環境汚染物質の健康影響
医学部6年生
平成18年9月29日(金)
衛生学 田中昭代
大気汚染に係わる災害的事件
ミューズ渓谷事件(ベルギー、1930)
気温逆転が起こり、工場から排出される二酸化硫黄などの汚染物質が増加し、60人死亡。
ドノラ事件(アメリカ、1948)
気温逆転が起こり、工場から排出される二酸化硫黄などの汚染物質濃度が増加し、14,000
人の住民の半数が急性呼吸器症状を訴え、17人が死亡した。これは、この時期の平均死
亡率の8倍であった。
ロンドン事件(イギリス、1952)
気温逆転が起こり、浮遊粉塵濃度は平時の十数倍、二酸化硫黄濃度は6倍の濃度に達し
た。後日、死亡者数を調査すると、例年の同期間に比し、4,000人が過剰死亡していること
がわかった。
ロサンゼルス事件(アメリカ、1955)
8月の終わりから9月の初めにかけて、100℃F以上の温度を伴った大気汚染が発生し、死
亡者の増加、とくに65歳以上の死亡の増加が認められた。しかし、分析の結果、死亡数の
増加は高度の大気汚染よりも高温と関係していることがわかった。従って、通常は、この事
件を大気汚染の事件として取り扱うことには問題がある。
ポサリカ事件(メキシコ、1950)
天然ガスから硫化水素を取り出し、硫黄をつくる工場で硫化水素が不注意に流出し、工場
周囲の住民が呼吸器および中枢神経系の影響を受け、320人が入院し、22人が死亡した。
単一汚染源から発生した特殊なタイプの事件である。
大気汚染との関連で問題になった事件
東京横浜喘息(日本、1946〜)
アメリカの軍医が軍隊およびその家族に喘息様症状を訴えるものが
異常に多いことに気づき、大気汚染との関連で問題になった。
四日市喘息(日本、1965〜)
四日市地区での石油関連産業の発展に伴い、喘息様症状の有症
率が増加し、二酸化硫黄との関係が問題になった。
光化学スモッグ事件(日本、1970)
運動中の中学生や高校生が眼や咽頭の粘膜刺激症状、咳、呼吸
困難、頭痛、しびれ感を訴え、一部のものには高度の呼吸困難、痙
攣発作、意識障害が見られた。気道刺激症状はオゾンで説明可能
でだが、重症例(意識障害、痙攣など)は原因不明。
大気汚染の2つの型
ロスアンゼルス型
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
発生時の温度
23.9〜32.2℃
発生時の湿度
70%以下
逆転の種類
沈降性逆転
風速
2.2m以下
スモッグ最盛時の視程 1.6km以下
最も発生しやすい時期 8月, 9月
主な燃料
石油系
主な汚染物
O3、有機物、SO2、CO
反応の型
光化学的および熱的
化学的作用
酸化
発生時期
日中
人体に対する影響
短時間の眼などの粘膜刺激
ロンドン型
-1.1〜4.4℃
85%以上
放射性逆転
無風
100m以下
12月,
1月
石炭および石油系
硫化物、SPM、CO
熱的
還元
早朝
咳など呼吸器系の刺激、時に
は呼吸器系の患者の死亡率を
高める
平成15年度国家試験問題
• 誤っている組み合わせはどれか。
A ベンゼン------------- ガソリン
B 一酸化炭素---------- 好気的発酵
C 二酸化硫黄--------- 化石燃料
D 浮遊粒子状物質----- ディーゼルエンジン
E 光化学オキシダント-- 光化学反応
平成16年度国家試験問題
• 大気中フロンの増加に関連しないものはどれ
か。
a 地球の温暖化
b 酸性雨増加
c 白内障増加
d 感染症の拡大
e 地表紫外線の増加
大気中浮遊粒子状物質による健康影響
1
2
3
4
5
6
大気汚染物質の最近の動向
浮遊粒子状物質の発生源
浮遊粒子状物質の体内動態
PM10とPM2.5
PM2.5の健康影響
PM2.5の今後の問題
大気環境基準
物質
環境上の条件(設定年月日等)
1時間値の1日平均値が0.04ppm以下であり、かつ、
1時間値が0.1ppm以下であること。(48. 5.16告示)
1時間値の1日平均値が10ppm 以下であり、かつ、
1時間値の8時間平均値が20ppm 以下であること。
(48.5.8告示)
浮遊粒子状物 1時間値の1日平均値が0.10mg/m3以下であり、か
質
つ、1時間値が0.20mg/m3以下であること。(48. 5.8
(SPM)
告示)
二酸化窒素
1時間値の1日平均値が0.04ppmから0.06ppmまで
(NO2)
のゾーン内又はそれ以下であること。(53. 7.11告示)
二酸化硫黄
(SO2)
一酸化炭素
(CO)
光化学オキシ 1時間値が0.06ppm以下であること 。(48.5.8告示)
ダント(OX)
大気環境基準
物質
環境上の条件(設定年月日等)
ベンゼン
ベンゼン1年平均値が0.003mg/m3以下
であること。(H9.2.4告示)
トリクロロエチレン
トリクロロエチレン1年平均値が
0.2mg/m3以下であること。(H9.2.4告示)
1年平均値が0.2mg/m3以下であること。
(H9.2.4告示)
テトラクロロエチレン
ジクロロメタン
ダイオキシン類
1年平均値が0.15mg/m3以下であること。
(H13.4.20告示)
1年平均値が0.6pg-TEQ/m3以下である
こと。(H11.12.27告示)
ダイオキシンの環境基準(H12.1)
• 大気
• 水質
• 土壌
0.6pg-TEQ/m3 (年平均)
1pg-TEQ/L(年平均)
1000pg-TEQ/g
二酸化窒素、一酸化窒素の年平均値
の推移
NO2の環境基準達成率の推移
NO2環境基準達成率の分布
SPM濃度の年平均値の推移
SPMの環境基準達成率
光化学オキシダント注意報発令日数の推移
注意報レベル(0.12ppm)以上の濃度
が出現した日数の分布(関東地域)
大気汚染物質の分類
粒子状汚染物質
○粗大粒子(直径100μm
以上)
○降下煤塵(10μm以上)
○浮遊粒子状物質(10μm
未満)
ガス状汚染物質
○硫黄化合物
○窒素化合物
○酸素化合物
○ハロゲン化合物
○有機化合物
一次粒子と二次粒子
• 一次粒子
燃料およびその他の物の燃焼に伴って発生する
粒子、または物の破砕、選別、その他の機械的
処理、または堆積に伴って発生、飛散する粒子
• 二次粒子
ガス状物質として大気中に放出された物質が大
気中において光化学反応や中和反応を経て粒
子に変化したもの。硫酸塩、硝酸塩、塩酸塩など
が相当する。
浮遊粒子状物質
• Suspended particulate matter: SPM
• 大気中に浮遊する粒子状物質。粒子径が
10μm以下のもの。
• 粒径が10μm以上のものは鼻咽頭部でとらえ
られ、気管以下の領域へ侵入することはない。
(わが国のSPM環境基準10μm以下の粒子に
ついてという範囲の限定を行っている理由
• PM10とPM2.5(米国が1997年に従来のPM10に
加えて大気環境基準を公布)
エアロゾルの間接影響
1.日照影響
2.紫外線減少
3.植物影響
4.水質、土壌汚染
5.家屋、衣服の汚染
エアロゾルの直接影響
• 一般大気環境中
1.機械的影響 粘膜への刺
激
2.アレルギー性疾患
3.慢性気管支炎
4.肺がん(デイーゼル排ガス
など)
• 作業環境中
1.塵肺
2.農夫肺
3.金属中毒
4.職業癌
5.皮膚粘膜の障害
6.金属による急性肺炎、
肺水腫
• その他
伝染性疾患の伝播
エアロゾルの生体への侵入経路
• 経皮侵入
• 経口侵入
• 経気道侵入
エアロゾルの生体影響を
及ぼす際の要因
1)化学形態
2)曝露濃度
3)粒子径
4)粒子形状
5)溶解性
6)表面状態
エアロゾルの挙動
• 「慣性」
気道内気流が分枝部などで方向が
急に変えられると、粒子の運動はその慣性のた
めに従来の方向に進もうとして管壁に衝突して
沈着する。鼻から上部気道で起こりやすい。粒子
径10μm以上の粒子。
• 「沈降」 空気中の粒子が重力の作用で沈降
し、呼吸器内壁に達して沈着するもの。 流速が
落ちる気管・気管支次いで肺胞で最も起きやす
い。粒子径0.5〜2.0μmの粒子
• 「拡散」 微細粒子のブラウン運動による移動。
流速が減少した細気管支から肺胞にかけて最も
起きやすい。粒子径は0.5μm以下の粒子。
粒子のクリアランス
粒子径
粒子の溶解性
呼吸器内における溶解性は単に化学的な溶解
度と異なる場合があり、非常に複雑である。
易溶性 吸入された粒子はすぐに生体膜を通じて血
液中に入り、分解された後、大部分のものは腎臓か
ら排泄される。
難溶性 線毛運動、貪食作用、リンパ節への移行
難溶性粒子のクリアランス
線毛上皮の線毛運動、粘液流による排泄
気管・気管支の上部気道
肺胞マクロファージによる貪食
溶解性と細胞毒性の低い粒子は肺胞マクロ
ファージ(AMφ)により速やかに肺外に排出
細胞毒性の強い粒子はAMφに貪食された後、 A
Mφの壊死と、崩壊を引き起こし、肺胞内再放出
と同時にライソゾーム酵素やサイトカイン、活性
酸素放出し、肺胞領域での炎症反応を進展させ
る。
血管・リンパ管より排泄
大気汚染防止法の一部改正する法律の背
景(平成16年改正、18年排出濃度規制)
• 大気汚染の現状
• 浮遊粒子状物質の環境基準達成率が改善されて
いない。(一般環境大気測定局 52.6%、自動車
排出ガス測定局 34.3%、 平成14年度測定結
果)
• 光化学オキシダントの注意報発令日数は昭和50
年代初期レベルにあり、近年、被害者は年に千数
百人。
光化学スモッグ発生のメカニズム
• 光化学スモッグは、自動車や工場・事業場などから排
出される大気中の窒素酸化物や炭化水素(特に不飽
和炭化水素)が太陽光線(紫外線)を受けて、光化学反
応により二次的汚染物質を生成することにより発生し
ます。
二次的汚染物質としては、オゾン、パーオキシアシル
ナイトレート(PAN)及び二酸化窒素等の酸化性物質、
ホルムアルデヒド、アクロレイン等の還元性物質があり
ますが、ほとんどがオゾンです。光化学反応により生成
される酸化性物質のうち、二酸化窒素を除いたものを
「光化学オキシダント」と呼んでいます。
光化学オキシダント発生の反応
光化学オキシダント(オゾン)の生成反応
非メタン炭化水素(NMHC)が影響していない場合
二酸化窒素(NO2)は、太陽
光を受けて、空気中の酸素
(O2)から、オゾン(O3)を作り
出し、一酸化窒素(NO)となる。
オゾン(O3)は、一酸化窒素
(NO)と容易に反応して、酸素
(O2)に戻るため、高い濃度に
なりにくい。(同時に、一酸化
窒素(NO)は、二酸化窒素
(NO2)に戻る。)
光化学オキシダント(オゾン)の生成反応
NMHCが影響していない場合
一酸化窒素(NO)は、オゾン
のかわりに非メタン炭化水素
(NMHC)の酸化物と反応し
て二酸化窒素(NO2)に戻る
ため、オゾンが消滅しにくい。
また元に戻った二酸化窒素
(NO2)がオゾンを生成する
光化学反応を繰り返すため、
オゾン(O3)が急速に増加す
る。
高濃度の光化学オキシダントが出現した日
注意報発令レベルの0.12 ppm以上となった日は、2000年以降、急激に増加する傾向。
窒素酸化物や非メタン炭化水素の濃度の変化
原因物質の窒素酸化物や非メタン炭化水素の濃度は低下してきている
が、光化学オキシダント濃度の年平均値は上昇傾向
非メタン炭化水素
非メタン炭化水素とは、炭素と水素からなる有機化合物(炭化水素)のうち、メ
タンを除くものの総称であり、揮発性有機化合物(VOC)の中の一グループで
ある。非メタン炭化水素などの揮発性有機化合物(VOC)の主な発生源は、塗
装工程、印刷工程などを持つ工場や事業場のほか、ドライ機を持つクリーニン
グ店、ガソリンスタンド、自動車などである。
光化学オキシダント濃度の上昇要因
• 日射量の大きい日の割合が多い年は光化学オキシ
ダント濃度が高濃度となる傾向がある。
• 原因物質については、窒素酸化物の濃度に対して
相対的に非メタン炭化水素の濃度の比率が高くなる
と、高濃度オキシダントが出現しやすいこと
• 最近になって、自動車公害対策の進展などにより窒
素酸化物の濃度は低下してきたが、非メタン炭化水
素の削減がこれに追いつかず、相対的に非メタン炭
化水素の濃度の低下率が小さい
大気汚染防止法の一部改正する法律
揮発性有機化合物(VOC)の排出抑制の必要性
• 製品塗装施設、化学製品乾燥施設、印刷施
設、石油タンク等から排出
• 浮遊粒子状物質の原因物質であり、固定発
生源から排出されるものの中では最大の寄
与割合(約1割)
• 窒素酸化物とともに光化学オキシダントの原
因物質
• 欧米各国において代表的な大気汚染物質と
して法律に基づき規制
大気汚染防止法の一部改正する法律
概要
1. 対象施設 工場・事業所に設置される施設で、
VOCの排出量が多いためにその規制を行うこと
が特に必要なものを排出規制の対象とする。
2. 施策の指針 VOCの排出規制と事業者の自主
的取り組みとを適切に組み合わせて、効果的な排
出抑制を図る。
3. 排出規制 対象施設からの都道府県知事への
届け出。排出口からの排出濃度による規制基準
の遵守
4. その他 事業者の責務等についての規定
大気汚染防止法の対象となるVOC排出施設及び排出基準
番号
対象施設
規模要件
排出基準
1
揮発性有機化合物を溶
剤として使用する化学製品
の製造の用に供する乾燥
施設(揮発性有機化合物を
蒸発させるためのものに限
る。以下同じ。)
送風機の送風能力(送風機 600ppmC
が設置されていない施設にあ
つては,排風機の排風能力。
以下同じ。)が1時間当たり3,
000立方メートル以上のもの
2
塗装施設(吹付塗装を行う
ものに限る。)
排風機の排風能力が1時間
当たり
100,000立方メートル以上
のもの
自動車製造の
用に供する塗
装施設既設
700ppmC 新
設400ppmC
その他の塗装
施設
700ppmC
大気汚染防止法の対象となるVOC排出施設及び排出基準
番号
対象施設
規模要件
3
塗装の用に供する乾燥施設(吹 送風機の送風能力が1
付塗装及び電着塗装に係るもの 時間当たり
を除く。)
10,000立方メートル
以上のもの
排出基準
木材・木製品の
製造の用に供
するもの
1,000ppmC
その他のもの
600ppmC
4
印刷回路用銅張積層板,粘着
送風機の送風能力が1 1,400ppmC
時間当たり
テープ若しくは粘着シート,はく
離紙又は包装材料(合成樹脂を 5,000立方メートル以
積層するものに限る。)の製造に 上のもの
係る接着の用に供する乾燥施設
5
接着の用に供する乾燥施設(前
送風機の送風能力が1 1,400ppmC
項に掲げるもの及び木材又は木 時間当たり
製品(家具を含む。)の製造の用 15,000立方メートル
に供するものを除く。)
以上のもの
大気汚染防止法の対象となるVOC排出施設及び排出基準
番号
6
7
8
9
対象施設
規模要件
排出基準
微小粒子の環境基準(US)
• 1997年に米国で微小粒子(PM2.5)の環境
基準が設定された。
• PM10 24時間平均値 150μg/m3
年平均値
50μg/m3
• PM2.5 24時間平均値 65μg/m3
年平均値
15μg/m3
浮遊粒子状物質(SPM)に関する最近の疫
学知見の特徴
1 SPMの影響は呼吸器、循環器を中心に強く、血管
病変の関与の可能性もある。
2 SPMの呼吸器系への影響は喘息、アレルギー、
感染症、気管支炎、慢性閉塞性呼吸器疾患などの
疾患で強く観察される。
3 高齢者や小児などの高感受性群が存在すること。
4 数日という短い潜伏期で影響は起こりうる。
5 死亡や入院、救急受診を含めて影響は重篤であ
ること。
6 より微小な粒子で影響は強いこと。
1990年〜1994年までの東京23区における全死亡、
循環器系疾患、呼吸器系疾患による死亡のリスク比
リスク比 95%信頼区間
全死亡
1.06 (1.04, 1.07)
呼吸器疾患
1.05 (1.00, 1.09)
循環器疾患
1.06 (1.06, 1.09)
SPM100μg/m3増加によるリスク比
対象は65才以上、事故死を除く
藤本ら(2001、大気環境学会)
ディーゼル車排出粒子による人肺癌リスク試算
(岩井和郎、内山巌雄、大気汚染学会誌、35(4)229-241(2000)
Unit risk California EPA
Annual lung cancer risk(person ・year)
Mean life span=70
Mean life span=75
Lower end
13×10-5
1,225
Upper end
240×10-5
22,616
Geometric mean 60×10-5
5,654
For the total lung cancer in Japan(1995) 12.0%
11.5%
For male lung cancer
8.5%
For female lung cancer
22.9%
1,143
21,109
5,277
7.9%
21.4%
SPMに占める自動車排出粒子の割合をほぼ93%とした。
自動車排出粒子に占めるデイーゼル粒子の割合を95%とした。
微小粒子(2.5μm以下)の正確な粒子別計測と
物理化学的特性に関する今後の課題
1 計測方法の開発が不十分
2 粒子数または粒子表面積の観点から、微
粒子の大気存在量は無視できない。
3 微小粒子はピノサイトーシスにより種々の
細胞に取り込まれるため、毒性発現の機構
がファゴサイトーシスにより白血球等の特定
細胞に取り込まれる1〜数μm粒子のそれと
は異なる可能性が高い。
単位重量 100μg/m3 当たりの球状粒子の
数と面積 (Oberdorster et al. (1995) )
粒子直径
(μm)
粒子数(個/cm3)
表面積(mm2/cm3)
0.02
2,400,000
3,016
0.50
153
120
2.50
1
24
Dr. Oberdorsterグループの研究結果
• 小さい粒子ほど毒性は強い
• 同じ質量で比べた場合、難溶性あるいは不
溶性の超微小粒子は同じ成分の微小粒子に
比べて下部気道の炎症を著しく惹起する。表
面積が炎症に強く寄与している。超微小粒子
を事前曝露すると身体に耐性ができる
• 下部気道に沈着した超微細粒子は、肺胞上
皮や間質へ速やかに移行し、肺以外の他の
臓器に移行する。(白金の超微小粒子 12nm、
肝臓で10%検出)
化審法(昭和62年改正)
昭和62改正により
2 蓄積性は高くないものの難分解性であり、かつ、人の健
康を損なう恐れのある疑いのある化学物質も規制対象と
した。
指定化学物質に指定し、前年度の製造・輸入数量の届出
が義務づけられる。
第二種特定化学物質・・・ 指定化学物質の中で「人の健
康を損なう恐れがある」と判断された場合に指定される。
前年度の製造・輸入数量の実績の他、製造・輸入の予定
数量等の届出も実施する。
改正化審法条文
•
旧法
(1973年法律制
定)
旧化審法
(1986年法律改正)
【契機】
改正 契機】
目的 ポリ塩化ビフェニル トリクロロエチレン等に
による環境汚染
よる地下水汚染問題
改正化審法
(2003年法律改正)
【契機】
化学物質管理に関する国際
動向及びOECD勧告
・化学物質の動植物への影
・新規化学物質の ・高濃縮性でないが難 響に着目した審査・規制制度
事前審査制度を導 分解性及び長期毒性を の導入
入
有する化学物質(第2
・難分解性・高濃縮性の既存
・難分解性、高濃
種特定化学物質)に対 化学物質に関する規制の導
入
縮性、人への長期 し、製造・輸入量の制
毒性を有する第1 限措置
・環境中への放出可能性に着
種特定化学物質の ・第2種特定化学物質 目した審査制度の導入
製造・輸入禁止措 の疑いのある化学物質 ・事業者が入手した有害性情
報の報告を義務付け
置等の規制措置を (指定化学物質)の監
導入
視措置を導入
改正化審法条文
旧法
現行化審法
(1973年法律制定) (1986年法律改正)
改正化審法
(2003年法律改正)
法律
記載
目的
難分解性の性状を
有し、かつ、人の健
康を損なうおそれが
ある化学物質によ
る
難分解性の性状を有
し、かつ、人の健康を
損なうおそれがある
化学物質による
難分解性の性状を有し、かつ、
人の健康を損なうおそれ又は
動植物の生息若しくは生育に
支障を及ぼすおそれがある
化学物質による
対象
物質
第1種特定化学物
質
第1種特定化学物質
第2種特定化学物質
指定化学物質
白物質※
判定不能
白物質※
判定不能
第1種特定化学物質
第2種特定化学物質
第1種監視化学物質
第2種監視化学物質
第3種監視化学物質
白物質※
判定不能
分解性
蓄積性
分解性
蓄積性
スクリーニング毒性
慢性毒性
•
対象
試験
慢性毒性
分解性
蓄積性
スクリーニング毒性
慢性毒性
生態毒性
化審法改正(平成15年改正)の目的
• 旧化審法では、化学物質による環境汚染を通じた人の健康被害を
防止するため、新たな工業化学物質の有害性を事前に審査し、ポリ
塩化ビフェニルやトリクロロエチレンの様に、環境中で分解しにくく
(難分解性)、継続して摂取すると人への毒性(長期毒性)のある化
学物質について、その有害性の程度に応じた製造・輸入などの規制
を行ってきた。
• 一方、欧米においては、人への健康影響と並んで動植物への影
響にも着目するとともに化学物質の環境中への放出可能性を考慮
した審査・規制を行うことが主流で、平成14年1月に、OECDから日
本に対して、動植物への影響に着目する点を反映させ、適切な制度
改正を行うべき旨が勧告された。
• これより、これまでの化審法の制度を見直し、化学物質の動植物
への影響に着目した審査・規制制度を導入するとともに、環境中へ
の放出可能性を考慮した措置を講じることとし、化審法の改正が実
施された。
主な改正点
①環境中の動植物の影響に着目した審査・規制制
度の導入
②難分解性・高濃縮性の既存化学物質に関する規
制の導入
③環境中への放出可能性に着目した審査制度の導
入
④事業者が入手した有害性情報の報告の義務付け
改正化審法での新規化学物質の取り扱い
(1) 新規化学物質の取扱い方法等からみてその新規化学
物質による環境の汚染が生じるおそれがないため、新規
化学物質の製造等の届出が不要となる場合は、
①新規化学物質を他の化学物質の中間物として製造・輸入
し、当該中間物が他の化学物質となるまでの間において
環境汚染防止措置が講じられているとき。
②新規化学物質を施設又は設備の外へ排出されるおそれ
がない方法で使用するためのものとして製造・輸入し、そ
の廃棄までの間において環境汚染防止措置が講じられて
いるとき。
③新規化学物質を輸出するために製造・輸入する場合で
あって、その輸出に係る仕向地が省令で定める特定の地
域であり、かつ、輸出されるまでの間において環境汚染防
止措置が講じられているとき。
改正化審法での新規化学物質の取り扱い(続き)
(2) 新規化学物質の製造等の届出が不要となる場合に係
る数量を1トン以下と定めること。
(3) 新規化学物質の審査の特例等に係る数量を10トン
以下と定めること。
(4) 経済産業大臣及び環境大臣が意見を聴くべき審議会
等を定めること。
(5) 医薬品中間物を現に製造・輸入している者を確認に
係る経過措置の対象として定めること。
特定化学物質の環境への排出量の把握等及び
管理の改善の促進に関する法律
(通称:PRTR法)
• 平成11年7月公布
• 特定の化学物質の環境への排出量等の把握に関
する措置(以下「PRTR」)並びに事業者による特定
の化学物質の性状及び取り扱いに関する情報の提
供に関する措置(「MSDS」)等を講ずることにより、
事業者による化学物質の自主的な管理の改善を促
進し、環境の保全上の支障を未然に防止することを
目的としている。
PRTR(環境汚染物質排出移動登録)
• PRTR:Pollutant Release and Transfer Register
• 事業者が、人体等への悪影響との因果関係の判明
の程度に係わらず、有害性がある化学物質につい
て環境媒体別の排出量や廃棄物に含まれての移動
量を自ら把握し、行政に報告し、行政がこれを何ら
かの形で集計し、公表することにより、事業者による
化学物質の自主的な管理の改善を促進し、環境の
保全を促進し、環境の保全上の支障を未然防止で
図るものである。
PRTRによる排出量および移動量の把握
移動
事業所A
原材料
移動
事業所B
製品
排出
排出
届出対象以外の排出
量(家庭、農地等)
移動量
(廃棄物の処理に伴
い事業場外に移動す
る対象化学物質の量
処理
排出
排出
対象化学物質の環境(大気、水域、土壌)への排出量
MSDS
Material Safety Data Sheet
化学物質等安全データシート
第一種指定化学物質
PRTRおよびMSDSの対象化学物質
1. 当該化学物質が人の健康を損なうおそれ又は動植物の
生息もしくは生育に支障を及ぼす恐れがあるもの
2.当該化学物質の自然的作用による化学的変化により容易に
生成する化学物質が1.に該当するもの
3.当該化学物質がオゾン層を破壊し、太陽紫外線を地表に到
達する量を増加することにより人の健康を損なう恐れのある
もの。
のいずれかに該当し、かつ
4.その有する物理的化学的性状、その製造、輸入、使用または
生成の状況等からみて、相当広範な地の環境において当該
化学物質が継続して存続して存すると認められる化学物質
REACH規制
(Registration, Evaluation and Authorization
of Chemicals)
2001年2月、欧州委員会は「化学品政策戦略白書」を
発表。
1. 注意義務
2. 安全性評価
3. 登録
4. 評価
5. 認可
6. 制限
7. 成形品中の化学物質についての登録
8. 非遵守国への制裁
電化製品への有害物質の使用規制
(ROHS)指令
{EU指令における有害物質使用規定}
• 加盟国は遅くとも2007年1月1日までには、新
しく市場に出荷される電子・電気機器が、鉛、
水銀、カドミウム、六価クロム、ポリ塩化ビフェ
ニール類(PCB)、ポリ臭化フェニールエーテ
ル類(PBDE)を含んでいないことを保証する。
ダウンロード

排出基準