高知県安全教育プログラム(生活安全編)の基本的な指導内容
指導内容はあくまで基本的な内容です。学校種や学校
環境(地理的条件、人口規模、自然環境等)に応じてさ
らに加える内容を検討する必要があります
身の回りにある危険を予測し、自ら回避する!
犯罪から身を守る
外傷から身を守る
1
けがや事故を防ぐために
「学校生活の安全」
・道具や遊具等の正しい使い方を知る
・道具を使うときは、周囲の安全に気を配る
・廊下や階段の正しい歩き方を守る
・雨天時の過ごし方を考える
・校内では上履きをきちんと履く
・学校の中で立ち入っては行けない場所を
知り、ルールを守る
「運動時の安全」
・運動時は自分の体調に気を付け、無理を
しない
・プールや体育館、運動場での運動の仕方や
器具の使い方を知り、安全に行動する
「熱中症の予防」
・熱中症が発症しやすい状況を知る
・体調管理や適切な水分補給など予防に必要
なことを知る
・熱中症の症状と応急手当の方法を知る
「 危険な場所や遊びについて」
・川や海、山、池等での危険を知る
・気象の条件によって発生する危険を知る
・動植物に起因する危険を知る
・火気を使用する場合の危険を知る
(児童生徒等だけで火を使わない・初期消火の行動)
・釣りをするとき、船に乗るときはライフ
ジャケットを着用する
「 応急手当等について」
・けがの種類と介助、通報の仕方を知る
・止血法、心肺蘇生法等の応急手当を知る
(理論と実技 速やかな119番通報
AEDの手配)
2
犯罪被害にあわないために
「登下校時の安全」
・できるだけ友達と一緒に登下校する
(1人になる時間を短くする)
・防犯ブザーや防犯笛の使い方を知る
・登下校時に見守ってくれる地域の人を知る
「学校安全ボランティア」
「スクールガード・リーダー」等
「校内での不審者への対応」
・学校が定めた「不審者侵入時の緊急放送
(合図)」を知る
・不審者侵入時の避難の仕方を知る
・指示をよく聞き、落ち着いて迅速に行動する
3
家族で守る安全
「家族との約束」
・出かける前には行き先、帰る時刻を家族に
伝えておく
・留守番をするときの約束を確認する
・友達の名前や電話番号等を知らない人か
ら聞かれても答えない
・家に帰って玄関を開ける前に注意すること
を確認する
・エレベーターに潜む危険を知る
・夜間の外出で注意することを確認する
・夜道を1人で歩かない
・周囲の状況を確認しながら歩く
・携帯電話を操作しながらの移動はしない
「校外での不審者への対応」
・自分の身を守るための約束を必ず守る
(「いかのおすし」「おひなくこ」)
・地域の危険な場所(入りやすく、見えにく
い場所)を知る
・危険を感じたときに逃げ込む場所を知る
(「こども110ばんのいえ等)
・事件や事故に遭ったらすぐ家族や学校に連
絡する(速やかな110番通報)
・地域における犯罪等の情報を知る
4
地域社会の一員として
「自分たちで守る、地域の絆」
・地域の人とのつながりを持つ
・地域・社会生活の安全を守る機関や地域の
防犯活動を知る
(自主防犯組織、防犯パトロール、
安心Fメール等)
・地域の安全のために、自分たちにできる役
割を考える
ダウンロード

基本的な指導内容(生活P6)抜粋[PPT:172KB]