インフルエンザの感染防止
風邪と季節性インフルエンザの違い
病原体が違う
風邪
インフルエンザ
ライノウイルス
コロナウイルス
アデノウイルス
RSウイルス
インフルエンザウイルスA型、B型、C型
症状が違う
風邪
インフルエンザ
局所的症状(鼻水・のどの
痛み)
発熱はあっても微熱
(38度以下)程度
比較的急速に始まる
38度以上の発熱
咳、のどの痛み、頭痛
全身倦怠感・関節痛
肺炎・脳症など重い合併症
流行時期が違う
風邪
インフルエンザ
冬、夏、季節の変わり目
一年を通して
1~2月がピーク
4~5月頃まで散発的に流行することも
インフルエンザの症状
*38℃以上の熱がでない場合もあります
発熱以外の症状にも注意しましょう
日本呼吸器学会Hpより
県内のインフルエンザの流行状況
定点医療機関での患者数
2013/12/22~2014/2/2までの報告による
主に、1月から2月に流行のピークを迎えるが、地域によって異なります
神奈川県感染症情報センターHPより
保健所管内のインフルエンザ発生報告数の推移
第5週(1/27-2/2)
第4週(1/20-1/26)
発生数57
発生数84.76
■厚木保健所管内(厚木市、海老名市、座間市、愛川町、清川村)のインフルエンザ
発生報告は神奈川県で最も多くなっています
■これからも大きな流行が続くことが考えられます
手洗い・マスクで感染予防を
インフルエンザの感染経路
咳やくしゃみで感染します
せきやくしゃみで排出されるしぶきは、
1~2メートルぐらい先まで飛ぶ
しぶきを鼻や口から吸い込むことで、イ
ンフルエンザに感染する
咳が拡がる様子
せきが広がる様子を視覚化した実験。勢いよく飛び出したせきは瞬く間に広がり、
8
2秒後には1・5メートル先に座る人の頭をすっぽりと包み込んだ
マスクの使用の効果
うつさない(感染源対策)
• 咳が出る人はマスクをする。
(咳エチケット)
• 自宅での療養の際には他の家族と離れた部屋
で過ごす。
• 症状がある間は外出しない。
インフルエンザを防ぐ方法!
呼吸器衛生&咳エチケット①
咳・くしゃみをする時は
ティッシュで口を覆う
使ったティッシュはすぐに捨てる
手が鼻水で汚れたらすぐに手を洗う
インフルエンザを防ぐ方法!
呼吸器衛生
咳やくしゃみがある人は
マスクを着用する
正しくマスクを使用する
マスクをつける目的
口から出るしぶきが飛び散るのを防ぎ、
相手のしぶきを吸い込まないようにする
ため
不織布製マスクの空気の漏れ
・不織布製マスクは正面か
ら来るしぶきを表面に捕捉
することはできる
・顔とマスクの間から多く
の空気が漏れて吸い込ま
れる可能性がある
・なるべく顔にフィット
させる
・マスクの効果を過信しな
い
独立行政法人 国民生活センター www.kokusen.go.jp/pdf/n-20091118_1.pdf
マスクの付けかた
15
鼻を押さえてぴったりフィット
ほほ・あごに隙間をつくらない
16
マスクの正しい外し方
マスクの表面は汚れていると考えるので 触らないことが重要
インフルエンザにうつらない対策
室内の加湿
空気が乾燥すると、インフルエンザに
かかりやすくなります
加湿器などを使って適度な
湿度(50~60%)を保ちましょう
インフルエンザにうつらない対策
バランスのよい食事と休養を
日ごろからバランスのよい食事と十分な休養
をとりましょう
体力や抵抗力を高めることが大切です
インフルエンザにうつらない対策!
手洗い
■咳やくしゃみをしている人と一緒
にいたとき
■外出後やたくさんの人と
接したとき
手を洗いましょう
バイキンはいろいろなところに潜んでいます
手には ばいきんがたくさんついてます
手洗いが必要です!!
手洗いの効果
白い丸いかたまりは
手についたばい菌です
23
手洗いの方法
それぞれ5秒程度の時間をかけます
お子さんの手洗いは
こちらを参考にしてください
両手の甲をこすります
両手を忘れずに洗います
手を洗ったときに洗い残しが多いところ
洗い残しが最も多いところ
洗い残しが多いところ
洗い残しがないように
これが手を洗うコツ
手洗いのポイント
•
•
•
•
•
石けんをよく泡立てる
皮膚を強く擦らない
物を触ったりする部分をちゃんと洗う
熱いお湯で洗わない
よくすすぎ、水分をきちんと拭き取る
*できるだけ、個人専用でタオルを使用する
*自宅で家族共用のタオルを使用する場合は、濡れ
たら交換することをお勧めします
*ハンドクリームなどで皮膚を常にいたわりましょう
ダウンロード

インフルエンザ感染対策