情報大学 情報メディア学部
情報メディア学科 新井山ゼミ
0521086 菊地 悠介
前回までの成果
• 資料収集
– 写真2枚
• 著作権問題情報収集
– コピー曲には著作権が引っかかることが判明
– 回避方法思考中
今回までの進捗状況
• コピー曲による著作権問題
– 路線変更
•
•
•
•
多重録音
自作曲
コピー曲は一切収録しない
Webページでの内容
• 多重録音での自作曲収録
– 即興で曲作成
多重録音とは
• 一度収録した音源の上に新しく収録した音源
を重ねていく録音方法
– アカペラだけではなく楽器などの多重録音が可能
研究手順 1/2
• 使用機材
– マイク一本
– ミキサー
• (ミニミキサー 4ch MICRO MIXER TM-4[tm-4] 4チャン
ネル tm-4)
– リバーブ(エフェクター)
• (BOSS RV-5 Digital Reverb)
– スピーカー(パソコン)
• Windows Me
使用機材紹介
・ミニミキサー
4ch MICRO MIXER
TM-4[tm-4] 4チャンネル
tm-4
・リバーブ
BOSS RV-5 Digital
Reverb
研究手順 2/2
• ボイスパーカッション・ベース収録
– メトロノームでテンポを確認
• コーラス収録
– サード・セカンド・トップの順に収録
• パソコンで編集
– エコー・ノイズ確認
開発成果
• ファイルとして多重録音曲完成
評価・考察
• 即興ではあまり形にはならない
• 時間がなかったため譜面無視
• 歌詞なし
– 多重録音自体が久々で満足できない結果
• 機材
– 借りる時間がかかり過ぎた
今後の課題
• 歌詞付音源の完成
• 機材の操作方法を理解
次回までの成果誓約
• 今回収録した曲を編集
– 機材の操作方法を理解した上で編集
ダウンロード

Document