知的財産権講義(12)
主として特許法の理解のために
平成16年3月9日
高エネルギー加速器研究機構
素粒子原子核研究所
池田 博一
第11回目講義設問の解答
設問【1】
特許権者は、専用実施権を許諾したからといって、その設定範囲
においても自己の実施が制約されることはない。
特許権者は、専用実施権を設定したときは、その設定範
囲において特許発明を実施することができなくなります
(77条2項)。
設問【2】
職務発明による通常実施権は登録しなければその効力を有しない。
一般に通常実施権の発生には、登録を必要としません。
設問【3】
先使用による通常実施権は登録しなくても転得者に対抗する
ことができる。
1)原則として、通常実施権は、登録をしないときには、
転得者に対抗することができません(99条1項反対解釈)。
2)しかし、先使用の通常実施権等一定の通常実施権は
登録しなくても転得者に対抗することができます(99条2
項)。
設問【4】
特許権者から通常実施権の許諾を受けた者は、当該特許を譲り
受けた者に対しても登録なくして対抗することができる。
許諾による通常実施権は、登録なくして特許権の転得者
に対抗することができません(99条1項反対解釈)
設問【5】
職務発明による通常実施権を有する者は、当該特許を譲り受けた者に
対しても登録なくして対抗することができる。
職務発明による通常実施権は、登録なくして転得者に対抗
することができます(99条2項)。
設問【6】
許諾による通常実施権を有する者は、特許権者に無断で通常実
施権を譲渡することができる場合がある。
許諾による通常実施権は、
1)実施の事業とともにする場合
2)特許権者の承諾を得た場合
3)相続その他の一般承継の場合
に限り移転することができますので(94条1項)、特許権
者に無断で譲渡できる場合もあり得ます。
設問【7】
通常実施権の二重譲渡があった場合、先に登録を経た者が他の者
に優先する。
通常実施権の譲受けは、登録しなければ第三者に対抗
することができません(99条2項)。したがって、先に登録
を経由したものがそれに劣後した者に対して権利を主張
することができることになります。
設問【8】
裁定による通常実施権の設定は行われたことがない。
裁定請求がされた例はあるが、裁定が為された例はない
とのことです。「伝家の宝刀」といわれています。
設問【9】
独占的通常実施権を有するものは、特許権の侵害に対してその差し
止めを求めることができる。
独占的通常実施権といえども、対世的には自己の実施に
つき特許権の行使を受けない権利にすぎない以上、差止
め請求をすることはできません。
設問【10】
実施権者からの下請けで特許発明にかかる製品を製造すると特許
権侵害となることがある。
「一機関としての実施」の要件が満たされればともかく、
一般には「一機関としての実施」の要件が厳格に適用さ
れる結果特許権の侵害とされることがあり得ます。
第12回目講義の内容
第12回目講義の設問
設問【1】
当該特許権の特許出願前からその特許発明を実施していた者は特
許権侵害を問われても、これを免れることができる場合がある。
既得権、産業の保護
設問【2】
個人的、家庭的に特許製品を製造する行為について特許権侵害を問
われることはない。
業として
設問【3】
正規に購入した特許製品を自己利用することは格別、これを組み込
んだ製品を販売すると特許権侵害となることがある。
特許権の消尽、二重利得機会論
設問【4】
特許製品の販売についての実施許諾を受けてる者が、当該製品が
国外で安く生産されていることを知りこれを独自に輸入したとしても
特許権侵害を問われることはない。
侵害品の輸入
真正品の並行輸入
設問【5】
特許製品を試験研究(69条)として製造した場合に、これを譲り渡したと
しても特許権侵害を問われることはない。
試験研究としての実施を超える場合には?
設問【6】
製造装置の特許がある場合に、その方法によって製造された物を
販売しても当該特許権の侵害を問われることはない。
製造装置の特許発明を実施した結果、製造された物
設問【7】
製造方法の特許がある場合に、その方法によって製造された物を
販売しても当該特許権の侵害を問われることはない。
製造方法の特許発明を実施した結果、製造された物
設問【8】
個人的、家庭的な実施を目的として、特許製品のキットを販売しても
特許権侵害を問われることはない。
間接侵害となる場合
設問【9】
特許製品を組み立てるために重要な部品であっても専用品というこ
とでなければ特許権侵害を問われることはない。
間接侵害の第二類型
設問【10】
消しゴムで消せるボールペンの発明がある場合、そのインキに用
いる特殊な顔料を侵害者に供給する者は特許権侵害を問われる
ことがある。
当該インキは、発明による課題の解決に不可欠なもの
に該当するか?
第12回目講義の内容
A: 間接侵害
B: 均等論
特許権の侵害(1)
特許権の侵害とは、権原のない第三者が特許発明を業として実施すること
(68条本文)、又は特許法101条に該当する行為をすることをいいます。
特許法が新規発明公開の代償として付与する特許権は、財産権であるた
め、その侵害に対しては特許権者に種々の救済が与えられます。
しかし、特許権の客体は無体物であるため(2条1項)、事実上の占有が不
可能で侵害され易い一方、侵害事実の発見や立証が困難であり、特許権
の行使上多くの障害があります。
そこで、かかる特許権侵害の特殊性に鑑み、財産権一般に対する民法や
刑法の特別規定を設けて、特許権保護の実行を図っています(100条から
106条、196条等)。
間接侵害(非専用品)
間接侵害(専用品)
直接侵害
直接侵害(1)
直接侵害とは、権原のない第三者が特許発明を業として実施することをい
います。
①特許権の存在: 特許権が存在しなければ特許権の侵害はあり得ませ
ん。
②権原がないこと: 実施権(77条、78条等)があるか、又は特許権の効力
が及ばない範囲での実施(69条)であれば侵害とはなり得ません。
③業としてであること: 広く事業としての意であって、営利又は非営利の
別、反復継続性は問いません。したがって、個人的、家庭的実施は侵害と
はなり得ません。
④特許発明の技術的範囲(70条)に属すること: 特許発明とは、特許を受
けている発明をいいます(2条1項)。特許発明の技術的範囲は、特許請求
の範囲の記載(36条5項、6項)に基づいて判断されます(70条1項)。
論点
直接侵害(2)
①権利一体の原則: 実施とは発明全体の実施を意味し、一部実施は実
施に該当しません。
②実施行為独立の原則: 各実施行為はそれぞれ独立に侵害となります。
例えば、「製造」と「販売」とは、それぞれ侵害を構成します。
③国内消尽論: 適法に販売された後の転売等は、侵害とはなりません。
国内消尽論の根拠としては、二重利得機会論、黙示の同意論、 取引の安
全論等が提唱されています。
④ 自己の利用発明(72条)の実施は、他人の被利用発明の侵害となり得
ることにも注意しておいて下さい。
間接侵害(1)
特許法101条の間接侵害とは、本来的には、特許権の侵害には該当しませんが、
特許権の侵害に匹敵する損害を特許権者に与える行為であることから、侵害行
為を擬制したものです。
特許権の侵害は、権原なき第三者が業として特許発明を実施(68条本文)した
場合に成立します。ここにいう実施は特許発明の全体の実施をいいます。した
がって、特許発明の一部実施や、関連する自由技術の実施は、本来特許権の
侵害を構成しません。
しかし、これでは侵害の蓋然性の高いいわゆる予備的行為を効果的に禁止す
ることができません。また、侵害は「業」を要件とするため、最終の組立てのみを
個人的又は家庭的に行わせるものについては何人も責任を負わないという不
そこで、特許法は、このような事情を考慮して、特許権の保護の強化を図る
都合を生じます。したがって、かかる行為を有効に禁止しなければ、特許権の効
べく、本来特許権の侵害とはならない一定の行為を一定の条件のもとに特
力は実質的に著しく減殺されてしまいます。
許権の侵害とみなすことにしています(101条)
間接侵害(非専用品)
間接侵害(専用品)
直接侵害
間接侵害(2)
物の発明における間接侵害の成立要件
業として、その物の生産にのみ用いる物の生産、譲渡若しくは輸入又は譲渡
等の申し出をする行為は間接侵害となります(101条一号)。
(1)業として生産等すること: 直接侵害の場合と同様の趣旨です。
(2)「のみ」の意義: ある物が特許発明に係る物の生産にのみ使用され、実
用的な他の用途がないことをいいます。
③「他の用途」: 原則として、現に、経済的、商業的、実用的な使用の事実が
①その使用が常に侵害行為の発生と結びつくこと
あることを要し、単に学術的、技術的、実験的使用の可能性があるだけでは足
りないとされています。だだし、経済的、商業的、実用的な使用の可能性が確
②当該技術要素がその特許発明の完成にとって本質的な要素となって
いること
実にあり、近く使用の事実が生ずるような特段の事情があるときには「他の用
途」が認定されることもあり得ます。
④「他の用途」の有無の判断時は、差止請求訴訟では事実審の口頭弁論
終結時、損害賠償請求訴訟では間接侵害となる行為時とされています。
⑤「他の用途」の不存在は、特許権者において立証しなければなりません。
間接侵害(3)
具体例1: エンジンに特許されている場合に、そのエンジンにのみ使
用するピストンを製造する行為は間接侵害となります。本事例では、直
接侵害に従属して間接侵害が行われていることになります。
具体例2: テレビの完成品に特許されている場合に、そのテレビの組
立てに必要な部品すべてをセットで販売する行為は、間接侵害となりま
す。本事例では、個人的・家庭的に当該テレビセットを用いてテレビの完
成品を作り上げる行為は特許権の侵害にはなりませんので、間接侵害
のみが独立して問題となります。
間接侵害(4)
しかし、「のみ」の要件を厳格に適用すると、侵害につながる蓋然性の
高い予備的・幇助的行為に規制が及ばないことになります。
そこで、行為者の主観を新たに要件として加え、その代わりに、「のみ」
という客観的要件を緩和する新たな間接侵害の類型が追加されました
(平成14年改正)。
具体的には、間接侵害の範囲を、「その物の生産に用いる物(日本国
内において広く一般に流通しているものを除く)であって、その発明の課
題の解決に不可欠なものにつき悪意で、業として、その生産、譲渡若し
くは輸入又は譲渡等の申し出をする行為」にまで拡大しています(101条
二号)。
間接侵害(非専用品)
間接侵害(専用品)
直接侵害
間接侵害(5)
(1)その物の生産に用いるものであって、その発明による課題の解決に不可欠なもの
につき: 間接侵害の範囲が不当に拡張しないように、侵害行為に密接した行為に制
限したものです。「その発明による課題の解決に不可欠なもの」は、請求項に記載され
た発明の構成要素とは異なる概念であり、発明の構成要素以外にも、道具、原料等も
含まれます。一方、請求項に記載された発明の構成要素であっても、その発明が解決
しようとする課題とは無関係に従来から必要とされていたものは除かれることになりま
す。
(2)日本国内において広く一般に普及しているものを除く: 市場において一般に入手
可能な状態にある規格品、普及品を除外する趣旨です。そのような物の生産等まで間
接侵害行為に含めることは取引の安定性の確保という観点から好ましくないからです。
しかし、当該規格品等の流通事情は日本国内に限定されていることに注意して下さい。
(3)悪意: その発明が特許発明であること及びその物がその特許発明の実施に用
いられることを知っていたことが要件とされます。101条一号では、特許発明であること
の認識までは要求されていなかったことに注意して下さい。実務上は、相手方に警告
状を送付した後の行為について間接侵害の規定の適用が争われるものと考えられま
す。
間接侵害(6)
具体例1: 「消しゴムで消せるボールペン」の発明がある場合、そのイ
ンキに用いる特殊な顔料はどうでしょうか。本事例では、間接侵害を構
成する可能性が高いと考えることができます。当該特殊な顔料は、「発
明による課題の解決に不可欠なもの」に該当するからです。
具体例2: 「消しゴムで消せるボールペン」の発明がある場合、その
ボールペンの軸またはキャップはどうでしょうか。本事例では、当該ポー
ルペンの生産自体に不可欠なものであっても「発明による課題の解決
に不可欠なもの」に該当しないため、間接侵害を構成しません
間接侵害(7)
方法の特許発明(物の生産方法の特許発明を含む)における成立要件
は、101条三号、四号において以下のように規定されています。
三号は「のみ」の場合、四号は「悪意」の場合を規定しています。
(1)その発明の実施にのみ使用するものを生産等すること(三号)
(2)業として生産すること(三号、四号)
(3)「のみ」の解釈は、物の特許発明の場合と同様(三号)
(4)その発明による課題の解決に不可欠なものであること(四号)
(5)悪意: その発明が特許発明であること、及びその物がその発明の
実施に用いられることを知っていること(四号)をいいます。
特許発明の技術的範囲(1)
「特許発明の技術的範囲」とは、特許発明の権利範囲をいいます(70条)。
特許権の侵害では、係争対象物(イ号製品)が特許発明の技術的範囲に属するか
否かが中心的問題となります。かかる技術的範囲を判断するにあたって基準とな
るのは、特許請求の範囲の記載(36条5項、6項)です。すなわち、特許法は、特許
発明の技術的範囲は、願書に添付した特許請求の範囲の記載に基づいて定めら
れなければならない旨を規定しています(70条1項)。
しかし、この「特許請求の範囲の記載に基づいて」をめぐって、種々の見解があり、
特許法上最も重要な問題の一つになっています。
そこで、特許発明の技術的範囲は、客観的に明確に特定することができるように以
下の基準によって判断することが判例等によって確立されてきています。
特許発明の技術的範囲(2)
請求の範囲基準の原則
特許請求の範囲に記載されている発明のみが技術的範囲の判断の基準となる
とするものです。特許請求の範囲が特許発明の権利範囲であることからの直接
の帰結です。
そこで、
(1)発明の詳細な説明又は図面のみに記載されている発明は基準となりません。
(2)特許請求の範囲に記載されている発明は、請求項毎に判断されます。
(3)さらに、具体的には
①特許請求の範囲と詳細な説明の記載が不一致又は矛盾する場合には特
許請求の範囲を基準とします。
②特許請求の範囲が詳細な説明よりも狭い場合には、狭い特許請求の範
囲を基準とします。
③複数の要件のうち各要件ごとに技術的範囲を主張することはできません。
詳細な説明によるバックアップ
均等
特許請求の範囲 均等
出願経過の参酌
公知事実
の参酌
意識的
除外論
限定論
特許発明の技術的範囲(3)
詳細な説明参酌の原則
特許請求の範囲に記載された用語の意義を解釈する際に、発明の詳
細な説明、図面の簡単な説明、図面を考慮しなければならないとするも
のです(70条2項)。請求の範囲は発明特定事項を簡潔に示すもの(36
条5項、6項)ですから、その記載のみでは請求の範囲に記載された用
語の意義を明確に理解できないことがあるためです。
だだし、
(1)発明の詳細な説明中に記載された実施例に限定して解釈すること
はできません。
(2)特許請求の範囲には記載されていない事項を特許請求の範囲に
記載されているものと解釈することはできません。
(3)要約書は技術的範囲の判断基準とはなりません(70条3項)。
特許発明の技術的範囲(4)
出願経過参酌の原則
出願から特許になるまでの経過を通じて出願人が示した意図、又は特
許庁が示した見解を参酌すべきとするものです。ファイルラッパーエス
トッペル(file-wrapper estopple、包袋禁反言の原則)ともいいます。立
法過程が法令解釈上の有力な参考となるのと同様、判断の公正かつ慎
重を期す上で必要だからです。
具体的には、
(1)特許権者が拒絶理由等に対して補正、釈明により発明の要旨を限
定した場合、補正、釈明前の明細書等により技術的範囲を主張すること
はできません。
(2)本原則は特許請求の範囲の意義が明確に理解できる場合でも適
用される可能性があります。出願経過中に禁反言の原則上看過できな
い理由がある場合もあり得るからです。
特許発明の技術的範囲(5)
公知事実参酌説
特許請求の範囲の意義を明確に理解するためには、出願時の技術水
準(公知事実)を参酌すべきとするものです。明細書は出願時の技術水
準を前提として記載するものであるし、発明は出願時の技術水準を超え
ている場合に特許されるものだからです。
公知事実参酌説に関連して以下のような論点が掲げられています。
(1)公知事実除外説: 公知事実は特許発明の技術的範囲に属しない
とする説です。
(2)全部公知の場合: 本来的には無効理由を有するものであり、自由
技術の抗弁又は権利の濫用として権利行使が制限されるものと解され
ます。
特許発明の技術的範囲(6)
意識的除外論・限定論
(1)意識的除外論: 明細書等の記載から、出願人が特許請求の範囲
から意識的に除外した事項は技術的範囲に属しないとするものです。
(2)意識的限定論: 明細書等の記載から、出願人が特許請求の範囲
を特定のものに限定し、他を排しているときは、限定事項のみが技術的
範囲に属するとするものです。
いずれも、出願人において自ら特許を請求しないことを明らかにした範
囲にまで技術的範囲を及ぼす必要がないと考えられるからです。信義
則、禁反言の法理、さらには法的安定性の観点からも肯定的に捕らえ
ることができます。
特許発明の技術的範囲(7)
均等論
均等論とは、「特許発明と均等なものは、特許発明の技術的範囲に属す
る。」とするものです。
一般に、特許出願をする際に将来のあらゆる侵害態様を予想して明細書
の特許請求の範囲を記載することは極めて困難です。
しかし、第三者が特許請求の範囲に記載された発明特定事項の一部をそ
の特許出願後に明らかとなった技術に置換することによって特許権者によ
る差止め等の権利行使を容易に免れることができるとすれば、発明の保
護、奨励を通じて産業の発達に寄与するという特許法の目的(1条)に反す
るばかりでなく、社会正義に反し、衡平の理念に悖(モト)る結果となります。
詳細な説明によるバックアップ
均等
特許請求の範囲 均等
出願経過の参酌
公知事実
の参酌
意識的
除外論
限定論
特許発明の技術的範囲(8)
そこで、判例は、対比される発明が技術的思想の創作として同一性を有することを前
提として、一定の要件の下に均等論の成立を認めています。
均等の成立要件としては、
(1)特許発明の発明特定事項中、第三者の実施製品等と異なる発明特定事項が、特
許発明の本質的部分ではないこと。
(2)特許発明の発明特定事項中、第三者の実施製品等と異なる発明特定事項を、第
三者の実施製品等における発明特定事項と置換しても、特許発明の目的を達すること
ができ、同一の作用効果を奏するものであること。
(3)特許発明の発明特定事項中、第三者の実施製品等と異なる発明特定事項を、第
三者の実施製品等における発明特定事項と置換することが、当業者が、第三者の実施
製品等の製造等の時点(特許権の侵害の時点)において、容易に想到することができ
たものであること。
(4)第三者の実施製品が、特許発明に係る特許出願時における公知技術と同一又は
当業者がこれから特許出願時に容易に推敲できたものではないこと。
(5)第三者の実施製品等が、特許発明に係る特許出願の手続きにおいて特許請求の
範囲から意識的に除外されたものに当たるなどの特段の事情もないこと。
特許発明の技術的範囲(9)
第一の要件から第三の要件まで(本質的な部分でないこと、置換可能性、想
到可能性)は、特許権者が立証すべき事項であることは明白ですが、
第四番目の要件における「容易な推敲の可能性」、及び第五番目の要件に
おける「特段の事情」は、侵害者とされている第三者側からの抗弁事由と考
えれば、その第三者に立証責任があることになります。
判定制度( 1)
特許法における判定制度とは、特許発明の技術的範囲について、専門官庁であ
る特許庁に法的拘束力のない鑑定的意見を求めることができる制度をいいます
(71条)。
特許権は、特許発明を独占排他的に実施し得る権利であり(68条本文)、技術的
範囲は特許請求の範囲の記載により定められます(70条1項)。
しかし、発明は抽象的な技術的思想の創作(2条1項)であり、技術的範囲を的確に
把握するには困難を生ずる場合があります、また、技術的範囲については、一般
に、特許権者は広く、第三者は狭く解釈しがちであるため、関係者間で争いが生じ
やすいものでもあります。
そこで、特許権の設定に関与した特許庁に対して法的拘束力のない鑑定的な意
見を求めることができる判定制度が採用されています(71条)。
判定制度(2)
判定の種類: 係争対象物が特許発明の技術的範囲に属するとの結論
を求めるもの(積極的判定)と、係争対象物が特許発明の技術的範囲
に属しないとの判定を求めるもの(消極的判定)とがあります。
請求人: 利害関係は不要であると解されています。判定は法的拘束力
のない鑑定的な意見の表明にすぎないため、利害関係を必要とする理
由がありません。
被請求人: 特許権者(積極的判定の場合)又は係争対象物の実施者
(消極的判定の場合)。もっとも、被請求人の存在しない自問自答の請
求であっても可能であるとされています。特許権者が現に実施している
製品が自己の権利品として特許表示できるか否かを確かめて虚偽表示
(198条)の問題を避ける場合には判定請求の利益があるからです
判定制度(3)
判定の対象: 特許発明の技術的範囲
①係争対象物が間接侵害の対象となる「のみ使用する物」に該当
するか否かについても、判定の対象となると解されています。
②一方、先使用権(79条)等の抗弁事由の有無については判定の
対象にはできないとされています。この点、商標法における判定制度
(商標28条)においては、先使用等の権利についても判定の対象とされ
ていることに注意して下さい。
時期的要件: 特許権の設定登録後であればいつでも請求することが
できます。また、特許権の消滅後であっても20年間(損害賠償請求権の
除斥期間)は判定の請求が可能であると解されています。消滅後でも損
害賠償の請求がされることがあるからです。
判定制度(4)
不服申し立て: 判定自体は行政処分ではありませんから、不服申し立
てはできません。ただし、再度同じ判定請求を行うことは妨げられませ
ん
一方、判定請求書の却下の決定は、行政処分ですから、不服の申し立
てが可能です。
判例研究A(1)
事件: 特許権に基く侵害差止請求事件
管轄裁判所: 大阪地裁
原告: 特許権者
被告: 大阪ロイヤル(株)、国際鋲螺(株)
事案: 大阪ロイヤル(株)、及び国際鋲螺(株)の販売等しているイ号製
品、ロ号製品は、特許権者の特許発明に実施にのみ使用するものであ
る。したっがって、101条二号(改正前)により特許権の間接侵害を構成
する。ちなみに、特許権者の発明は、「装飾化粧板の壁面接着施工法」
であり、侵害を構成する物は「ゴム・合成樹脂系弾性材による柱状の圧
着材を中間に備へた釘」である。
S47.1.24
出願
S48.3.1
手続補正
物の発明
S51.4.3
S52.7.10
出願公告 設定の登録
S50.10.16
手続補正
方法の発明
ボンドネイル
オサエ釘
大阪ロイヤル(株)
国際鋲螺(株)
判例研究A(2)
特許請求の範囲
目的の壁面その他の装飾化粧板を、接着剤を介して貼着させたる後、
ゴム・合成樹脂系弾性材による柱状の圧着材を中間に備へた釘の打ち
込みによつて、圧着材の拡張加圧面により、装飾化粧板の貼着全面へ
実用的な他の用途:
の完全接着を行うようにしたことを特徴とする、装飾化粧板の壁面接着
施工法。
(1) 室内装飾用(アクセサリー押え釘)
(2) 衣料品雑貨の陳列用
(3) カレンダー、ポスター類の押え釘
(4) カーテン、敷物、のれんの押え釘
(5) コードの室内配線用
(6) 建築用の雨戸樋取付部材(補助ピン)(タツチエース)
判例研究A(3)
実用的な他の用途の意義
当該物の「他の用途」(他の使用法)の存否を検討するに際しても、これ
と同じように、その存在を肯定するためには、単にその物が「他の用途」
に使えば使いうるといつた程度の実験的または一時的な使用の可能性
があるだけでは足りないことはもちろん(身近な例として洗濯ばさみを文
具用の紙ばさみに用いるが如き場合参照)、「他の用途」が商業的、経
済的にも実用性ある用途として社会通念上通用し承認されうるもので
あり、かつ原則としてその用途が現に通用し承認されたものとして実用
化されている必要があると解すべきである。
けだし、これに反し「他の用途」を前記特許法一〇一条二号所定の「使
用」と別異に広く解すると、同法条号の適用範囲を徒らに狭くし、ひいて
は折角のその立法趣旨を没却することになるからである。
判例研究A(4)
原告の本件特許および別件特許の存在およびその出願経過が被告ら
主張のとおりであることは原告も自認するところである。そして右事実関
係および成立に争いない乙第一四号証の三によると昭和四八年六月
三日の時点において「化粧合板用仮止めくぎ」として釘の頭に弾力材を
かませたものが他社から発売されている旨業界新聞に報道されている
ことが認められる。しかし、右の時点は本件特許が出願され、すでに原
告によつて同一のものが提案された後であることが明らかであるから
(出願日昭和四七年一月二四日)、前記のような物の存在のゆえに本
件特許権の行使が何らかの意味で制約されなければならない合理的理
由は見出し難い(このことは本件特許が被告ら主張のような数次の手続
補正を経ていることや別件特許の出願経過によつても左右されるところ
はない。)。
判例研究A(5)
主
文
1 被告大阪ロイヤル株式会社は別紙目録(イ)の釘を、被告国際鋲螺
株式会社は別紙目録(ロ)の釘を製作し、譲渡し、貸し渡してはならない。
2 被告両名は前項の各釘を廃棄しなければならない。
3 訴訟費用は被告両名の負担とする
判例研究B(1)
事件:特許権に基く損害賠償事件
管轄:最高裁判所(第三小法廷)
第一審原告(被上告人): 発明者「無限摺動用ボールスプライン軸受
け」
第一審被告(上告人): イ号製品の製造業者
事案: イ号製品は、特許発明の構成要件を完全に満足するものでは
ないけれども、技術的思想として「均等」の範囲に属すると判断された
事案です。
S46.4.26
出願
S53.7.7
出願公告
S55.5.30
設定登録
上告人による実施
S58.1
S63.10
無負荷ボールの円周方向循環及び複列タイプのアンギュラコンタク
ト構造を備えたボールスプライン軸受の技術が本件発明の特許出
願前に公知であったとすれば、原審の認定では保持器の構成は
ボールの接触構造によって根本的に異なるものではないというので
あるから、上告人製品は、公知の無負荷ボールの円周方向循環及
び複列タイプのアンギュラコンタクト構造を備えたボールスプライン
軸受に公知の分割構造の保持器を組み合わせたものにすぎないと
いうことになる。そして、この組合せに想到することが本件発明の開
示を待たずに当業者において容易にできたものであれば、上告人製
品は、本件発明の特許出願前における公知技術から右出願時に容
易に推考できたということになるから、本件明細書の特許請求の範
囲に記載された構成と均等ということはできず、本件発明の技術的
範囲に属するものとはいえないことになる。
特許請求の範囲
判例研究B(2)
A.円筒内壁に断面U字状のトルク伝達用負荷ボール案内溝と、該溝より
もやや深いトルク伝達用無負荷ボール案内溝を軸方向に交互に形成し、
その両端部に前記深溝と同一深さの円周方向溝を形成した外筒と
B.外筒内壁の軸方向に形成したトルク伝達用負荷ボール案内溝とトルク
伝達用無負荷ボール案内溝に一致して薄肉部と厚肉部を形成し、さらに
前記薄肉部と厚肉部との境界壁に形成した貫通孔と前記厚肉部に形成
した無負荷ボール溝ヘボールがスムーズに移動可能な無限軌道溝を形
成した保持器と
C.該保持器と前記外筒間に組み込まれたボールとによって形成される複
数個の凹部間に一致すべく複数個の凸部を軸方向に形成したスプライン
シャフトを
D.嵌挿組み立てて構成される(以下「構成要件D」という。)ことを特徴とす
る
E.無限摺動用ボールスプライン軸受
イ号製品
判例研究B(3)
(1) 上告人製品は、本件発明の構成要件C、D及びEを充足する。
(2) 構成要件Aについては、構成要件に「断面U字状」、「円周方向溝」
とあるのに対して、上告人製品では「断面半円状」、「円筒状部分7」で
ある点で相違する。
(3)構成要件Bについては、本件発明の保持器が一体構造であり、保
持器自体によってボールの無限循環案内、スプラインシャフト引き抜き
時のボール保持機能及びシャフト凸部を案内するための凹部形成機能
を有するのに対し、上告人製品は外筒の負荷ボール案内溝間にある突
堤上端部とプレート状部材11及びリターンキャップ31の三つの部材の
協働によって本件発明の保持器の前記各機能を実現しているもので
あって、両者はその構成を異にする。
規範定立
判例研究B(4)
特許請求の範囲に記載された構成中に対象製品等と異なる部分が存する
場合であっても、
(1)右部分が特許発明の本質的部分ではなく、
(2)右部分を対象製品等におけるものと置き換えても、特許発明の目的を達
することができ、同一の作用効果を奏するものであって、
(3)右のように置き換えることに、当該発明の属する技術の分野における通
常の知識を有する者(以下「当業者」という。)が、対象製品等の製造等の時
点において容易に想到することができたものであり、
(4)対象製品等が、特許発明の特許出願時における公知技術と同一又は当
業者がこれから右出願時に容易に推考できたものではなく、かつ、
(5)対象製品等が特許発明の特許出願手続において特許請求の範囲から
意識的に除外されたものに当たるなどの特段の事情もないときは、右対象
製品等は、特許請求の範囲に記載された構成と均等なものとして、特許発明
の技術的範囲に属するものと解するのが相当である。
判例研究B(5)
本件明細書の特許請求の範囲に記載された構成中に上告人製品と異
なる部分が存するところ、原審は、専ら右部分と上告人製品の構成との
間に置換可能性及び置換容易性が認められるかどうかという点につい
て検討するのみであって、上告人製品と本件発明の特許出願時におけ
る公知技術との間の関係について何ら検討することなく、直ちに上告人
製品が本件明細書の特許請求の範囲に記載された構成と均等であり、
本件発明の技術的範囲に属すると判断したものである。原審の右判断
は、置換可能性、置換容易性等の均等のその余の要件についての判
断の当否を検討するまでもなく、特許法の解釈適用を誤ったものという
ほかはない。
判例研究B(6)
右のとおり、原審の判断には、法令の解釈適用の誤り、ひいては審理
不尽、理由不備の違法があるものというべきであって、この違法は原判
決の結論に影響を及ぼすことが明らかである。
論旨は右の趣旨をいうものとして理由があり、原判決は破棄を免れな
い。そして、本件については、前に判示した点について更に審理を尽くさ
せる必要があるので、これを原審に差し戻すこととする。よって、裁判官
全員一致の意見で、主文のとおり判決する。
主
文
原判決を破棄する。
本件を東京高等裁判所に差し戻す
第12回目は講義以上
第13回目の講義は
平成16年3月16日
10:00-12:00に
行います。
ダウンロード

特許権の侵害とは