040412 ちょっと一休み(26)
次ページボタン ではなく、
画面をクリックする
「PPT アニメーション機能」で
ご覧下さい。
Copy right(C) 2004
國井 良昌 All rights reserved.
1
040412 ちょっと一休み(26)
ちょっと一休み(26)Rev.-2
2
040419
企業の経営を大きく左右する社告やリコールが後を絶ち
ません。タイヤ脱落事故と回転ドア事故です。
常に、社会的に弱い者が犠牲者になるのは何故でしょ
うか? ご冥福を祈るとともに、一設計者としても心が痛
みます。
墓前で花をささげるM 社のV.P社長(040325)
設計責任を問う!
遺族の方々へ企業の代表が頭を垂れるニュースが流れ、
企業の安全への責任が問われていますが、一歩掘り下げ
【引用文献・参考文献】
て開発・設計責任に焦点を当ててみたいと思います。
・http://www.tokyo-np.co.jp/00/sya/20040326/
Copy right(C) 2004
國井 良昌 All rights reserved.
【引用文献・参考文献】
・http://www.tokyo-np.co.jp/00/sya/20040326/
040412 ちょっと一休み(26)
「タイヤ脱輪事故」を設計分析する
2004年3月13日(土) 朝日新聞の朝刊から抜粋
■ 実車実験に手抜き?
答えです。
タイヤと車軸をつなぐハブの破損による脱輪事故を51件も起こした
M社製の大型車両をめぐって、問題となったハブを設計する際、同
社はハブの強度や安全性を調べる実車実験をしていなかったこと
がわかった。
3
著者の設計分析
社名:M トラック・バス株式会社
社長/CEO:V・P 氏
資本金:200億円
設立:2003年1月6日
在籍人員:約16,000人(連結)
主な株主:D社
M自動車(株)
実車実験をしていなかった?!?!
金属部品のハブは、定期交換対象の部品ではなく、どんなに長く
走っても耐えうる構造に設計する必要がある。
Copy right(C) 2004
國井 良昌 All rights reserved.
【受講者:確認テスト】
この場合、設計思想は以下に示す
どれが適切ですか?
① フールプルーフ設計思想
② セーフライフ設計思想
③ フェールセーフ設計思想
④ ダメージトレランス設計思想
【引用文献・参考文献】
・2004年3月13日 朝日新聞 朝刊
・システム工学設計法 テキスト第4部:國井 良昌
040412 ちょっと一休み(26)
「タイヤ脱輪事故」を設計分析する
2004年3月13日(土) 朝日新聞の朝刊から抜粋
4
著者の設計分析
タイヤ
■ 構造断面図
ホイール
タイヤ、ハブ周辺の構造断面図
です。
ボルト
車軸
ハブ
軸受
ブレーキドラム
Copy right(C) 2004
國井 良昌 All rights reserved.
【引用文献・参考文献】
・2004年3月13日 朝日新聞 朝刊
040412 ちょっと一休み(26)
「タイヤ脱輪事故」を設計分析する
2004年3月13日(土) 朝日新聞の朝刊から抜粋
5
著者の設計分析
■ 5回の設変(設計変更)
M社は83年から現在まで5回、大型車に使うハブの設計変更を
した。
社内では設計段階順にA-F型ハブと呼び、このうち横浜市の死
亡事故を起こした大型トレーラーに使われたのは93年3月~95年
7月に製造されたD型ハブである。
部品点数と、この部品の「使用目
的」から分析すると、設計変更が
多すぎませんか?
設計思想とその優先順位は?
FMEAは?
FTAは?
Copy right(C) 2004
國井 良昌 All rights reserved.
【引用文献・参考文献】
・2004年3月13日 朝日新聞 朝刊
・システム工学設計法 テキスト第1部:國井 良昌
040412 ちょっと一休み(26)
「タイヤ脱輪事故」を設計分析する
2004年3月13日(土) 朝日新聞の朝刊から抜粋
6
著者の設計分析
■ 設計時、内規に違反
ハブの設計時にテストコースを走るなどの実車実験をすることは
法律で義務づけられていないが、M社では社内規則で設計変更時
には安全検査の一環として実車実験を義務づけている。
だが、関係者によると、C型からD型に設計変更をした際は実車実
験をしなかったという。
最近、大企業でも見られる現象です。
① 「真ん中が抜けている」のです。
② 設計審査ができないのです。
注意:以上は、一般論です。
CAE(≒FEM)は設計の常識
人命に直接かかわる部品であることから、同業他社は、設計や設
計変更の際、テストコースで実車実験をしたり、コンピューターでシミ
ュレーションしたりして金属疲労が生じる恐れがないかどうかを確認
しているという。
Copy right(C) 2004
國井 良昌 All rights reserved.
「人命に直接かかわる部品~」という
言葉に重さを感じます。
人命に直接かかわらなくても、重要
箇所の実験、CAEは「設計の常識」
です。
【引用文献・参考文献】
・2004年3月13日 朝日新聞 朝刊
040412 ちょっと一休み(26)
「タイヤ脱輪事故」を設計分析する
2004年3月13日(土) 朝日新聞の朝刊から抜粋
7
著者の設計分析
重要!:トラブルの潜在箇所
■ 設変はトラブルが潜在する!
D型ハブの破損事故はこれまでに36件もあり、捜査当局が他の
大型車メーカーに依頼して鑑定したところ、D型は、C型よりも強
度が弱かった。
このため、D型に設計変更した際の経緯について設計担当者ら
から詳しく事情を聴いている。
① 新 規 技 術
②トレードオフ
③ 設 計 変 更
國井 良昌 All rights reserved.
① 新技術の導入箇所
② トレードオフ箇所
設計FMEAを施行せよ!
③ 設計変更箇所
同社側はこれまでハブ破損の原因は利用者の整備不良にある
と主張してきたが、11日、一転して設計上の問題があったことを
認めた上、リコール(無償回収・修理)の実施を国土交通省に申し
出ている。 (工程変更、材料変更、仕入先変更など)
Copy right(C) 2004
【受講者:確認テスト】
トラブルは、次の3項目に潜在し
ています。3つを選択しなさい。
(工程変更箇所)
④ 上長ノーテンキ・セクション
⑤ 新人配属セクション
⑥ にわか大工設計セクション
【引用文献・参考文献】
・2004年3月13日 朝日新聞 朝刊
040412 ちょっと一休み(26)
「タイヤ脱輪事故」を設計分析する
2004年3月13日(土) 朝日新聞の朝刊から抜粋
8
著者の設計分析
■ 実験、コンピューター解析をしなかった理由
ハブをC型からD型に設計変更した際は、台上試験は実施した
が、実車実験やコンピューター解析はしていない。
台上試験の内容や、実車実験、コンピューター解析をしなかった
理由は、今は担当部署と連絡が取れず、わからないという。
本Home Pageのメインテーマ、
その現状分析そのものです。
この現象が日本の、大方の大
企業の開発・設計現場で起き
ているのです。
本Home Pageのトップページからご覧ください。
SITE MAP”F”の「設計審査の充実化」をお読みください。
Copy right(C) 2004
國井 良昌 All rights reserved.
【引用文献・参考文献】
・2004年3月13日 朝日新聞 朝刊
040412 ちょっと一休み(26)
「タイヤ脱輪事故」を設計分析する
9
2004年3月13日(土) 朝日新聞の朝刊から抜粋
本Home
Pageでは昨年9月から指摘 (一般論として)
■■
本Home
Pageでは昨年9月から指摘(一般論として)
シリーズ:著者の回答(012)より抜粋
シリーズ:著者の回答(010)より抜粋
030901発行
030901発行
タイヤ脱輪事件と全く同じですネ!
【引用文献・参考文献】
Copy right(C) 2004
國井 良昌 All rights reserved.
・シリーズ:著者の回答(010):國井 良昌
・シリーズ:著者の回答(012):國井 良昌
040412 ちょっと一休み(26)
「タイヤ脱輪事故」を設計分析する
■ 設計者よ! 設計力とプライドを身に付けよう!
Copy right(C) 2004
國井 良昌 All rights reserved.
終わり
10
ダウンロード

タイヤ脱輪事件を設計分析する