宇宙線及びβ線源によるSilicon
Microstrip Detectorの
動作検査
自然科学コース・高嶋研究室
平松寛生
発表概要
•
•
•
•
•
•
•
ディテクターの構造
テストの目的
モジュールのセットアップ
ストリップクラスタリング
バンド幅設定
宇宙線、β線源でのテスト結果
まとめ
ディテクターの構造
・厚さ300μmシリコン
ウェハーの両面から
の同一方向へ信号
を読み出す
・全512の読み出し
チャンネル
・1枚のセンサーと
4個チップから成る
1/4ラダー
・プロテクトのための
アルミケース
テストの目的
• 高速リードアウトでのディテクターの
動作検査
• 最適バンド幅設定の確認
• 宇宙線、β線源によるS/N評価
モジュールのセットアップ
ストリップクラスタリング
・連続したストリップでの
シグナルヒットを一つ
のヒットとする
・デッドチャンネルを跨
ぐクラスターは分割
される
バンド幅設定
high
high
low
low
テスト結果(宇宙線)
テスト結果(β線)
まとめ
• STARをベースとしたシステムで高速リードアウトでの
動作確認ができた
• バンド幅に対する応答が調べられた
• 外部信号によるS/N評価で以下の値が得られた
– 宇宙線テスト : S/N=16.7(r-φ) , 13.8(z)
– β線テスト : S/N=20.3(r-φ) , 15.3(z)
今後の課題
・バンド幅による影響の詳細な研究
ダウンロード

宇宙線を用いたSilicon Microstrip Detectorの動作検査