1.3c ソフトシステムズアプローチ
4402002
浅野 淳一
ソフトシステムズアプローチ

悪定義問題に対しての取り組み方の総称
ソフトシステムズ方法論
ソフトシステムズ方法論

人間の認知に強く支配される問題を対象

悪定義問題の特徴に対応しうるもの
ソフトシステムズ方法論プロセス
問題状況の把握
実施
実際案の作成
問題状況の表現
概念モデルと
現実との比較
現実世界
抽象世界
根底定義
概念モデルの作成
問題状況の把握

問題の性格が人間の認知に大きく依存

多面的に問題状況を把握する必要がある
問題状況の表現

問題状況の認識

プロセス
短い時間スケールで変化する要素
 構造
長い時間スケールでゆっくり変化する要素

両者の共存関係を図や文章で表現
大観図
根底定義



テーマに関連する観念的なシステムを想定
根底定義に従って、観念システムの認識を
行うこと
人間活動システムという認識を明示
人間活動システムの根底定義
所有者O
行為者A
入力X
活動T
被影響者C
システム
環境E
出力Y
世界観W
システム要素


根底定義での入出力間の変換プロセス中
の諸活動のこと
要素は動詞で表現する
概念モデルの作成


要素間の相互関係が概念モデル
概念モデルは観念システムの機能の
モデル
概念モデルと現実との比較

理論と現実の比較


観念システムに関する抽象的な思考から導き
出された概念モデル
現実の問題状況を認知した大観図
この差の比較

問題状況の改善に対する実際案のたたき
台の役割
実際案の作成

実行可能かつ関係者の合意を得られるもの
実施



新たな問題状況への移行
ソフトシステムズ方法論が繰り返し適用さ
れる
再現無く続く学習のプロセス
ソフトシステムズ方法論の特徴


現実世界での問題状況と切り離し、システ
ム思考という抽象世界の中で概念モデル
を生成
必要に応じて、概念モデルの理論的に発
展、妥当性の検討が可能
ダウンロード

1.3 ソフトシステムアプローチ