キリスト教倫理(THE312)
-諸宗教と生命倫理-
中央聖書神学校
1
宗教の機能
宗教の普遍的な関心事
・「彼岸」の概念
-死後の生活
・「彼(ひ)岸」と「此(し)岸」の関係
-生きている中にどうすべきか
-彼岸:生死を超越した理想の境地
-此岸:目標に達した理想的な状態
・超自然的なものへの畏敬
-絶対的なもの・具体的なもの
2
宗教の機能
肯定的機能(1)-宗教が提供するもの
・
・
・
・
・
・
・
個人に付加的な生活力と精神的満足
人生の艱難・試練に耐える気力
悪に対処する方策
厳正の生活資質の向上
未来への希望
人類理想の世界
救いの道の提示
3
宗教の機能
肯定的機能(2)-宗教が提供するもの
・ 道徳的な標準の指示
・ 共同体における連帯感の培養
・ 公共(社会的)秩序の促進
・ 個人的安寧の提供
・ 価値観の規準の提供
・ 共同体・個人のアイデンティティー確立の扶助
4
宗教の機能
否定的機能
・
・
・
・
・
・
社会の発展を遅らせる可能性
狂信性の助長
排他的な態度の育成
迷信との連結
革命的な傾向の表出 (テロリズムの培養)
「人々の阿片的存在」 (K.マルクス)
5
宗教家、教師など一般に道徳
を強く説く人には、自分自身の
ことを忘れる能力の高い人が
多い。(河合隼雄『日本文化のゆくえ』
p.254)
6
宗教一般と生命倫理
社会の近代化と世俗化による宗教の形骸
化
 人間に生と死がある限り絶滅しない宗教的
世界観
 ポストモダンの時代における宗教への回帰
風潮
 人間の生と死、死後の神秘に明確な教義を
持っている宗教の生命倫理に対する鮮明な
主張

7
一神教と生命倫理

一神教と教義的コンセンサス


一神教の教義を倫理の基盤としている社会では
比較的容易に得られる倫理的コンセンサス
今日の一元的西欧社会における民族的、宗
教的、政治的の多元化

強要される倫理的中立路線

多元的社会から拒否される純キリスト教的倫理
議論
8
一
神
教
倫
理
的
コ
ン
セ
ン
サ
ス
倫
理
的
曖
昧
性
中
立
性
多
神
教
9
宗教の機能と影響
宗
教
倫
世
価
理
人
界
値
観
生
観
観観
個
社
人
会
政
の
の
治
行
仕
の
動
組
形
み
態
10
仏教と生命倫理
11
釈迦

仏教の開祖

釈迦族の王子として出生

(前6~前4世紀頃、ルンビニー、現在のネ
パール)

29歳で出家、35歳で大悟-仏陀

80歳頃没

この世の真理と解脱の道を説く
12
釈迦の教えの原点

洞察による救い






最も適切な知識
感性による認知ではない
論理的類推でもない
瞑想と意識の昇華から直観的に開かれる
知識
真理そのものではなく真理に至る道の提示
合理的思考体系は真理に至る道具になら
ない。
13
仏教の世界観

存在の三要素(Trilaksana)

無常(Anitya)

無我(Anatman・Anatta)

苦悩(Dukkha)

+α→涅槃(Nirvana)「四法印」
14
15
無常(Anitya)-諸行無常

仏教の基本概念



あらゆる現象、あらゆる物体は無常
あらゆる現象は因縁によって生じるもの
一瞬も同じ状態にとどまっていることなく、生
まれてはまた消えていくという認識



すべてのものは流転する。-ヘレクライトス
人間の苦悩の出発点
恒久的な教義も否定
16
無我(Anatman)-諸法無我

仏陀の人間論
 諸行無常が真理ならば諸法無我も真理
 人間存在を含めあらゆる事物には永遠不滅の実
体や本性は不在
 すべてが空(Sunyata)
Non-substantiality(非実体性),
Non-essentiality of being(存在の非本質性)
Non-individuality(非個体性)
Non-characterized state of being(存在の非
特性)
17
釈迦の人間論
『体は自我にあらず、感覚も己に
あらず、思惟、形、意識、認識、
知性も自我にあらず。変転するも
のは自我にあらず。』 仏陀
18
釈迦の人間論

自我の定義
 肯定的な定義(…である)ではない
 否定的という定義(…ではない)
 解脱の時点で「…である」という定義可能

自我と解脱の関係
 実体がないとすれば誰が救われるのか。
 実体のない自分を救おうとすること自体に矛盾
 その矛盾を悟ることが解脱への第一歩
19
釈迦の霊魂説

十四無記
 釈迦に質問して返事がなかった十四項目
 霊魂の有無
 霊魂の永遠性
 仏教の根本である諸行無常、諸法無我か
らすれば不変の霊魂の存在認識不可能
 真言宗では霊魂の存在を肯定
 他の宗派では曖昧
20
涅槃(Nirvana)-涅槃寂静

涅槃(吹き消す、すべての業を吹き払う)
煩悩を断じつくした静けさの境地
理想の境地
人間の究極の目的
不道徳、冒涜などあらゆる行動的、感性的、
情緒的誤りからの解放
幻想はなく実在だけの世界
21
涅槃(Nirvana)-涅槃寂静

二元論的要素の消滅

存在・非存在の区別消滅

正・反のない世界

対立概念が存在しない意識領域

立証する手段が届かない場
22
涅槃(Nirvana)-涅槃寂静

涅槃の否定的側面



何かを求める心を否定
欲求心の否定
涅槃の肯定的側面



普遍的愛の充満
悟り・開眼(Enlightenment)
法身(Dharma-kaya)の具現
23
空観(Sunyata-Void, Emptiness)

龍樹(2世紀)による大乗仏教の基礎概念」
 無我の概念から派生した教え
 大乗仏教の特色を最も良く表した概念
 「空」-無の意識が全くない「無」
 「無」-あるものの存在が無いという意識
 「空観を抜きにして大乗仏教を語ること
はできない。」高楠
 「仏教のすべては空観の洗礼を受けて
いる。」玉置
24
空観(Sunyata-Void, Emptiness)

空観の意味

存在の目的を拒否するのではない

存在そのものの拒否でもない

西欧的なニヒリズムではない

実存的「無」ではなく存在論的「空」

人生の目的ではなく手段

涅槃に至る手段
25
空観(Sunyata-Void, Emptiness)

西欧的な感覚では捉え得ない概念

自我を思考の中心とする西欧的思考体系


倫理学の二律背反の原理を超える論理



「我思う、故に我あり」デカルト
「私は常にうそをつく」という命題が正しいと
断定できるか
同一の原理(A=A)、矛盾の原理(A≠non-A)、
排中の原理(A=B or A=nonB)を超越した
論理
存在・非存在が対立概念でない空観

「完全な空・無はすべてを把握する」
26
仏教(民衆)の死生観

死者の存続(日本の宗教の核)

日本人は死者があたかもそこにいるかのように
信じ、彼らを意識する。

それによって自らの生き方を確認する。

死の儀礼を経ることにより、
徐々に死者になってゆく。

死者としてのアイデンティティー
が与えられる儀式が必要
27
仏教(民衆)の死生観
 死体(西欧的表現)と遺体(仏教的表現)
 臓器移植の社会的容認と死体の関係
 臓器移植に対する拒否感と遺体の関係
 臓器移植の社会的容認と土葬の習慣
 臓器移植に対する拒否感と火葬の習慣
28
仏教の死生観

浄土真宗東本願寺派(大谷派)

生死(しょうじ)輪廻の生に執着しない立場

煩悩具足の凡夫という自覚

如来から痛まれている存在である人間

単に生命の延長、生のみを肯定する医療技術に
疑義 (加来知之)
29
運慶「無著像」
無著(むじゃく)は、法相宗で
尊崇されたインドの仏教学
者。弟の世親(せしん)ととも
に、興福寺北円堂の本尊弥
勒仏(みろくぶつ)をまもる羅
漢として配されている。
30
仏教の死生観

浄土真宗東本願寺派(大谷派)

脳死・臓器移植に対する教理的曖昧さ

生と死の二律背反を否定

人間の意志を尊重 (加来知之)
31
仏教の死生観

浄土真宗西本願寺派

生命倫理については基本的に統一見解なし

人間が生きている間に、死をどう受け入れるかに
焦点

死ぬことは生きることの否定ではないという認識

脳死を人の死と見なさないという共通見解
(内藤昭文)
32
仏教の死生観

浄土真宗西本願寺派

臓器移植に反対
 生死輪廻の思想から
 生に執着することを否定
 生のみを肯定する医療に疑義
(内藤昭文)
33
仏教と生命倫理

脳死・臓器移植への仏教的態度

教義的根拠からではなく自然を尊ぶ日本人の感
性に基づいた道徳判断

脳死判定を退けながら、臓器移植を許容する矛
盾を感性的に処理
 「自然」を尊ぶ感性と「利他行」を重んじる仏教
的な道徳性
34
仏教と生命倫理

中絶への仏教的態度

日本における多くの「堕胎」事例に対する仏教的
対応

胎児の生命を絶つという殺人行為を、「水子供
養」として祭儀的に倫理的矛盾を緩和

中絶を決定した個人の慰めの儀式を行うことに
よって倫理的罪悪感の軽減を図る「水子供養」
35
臓器(施物)を提供するドナー(施す
者)が例え清らかな心から発した行
為であっても、レシピエント(施しを
受ける者)が自らの延命を願うあま
り、他者の死を待つ気持ちをいささ
かなりとも抱くならば不浄となり、執
着を離れろと説く仏教の教えから見
れば、不浄行となり、布施行は成立
しなくなる。(藤井正雄)
36
仏教と生命倫理

臓器移植における仏教的認識

ドナーのモラルとレシピエントのモラルの整合性

ドナーの利他行的道徳観とレシピエントの無心の
宗教心の有機的結合
臓器移植は臓器提供者と受領者にと
って解脱を目指す修業、無我の修業。
(中野東禅)
37
立正佼成会と脳死

脳死を人の死と認知しない立場

脳死は限りなく医学的には死に近い状態である
ことを認識

自らが脳死状態になった場合、これを自分の死と
受容する人の意思は否定しない立場
38
法華経根本道場大聖堂
5000人を収容できる普門館
39
立正佼成会と臓器移植

臓器移植は緊急避難的な過渡的医療形態

普遍的な医療法ではないという立場(絶対反対で
はない)

臓器の提供・授与のアンバランスの問題

臓器の分配の公平性の問題

人間の生体自体にある免疫性の問題
40
立正佼成会と生命倫理

法華経の教義に立つ仏教分派

教条主義を回避

教義を戒律的に信徒に強要しない

状況倫理的な曖昧さを特徴とする

是であれば、否でもあるという見解
41
創価学会と脳死・臓器移植

脳死問題


基本的には統一見解を出すには時期尚早
臓器移植問題
布施行として条件付きで承認
 その条件-三輪清浄
1) レシピエントの心にエゴがないこと

2) 仲介者にエゴがないこと
3) ドーナーにエゴがないこと
42
ダウンロード

宗教と生命倫理 - 中央聖書神学校