日語文學選讀
Reading of the Literature in Japanese
第五講:佐藤春夫〈女誡扇綺譚〉
─偵探小說與殖民地 (一)
授課教師:國立臺灣大學 臺灣文學研究所 山口 守 教授
【本著作除另有註明外,採取創用CC「姓名標示
─非商業性─相同方式分享」臺灣3.0版授權釋出】
1
上課使用講義
• 佐藤春夫〈女誡扇綺譚〉(1925)
• 〈佐藤春夫年譜〉,《佐藤春夫集》(筑摩書房,2010)
2
佐藤春夫 〈女誡扇綺譚〉
• 植民地の白昼夢が生む異国情緒。
• 植民地想像による神秘性 → 不明の世界への興味。
• 神秘 / 不明の解明 → 謎解き探偵小説の原型。
3
佐藤春夫 〈女誡扇綺譚〉
• 世界への違和感→無意識の植民地支配への抵抗感。
• 自分への不安と感傷→近代人の焦燥。
4
佐藤春夫 〈女誡扇綺譚〉
各章のあらすじ
• 一、赤崁城址 (シヤムカムシヤシ)
友人の世外民の案内で安平の廃市を見物に来る。人
気のない風景は私に悪夢に似た寂しさを感じさせる内
面性を備えていた。深さを帯びたその寂しさの中、聞
こえてきた胡弓の音に世外民は「月の下吹笛よりも更
に悲しい」と詩人らしい感想を漏らす。
5
佐藤春夫 〈女誡扇綺譚〉
各章のあらすじ
• 二、禿頭港
私と世外民は帰り道、禿頭港を訪れ、かつての豪邸
が廃屋となっている所をみつけ、異国情緒に惹かれた
私は世外民を誘って入ってみた。以前は台湾南部一の
富豪沈氏の邸宅だった廃屋に足を踏み入れた二人は、
二階から「どうしたの?なぜもっと早くいらっしゃら
ない?」と女の泉州語が聞こえてきたのを耳にして、
住民がいるものと思って外へ出る。近所の老婆から、
それが幽霊の声だと聞かされる。
6
佐藤春夫 〈女誡扇綺譚〉
各章のあらすじ
• 三、戰慄
老婆の語るこの家の歴史。沈氏はかつて対絵湾南部一の富
豪で、大船50艘を所有していた。この豪邸ももとは一人娘の
婿強取り用に建てたものだった。ところがある時、強風で船
がすべて沈沒して、一夜のうちに豪商は沒落してしまった。
50歲前後だった主人は失意のまま病死。一人娘は発狂。母親
もまもなく病死した。4代前の沈氏は泉州からやってきて、台
湾中部であくどいやり方でお金持ちになり、特に冷酷な弟は
他人の土地を占有するために寡婦ひき殺したほどであった。
遺言で台南へ移った沈氏の急な沒落は老婆の崇りではないか
7
とも噂された。
佐藤春夫 〈女誡扇綺譚〉
各章のあらすじ
• 三、戰慄
発狂した一人娘は廃屋に残って婿の来るのを焦がれ、
やがて腐乱死体となって発見されたが、発見者も二階
上がる前に「どうしたの?なぜもっと早くいらっしゃ
らない?」という声をみみにしていた。
8
佐藤春夫 〈女誡扇綺譚〉
各章のあらすじ
• 四、怪傑沈氏
私は世外民と酒杯を交わしながら議論する。私は幽霊
話のからくりを、逢引の場所に使う男女の話に求めよう
として、廃屋もつ犯しがたい権威性と若い女の玲瓏たる
声に惑わされたのだと考える。一方世外民は女の幽霊の
存在を信じて、怪異譚として理解する。私は中国的伝統
を継承しようとする世外民の詩人の目では物事がはっき
りみえず、亡国趣味だと揶揄する。世外民は亡国と荒廃
は異なり、荒廃の中にはまだ生きた精神が残っていると
9
主張する。
佐藤春夫 〈女誡扇綺譚〉
各章のあらすじ
• 四、怪傑沈氏
私は荒廃して消え行く中から別の新たな者が生まれ
ると反論する。沈家の勃興と沒落の話は台湾ではあり
ふれた伝説だと話す世外民に、私は植民者は台湾にお
いて開拓のために惡德も利用する歴史があることを指
摘して、やがてその惡德な植民者よりも更に大きな植
民者(日本帝国主義を暗示)が現れる歴史の循環を說明
する。ここで私は世外民との出会いや友情について紹
介する。
10
佐藤春夫 〈女誡扇綺譚〉
各章のあらすじ
• 五、女誡扇
五日後、私は嫌がる世外民を誘って再び廃屋を訪れ
る。幽霊話を信じない私は世外民に先じて恐る恐る二
階へ上がってみる。人の歩いた後はあるが、誰もあら
ず、空っぽの黒檀の寝台の下に私は女誡扇を発見して、
こっそり持ち帰る。世外民は寝台で赤い蛾を見かけて
外へ出たことえお告白する。私が拾った扇を見せると、
世外民はそれが女誡扇であることを説明する。私は発
狂した沈氏の娘と逢引の女の対比を想像して善悪の彼
11
岸を思う。
佐藤春夫 〈女誡扇綺譚〉
各章のあらすじ
• 六、エピロード
生きる意味を見失いかけている私のところへ、世外
民が禿頭港の縊死事件のニュースを知らせてくれる。
縊死事件がどのように発覚したが疑問を持った私のた
めに、世外民は穀物問屋黃家の娘が夢のお告げで縊死
事件を知った噂を仕入れてくる。
12
佐藤春夫 〈女誡扇綺譚〉
各章のあらすじ
• 六、エピロード
その話を疑った私は世外民の案内で黄家へ取材に行
く。そこで私が扇を見せて娘を問い詰めると、帳の陰
から扇を求めてすすり泣く若い女の声がして、私は扇
を置いて世外民と共に立ち去る。数日後、私は新聞社
で黄氏の若い下女が日本人との結婚を嫌って自死した
とのニュースを知る。
13
発音練習
p.261
•「いったいどんなことが…」
→ そもそも、始めから。
•「見守る」
→ 何が起きないか心配しながら、注意してみる。
•「鈴生り」
→ たくさん。
14
発音練習
p.262
•「不寝番」
→ 寝ない、番をする。
•沈 (shen) / 沈没 (ちんぼつ):もともと中国語の読み方は
違う。
15
発音練習
Q:台湾と中国の地名の読み方、定着する理由は?
上海、青島、北京、武漢……
Q:上海と青島の共通点は?
16
版權聲明
頁碼
作品
作者 / 來源
轉載自 Microsoft Office 2010 PowerPoint 設計主題範本,
依據 Microsoft 服務合約及著作權法第 46、52、65 條合理使用。
1-17
5-13
版權標示
一、赤崁城址(シヤムカムシ
ヤシ)……数日後、私は新聞
社で黄氏の若い下女が日本人
との結婚を嫌って自死したと
のニュースを知る。
整理自〈女誡扇綺譚〉(東京市:文體社,昭和 23[1948] )。
依據著作權法第 63 條第 2 項、第 46 條合理使用。
17
ダウンロード

日語文學選讀 Reading of the Literature in Japanese?