1939年(昭和14年)のソ連対外政
策
ノモンハンからポーランドそしてフィンラ
ンドへ
福井義高
青山学院大学国際マネジメント研究科
[email protected]
平成22年5月16日
今日、何を伝えたいか



なぜ局地紛争が第二次世界大戦となったのか?
スターリン:革命家にしてリアリスト
1939年:世界革命実現のチャンス到来
ノモンハン、ポーランド、フィンランドの背後に存在
するスターリンの意図
グローバルなパワーゲームの一員としての(自覚
せざる?)日本の重要性
05/16/2010
1
Y. Fukui, ABS
ソ連軍の人的損失比較
人
400,000
350,000
戦傷病
戦死・行方不明
300,000
264,908
250,000
200,000
150,000
100,000
126,875
50,000
0
3,279
張鼓峰
15,952
8,931
989
ノモンハン
2,383 1,139
ポーランド
フィンランド
出典:Soviet Casualties and Combat Losses
05/16/2010
2
Y. Fukui, ABS
先行研究(国内)
細谷千博「三国同盟と日ソ中立条約」
『太平洋戦争への道』
「我ガ方ガ対独協定ヲ締結セルハ欧州ニ於ケル戦争ヲ必
要トセル結果ニシテ」(ソ駐日大使宛回訓)
 守屋純「独ソ戦発生をめぐる謎」『軍事史学』25(3/4)
 三宅正樹『スターリン、ヒトラーと日ソ独伊連合構想』
「最近の研究には、スターリンが早ければ1941年秋頃に
対ドイツ開戦を予定し、攻撃を準備していたのに、ヒト
ラーに先を越されてしまって焦ったのだという考察が多く
なってきているようである。」

05/16/2010
3
Y. Fukui, ABS
先行研究(海外)
ドイツ・オーストリア
H. Magenheimer, W. Post, S. Scheil
(以下故人)
J. Hoffmann, W. Maser, E. Topitsch
 ロシア
П. Бобылев, М. Мельтюхов, В. Невежин,
И. Павлова, А. Пронин, В. Суворов
 英語圏
A. Hill, E. Mawdsley, R. Raack, E. Ziemke

05/16/2010
4
Y. Fukui, ABS
1930年代の国内イデオロギー教育


パヴレンコ『東方にて』(На Востоке);1936年
193X年3月、関東軍が満ソ国境を越え攻撃するも、
赤軍は直ちに反撃し満洲内に進軍、東京は空襲で
焼け野原となり、日本国内では労働者・農民が蜂起、
内乱が勃発
これは単なる空想小説でなく、来るべき世界革命に
向けたイデオロギー教育の一環
パヴレンコは反独映画『アレクサンドル・ネフスキー』
(監督エイゼンシュテイン; 1938年)の脚本も担当
05/16/2010
5
Y. Fukui, ABS
赤軍粛清:スターリン赤軍完全掌握




1937年4月、労働国防委員会(СТО)廃止、閣内の国
防委員会(議長モロトフ首相)で軍政を掌握
1937年5月、トハチェフスキー逮捕、政治委員制復活
1938年3月、総合軍事委員会(Главный Военный
Совет РККА;議長ヴォロシロフ国防相)設立、参謀
本部とГРУを直接配下に、週2~3回の頻度で開催、
軍令を掌握
粛清の規模、赤軍弱体化論へは疑問も
05/16/2010
6
Y. Fukui, ABS
1939年野戦教程 (Полевой Устав)

スターリンの意向を反映した、党に従属する革命の尖
兵として敵地で攻撃戦を遂行するという赤軍の基本思
想を明確に表現:
敵が我々に戦争を強いる場合、労農赤軍は攻撃軍のう
ち歴史上最も攻撃的な軍隊となる。
我々は、敵の完全な粉砕という決定的目標をもって、戦
争をまさにその敵の領土で攻撃的に遂行する。
赤軍は、被抑圧者と奴隷の解放者として、攻撃してきた
敵の領土に足を踏み入れる。
05/16/2010
7
Y. Fukui, ABS
着実に進む軍備増強と作戦計画立案



1938年3月、参謀総長シャポシニコフが、ドイツを主敵
(日本も対象)として、防御(自衛)ではなく、攻撃(侵
略)を前提とした作戦計画立案、総合軍事委員会で11
月承認
1938年9月、部分動員でチェコ「支援」準備(90個師団、
独軍の倍以上)と同時に、テッシェン(チェコ領)併合を
狙うポーランドに警告
1928年に始まった第一次5ヵ年計画以来、民生を犠牲
に軍備増強を進め,1939年1月時点で、赤軍戦車保有
台数は他国合計を上回る1万8千台、飛行機その他も
同様で、少なくとも量で他国を圧倒
05/16/2010
8
Y. Fukui, ABS
1938年9月『共産党小史』:世界革命準備




日本帝国主義者により極東に戦争の第一の根源地
が、ドイツ・ファシストにより欧州で第二の根源地が
形成され、第二次帝国主義戦争がはじまった
ファシスト国家よりも強力な「民主」国家は前者を利
用して、「危険な」労働運動・民族解放運動への「解
毒剤」としている
プロレタリア革命の時期、権力獲得のため、直接に
勢力を準備する時代が到来した
もちろん、それを主導するのはソ連共産党
05/16/2010
9
Y. Fukui, ABS
1938年10月1日プロパガンダ担当者会議
ボルシェビキは、単に平和に恋焦がれ、攻撃[侵略]され
たときだけ武器を取る平和主義者なのではない。それ
は全く正しくない。ボルシェビキ自らが先に攻撃するだ
ろう場合がある。戦争が正義であり、状況が適切であ
り、条件が好都合であれば、自ら攻撃を開始するのだ。
ボルシェビキは攻撃に反対しているわけでは全然ない
し、全ての戦争に反対してもいない。今日、我々が防
御[自衛]を盛んに論じるのは、それはベールだよベー
ル。全ての国家が仮面をかぶっている。「狼の間で生
きるときは狼のように吠えねばならぬ。」(笑)。我々の
本心を全て洗いざらい打ち明けて、手の内を明かすと
したら、それは愚かなことだ。そんなことをすれば間抜
けだといわれる。
05/16/2010
10
Y. Fukui, ABS
レーニンはまた、ある国は遅れる一方、別の国は先に進
み、ある国は努力する一方、別の国はもたもたするの
で、同時に攻撃することは不可能だという結論にも達
していたのだ[『プロレタリア革命の軍事綱領』]。
レーニンは言う、「発展は跛行的に生じる」と。...つま
り、異なった国の間で社会主義への成熟度合いが異
なっており、この事態に直面して、全ての国で同時に
社会主義が勝利する可能性があるなどとどうして語り
うるのか。全くばかげている。そんなことはかつても不
可能であったし、今日においてもあり得ない。
05/16/2010
11
Y. Fukui, ABS
1939年3月第18回党大会と独チェコ併合



3月10日、スターリン、党大会報告で、『共産党小史』
での主張を繰り返し、英米仏と日独伊を同一視;ソ連
が前者に利用されることを拒絶;カルパト‐ウクライナ
に特別に言及
3月16日、独チェコ併合で、カルパト‐ウクライナの独
立意向を無視し、ハンガリーによる武力併合を認め、
対ソ「善意」を示す
3月20日、リトヴィノフ、独駐ソ大使にチェコ併合に形
式的抗議のみで、カルパト‐ウクライナ独立を認めな
かったことを評価(東郷大使夫人の不審な行動)
以後の独ソ交渉で独側はこの点を何度も強調
05/16/2010
12
Y. Fukui, ABS
英独を手玉にとるポーランド






1月5日、ポ外相、直接会談で前年10月のテッシェン併
合支持の見返りを期待したヒトラーの「ダンチヒ返還・回
廊通行権+国境画定」という年来の主張に否定的回答
3月26日、部分動員(23日)直後、ポ駐独大使、これ以
上のダンチヒ返還要求は戦争を意味と独外相を「威嚇」
3月31日、ポから交渉経緯を知らされず、英、ポーランド
保障宣言、いわゆる「白地小切手(Blank Cheque)発行」
4月3日、ヒトラー、対ポ「白」作戦に署名
4月7日、ムソリーニ、アルバニア侵攻開始
4月13日、英、ルーマニア、ギリシャにも保障宣言
05/16/2010
13
Y. Fukui, ABS
スターリンに翻弄される英仏





4月18日、英仏の対独協定提案に、バルト海から黒海
までの東欧諸国を含めることを要求
5月15日、エストニア、ラトビア、フィンランドの「保障」と
軍事協定を要求
6月2日、国際連盟規約と関連させることを拒否
7月1日、英、秘密議定書提案;ソ連、間接侵略提起
7月29日、英仏、独ソ不可侵条約類似の協定案提出
秘密議定書で、トルコ、ギリシャ、ルーマニア、ポーラン
ド、ベルギー、エストニア、ラトヴィア、フィンランドを「保
障」(下線は独ソ秘密議定書のソ連勢力範囲)
05/16/2010
14
Y. Fukui, ABS
一方、ドイツにも思わせぶりな態度





5月4日、ユダヤ人リトヴィノフ解任、モロトフ外相就任
5月31日、モロトフ、最高ソヴィエト演説で防共協定は反
英とする一方、ノモンハンで交戦中の日本に強い警告
6月15日、ソ駐独代理公使が、ブルガリア駐独公使を通
じて、ソ連の「友好的」意図をドイツに伝達
7月26日、ソ代理公使、独外務省幹部に、バルト諸国、
フィンランド、ルーマニアを勢力圏と認識
独側、日独友好は反ソにあらず、英より独好条件提供
8月3日、モロトフ、独駐ソ大使に、日本の反ソ姿勢非難
とソ連勢力圏にリトアニアが含まれるか否か確認
独側、英仏と天秤に掛けられているという感触
05/16/2010
15
Y. Fukui, ABS
日伊に裏切られたヒトラー



8月10日、町尻軍務局長、反英政策が貫徹できないこ
とを独伊駐日大使に伝達
8月12日、チアノ伊外相、直接会談で対ポーランド限定
戦争が可能と主張するヒトラーに対し、対英仏戦への
発展は不可避であり、5月22日締結の独伊鋼鉄条約
にもかかわらず、伊は参戦しないことを強く示唆
ヒトラー、国内外に対して自らの威信の問題となってき
たダンチヒ問題解決のため、残された唯一の選択肢、
ソ連に賭けることを決意
05/16/2010
16
Y. Fukui, ABS
スターリン独ソ不可侵条約締結決断






8月12日、モスクワで英仏ソ軍事協定交渉開始
8月14日、独外相、モスクワ訪問をモロトフに提案
8月15日、モロトフ、日ソ仲介依頼と不可侵条約提案バ
ルト諸国保障、条約は具体的である必要性強調
8月16日、独外相不可侵条約に同意
8月17日、モロトフ、貿易信用協定がまず必要、秘密議
定書を条件とした不可侵条約締結はその後と主張
8月19日、モロトフ、独駐ソ大使に一旦、独外相訪ソに
難色を示すも、スターリンの指示を受け、同日2回目の
会談で26か27日訪問を提案
ベルリンで深夜、貿易信用協定締結
05/16/2010
17
Y. Fukui, ABS
ノモンハン総攻撃と独ソ不可侵条約






8月20日、ヒトラー、26日ポ攻撃予定を前に、22か23日
の独外相訪ソを懇願するHerr Stalin宛親書
同日、ジューコフ、ノモンハンで総攻撃開始
8月21日、スターリン、23日訪ソ了承の返答
8月23日、独外相訪ソ、同日深夜に不可侵条約締結
同条約・秘密議定書は7月29日の英仏ソ協定案に類似
エストニア、ラトヴィア、フィンランド、ルーマニア領ベッ
サラビアがソ連;リトアニアが独;ポーランドは両者
同条約締結により、戦争は必然となったのか?
ヒトラーの主観的意図はソ連を含んだ「ミュンヘン」?
05/16/2010
18
Y. Fukui, ABS
万策尽きたヒトラー、対ポーランド開戦







8月25日、チェンバレンは英ポ相互援助条約(秘密議
定書で対独に限定)締結で対抗
同日、冒頭で日本を批判したヒトラーからの親書に、
ムソリーニ、参戦不可能と即日返答
同日、対英妥協を模索し、26日ポ攻撃に中止命令
ゲーリング、スウェーデン人ダレルス(Dahlerus)を密使
に、戦争回避のため必死の対英交渉
英、ポーランド説得継続も、英仏の「保障」(特に仏陸
軍投入)を当てにしたポは対独強硬路線に固執
秘密議定書を24日に入手した米、英仏ポに伝達せず
9月1日、攻撃開始、3日、英仏対独宣戦布告
05/16/2010
19
Y. Fukui, ABS
9月7日ディミトロフ日記
この戦争は二つの資本主義国家群(植民地、原料など
に関して貧しいグループと豊かなグループ)の間で、
世界再分割、世界支配をめぐり行われている。我々は、
両陣営が激しく戦い、お互い弱めあうことに異存はな
い。ドイツの手で豊かな資本主義国、特にイギリスの
地位がぐらつくのは、悪い話ではない。ヒトラーは、自
らは気付かず望みもしないのに、資本主義体制をぶち
壊し、掘り崩しているのだ。
権力を握った場合と反対勢力でいる場合とでは、共産主
義者の態度は異なってくる。我々は自分の家の主人
である。資本主義国家における共産主義者は反対勢
力であり、そこでの主人はブルジョアジーだ。
05/16/2010
20
Y. Fukui, ABS
我々は、さらにずたずたに引き裂きあうように、両者をけ
しかける策を弄することができる。不可侵条約はある
程度ドイツを助けることになる。次の一手は反対陣営
をけしかけることだ。
資本主義国家の共産主義者は、自国政府と戦争に反対
して、断固として立ち上がらねばならない。この戦争
が始まるまで、ファシズムとデモクラシー体制を対立さ
せることは全く正しかった。帝国主義列強間の戦争時
には、これはもう正しくない。資本主義国家をファシス
ト陣営とデモクラシー陣営に区別することは、かつて
持っていた意味を失った。...
今日、統一人民戦線や国民統一といった昨日までの立
場を主張することは、ブルジョアジーの立場に陥るこ
とを意味する。こうしたスローガンは撤回される。
05/16/2010
21
Y. Fukui, ABS
かつて歴史的には、ポーランド国家は民族国家であった。
それゆえ、革命家たちは分割と隷属化に反対して、
ポーランドを擁護した。現在、ポーランドはファシスト国
家で、ウクライナ人、ベラルーシ人その他を抑圧してい
る。現在の状況下でこの国を絶滅することは、ブルジョ
ア・ファシスト国家がひとつ少なくなることを意味するの
だ。ポーランドを粉砕した結果、我々が社会主義体制
を新たな領土と住民に拡大したとして、どんな悪いこと
があるというのか。
我々は、いわゆるデモクラシー諸国との合意を優先し、
交渉を続けた。しかし、イギリスとフランスは我々を下
男にしようとし、おまけにそれに対して何も払おうとしな
かった。我々はもちろん下男になりはしなかった。...
05/16/2010
22
Y. Fukui, ABS
1935年9月2日カガノヴィッチ、モロトフ宛書簡
アビシニアでの紛争を考慮して、穀物その他食料品をソ
連邦からイタリアへ輸出することへの...外交人民部
の疑念は国際情勢への無理解から生じている...。紛
争はイタリアとアビシニアとの間で生じているというより
も、イタリアとフランスを一方に、イギリスをもう一方とし
て生じているのだ。...両者間のけんかが激しければ
激しいほど、ソ連邦にとっては好ましい。両者が殴りあ
い続けられるよう、我々は穀物をこちら、そしてあちらへ
と売ることができる。片方が今、他方を撃破してしまえ
ば、我々にとって全く不利となる。一方が他方にすぐ勝
つことなく、両者の間のけんかができるだけ長引くことこ
そ、我々にとって好都合なのだ。
05/16/2010
23
Y. Fukui, ABS
ノモンハン停戦と
「西ウクライナ・西ベラルーシ解放」






ドイツ快進撃、独外相の即時参戦要求も、赤軍動かず、
独軍「分割線」を越える
ノモンハン8月攻勢で赤軍の輸送・補給に大きな負荷
9月9日、独外相、大島大使に日ソ仲介と反英の日独伊
ソ連携を提案
9月14日、モロトフ、独大使に「予想外」に早く参戦準備
完了と伝達
9月16日、ノモンハン停戦、英米で日ソ提携観測強まる
9月17日、「ポーランドは既に消滅、西ウクライナ・西ベ
ラルーシの同胞を保護する」という口実で、ソ連参戦
05/16/2010
24
Y. Fukui, ABS
ポーランド完全分割:独和平工作妨害




ヒトラー、英仏参戦も、戦争を限定化し和平交渉に入
るため、国家としてのポーランド維持を意図、しかし、
9月20日、モロトフ、独大使にポーランド完全分割提案
9月25日、スターリン、ポーランド分割線を東(ほぼカー
ゾン線)にずらす見返りに、リトアニア要求
9月28日、独ソ国境友好条約締結・秘密議定書改訂
同時に、独が「工業製品」輸出、ソ連が原材料輸出の
経済協力推進合意
05/16/2010
25
Y. Fukui, ABS
独ソ蜜月演出の裏で
新条約締結直後、対独動員展開計画策定命令
 9月28日~10月10日、エストニア、ラトビア、リトアニア
と相互援助条約 締結、衛星国化完了
 バルト三国と違い、フィンランドには領土割譲も要求、
ソ・フィン関係は10月以降、急激に悪化
 仏共産党を通じたフランスでのサボタージュ活動激化
一方、ドイツは
 バルト・ドイツ人の本土帰還運動開始
 戦争拡大を防ぐため、ゲーリングを中心に英仏との和
平交渉を模索

05/16/2010
26
Y. Fukui, ABS
10月9日ヒトラー三軍最高指令官宛意見書
現状で和平が成立すればよし
さもなくば、
 英仏の目的は独解体、独の目的は英仏軍殲滅、領土
占領は二の次、時間は独ではなく英仏の味方
 ソ連中立確保には独の優位性を現実に示す必要
 蘭・ベルギーは英仏の圧力に中立放棄必至
 北欧・南東欧諸国の中立は当分継続
 ムソリーニを除き伊は信用できない
 日本は自らの利害だけで行動
 ただ成功だけが独の「同盟国」、秋の間に仏攻撃準備

05/16/2010
27
Y. Fukui, ABS
11月30日プラウダ
私はいったいどこのキャバレー(café-chantant)でこの嘘が
捏造されたか知る由もない。しかし...以下の点を否
定することはできまい。
а)ドイツが仏英を攻撃したのではなく、仏英がドイツを攻
撃したのであり、現在の戦争の責任は仏英にある。
б) 戦争状態の開始後、ドイツは仏英に和平提案を行い、
ソ同盟はドイツの和平提案を公然と支持した。なぜなら、
速やかな戦争の終結が根本的に全ての国と人民の状
況を和らげるとソ同盟は考えたし、今もそう考えている
からだ。
в)英仏の支配層は、ドイツの和平提案も、ソ同盟による速
やかな戦争終結を達成しようとする試みも、両方ともぞ
んざいに拒否した。
05/16/2010
28
Y. Fukui, ABS
フィンランド攻撃とドイツ圧迫







11月30日、フィンランド攻撃、冬戦争開始
12月1日、国境の寒村にクーシネン首班政府樹立
12月1日、ソ訪独経済使節、独に武器供与要求
12月2日、「フィンランド民主共和国」と相互援助友好
条約締結
ソ連、赤軍はクーシネン政権を援助するため、ヘルシ
ンキの反乱勢力と戦っていると主張
12月14日、ソ連国際連盟除名(日独伊は自主脱退)
12月19日、モロトフ、独大使に経済協定の「工業製品」
に武器が含まれていると強硬に主張
05/16/2010
29
Y. Fukui, ABS
1940年1月21日ディミトロフ日記
一度の行為としての世界革命など戯言だ。それは違っ
た国違った時代でそれぞれに進行する。赤軍の活動
もまた世界革命との関係で存在するのだ。...
十分な訓練も受けず、ひどい服と靴で戦ってきた、そし
て今やっと我々が満足な服と靴を提供しようとしてい
る赤軍の戦士たち、自らの誇り‐いくばくか傷ついた誇
り‐と名声のために戦っている彼らに乾杯!
05/16/2010
30
Y. Fukui, ABS
2月2日ヒトラー・伊駐独代理公使会談
零下40度の寒さでは如何なる国、ドイツでさえ攻撃を
貫徹することなどできない。理解できないのは、より
によってなぜロシアが冬の始めにそこ[フィンランド]
で戦争を開始したかだ。...
[ソ・フィン関係は]平和的に推移するはずだった。しか
しここでもまた、フランス、そして何よりイギリスが、
スウェーデンを通じて、フィンランドをけしかけ、この
小国に援助への期待を持たせることで、無分別にも
ロシアの要求に抵抗させることとなったのだろう。
05/16/2010
31
Y. Fukui, ABS
フィンランド冬戦争:英仏をけしかけるため?





1939年9月以来、チャーチル海相、北欧への戦線拡大
を強硬に主張も、閣内で賛同を得られず
ノルウェー・スウェーデンの中立への意思堅固ゆえ、強
行すれば英が「侵略国」に
しかし、冬戦争で世論反ソ一色、フィンランド援助名目
のスカンジナヴィアでの軍事行動を英仏本格検討
3月27日、ソ駐英大使、英外相に、独ソ関係は軍事同盟
にあらず、普通の友好関係以上のものではない、ソ連
は自らの利害だけに基づいて行動する、と明言
3月28日、3月12日ソ・フィン和平成立で「援助」の口実を
失うも、英仏、ノルウェー沿岸の機雷封鎖決定
05/16/2010
32
Y. Fukui, ABS
第一幕の終了:最後に笑うのはスターリン?






2月11日、独からソ連への武器供与を主眼とした新経済
協定締結
2月~3月、米国務次官、英仏独伊訪問;独は和平に前
向きなものの、反対しているのは英強硬派であることを
確認、伊は英仏側に寝返る可能性大の感触
同時期、領海侵犯等、英海軍の再度の挑発行為に対し、
ノルウェー政府抗議、米にも事態改善の協力申し入れ、
英は無視、米は動かず、ヒトラー先制攻撃に傾く
3月12日、フィンランドとの和平成立
4月9日、英機雷封鎖の機先を制し、独、ノルウェー侵攻
スターリン、後は英仏と独の全面対決を待つのみ
05/16/2010
33
Y. Fukui, ABS
ダウンロード

1939年 - 青山学院大学大学院 国際マネジメント研究科