関東大地震の回顧
防災工学
(火曜日3限)
担当教官:田守先生
はじめ
大正12年9月1日(1923)に起こった関東地震(M=7.9)の
地震が日本に与えて打撃は極めて大きく、昭和の大恐慌ひ
いては太平洋戦争の遠因となったとされている。関東地方全
域と静岡、山梨両県に大災害をもたらした。死者不明者14万
人、焼失家屋44.7万戸、全半壊25.4万戸にのぼり、被害総
額は相当大きい。今回の課題は関東大地震の時に建物に
起こった被害の現象及び要因に関する分析であり、今後の
建物に運用する防震対策を検討する。
目次
• 地震分布図
• 都内火事分布図
• 都内の地震被害
• 終わり
(1)地震分布図
・地震に伴う上下地殻変動
このM=7.9に達する地震に
際しては、断層が相撲湾中央
部に北西-南東の走向に沿っ
て発生し、その北東側がずり上
がる変動を起こした。したがっ
て、南関東の多くの水準路線
を改測することにより、1mを超
える。三浦、房総半島を伴った
ことが明らかとなった。
(2)都内火事分布図
(3)都内の地震被害

日本橋三越新館6Fの焼け跡

六区の興業街もすべ
て全焼するに隣接して、
何故か浅草寺のみ焼
け残った。前方に見え
る五重塔、伽藍の大屋
根、境内の樹木が丸ご
と火難を避けた。市民
は観音様の御利益と噂
した。境内に避難した
人は助かったのである。
東京を一望できる名
所として人気があり浅草
の象徴でもあった、煉瓦
造り12階の凌雲閣は8階
から上が崩落した。再建
されず、爆破の上撤去さ
れた。
静岡県、熱海海岸に津波が襲来後に壊れた民
家の様子
終わり
関東大地震の被害から耐震設計の必要性
が最も重視され、1924年ついに[市街地建
築物法」が改正され、水平震度0.1を導入し
た地震力規定が制定された。これは日本で
始めての耐震規定である
。
ダウンロード

関東大地震の回顧