人はなぜ山に登るのか?心理学からのアプローチ
Timtam机上講習 8月26日(水)
厳島行雄
行動の原因としての動機づけ
• 動機づけ:行動を説明するための理論的構
成物
• 行動を始発させ、目標に向かって維持・調整
する過程・機能
• どのような動物も持っている機能
• この際、重要なのは動機という概念
• 動機の種類(一次的動機、二次的動機など)
動機づけの理解
• 生活体(生きているもの)の欲求の充足
• 飢え、渇き、・・・生命維持に必要な心理的動
機
• これを充足する対象が目標
• 目標が持つ性質を誘発性という。これには+
とーがある。
• この誘発性、生活体の状況により変化する
目標に対して接近する行動が生まれる場合
目標がプラスの誘発性を持つ場合
目標
(水)
接近
生活体
(渇き)
⭕️ 生活体が目標を得ることで、動機づけの過程が終了する
⭕️ この生活体が目標を達成できないと、不快な情動が生まれる
⭕️ そのために不合理な行動をとることもある
目標から遠ざかる行動が生じる場合
目標がマイナスの誘発性を持つ場合
目標
お酒
生活体
(二日
酔い)
⭕️ どんなに好きでも、辛い二日酔いの後ではお酒はいらない
⭕️ 当然、生活体の状況に依存して目標の誘発性が決まる
動因(ドライブ)
• 動機が生じても、行動が起こらないことはよく
ある。動機が生じて行動が生じるためには、
動因が強まる必要がある。
• 例:喉が渇いていても、まだがまんできるとい
うような場合。これはまだ動因が十分に高
まっていない状態と言える
動機の種類
• 一次的動機:生理学的な基礎を持つもので、
生得的な、誰もが持つ基本的な動機
• 例:飢え、渇き、睡眠、苦痛・・・
• 二次的動機:学習された動機で現代的であり、
発展した社会で形成される動機。個人的な要
求や願望のこと。
二次的動機の例
•
•
•
•
•
権力動機・・・他者を支配したい
達成動機・・・なにか困難なことをやり遂げる
親和動機・・・人に愛され、愛したい
地位動機・・・地位を得たい
安全動機・・・身の安全を図りたい
動機は常に解消できるわけではない
• 現代日本では水に困ることは少ない。しかし、
自分の希望する高校、大学、会社に入れる
わけではない。
• 実際に、多くの場合、私たちの持つ動機は解
消されないことも多い。
• 登山も例外ではない。様々な要因によって動
機の解消は阻止されてしまう。
登山が阻止される例
•
•
•
•
•
•
•
⭕️ 天気(出かけようとしたが大雨)
⭕️ 経済的理由(エベレストはお金がかかる)
⭕️ 身体的条件(年をとりすぎた)
⭕️ 時間的理由
⭕️ 技能的理由(まだ未熟)
⭕️ 家族からの反対
・・・・
動機がうまく解消される場合
• 成功感、幸福感が生じ、さらなる強い動機を
持つようになる。
• 登山の場合
↓
より高い山、より難しい山、より美しい山・・・
そのための技術の向上を目指すようになる
動機が強いのに阻止されると・・・
• やりたいことができなくなるということ
• 欲求不満という状態が生じる
(この状態では強い否定的感情が生じる:例と
しては怒り、不安、など。長く続くと病的なもの
も:精神的健康をそこなうことも起こり得る)
• この欲求不満には二つのタイプの原因
↓
内的原因と外的原因
内的原因
• 葛藤
•
葛藤の4つのパタン
•
接近ー接近葛藤
•
回避ー回避葛藤
•
接近ー回避葛藤
•
二重接近ー回避葛藤
防衛機制(精神分析の概念)
• 欲求不満などで社会に適応できない場合に
行われる自我の再適応メカニズムのこと
(様々な種類の防衛機制が提案されている)
• 抑圧 投影 同一視 取り入れ 合理化
• 反動形成 分離 ・・・
動機づけの諸理論
•
•
•
•
マズローの階層性理論
デシ&ライアンの自己決定理論
マクレランドの欲求理論
・・・
マズロー説
• 人間は自己実現に向かって絶えず成長する
自己実現こそ重要!
• 自己実現とは、理想の自己を求めて実現しよ
うという動機
• 多分、山に登るという行為も、自己実現的な
要素があると思われる。ただ、登山の動機は
もう少し複雑である。
自己実現者の特徴
• 1.現実をより有効に知覚し、より快適な関係を保つ 2.自己、他者、
自然に対する受容 3.自発性、単純さ、自然さ 4.課題中心的 5.プ
ライバシーの欲求からの超越 6.文化と環境からの独立、能動的
人間、自律性 7.認識が絶えず新鮮である 8.至高なものに触れる
神秘的体験がある 9.共同社会感情 10.対人関係において心が
広くて深い 11.民主主義的な性格構造 12.手段と目的、善悪の判
断の区別 13.哲学的で悪意のないユーモアセンス 14.創造性 15.
文化に組み込まれることに対する抵抗、文化の超越
自己決定理論
• 大きくは二つの動機づけを仮定
• 内発的動機づけ・・・その行為をすることから
快や満足が得られるので、それに動機づけら
れる。
• 外発的動機づけ・・・目的に対する手段のよう
な動機づけ。つまり外的報酬によって動機づ
けられる。
• 無動機・・・
刺激欲求(sensation seeking)
• 多様で、新奇で、複雑な感覚や経験に対する
要求や、そのような経験のために身体的およ
び社会的リスクを犯す意思
• 果たしてそれは動機づけか、それとも性格
か?
• この刺激欲求を測定する尺度が開発されて
きている
刺激欲求を構成する要因(因子)
•
•
•
•
スリルと冒険を求める因子
新しい感覚を求める因子
退屈因子
抑制解除因子
最近の傾向
• 情動の調整という考え
• 行動のコントロールのための情動
• 感情や情動への登山の影響についてはまた
後ほど考えましょう
ダウンロード

山登りの心理学 厳島講師