エンディングノートとは?
エンディングノートの
記載内容事例と使用目的について
遺言書とどう違うの?
•
エンディングノートは「亡くなってから葬儀までの間に必要な内容」を書くもの。
•
遺言書は、葬儀後に遺族に対して伝えられる内容を書くもの。
•
エンディングノートには自分の書きたい内容だけでも構わない。
•
•
遺言書には、遺産、相続などに関して必要事項をもれなく記載すること。
記載漏れがあると無効、または争いの火種になる。
エンディングノートに決まり事はあるの?
• フォーマットは特にありません。
• 各種のエンディングノートが市販されています。
• 例えば、A4コピー用紙でも、巻紙でも構いません。
• 内容を変更したくなれば何度でも変更は可能です。
• 作成後は必ず家族等には存在を伝えておきましょう。
⇒葬儀までの内容が主です、家人が存在を知らなければ無意味です。
☆ いきなり完成形を作成する必要もありません。
まずは書き残したいテーマを絞り込んで
ひとつづつまとめていく方が結果的にスムースに作成できると思います。
具体的に何を書けば?
例) あくまでも、個人的な見解での事例です・・・(事例は次頁以降に)
遺言に関して(事例1)参照
メッセージ
(事例2)参照
葬儀に関して(事例3)参照
連絡して欲しい各方面のメンバー(事例12から15)に関する項目
⇒自分からの最期の「近況報告」です。
金銭関連(事例5から7)
⇒遺言書と重複しますので簡潔で構わないと思います。
具体的な記載事例①
1)遺言に関する件
遺言書を用意してあるか、否か?
あるならばどういう種類(公正証書、自筆等)で作成したか?
どこに保管してあるか、誰に託してあるか?
2)メッセージ
配偶者、子供、両親兄弟、友人知人、恩師等に残す感謝、別れの言葉。
⇒遺言と大きく異なる点です、想いを伝える最期の機会をここに設けます。
3)介護・死に際して等
自宅がいいのか、病院がいいのか?
延命治療の是非
尊厳死の希望について
臓器提供の意志
⇒突然の事故や発症で意思表明が難しくなった場合
ここに記載してあれば、想いは伝わります。
具体的な記載事例②
4)葬儀に関して
葬儀の内容について(一般葬・家族葬・直葬等の指定)
告別式をやるかどうかの指示。
葬儀用の遺影は用意してあるか否か?
戒名は必要かどうかの意思表示
一般葬の場合は葬儀費用を賄う口座名と葬儀費用の大枠等
誰に連絡を取ってもらいたいかのリスト・一覧表など
以上の1)~4)については遺言書では対応できません。
これがエンディングノート作成の主な目的です。
具体的な記載事例③
5)不動産・預貯金・有価証券・生命保険等
⇒ 遺言書で詳細を記載しますから必要最小限の
内容でいいと思います。
6)住居に関連する項目
マンションであれば管理会社の連絡先
光熱費、TEL、有料TV等の連絡先、支払方法
支払いに使っている口座名と支払日(振込か引き落としか)
7)ローン等
マンション、一軒家、自動車、その他継続中のローンが
あれば、その内容(借入先・連絡先・取引口座・金額・支払日等)
具体的な記載事例④
8)クレジットカード、会員証等
発行会社の連絡先
カードの種類、有効期限
カード番号
ゴルフ会員権等なら保証金の有無
年会費の有無や取引口座
カード、会員証の保管場所
9)クルマ
車種、ナンバー
駐車場(自前か賃貸か、賃貸なら連絡先と取引口座、金額等)
任意保険の証書等の保管場所
車検証
その後の処分方法(売却や寄贈等)
具体的な記載事例⑤
• 10)ペットの扱い
引き取り先、又はその要望等
• 11)形見分け・寄付等
誰に、何を形見分けしたいか?
⇒相続の絡みがあるので全て叶うとは限りません。
寄付ならば、希望する団体名、法人名等
• 12)家族・親族一覧(氏名・自分との間柄・住所連絡先等)
• 13)友人・知人一覧(同上)
⇒12)と合わせ、ここで連絡をして欲しいメンバーやしなくていいメンバーを
選別しておくことも出来ます。
※私は簡易選別法として、連絡してもらいたい方からの年賀状を一緒に保管しています。
具体的な記載事例⑥
14)会社関係等
勤務先の部署名、連絡先、取引先のリスト等
これも、連絡を希望する相手を選別できます。
15)その他の関係者リスト
町内の知り合い
趣味・同好会等のメンバー
かかりつけの医者
行きつけの店等
⇒自分の最期を知って欲しいメンバーを記載します。
☆項目の末尾(各ページ)には 自筆の署名、記載年月日を記入。
終わりに
• まずは、書いてみましょう。
• 最初は年賀状での連絡先リスト作り?
• 出来れば、親子でそれぞれの作成を!
ダウンロード

エンディングノートとは?