ジャーナリズム史第11-13回
昭和前期 縮軍から拡軍へのムード
ファシズムへの道
昭和10年代 新聞統制時代
ジャーナリズム史11-13
1
ジャーナリズムと戦争を考える
6月のジャーナリズム:

6月23日
7月のジャーナリズム

7月7日
8月のジャーナリズム

8月6日、9日、15日 17日
9月のジャーナリズム

9月2日、11日、18日
ジャーナリズム史11-13
2
①7月7日=1937(昭和12)年7月7日 廬溝橋事件。45年まで続く日中戦争(日本と中国
の全面戦争に発展。
⇒戦争とジャーナリズム
②8月6日=1945年8月6日広島に原爆投下
③8月9日=1945年8月9日長崎に原爆投下 ⇒原爆投下は正当化されるだろうか。戦後
の冷戦下のジャーナリズム
④8月15日=ポツダム宣言受諾。日本の一番長い日。戦争責任、東京裁判<BR>
⑤8月17日=満州帝国(1932年2月18日建国、日本の傀儡「偽満州」-リットン調査団-
国際連盟脱退)の崩壊
⑥9月2日=東京湾・戦艦ミズーリ号船上にて、日本が連合国側と降伏文書調印<BR>
⑦9月11日=2001年9月11日 ニューヨーク同時多発テロ。のち米国ほかのアフガン攻撃
にきっかけとなる。
⑧2002年9月17日:日朝国交正常化の記念すべき日になるかどうか
⑨9月17日=1931(昭6)年9月17日 柳条湖事件 関東軍が満州でおこし、満州事変の
発端となった謀略事件
ジャーナリズム史11-13
3
戦前のラジオ小史
 1925(大14)3.22 東京放送局放送開始
 1926(大15) 社団法人日本放送協会発足
 1927(昭2) テレビ実験に成功
 大相撲、中等野球の実況放送/オリンピックや国
際会議の中継にラジオが活躍/2・26事件「兵に告
ぐ」
 1941(昭16)12.5 国内放送戦時非常態勢要綱制
定<戦時体制>12.8体制太平洋戦争開戦の臨
時ニュース/空襲警報放送/娯楽番組の制限/対
外宣伝放送(日の丸アワー)
 1945.8.15 昭和天皇の「終戦詔書」放送
ジャーナリズム史11-13
4
15.昭和前期 政党政治から軍閥の台頭
 誤報から校閲部創設:「元号は光文」(東日)

誤報、誤植は「逆賊」の時代に
 普選実施(昭2)と治安維持法
 昭4 徳富蘇峰 『国民』を去る-パーソナル
ジャーナリズム終焉
 昭5 日本新聞聯盟結成。新聞共同宣言
 昭6 軍部の干渉 謀略と虚報 関東軍
 9.18 満州事変勃発:臨時ニュース 放送が号
外に先んじる 柳条湖・満鉄爆破 132社共同
宣言
ジャーナリズム史11-13
5
16. 言論界 沈黙への道
 昭7 五・一五事件:犬養毅首相暗殺 「話せば分
かる」-ファシズムの時代に
 福岡日日 菊竹淳(すなお)・六鼓 「敢て国民
の覚悟を促す」
 共同宣言:満州国(32.2)の正当化 国際連盟を批
判
 昭8 信濃毎日 桐生悠々「関東防空大演習を
嗤(わら)ふ」
 当局による記事差し止め、発売禁止処分、言論
人への右翼、左翼の暴力
ジャーナリズム史11-13
6
福岡日日 菊竹淳(すなお)・六皷
昭7 五・一五事件:
犬養毅首相暗殺
「話せば分かる」-
ファシズムの時代に


「敢て国民の覚悟を
促す」
福岡日日新聞(西日本
新聞の前身)の編集局
長・主筆、菊竹六皷
(ろっこ)(1880-1937)
鈴木雄雅(2007/06/30)
ジャーナリズム史11-13
7
7
信濃毎日:桐生悠々
 昭8 信濃毎日 桐生悠々「関東防空
大演習を嗤(わら)ふ」
1873~1941 反骨・反軍のジャーナリ
スト。
 1899(明治32)年東京帝国大学法科
卒業後、新聞記者となり、下野(しもつ
け)新聞社、大阪毎日新聞社、大阪朝
日新聞社などで働く
 1910(明治43)年、名声を博した山路
愛山(やまじあいざん=1864~1917。
江戸の生まれの評論家。本名は弥吉。
「国民新聞」の記者となり、雑誌「国民
之友」などに史論・文学論を発表。「信
濃毎日新聞」主筆を務めた)の後任主
筆として『信濃(しなの)毎日新聞』(当
時の発行部数2万部)に入社、日露戦
争後の軍部批判で筆をふるう。
ジャーナリズム史11-13
8
17. 言論統制の時代 国策と国論の統一
戦時体制 「時局」「生命線」「聖戦」
新聞資材の不足、欠乏
国論の統一、情報の一元化


昭11 電通+聯合通信社の合併→同盟
情報委員会設置 昭15 情報局に
昭11 二・二六事件 「兵に告ぐ」


朝日を襲撃 戒厳令下で報道禁止令
民族の抵抗 ベルリンオリンピック
ジャーナリズム史11-13
9
18 . 軍部の言論干渉:思想、情報、言論の
統制化が始まる
 昭12.7 日中(支那事変)戦争の拡大


7.7 蘆溝橋事件
軍機保護法改正: 陸海軍大臣の報道許可
 昭13 戦時体制の強化



思想統一 左翼理論指導者層の一斉検挙(2)
国家総動員法(4)
用紙制限:減ページ 広告、夕刊の制限
 昭15.2 斎藤隆夫(立憲党)「反軍演説」:国家百
年の大計誤る 昭6にも「粛軍演説」
 昭16 大政翼賛会 政党解散 政党政治の終焉
ジャーナリズム史11-13
10
太平洋戦争とジャーナリズム:政府批判消える
 昭16.12.8 日米開戦 紙面の変化




大本営発表(陸軍報道部、海軍報道部) 内務省
天気予報、外国ニュース、地震、生活情報が消える
戦意高揚 「軍神」 軍国美談
戦争拡大とともに部数急増:国民を欺く報道
 消された記事


軍部・政府批判は、発禁、処罰
安寧秩序を乱す・風俗を害する(新聞紙法23条)
国策の遂行に重大なる支障を生ずる恐れのある報道
の制限・禁止(新聞紙等掲載制限令)
 統制団体 新聞聯盟(41)から日本新聞会(42)へ

一県一紙体制へ
ジャーナリズム史11-13
11
戦争下の新聞論調:戦争の目的に同調(誇張)、国
民一致戦争完遂に邁進
1. 大東亜戦争の完遂
1.
2.
キーシンボルは解放と独立
新秩序と旧秩序(米英)の対立
植民地解放、大東亜共栄圏の確立を「征戦」の完遂
目的に
2. 政府・軍一体の国民指導
1.
為政者への論旨でなく、国民に対して呼びかける
3. 東亜諸民族に対する訴えかけ
1.
2.
各民族の独立→日本軍に対する協力→大東亜戦
争の勝利→東亜諸民族の繁栄 を繰り返し強調
日本なくして大東亜共栄圏なし=皇国中心の理念
ジャーナリズム史11-13
12
19.見ざる、聞かざる、言わざる時代
東条首相を怒らす




昭18 中野正剛 「戦時宰相論」『朝日』(1)
昭19 新名丈夫 「竹槍では間に合はぬ」『毎
日」(2)
木村栄文『記者たちの日米戦争』
Bainbridge Review:ウッドワード記者
沖縄戦:1945/4~6
「沖縄県民斯ク戦ヘリ」
ジャーナリズム史11-13
13
20.覚えておきたい新聞人・言論人
 村山龍平・上野理一
 長谷川如是閑(はせがわ・にょぜかん):八虹筆禍事件
 杉村楚人冠(すぎむら・そじんかん) 廣太郎
 菊竹 淳(すなお)六鼓-福岡毎日-5・15事件
 木村栄文 『六鼓・菊竹 淳』
 桐生悠々-信濃毎日: 『他山の石』
 新名丈夫-毎日:竹槍では間に合はぬ
 緒方竹虎(朝日)
ジャーナリズム史11-13
14
 春原昭彦「新聞人群像-もう一人の新聞人-」『コミュニ
ケーション研究』no.28(1998)、「新聞社における調査部
の役割とその変遷」no.23(1993)
 田中浩(編)『近代日本のジャーナリスト』
 『別冊新聞研究 聞き取りでつづる新聞史』
 朝日『戦後五〇年 メディアの検証』
 坂上康博『権力装置としてのスポーツ-帝国日本の
国家戦略』講談社選書メチエ136(1998)
 鎌田 慧『反骨のジャーナリスト』岩波新書、2002
ジャーナリズム史11-13
15
 桐生悠々『畜生道の地球』中公文庫
 井出孫六『抵抗の新聞人 桐生悠々』岩波新書、
1988
 今西光男『新聞 資本と経営の昭和史』(朝日新
聞社、2007)
ジャーナリズム史11-13
16
ジャーナリズム史11-13
17
ジャーナリズム史チェックポイント
 内川・新井『日本の
 『聴きとりでつづる新
ジャーナリズム』
→1.政論ジャーナリズ
ム 2キャンペイン時
代のジャーナリズム
聞史』→新聞人の生
き様とジャーナリズム
 春原『日本新聞通史』
→クロニクルで新聞紙
面の変化を伝える
ジャーナリズム史11-13
18
ダウンロード

ジャーナリズム史第7-8回