大学時代にマルクスが必読な理由
1
今日の話の柱
①学生時代をどうとらえるか
 ②マルクス超入門
 ③マルクスが生きた時代
 ④若いマルクスが選んだ道
 ⑤マルクスが基礎をおいた学問の全体
 ⑥成長をやめないマルクス
 ⑦マルクスの目で現代を見ると
 ⑧マルクスをどう学ぶか

2
①学生時代というものは
大人への飛躍の最終段階(精神的にも、経済
的にも)
 そのためには、大人として生きることへの自
信と展望を培うことが大切
 そのための自由な学びが保障された期間
 ①自分が生きる社会(現実世界)を知る
 ②社会とのかかわり方を考える
 ③より成熟した大人への成長に見通しをもつ
 そのためにマルクスは格好の題材

②マルクス超入門
①マルクス(1818-83)
②革命家。科学的社会
主義の学説と運動の
創始者。
③世界観、経済理論、未
来社会論、革命運動
論など多面的で統一
的な学説。
④〈資本主義も人類社会
の一段階。改革の担
い手は労働者階級。〉
今日は脇役、エンゲルスとレーニン
エンゲルス(1820-95) マルクスの生涯の共同者。
 レーニン(1870-1924) 20世紀を代表する革命家。

③マルクスが生まれた時代
1789年フランス革命、1803~15年ナポレオン
戦争(ヨーロッパ諸国との)、侵略戦争だがフラン
ス革命の精神を各国に広める効果もあった、ナポ
レオン・ボナパルトの敗北・失脚、特にロシアとイ
ギリスが大きな役割
 1815年ウィーン会議、主要戦勝国が神聖同盟、
革命の影響を排して旧体制の復活をめざす(君主
制、フランスでもブルボン王朝が)、しかし思想的
影響は排除できず
 封建制の社会から資本主義の社会への大きな変
化の中でのジグザグの動き

ドイツでは君主制打破と統一が課題に
ナポレオン戦争時に統一ドイツはなかった、プロイ
セン、オーストリアなど小国家の分立
 ウィーン会議では、38の独立した君主制国家に
よる「ドイツ連邦」が決まる(のちに39ケ国に)、オ
ーストリアは「ドイツ連邦」の一員であり連邦外で
はハンガリーなどの支配者でもあった
 世界市場に君臨するイギリス、経済的に統一され
たフランスに対して、39ケ国ごとに関税のあるド
イツが経済的な発展で遅れていたのは明白
 専制君主制の打破とともに「ドイツ統一」の形成が
歴史の課題になっていた

④若いマルクス、ギムナジウムでの作文
1818年(ウィーン会議の3年後)、トリーア(プロイ
セン・ライン州)に誕生、フランス革命の強い影響
 ギムナジウムの卒業作「職業の選択にさいしての
一青年の考察」(35年8月)、17才
 「地位の選択にさいしてわれわれを導いてくれなけ
ればならぬ主要な導き手は、人類の幸福であり、
われわれ自身の完成である。・・・人間の本性とい
うものは、彼が自分と同時代の人々の完成のため
、その人々の幸福のために働くときにのみ、自己
の完成を達成しうるようにできている」(『全集』第4
0巻、519ページ)。
 個人主義とはまったく反対、「人類の幸福」と「自身
の完成」を重ねる人生観

大学、博士学位、ジャーナリズムへ
ボン大学、ベルリン大学で法学や哲学、ベルリン
大学では青年ヘーゲル派(ヘーゲル左派)に所属
、政治と思想を大いに論ずる
 41年3月ベルリン大学を卒業(22才)、4月イエ
ーナ大学から「デモクリトスの自然哲学とエピクロ
スの自然哲学との差異」で博士学位
 ボン大学への就職を考えるが、進歩的な学者が
大学を追われる一連の事態を前に断念
 42年5月「ライン新聞」(ブルジョアジーの改革派
が発行)に政府批判の論説を、10月には主筆と
して編集者の中心人物に(24才)

新しい課題を背負って次の局面へ






プロイセンの「検閲」、農民による「木材窃盗」の取
り締まり、ぶどう栽培業者への課税の問題など、
生きた人間が直面する具体的な問題に取り組む
-物質的利害関係で発言することへの困惑
-共産主義の思想と運動に直面、プルードン他
-青年ヘーゲル派と手を切る、現実との対決
43年1月プロイセン政府が4月からの発行禁止を
決定
3月17日「目下の検閲事情のために、今日をもっ
て『ライン新聞』の編集部からしりぞいた」、24才
共産主義の思想・運動家に
科学的な世界観・変革観を探求、パリで『独仏年
誌』(44年)に「ユダヤ人問題について」と「ヘーゲ
ル法哲学批判序説」を(25才)、青年ヘーゲル派
を批判した『聖家族』(45年)、
 科学的社会主義の土台を形成、ブリュッセル(ベ
ルギー)でエンゲルスと本格的な共同「ドイツ・イデ
オロギー」(27~8才)、プルードン批判『哲学の
貧困』(47年)
 共産主義の運動を、46年共産主義者通信委員
会設立、47年正義者同盟からの加盟要請、48
年共産主義者同盟の委任により『共産党宣言』(
科学的社会主義の初めての綱領)を執筆(29才)

48年「ドイツにおける共産党の要求」
「フランス2月革命」からヨーロッパ48年革命へ(
オーストリア、プロイセン、イタリア、ハンガリー・・)
、3月民主主義革命の綱領(29才)
 ①全ドイツを単一不可分の共和国に、②21才以
上の全ドイツ人は選挙権・被選挙権を、③労働者
もドイツ国会に議席をもちうる、⑤訴訟は無料、⑥
農民を苦しめたあらゆる封建的負担は廃止、⑦王
侯領他は国有化、国民の利益のために経営、⑩
私的銀行は廃止、唯一の国立銀行の銀行券に法
定通用力を、⑪すべての交通機関を国有化し、無
産階級は無料に、⑮高度の累進税の実施と消費
税の廃止、⑯国家は全労働者の生活を保障し、
労働不能者を扶養する、⑰無料の普通公民教育

もし、マルクスが現代に生きていたら
国民が古い自民党政治から抜け出し、新しい政
治を模索する中で、「構造改革」に、基地問題に、
鳩山政権に、若いマルクスはどういう態度をとった
だろう
 各国が主人公への世界構造の大きな変化、核兵
器廃絶への新しい展望、「市場をつうじた社会主
義への道」や「新しい社会主義」が探求される世
界に、マルクスはどういう態度をとっただろう
 生きがいを社会進歩へ
 マルクスは共産主義者になる前からすでに革命
家(変革者)であった

⑤マルクスが積み上げた科学の特徴





社会の変革には、社会がもつ病理(問題点)の解
明と科学的な治療法の探求が不可欠
「社会はこうあるべき」という理想の提示でなく、「社
会はどうなっているか」「何をきっかけに、どう発展
するか」の学問的な探求が必要
人間が直面する現実的問題の解決が学問発展の
原動力、世界観、経済理論、未来社会論、革命運
動論、結果として、それらの総体として科学的社会
主義は構成された
縦割りでない「全一的」(総体的)な学問
閉鎖的でない開かれた学問、変化する学問
世界観の特徴-①唯物論の見地
物質が先か意識が先か、多様な言及の中から
 「あるけなげな男が、かつて、人間が水に溺れるの
は彼らが重力の思想に取りつかれているからでし
かないと思い込んだ。彼らが、たとえばこの観念を
迷信的な観念、宗教的な観念と言明することによ
って、それを頭から追い払えば、彼らはすべての水
難を免れるというのだ。生涯にわたって、彼は、重
力の幻影とたたかったが・・・このけなげな男こそが
、ドイツの新しい革命的哲学者たちの典型であった
」(『ドイツ・イデオロギー』)。
 重力の思想をなくせば水難は免れる(観念論)、重
力にさからう方法を身につけなければ水難は免れ
ない(唯物論)、貧困は、失業は

世界観の特徴-②弁証法の見地
静止・孤立の形而上学か、運動・関連の弁証法か
 「世界はできあがっている諸事物の複合体として
ではなく、諸過程の複合体としてとらえられねばな
らず、そこでは、みかけのうえで固定的な諸事物
も、・・・生成と消滅のたえまなのない変化のうちに
あり、この変化のうちで、みかけのうえでは偶然的
なすべてのものごとにあっても、またあらゆる一時
的な後退が生じても、結局は、一つの前進的発展
がつらぬかれているという、偉大な根本思想」(『フ
ォイエルバッハ論』)
 観念論から解放されたヘーゲルの革命的側面

世界観の特徴-③社会を見れば
「歴史の本来の最終的な推進力をなしている動力
を探求することになると、・・・個々の人々の動機で
はなくて、問題になるのは、人間の大きな集団、
民族全体、さらにそれぞれの民族のうちでの諸階
級全体を動かす動機であり、しかもこれも・・・大き
な歴史的変動をもたらす持続的な行動にみちびく
ような動機である」(『フォイエルバッハ論』)
 ①社会の動きの土台は経済の動き
 ②社会の仕組みは段階的に交代する
 ③社会改革の主役は階級

経済理論の特徴-①運動法則の解明
広義の経済学と狭義の経済学
 「さまざまな人間社会が生産し交換し、またそれに
おうじてそのときどきに生産物を分配してきた、そ
の諸条件と諸形態とについての科学としての経済
学-こういう広義の経済学は、これからはじめて
つくりだされなければならない。今日までにわれわ
れがもっている経済科学は、ほとんどもっぱら、資
本主義的生産様式の発生と発展とに限られてい
る」(『反デューリング論』)
 社会の土台の生成から死滅にいたる運動を
 「近代社会の経済的運動法則を暴露することがこ
の著作の最終目的である」(『資本論』)

経済理論の特徴-②資本主義の矛盾
「資本主義的生産の真の制限は、資本そのもので
ある。というのは、資本とその自己増殖とが、生産
の出発点および集結点として、生産の動機および
目的として、現われる、ということである。生産は
資本のためのものにすぎないということ、そして、
その逆ではないということ」(『資本論』)
 資本の自己増殖とは、剰余価値の生産(利潤の
追求)のこと、それが様々な社会的害悪(貧困・恐
慌・環境問題など)を生みだし、同時に、それを乗
り越えようとする人間集団(労働者階級など)を生
み、彼らに資本主義を改革する持続的な動機を
生みだしていく

〔参考〕新しい経済システムへの関心
2009年11月BBCの27ケ国(2万9000人)世
論調査、「ベルリンの壁崩壊から20年、自由市場
の資本主義に対する不満が広がっている」
 「資本主義はよく機能しており、規制強化は能率
低下を招く」11%、自由主義で良い
 「規制と改革で対処できる問題を抱えている」5
1%、資本主義にはルールが必要
 「致命的な欠陥を抱えており、新しい経済システム
が必要だ」23%(フランス43%、メキシコ38%、
ブラジル35%)、資本主義以外のシステムへ

20
12ケ国の結果比較

http://news.bbc.co.uk/2/hi/8347409.stm
21
未来社会論の特徴-①利潤第一の転換
資本主義の真の制限を絶つ、利潤追求のための
生産でなく、社会の幸福のための生産へ、それを
達成する手段としての「生産手段の社会化」
 共産主義とは「共同の生産手段を使って労働し、
個人個人がもつ労働力を一つの社会的労働力と
して自覚的に支出している自由な人びとの連合体
」(『資本論』)
 ①貧困と差別の一掃、②経済の計画的運営、③
人間の全面的な発達を目標に(生産もまた生きる
ための手段)、④発達した諸個人による社会の飛
躍的発展

未来社会論の特徴-②漸進的な改革
「労働の奴隷制〔資本主義のこと〕の経済的諸条
件を、自由な結合的労働〔共産主義のこと〕の諸
条件とおきかえることは、時間を要する漸進的な
仕事でしかありえないこと(その経済的改革)、そ
のためには、分配の変更だけでなく、生産の新し
い組織が必要であること」「その調和のとれた国
内的および国際的な調整が必要である」(『フラン
スにおける内乱』第一草稿)
 分配による豊かさだけでなく、自発的でありうるは
たらき方そのもの変革、生産組織間の計画的な
調整

未来社会論の特徴-③長い過渡期
「現在の『資本と土地所有の自然諸法則の自然発
生的な作用』は、新しい諸条件が発展してくる長
い過程を通じてのみ、『自由な結合的労働の社会
経済の諸法則の自然発生的な作用』によっておき
かわりうること、それは『奴隷制の・・作用』や『農
奴制の・・作用』が交替した場合と同様である」(『
フランスにおける内乱』第一草稿)
 自然発生的(なんらかの強制によるのでなく)とい
うことが大切、過渡期を通じて国家は眠り込む
 スターリンは1936年に過渡期の終了を宣言した
が、現実には強烈な抑圧の国家が存在した

革命運動論の特徴-①多数者革命論
普通選挙(議会)をつうじた多数者革命論の探求
 「社会組織の完全な改造ということになれば、大
衆自身がそれに参加し、彼ら自身が、なにが問題
になっているか、なんのために彼らは肉体と生命
をささげて行動するのかを、すでに理解していな
ければならない。・・・そのためには、長いあいだ
の根気づよい仕事が必要である」(『フランスにお
ける階級闘争』への序文)
 何のためのどういう改革かをよく理解した多数者
による多数者のための革命
 そういう多数者をつくりあげる根気強い仕事こそ
が、革命を準備する仕事の核心

革命運動論の特徴-②段階的変革論
「資本は、社会によって強制されるのでなければ、
労働者の健康と寿命にたいし、なんらの顧慮も払
わない」
 「工場立法、すなわち社会が、その生産過程の自
然成長的姿態に与えたこの最初の意識的かつ計
画的な反作用は・・・大工業の必然的産物」(『資
本論』)。
 10時間工場法、ロシア革命の影響(8時間労働
や社会保障宣言が各国へ、ILOへ)、人民戦線政
府、戦後の国連とEUなど、資本への「意識的・計
画的反作用」が深まってきた
 「反作用」=ルールを深める資本主義改革の先に
社会主義的変革への選択が生まれてくる

⑥自分の到達点に安住しないマルクス





革命家としても、科学者としても
レーニン『カール・マルクス』の伝記を参考に
①1842~43年、革命的民主主義者として「ライ
ン新聞」で活動、唯物論と共産主義への前進過程
②43~48年、パリやブリュッセルで科学的社会
主義の土台をつくる、エンゲルスとの共同の開始
、『ドイツ・イデオロギー』、『共産党宣言』
③48~49年、ヨーロッパ革命の中で「新ライン新
聞」の編集長として、革命を総括した『フランスに
おける階級闘争』『ルイ・ボナパルトのブリュメール
18日』『ドイツにおける革命と反革命』
マルクスの成長の中で、現代的に
④49~64年、ロンドンで来るべき革命運動の高
揚にそなえ、世界観の仕上げや経済学の研究を
、『経済学批判』への「序説」と「序言」、多彩な国
際政論活動
 ⑤64~72年、国際労働者協会(第一インタナシ
ョナル)での活動、『賃金、価格、利潤』、『資本論』
第1巻、『フランスにおける内乱』
 ⑥72~83年、『資本論』の完成をめざしながら、
各国の運動への助言を行う晩年、『ゴータ綱領批
判』
 マルクスを歴史(成長)の中で読む、マルクスをう
のみにするのはマルクス主義(科学的社会主義)
者ではない

⑦マルクスの目で-①世界経済危機





周期的恐慌と金融危機の結合
1825年からの周期的恐慌(経済循環の中での
危機)、2008年からの現在も
物のつくりすぎで社会が苦しむ、恐慌論の3本柱
、①恐慌の可能性、②恐慌の原因・根拠(生産と
消費の矛盾)、③恐慌の運動論(流通過程の短縮
、過度の投機、信用が「架空の需要」を生みだす)
今回は金融バブルが「架空の需要」の膨張を促進
、破裂による被害を拡大させた
個人消費の拡大と金融投機への規制が必要、今
回の危機で大国批判や資本主義批判が拡大
マルクスの目で-②地球温暖化問題






資本主義の成立(産業革命)以後、大気中の二酸
化炭素が急増(化石燃料の消費)
利潤第一主義が生む「生産のための生産」、「大量
生産・大量消費・大量廃棄」という生活の強制
97年「京都議定書」、01年ブッシュ政権が脱退、
日本はサボリ
「京都議定書」の基準年1990~06年の削減実績
、ドイツ-18.2%、イギリス-15.1%、フランス
-3.5%、日本+5.3%、アメリカ+14.4%
オバマ政権も鳩山政権も、転換をいわずにおれな
くなっている、課題は大企業への規制の実施
資本主義の枠内でどこまでやれるか、実践の課題
マルクスの目で-③中国をどうみる






情報が不十分
「社会主義をめざす国」(社会主義の社会ではな
い)、中国は過渡的を終えた「初級段階」と規定
ソ連とは違った道を、①覇権主義の否定(文化大
革命での干渉も)、②市場経済路線
発展途上の経済、①1人あたりGDPは低い、②
社会保障の未確立、③所得再分配が弱い(個人・
地域格差)
民主主義が未熟な政治、①一党制、②政治犯、
③情報統制、④少数民族問題、総じて政府批判
に力で対抗
多数の合意にもとづく社会づくりで、資本主義に
対する優位性が示せるかどうか
⑧マルクスをどう学ぶか







現代日本と世界の変革を念頭に
授業の他に、自分だけのカリキュラムを(大学時
代での学びは自分で設計する)
独習と集団学習(先輩と学習サークルを)
覚えるのでなく、事実に照らして確かめる、「すべ
てを疑え」
高校までの体験から「自分は勉強ができない」と
決めつけない、「それが理解できる人間になりた
い」という熱意と責任感があれば
社会改革の取り組みを体験しながら
長期休暇には普段できないフィールドワークも
忙しい中での学びのヒント






学びの規模(量)をはっきりさせる、年に本棚1本
分の本を買う、「読める」から買うのでなく、「読め
る人間になりたい」から買う
バイト代からまず本を、古本屋を大いに活用して
時間を決めてページをめくる、ダラダラ読まない(
集中力を鍛える)
必ずペンをもって欄外に書き込みを
図書館、喫茶店、電車などに自分で自分を閉じ込
める、学びの「空間」を利用する
時間の管理は決定的、「空き時間」こそ最重要
マルクスへの入門のために
ダウンロード

「100405」をダウンロード