フランス
フィールドワーク報告
~Peninsule Cotentin~
山本勇輝
コタンタン半島とは?
• 通称「原子力半島」
• 世界一各関連施設が密集した半島
• ラ・アーグの再処理工場、シェルブール「核の港」、世
界初のEPR(European Pressurized Reactor)を建設中の
フラマンビル
シェルブール
• パリから電車で3時間
• 核関連企業も多い
シェルブール
• パリから電車で3時間
• 核関連企業も多い。
• グリーンピースなど反対団体が存在
シェルブール
•
•
•
•
パリから電車で3時間
核関連企業も多い
グリーンピースなど反対団体が存在
わずかに観光地化
Cité de la mer
原子力潜水艦 Le Redoutable
中にも入れる
翌日、AREVAを目指す
• 一番近いバス停までシェルブールから1時間
• バスは1日1往復
• 乗客は自分だけだった
再処理工場からおよそ
2kmのところにある街
Beaumont Hague
街から工場が見える
AREVAに到着
さらに歩き、インフォメーションセンターへ
ツアーに参加
☆ツアー概要
→無料、要予約。
→時間は1時間半を予定。(実際は2時間を超えた。)
•
•
•
•
•
DVDでラ・アーグの施設を説明。
パワーポイントを使ったスタッフによる説明。
バスに乗り、周辺散策。
バスの中で補足説明、質疑応答。
終了。館内を自由に見学できる。
ツアーは終了
しかし、終了後も数名の参加者が残り、
スタッフに質問をしていた。
ところで、
トリカスタンの件は
どうなの?
トリカスタンとは、、、
フランス南部にある原子力発電所
2008年に火災が発生。
放射能漏れの事故を起こした。
☆トリカスタンがある地域は、新興のワイン生産地で、
「コトー・ド・トリカスタン」というワインがあったが、
この事故を機に売り上げが落ち、
2010年製のものから名称を変更した。
(ちなみに、2009年製は楽天市場で
1029円で購入可能!)
ところで、
トリカスタンの件は
どうなの?
ここは、トリカスタンとは
全く違う種類の施設です
し、ここではレベル2以上
の事故は起きていません。
スタッフによると、
・年間4000人ほどが来る。フクシマ以降、来客は増えた。
・フランス人は「納得させて欲しい」からここへ来る。
・建設時、反対運動はほぼなかった。
→産業がない。土地が安く、簡単に入手できた。
・CO2やフランスのように資源が乏しい国の状況を考えれ
ば、答えは原子力に行き着く。
→日本も同様。
・しかし、日本は「不運」だった。Arevaもスタッフを送
り、懸命に対応している。
スタッフによると、
・ドイツは脱原発だが、恐らくエネルギー危機に陥る。ほ
かのEU諸国も同じ。
・六ヶ所村もいずれは動かせる。日本での核燃料サイクル
計画は実現できる。
・フクシマを受けて、不安に思うのは当然。エネルギー消
費が増え続ける中、問題はどのようにうまく原子力とつき
あっていくか。
・フランスのエネルギー政策が変わるとは考えづらい。
ダウンロード

Peninchela Cotentin