細胞と多様性の
生物学
第8回 多細胞生物への道
和田 勝
東京医科歯科大学教養部
真核生物の多くは多細胞
これまでは、一つ一つ細胞の構造や
働きを述べてきたが、細胞は孤立して
いるのではない。
多細胞生物は、1つの受精卵が卵割(
細胞分裂)によって、細胞数を増やし
ていく。しかもただ単に数を増やすわ
けではない。
ウニの発生Ⅰ
ウニの発生Ⅱ
カエルの発生Ⅰ
カエルの発生Ⅱ
胚葉の分化
ウニの場合もカエルの場合も、こうして
外胚葉、内胚葉、中胚葉に分化する
外胚葉、内胚葉、中胚葉からは、それぞれ
異なる器官が分化してくる
●外胚葉からできる器官
表皮
皮膚の表皮(毛、つめ、汗腺など)、眼の水晶体、
角膜、口腔上皮、嗅上皮
神経管 脳、脊髄、脳神経、眼の網膜
●内胚葉からできる器官
消化管(食道・胃・小腸・大腸の内面の上皮)、えら、中耳、
肺、気管
●中胚葉からできる器官
脊索(みずからは器官を作らないが、脊椎骨や筋肉の分
化に関与する)
体節 脊椎骨、骨格、骨格筋(横紋筋)、皮膚の真皮
腎節 腎臓、輸尿管、生殖腺、生殖輸管
側板 腹膜、腸管膜、内蔵筋(平滑筋)、心臓、血管、
結合組織
受精卵から発生する
均一に見える一個の受精卵から、どう
してこのように複雑な構造と働きをも
つ個体が生まれるのだろうか。
昔から、多くの人々の知的好奇心を
惹起してきた、発生(development)と
分化(differentiation)の問題がここに
ある。
眼の発生
水晶体は眼杯の誘導によって表皮から分化
網膜は眼杯の内側の層からできる
誘導・反応能・分化、拘束(指
定、決定)
反応能のない
表皮
眼杯
表皮
誘導
拘
束
X
指定を受
けた表皮
決定を受
けた表皮
水晶体
中立的な環境だ
と分化できる状態
どんな環境でも分
化できる状態
ショウジョウバエの発生
頭部
翅
胸部
腹部
平均棍
野生型
ショウジョウバエの発生
ショウジョウバエの発生
腹溝と呼ぶ溝ができ、中胚葉を作る
腹側から(ステージ7、195-200分後)
ショウジョウバエの発生
内胚葉は腹溝の前後端の細胞群が袋状に陥入して形成
側面から(ステージ6、185-195分後)
ショウジョウバエの発生
極細胞
背側から(ステージ7、195-200分後)
ショウジョウバエの発生
表面に残った細胞群は腹側の中心線に向かって
移動し胚帯を形成(ステージ8、200-230分後)
ショウジョウバエの発生
胚帯の細胞は後方へ伸び、後方から回り込んで
背側を前方に伸びる(ステージ11、320-440分後)
ショウジョウバエの発生
頭部、胸部、腹部の体節が区別
ショウジョウバエの発生
胚帯に頭部、胸部、腹部の体節構造が現れる
(ステージ12、440-580分後)
ショウジョウバエの発生
ショウジョウバエの卵形成
哺育細胞が重要なはたらきをする
哺育細胞のはたらき(前後軸)
前部
後部
卵巣の中
産卵され
た卵
卵割が
始まると
頭部、胸部、腹部の形成
bicoid mRNAが翻訳されて、前方が高いbicoid
タンパク質の濃度勾配ができ、nanos mRNAが
翻訳されて、後方が高いnanosタンパク質の濃
度勾配ができる
前後軸ができる
これらのタンパク質が転写調節因子として
はたらき、分節遺伝子を発現させる
分節遺伝子
ギャップ遺伝子
卵は前、中、後部
に分けられる
ペアルール遺伝子
体節構造ができ
あがる
セグメントポラリティー遺伝子
体節構造を細か
く規定
ペアルール
遺伝子
ftz転写産物が
しだいに7本の
バンドになる
青いバンドは
eve転写産物
茶色はftz
転写産物
発生の開始
受精の刺激
Maternal mRNA
遺伝子調節タンパク質を発現
別の遺伝子調節タンパク質の発現を調節
構造遺伝子の発現を調節して、場所
による構造や働きに違いが生じる
ホメオティック突然変異
野生型
アンテナペディア
突然変異
ホメオティック突然変異
バイソラックス
突然変異
あるまとまった構造を作るように働く、上位
にあるマスター遺伝子(selector geneとも)
Drosophila Antp
1
11
21
31
41
51
1 MTMSTNNCES MTSYFTNSYM GADMHHGHYP GNGVTDLDAQ QMHHYSQNAN HQGNMPYPRF
60
61 PPYDRMPYYN GQGMDQQQQH QVYSRPDSPS SQVGGVMPQA QTNGQLGVPQ QQQQQQQQPS
120
121 QNQQQQQAQQ APQQLQQQLP QVTQQVTHPQ QQQQQPVVYA SCKLQAAVGG LGMVPEGGSP
180
181 PLVDQMSGHH MNAQMTLPHH MGHPQAQLGY TDVGVPDVTE VHQNHHNMGM YQQQSGVPPV
240
241 GAPPQGMMHQ GQGPPQMHQG HPGQHTPPSQ NPNSQSSGMP SPLYPWMRSQ FGKCQERKRG
300
301 RQTYTRYQTL ELEKEFHFNR YLTRRRRIEI AHALCLTERQ IKIWFQNRRM KWKKENKTKG
360
361 EPGSGGEGDE ITPPNSPQ
Drosophila Ubx
1
11
21
31
41
51
1 MNSYFEQASG FYGHPHQATG MAMGSGGHHD QTASAAAAAY RGFPLSLGMS PYANHHLQRT
60
61 TQDSPYDASI TAACNKIYGD GAGAYKQDCL NIKADAVNGY KDIWNTGGSN GGGGGGGGGG
120
121 GGGAGGTGGA GNANGGNAAN ANGQNNPAGG MPVRPSACTP DSRVGGYLDT SGGSPVSHRG
180
181 GSAGGNVSVS GGNGNAGGVQ SGVGVAGAGT AWNANCTISG AAAQTAAASS LHQASNHTFY
240
241 PWMAIAGECP EDPTKSKIRS DLTQYGGIST DMGKRYSESL AGSLLPDWLG TNGLRRRGRQ
300
301 TYTRYQTLEL EKEFHTNHYL TRRRRIEMAH ALCLTERQIK IWFQNRRMKL KKEIQAIKEL
360
361 NEQEKQAQAQ KAAAAAAAAA AVQGGHLDQ
60アミノ酸
ホメオドメインとDNAの結合
ホメオドメインをもつ遺伝子
ショウジョウバエでは体節に固有の構
造を作るようにはたらく
たとえば胸部第3節の背中側には平均
棍をつくる
ここに突然変異がおこると翅になって
しまう
ホメオドメインの役割
遺伝子のはたらきに階層性があり、ホメオ
ボックス遺伝子はその階層の中で上位に
位置して、多くの遺伝子のはたらきを制御し
ている。
最初のセレクター遺伝子が発現すると、
あとは順番に発現が進み、まとまった構造
(たとえば触覚や脚)ができあがる
ホメオドメインの比較
Antp
RKRGRQTYTR YQTLELEKEF HFNRYLTRRR RIEIAHALCL TERQIKIWFQ NRRMKWKKEN
Ubx
RRRGRQTYTR YQTLELEKEF HTNHYLTRRR RIEMAHALCL TERQIKIWFQ NRRMKLKKEI
Am HOX3
GKRARTAYTS AQLVELEKEF HFNRYLCRPR RVEMAAMLNL TERQIKIWFQ NRRMKYKKEQ
ChickHOXA2
SRRLRTAYTN TQLLELEKEF HFNKYLCRPR RVEIAALLDL TERQVKVWFQ NRRMKHKRQT
HumanHOXA1
PNAVRTNFTT KQLTELEKEF HFNKYLTRAR RVEIAASLQL NETQVKIWFQ NRRMKQKKRE
ショウジョウバエからヒトまでよく保存
されている
HumanHOXA1
PNAVRTNFTT KQLTELEKEF HFNKYLTRAR RVEIAASLQL NETQVKIWFQ NRRMKQKKRE
MouseHOXA1
PNAVRTNFTT KQLTELEKEF HFNKYLTRAR RVEIAASLQL NETQVKIWFQ NRRMKQKKRE
XenopusHOXA1
PNTARTNFTT KQLTELEKEF HFNKYLTRAR RVEIAAALQL NETQVKIWFQ NRRMKQKKRE
ZebrafishHOXA1 QNIIRTNFTT KQLTELEKEF HFNKYLTRAR RVEVAATLEL NETQVKIWFQ NRRMKQKKRE
同じHOXA1遺伝子だと脊椎動物では
ほぼ同じ
ホメオドメインの比較
DNA上にク
ラスターとし
て配列して
いる
脊椎動物の肢の発生
ニワトリの前肢
先端-基部軸、前後軸、背腹軸がある
脊椎動物の肢の発生
表皮のポケットがで
き、中に中胚葉性の
間絨織細胞が入った
団扇状の肢
芽(limb bud)
となる
後肢
前肢
脊椎動物の肢の発生
肢芽
AERによ
る肢芽の
成長
翼or後肢
脊椎動物の肢の発生
肢芽の先端にAERができることで、前肢
の先端ー基部軸ができる
別の遺伝子が、肢芽の後方(ZPA)で発
現して前肢の前後軸を決める
ホメオボックス遺伝子が、正しい順序で
発現して、骨(上腕骨、尺骨とトウ骨、掌
骨、指骨)を正しく形成する
ZPAが肢の前後軸を決める
誘導物質が運命を決定
AERからはFGF(fibroblast growth
factor)が分泌されて肢芽の後方(ZPA)
に信号を送る
ZPAからはShhが分泌されて、前後軸を決
める
ホメオボックス遺伝子が、正しい順序で
発現して、骨を正しく形成する
参考:http://www.kawasaki-m.ac.jp/molbiol/MS1/anat98yk.html
AERからはFGF
FGF-8(fibroblast growth factor-8, chick)
10
20
30
40
50
60
1 MDPCSSLFSY VFMHLFVLCL QAQVTVQSPP NFTQHVREQS LVTDQLSRRL VRTYQLYSRT
61 SGKHVQILDN KKINAMAEDG DVHAKLIVET DTFGSRVRIK GAATGFYICM NKKGKLIGKS
121 NGKGKDCVFT EIVLENNYTA LQNAKYEGWY MAFTRKGRPR KGSKTRQHQR EVHFMKRLPK
181 GHQTTEPHRR FEFLNYPFNR RSKRTRNSSA SLRP
FGF(fibroblast growth factor 、繊維芽細
胞増殖因子)は、血管系細胞の増殖や
神経細胞の成長を促すペプチド群の総
称で、いくつかの種類(18種類)がある。
FGFの発現
FGF-8はペプチド
FGF-8(fibroblast growth factor-8, chick)
10
20
30
40
50
60
1 MDPCSSLFSY VFMHLFVLCL QAQVTVQSPP NFTQHVREQS LVTDQLSRRL VRTYQLYSRT
61 SGKHVQILDN KKINAMAEDG DVHAKLIVET DTFGSRVRIK GAATGFYICM NKKGKLIGKS
121 NGKGKDCVFT EIVLENNYTA LQNAKYEGWY MAFTRKGRPR KGSKTRQHQR EVHFMKRLPK
181 GHQTTEPHRR FEFLNYPFNR RSKRTRNSSA SLRP
FGF-8はペプチド
成長因子として見つかっていたFGFが、
誘導物質だった。
このように、既知の物質が発生の過程で
誘導物質として働く例がたくさん見つ
かっている。
それでは、FGFは、どのように働くのだろ
うか。
FGFは受容体と結合
FGF受容体(chick)
10
20
30
40
50
60
1 MFTWRCLILW AVLVTATLSA ARPAPTLPDQ ALPKANIEVE SHSAHPGDLL QLRCRLRDDV
61 QSINWVRDGV QLPENNRTRI TGEEVEVRDA VPEDSGLYAC MTNSPSGSET TYFSVNVSDA
121 LPSAEDDDDE DDSSSEEKEA DNTKPNQAVA PYWTYPEKME KKLHAVPAAK TVKFKCPSGG
181 TPNPTLRWLK NGKEFKPDHR IGGYKVRYAT WSIIMDSVVP SDKGNYTCIV ENKYGSINHT
241 YQLDVVERSP HRPILQAGLP ANKTVALGSN VEFVCKVYSD PQPHIQWLKH IEVNGSKIGP
301 DNLPYVQILK TAGVNTTDKE MEVLHLRNVS FEDAGEYTCL AGNSIGISHH SAWLTVLEAT
361 EQSPAMMTSP LYLEIIIYCT GAFLISCMVV TVIIYKMKST TKKTDFNSQL AVHKLAKSIP
421 LRRQVTVSAD SSSSMNSGVM LVRPSRLSSS GTPMLAGVSE YELPEDPRWE LPRDRLILGK
481 PLGEGCFGQV VLAEAIGLDK DKPNRVTKVA VKMLKSDATE KDLSDLISEM EMMKMIGKHK
541 NIINLLGACT QDGPLYVIVE YASKGNLREY LQARRPPGME YCYNPTRIPE EQLSFKDLVS
601 CAYQVARGME YLASKKCIHR DLAARNVLVT EDNVMKIADF GLARDIHHID YYKKTTNGRL
661 PVKWMAPEAL FDRIYTHQSD VWSFGVLLWE IFTLGGSPYP GVPVEELFKL LKEGHRMDKP
721 SNCTNELYMM MRDCWHAVPS QRPTFKQLVE DLDRIVAMTS NQEYLDLSVP LDQYSPGFPA
781 TRSSTCSSGE DSVFSHDPLP DEPCLPRCPP HSHGALKRH
FGF受容体は、、
細胞内シグナルタンパク質を活性化する
チロシンがリン酸化され
二量体型のシグナル分子が結合すると
ZPAからはShh
Shh(sonic hedgehog)、chick
10
20
30
40
50
60
1 MVEMLLLTRI LLVGFICALL VSSGLTCGPG RGIGKRRHPK KLTPLAYKQF IPNVAEKTLG
61 ASGRYEGKIT RNSERFKELT PNYNPDIIFK DEENTGADRL MTQRCKDKLN ALAISVMNQW
121 PGVKLRVTEG WDEDGHHSEE SLHYEGRAVD ITTSDRDRSK YGMLARLAVE AGFDWVYYES
181 KAHIHCSVKA ENSVAAKSGG CFPGSATVHL EHGGTKLVKD LSPGDRVLAA DADGRLLYSD
241 FLTFLDRMDS SRKLFYVIET RQPRARLLLT AAHLLFVAPQ HNQSEATGST SGQALFASNV
301 KPGQRVYVLG EGGQQLLPAS VHSVSLREEA SGAYAPLTAQ GTILINRVLA SCYAVIEEHS
361 WAHWAFAPFR LAQGLLAALC PDGAIPTAAT TTTGIHWYSR LLYRIGSWVL DGDALHPLGM
421 VAPAS
ピンクはシグナルペプチド。C末端側のドメイン(Shh-C)
がプロテアーゼ活性を持ち,自己消化により生じる約
20kDaのN末端側の断片(Shh-N、水色の部分)がShh
の活性を担っている。
Shh-Nは受容体と結合
Shh-Nの受容体はPatchedという(chick)
10
20
30
40
50
60
70
80
90
100
1 MASAADALEP ESGSSTAGGG SHPVRAARSA RGRRRRSGGT RRAAAPDREY LQRPSYCDAA FALEQIAKGR ATGRRAPLWL RAKFQRLLFN LGCYIQKNCG
101 KFLVVGLLYS AFAVGLRAAN LETNVEELWV EVGGRVSREL NYTRQKIGEE AMFNPQLMIQ TPQEDGTNVL TTEALRQHLD SALQASRVHV YMYNRQWKLE
201 HLCYKSGELI TEAGYMDQII EYLYPCLIIT PLDCFWEGAK LQSGTAYLLG KPPLQWINFD PLEFLEELKK INYQVESWEE MLNKAEVGHG YMDRPCLNPA
301 DPDCPITAPN KNSTKPLDVA LVLSGGCYGL SRKYMHWQEE LIIGGTVKNS SGKLVSAQAL QTMFQLMTPK QMYEHFKGYE YVSHINWNED KAAAILEAWQ
401 RMYVEVVHQS VAQNSTQKVL SFTTTTLDDI LKSFSDVSVI RVASGYLLML AYACLTMLRW DCAKSQGAVG LAGVLLVALS VAAGLGLCSL IGISFNAATT
501 QVLPFLALGV GVDDVFLLAH AFSETGQNKR IPFEDRTGEC LKRTGASVAL TSISNVTAFF MAALIPIPAL RAFSLQAAVV VVFNFAMVLL IFPAILSMDL
601 YRREDRRLDI FCCFTSPCVT RVIQIEPQAY AENDNICYSS PPPYSSHSFA HETQITMQST VQLRTEYDPH TQAYYTTAEP RSEISVQPVT VTQDSLSCQS
701 PESASSTRDL LSQFSDSSVH CLEPPCTKWT LSTFAEKHYA PFLLKPKAKV VVIFLFLGLL GLSLYGTTRV RDGLDLTDIV PRDTREYDFI AAQFKYFSFY
801 NMYIVTQKAD YPNVQHLLYE LHRSFSNVTY VLLEGDRQLP KMWLHYFRDW LQGLQDAFDS DWETGKITYS NYKNGSDDAV LAYKLLVQTG NRAKPIDISQ
901 LTKQRLVDAD GIINPNAFYI YLTAWVSNDP VAYAASQANI RPHRPEWVHD KADYMPETRL RIPAAEPIEY AQFPFYLNGL RETSDFVEAI EKVRAICNNY
1001 TSLGIASYPN GYPFLFWEQY IGLRHWLLLS ISVVLACTFL VCALFLLNPW TAGIIVVVLA LMTVELFGMM GLIGIKLSAV PVVILIASVG IGVEFTVHIA
1101 LAFLTAIGDK NRRAVLALEH MFAPVLDGAV STLLGVLMLA GSEFDFIVRY FFAVLAILTI LGVLNGLVLL PVLLSFFGPY PEVSPACGRN RLPTPSPEPP
1201 PSIVRFALPP GHTNNGSDSS DSEYSSQTTV SGISEELHHY EATQSPGIPV HQVVVEATEN PVFARSTVVQ PESRHQSSPR LQSNPEAGTQ QVWHQGRQPK
1301 QEVREGLRPP PYRPRRDAFE ISTEGHSGPS NKDRLNHKAH SHNMRSPAFG AMGVPGSAYC QPITTVTASA SVTVAVHPAV HSHNSCRGSF PSCEEYNEDD
1401 RGMFEDPHVP FNVRCERRNS KVEVIELQDV ECEERTAGKI SE
膜貫通部を12個もつ
受容体に結合すると、、
SmoothendというGPCRを活性化する
10
20
30
40
50
60
1 GPCWLWALAL GLALGPRRCP AAPLNASAAP PERCRRPAAC ERLRFGSCLG SALPYAHTST
61 LLAADSGSQE EAHGKLLLWS GLRNAPRCWD VIQPLLCAVY MPKCEDGQVE LPSQTLCQAT
121 RAPCTIVERE RGWPDFLKCT PDRFPEGCPN EVQNIKFNSS GQCEAPLVRT YNPKSWYEDV
181 EGCGIQCQNP LFTETEHREM HVYIAFSSVT ISCTFFTLAT FVADWRNSNR YPAVILFYVN
241 ACFFVGSIGC VAQFMDGARD EIVCRADGTM RLGEPTSNET LSCVIIFVIV YYSLMSGVIW
301 FVMLTYAWHT SFKALGTTYQ PLLGKTSYFH LITWSIPFVL TVAILAVAQV DGDSVSGICF
361 VGYKNYRYRA GFVLAPIGLV LIVGGYFLIR GVMTLFSIKS NHPGLLSEKA ASKINETMLR
421 LGIFGFLAFG FVFITFGCHF YDFFNQAEWE RSFREYVLCE ANVTIATQTN KPIPECEIKN
481 RPSLLVEKIN LFAMFGTGIS MSTWVWTKAT LLIWKRTWCR LTGQSDDQPK RIKKSKMIAK
541 AFSKRKELLR DPGRELSFSM HTVSHDGPVA GLAFDINEPS ADVSSAWAQH VTKMVARRGA
601 ILPQDVSVTP VATPVPPEER SNLWVVEADV SPELQKRSRK KKRRKKKKEE VCPERRAGLS
661 VAPLTPSSVP RLPRLPQQPC LVAIPRHRGD TFIPTVLPGL SNGAGGLWDG RRRAHVPHFI
721 TNPFCPESGS PEDEENPGPS VGHRQHNGGR RWPPEPLPGG SGVTRTRGRR AGLAPIHSRT
781 NLVNAELLDA DLDF
7回膜貫通型
受容体に結合すると、、
SmoothendというGPCRが活性化されると
この後は、「外部の信号が細胞内へ、、」
のところで述べた方式で、細胞内に伝え
られる
これ以外にも、、
FGFとShhが、脊椎動物の肢の発生に
重要な役割を担っていることがわかっ
たが、これ以外にも、2つの物質が重
要な役割を果たしていることがわかっ
ている。
WntとBMPである。
Wnt
Wntは、ショウジョウバエの翅の変異を引き
起こす遺伝子wingless(wg)と類似のタンパ
ク質をコードする遺伝子。脊椎動物では最
初、マウス乳癌ウイルスによって活性化さ
れる遺伝子の一つ、int-1として同定された
ので、これらの遺伝子の頭文字をとって
Wntと呼ばれるようになる。
Wntは、約40kDaのシステインに富む糖タ
ンパク質をコードしていて、15種類以上あ
る。
分泌されたWntタンパク質は細胞外マトリッ
クスに捕捉されやすい。
受容体は長らく不明であったが、ショウジョ
ウバエのfrizzledファミリーのDfz-2産生物
がwgの受容体として働くことが示された。
脊椎動物でも現在までに9種類のメンバー
が報告されている。
frizzledはシステインに富んだ細胞外ドメイ
ンを持つ、7回膜貫通型タンパク質をコード
している。
BMP
BMPはTGF-βスーパーファミリーのメンバ
ーで、現在までに20種類以上が報告され
ている。はじめBMPは牛で骨形成誘導活
性を指標に単離された。BMPは様々な活
性を持つ多機能因子であり、骨形成の誘
導はその機能の一側面である。
翻訳されたBMPはホモ/ヘテロ2量体を形
成し、プロテアーゼによる切断を受けて活
性化される。活性はC末端側のペプチドが
担う。
BMP受容体は、セリン/スレオニンキナーゼ
ドメインを細胞内に持つ受容体で、タイプI、
タイプIIの2種類がある。BMPが結合すると
、受容体が活性化されてリン酸化し、シグ
ナルが伝えられる。
タイプI受容体にはBMPR-Ia (BRK-1),
BMPR-Ib (BRK-2)の2種類が、タイプII受
容体にはBMPR-II (BRK-3)がある。可溶
性のBMP結合因子としてnoggin,chordin,
follistatinがあり、これらはBMPに直接結合
して、活性を細胞外で調節するらしい。
同じ役者が、、
FGF、Shh、Wnt、BMPは、発生のいろ
いろな段階で繰り返し登場して、誘導
、分化に重要な役割をはたしている。
たとえば、脊索から分泌されるShhと
神経管直上の上皮から分泌される
BMPによって、神経管の背腹の誘導
がおこる。
この後は、、
Hox遺伝子群(ホメオボクス遺伝子)
が働いて前肢の骨格系をつくる
だからサリドマイド事件が、、
前肢の発生中に、ある期間だけ、Hox
遺伝子の発現が働かないと、上腕骨
や尺骨・とう骨を飛ばして手が発生し
てしまう。
サリドマイド事件は、このことが実際に
起こったた不幸な事件である。
発生にとって重要なこと
受精によって動き出した発生の時間
軸に沿って、適切な時間に誘導物質
の発現と受容体の発現がマッチして
起こること。
誘導物質の拡散距離は限られている
ので(場合によっては細胞膜に結合)
、誘導側と受容側の位置関係が適切
であること。
発生のシークエンス
1)発生の開始は、受精によって卵細
胞内にシグナル伝達が起こり、
maternal mRNAの翻訳開始。
2)こうしてできた転写調節因子が次
々とDNAに働いて転写を調節。
3)原腸胚になって細胞間の位置関係
が生まれ、誘導物質を分泌、受容。
多細胞生物への道
こうして、複雑な体制を持った多細胞
生物が生じる。
まだまだわからないことは多いが、基
本的な事柄はかなり共通している。
自分が、どのように発生したのか、ち
ょっと考えてみよう。
ダウンロード

第8回講義pptファイル