携帯連絡網サービス
携帯電話を使った連絡網サービス
災害などの緊急事態が発生したとき
会社や従業員の皆さんを守れますか?
企業にはさまざまなリスクがあります
わが国は、先進各国の中で、地震や台風など自然災害のリスクが最も高い国の一つです。さらに今日では、ゲリラ豪雨や新型イン
フルエンザなど、新たな災害の発生も心配されています。また、日常的な業務でも、労務災害や物流事故、サイバーテロによる
システム障害などのITリスクと、企業を取り巻くリスクは数え上げれば切りがありません。それらのリスクの多くは、自然環境
“ すぐそこにある”といっても過言ではありません。
や社会環境などの外的要因によるものであり、
増えつづけるリスク
企業防災の課題
火災
火災
車遅延
電風
台
地震
人的被害
従業員、顧客の安全確保
設備被害
緊急事態
ゲリ
集
中ラ
豪豪
雨雨
新 型イ
ン フル
エン ザ
通信被害
物流被害
システム 障 害
システム 障 害
事業活動の継続
地域防災活動への貢献
緊急時の連絡網の確保が、会社と従業員を守ります
企業は、リスクが発生した後の損害をいかに最小限に食い止めることができるかを前もって検討しておく必要があります。
政府の「防災基本計画」では、企業防災について「従業員、顧客の安全確保」
「 事業活動の維持と社会経済の安定」
「 地域防災
活動への貢献」の三つを指摘しています。それら防災の基盤となるのは、迅速で正確かつ具体的な状況確認と、従業員や関係者へ
の連絡・指示系統の確保です。
地震などの災害時には、既存通信網での緊急連絡は困難になります。企業は防災対策をはじめとして、さまざまな緊急事態に
も対応できる独自の連絡手段を整備しておく必要があります。万が一のときの迅速な連絡・指示・対応が、企業の資産や従業員
を守ります。
もしも、緊急時に迅速な連絡・指示ができなかったら・・・
地震
新型インフルエンザ
システム障害
交 通 網などが 寸断
されて、被 災 地 域の
工 場( 現 場 )の 被 害
状況がつかめない
• 現場復旧作業の遅れ
• 二次災害防止策の遅れ
人的被害の拡大
• 顧客への納品遅延連絡の遅れ
設備被害の拡大
新型インフルエンザ
が流行し、各事業所・
地 域での発病状 況
が把握できない
システム障害が発生
したが、関 係 部 署が
多くて連絡に時間が
かかる
• 適切な指示遅れによる混乱拡大
• 不用意な出勤による感染の拡大
事業停止長期化
による損害拡大
二次災害による
損害賠償責任
• サービス停止に伴う業務の混乱
• 対顧客へのバックアップ体制の遅れ
• 復旧連絡遅れによるムダな業務発生
社会的信用の低下
たよれーる 携帯連絡網サービスなら
簡単・確実
・確実・
・迅速に緊急時の連絡網を実現
企業で使える、携帯メールを利用した緊急連絡網サービスです
「たよれーる 携帯連絡網サービス」は、災害時の安否確認はもちろんのこと、企業のさまざまな緊急連絡(一斉連絡・指示・
状況確認)を簡単・確実・迅速に実現するASPサービスです。最も身近な携帯電話を使った緊急連絡網なので、あらゆる場面
での効果が期待できます。
※国内の主要な携帯キャリア(docomo、au、SoftBank、WILLCOM、イー・モバイル)に対応しています。
災害時・緊急時におけるメッセージ配信の流れ
危険察知!
携帯連絡網
事前に設定しておけば
サービス 1 気象庁の地震情報と連動して
管理者
(ASPサービス)
1 メッセージを
地震警報!
メッセージの自動配信も可能
選択して配信指示
携帯・PCから
携帯連絡網サービスにアクセス
地震
地震情報と
データ同期
5 安否回答や
アンケート集計を
確認
※オプション機能
新 型イ
ン フル
エン ザ
気象庁
緊急事態発生
4 安否回答
アンケート回答
2
独自技術で遅滞なくメール配信
1時間に100万人へ通信可能
システム 障 害
火災
従業員
電車遅
3 対象者にメールを一斉配信
通信キャリア各社
•docomo
•au
•SoftBank
•WILLCOM
•イー・モバイル
延
安否確認やアンケートを受信
※本サービスは、
株式会社NHKメディアテクノロジーが提供している
「携帯メール一斉配信サービス KinQ.jp
(キンキュージェイピー)
」
の
OEMサービスで、
既に多くの実績と効果を上げています。
新型インフルエンザ対策の連絡網としても活用できます
携帯連絡網サービスの主な特長
独自技術でスムーズにメッセージ配信
災害発生で電話や携帯メールでの通信が混雑しているときでも、独自技術(ノウハウ)を利用することで、より確実にメールを
送り出すことが可能です。
個人情報を気にせずに利用が可能
利用者に携帯メールアドレスを提出してもらう必要がなく、個人情報を気にせず
導入・利用できます。
権限あり
権限なし
全体管理者
管理者権限の柔軟な設定が可能
管理者権限を段階的に設定できるので、全社連絡網と組織・グループごとの連絡網
を分けて利用・管理でき、連絡内容に応じた柔軟な運用が可能です。
組織管理者
組織管理者
メッセージはいくつでも作成可能
メッセージはいくつでも柔軟に作成でき、同時に内容の違うメッセージも送ること
ができるので(追加費用なし)、さまざまな連絡網として普段から利用できます。
回答結果を自動集計
利用者からの回答は自動的に集計されるので、瞬時に状況把握・指示・連絡が行え
ます。
組織B
組織A
グループC
たよれーる 携帯連絡網サービスなら
災害時の安否確認から緊急連絡、アンケート収集
災害発生時の緊急連絡手段として
緊急メール配信
緊急メール
受信!
災害発生!
アンケート形式で
回答・自動集計
災害エリア全員の安否確認
携帯連絡網サービスで緊急連絡
こちらは無事です
安否確認・緊急招集
大きな地震や台風などの発生時に、従業員に対して安否確認や緊急招集のメールを一斉に配信できます。
携帯回答イメージ
結果詳細確認
直感的に簡単に回答
管理者は回答の詳細や応答状況の集計結果が、即座に確認できます。
回答送信
拡大
表示
※携帯からも配信結果の閲覧が可能です。
派遣・パート社員連絡網
“急な仕事が入った”
“急な欠員が出た”そんなときも一斉連絡で、スムーズな人員確保が可能になります。
【メッセージ例】
A:時給2,000円の仕事あります
• ぜひ働きたい
• 相談したい
• 特に興味なし
B:明日9時に代理出社可能ですか
• できます
• できません
メール配信指示
携帯連絡網
サービス
一斉メール配信
主婦などの
パート社員
回答確認
メッセージ回答
【回答結果(自動集計)
】
A:時給2,000円の仕事あります
• ぜひ働きたい(55人)
• 相談したい(21人)
クリック “相談したい”などの各項目をクリックすると
回答した人が一覧で表示されます。
• 特に興味なし(24人)
PCを持たない
派遣社員
まで、さまざまな用途で簡単に利用できます
さまざまな連絡手段として
災害時はもちろん、さまざまな緊急時に
つながる連絡手段としてご利用いただ
けます。日常的な会議連絡や一斉通知、
個 人情 報を必 要としない連 絡 網構 築
など、利用方法は無限大です。 ウイルス侵入や
システム障害・回復の連絡
社員の罹患状況
ワクチンの接種状況
体調(発熱)状況
連絡網
不審者情報共有
出欠確認
情報配信・アンケート
社内利用
新型インフルエンザ対策
学校・幼稚園・PTA活動
グループ・組合
新型インフルエンザ対策
新型インフルエンザ発生前から発生期、流行期の各段階で状況に応じた連絡・指示・状況確認が行えます。
発生前
定期報告
発生期
海外出張者への
健康確認
流行期
発生連絡
(社員一斉通知用)
各地域、支店への
状況確認
罹患者への
状況確認
各地域、支店への
状況確認
URLをクリック
アンケート形式(択一回答)
アンケート形式(択一回答)
自由回答形式
アンケート形式(複数回答) アンケート形式(複数回答)
■ 導入事例〈金融機関〉
◎個人情報の管理が必要なく、外出時でも携帯から簡単に利用できる連絡網を実現
今まで利用していた安否確認システムは、従業員から携帯のメールアドレス提供を嫌がられており、登録者が半数以下で
困っていました。
「携帯連絡網サービス」なら個人情報の提出がいらず、従業員の理解を得られて登録・利用ができるように
なりました。またASPサービスなので、いつでも、どこからでも利用できて便利です。結果も一発で分かるので、管理者と
しては状況把握と報告が楽で助かります。
■ 導入事例〈製造業〉
◎生産状況に応じたスタッフ管理業務の大幅な効率化&迅速化
急な納期変更や生産量の変更を伴う追加発注があるたびに、
スタッフ
(パート)
調整をする必要があり、
携帯電話で一人ひとり
に出勤可否を確認していました。
「携帯連絡網サービス」を利用するようになってからは、一斉連絡ができ、状況が簡単に
把握できるので、今までの半分以下の労力と時間で調整できるようになり、なくてはならないツールになりました。
簡単にユーザ登録
管理者は従業員の携帯メールアドレスを収集することなく、従業員の簡単な携帯操作で登録ができます。
1
空メール
送信
管理者は、CSVファイルを利用して
の一括登録、または管理画面からの
登録が行えます。
登録サイト
受信
2
3
登録サイト
アクセス
ID入力
従業員は、3ステップで簡単に登録できます。
登録完了
管理者の方にも安心してご利用いただけます
各種管理業務を簡単かつ便利にお使いいただけるように、多彩な機能を分かりやすい画面設計で提供しています。
また、セキュリティを確保したデータセンターで運用されているASP型のサービスですので、安心してご利用いただけます。
TOP画面
ユーザおよび組織登録
階層的な組 織管 理に対応しており、
組織単位の連絡やグループ配信など、
柔軟な配信先設 定が 可能です。任意
のグループも作成できるので、組織を
超えた関係会社間や取引先企業間など
でもご利用できます。
メール配信
メールのひな型作成
あらかじめ想定されるリスクや連絡
事 項は、用途 別にひな型を作成して
登録できます。いざというときにも、
慌てて誤配信するなどの間違いを防
げるので、安心です。
※メッセージ の 選 択 配信は 携 帯からでも
行えます。
自動安否確認(オプション)
気象庁から提供される地震の震度情
報(震度4∼7の6段階)を受けて、メッ
セージを自動配信する設定が行えます。
〈利用例〉
東北地方に震度6強が発生した場合
に 、あらかじ め 作 成してお いたメッ
セージを対象者
(東北地方勤務者など)
に自動で一斉配信できます。
メッセージは、お客 様が自由に作成でき、数に制 限は
ありません。1メッセージあたり10個までの質問項目が
作成できます。質問の形式は、開封確認、YES/NOの簡単
な返答から、複数からの択一、複数回答選択、フリー書き
込みなど、多彩な返答形式が設定可能です。
基本サービス
基本サービス
(100 IDあたり)
新規契約
追加 ID
初期費用
80,000円
(税別)
月額費用
10,000円
(税別) 10,000円
(税別)
無償
操作指導料 50,000円(税別)
オプションサービス
新規契約
追加 ID
*
初期費用
30,000円
(税別)
(100 IDあたり)
月額費用
10,000円
(税別) 10,000円
(税別)
自動安否確認
初期費用
30,000円
(税別)
‒
月額費用
10,000円
(税別)
‒
地震・津波情報
(1社)
無償
*
*基本サービスと同時申し込みに限り、新規契約時の初期費用が『無償』となります。
携帯連絡網サービスのサービス情報サイト
http://www.otsuka-shokai.co.jp/products/kinq/
※会社名・製品名などは、各社または各団体の商標もしくは登録商標です。
※このカタログの記載内容は2013年9月のものです。 ※このカタログの内容は、予告なく変更することがあります。
Copyright © 2011 OTSUKA CORPORATION All Rights Reserved.
●お問い合わせ先
Webプロモーション部
Webサービスプロモーション課
03(3514)7723
営業時間/9:00∼17:30(土・日・祝日を除く)
COS-EBI301-1309-5000
ダウンロード

携帯連絡網サービス