販売事業者等に起因する
LPG事故の防止
関東液化石油ガス協議会
保安委員会
業務用施設実態調査総括表(2011年12月末現在)
協議会名
①業務用施
設数(対象外
除く)
全ユーザー
からの割合
①/全ユーザー
内CO換気セン
サ設置(CO警
報器含む)
CO換気セン
サ設置割合
②/①
日本液化石油ガス協議会
③法定周知
以外の周知
実績
法定周知以
外の周知割
合 ③/①
提出率
日本液化石油
ガス協議会
42,450戸
5.10%
26,035戸
61.33%
37,697戸
88.80%
100%
東北液化石油
ガス保安協議
会
2,005戸
―
2,022戸
―
3.042戸
―
23%
16,382戸
1.37%
6,073戸
37.07%
8.677戸
52.97%
80.70%
中部液化石油
ガス保安協議
会
10,221戸
16.89%
7,614戸
74.49%
7,683戸
75.17%
63.64%
近畿液化ガス
保安協議会
6,213戸
2.24%
4,443戸
71.51%
4,800戸
77.26%
100%
中国液化石油
ガス保安連絡
協議会
4,154戸
2.32%
2,236戸
53.83%
2,694戸
64.85%
100%
九州液化石油
ガス保安連絡
協議会
16,408戸
2.58%
14,185戸
86.45%
16,339戸
99.58%
100%
総合計
95,828戸
―
60,586戸
平 均
15,971戸
5.08%
10,098戸
76.44%
90.72%
関東液化石油
ガス協議会
77,890戸
64.11%
12,982戸
+②調整器の期限管理調査+③「閉栓カバー」の取付推進=平成24年実施事項
高止まりが続くLPガス事故件数
原因者で分けると大きく
3つに分かれる
自他
然工
災事
害業
、者
そ、
のメ
他ー
、カ
不ー
明
そ
の
他
の
事
故
起消
因費
す者
るに
事
故
LPG
起販
因売
す事
る業
事者
故等
に
平成24年度液化石油ガス販売事業者等保安対策指針
Ⅰ.保安対策指針の考え方
1.自主保安活動の推進
液石法は、液化石油ガス販売事業者及び保安
機関に対して、一般消費者等の保安を確保する
ために種々の義務を課しており、液化石油ガス
の保安行政はこれらの保安規制を中心として
行われている。
事前規制→事後規制・・・自主保安活動の推進
液石法第一条(目的)
この法律は、一般消費者等に対する液化石油ガスの販売、液化石油ガス器具等の
製造及び販売等を規制することにより、液化石油ガスによる災害を防止するととも
に液化石油ガスの取引を適正にし、もって公共の福祉を増進することを目的とする。
重点事故防止対策3項目
(平成24年度液化石油ガス販売事業者等保安対策指針)
• 業務用施設等におけるCO中毒事故の防止
• 一般消費者等に起因する事故の防止
• LPガス販売事業者等に起因する事故の防止
LPガス販売事業者等に起因する事故の防止対策
(平成24年度液化石油ガス販売事業者等保安対策指針)
①供給管・配管の事故防止対策
②機器の事故防止対策
③バルク供給に係る事故防止対策
LPガス一般消費者事故件数推移(平成13年~23年)
250
件
239
234
225
219
204
200
185
150
120
100
87
90
13年
14年
105
105
16年
17年
50
0
15年
18年
19年
20年
21年
22年
23年
業者不適切に起因する事故件数推移(平成13年~23年)
業者不適切は⇒販売店等の
不適切な処理と設備工事業
者、充てん事業者を合計
平均24.4件
平均51.5件
業者不適切に起因する事故の内訳
(平成13年~23年)
件
80
販売事業者等
設備工事業者
70
充てん事業者
2
7
3
5
60
50
3
6
40
0
2
30
20
10
2
4
1
4
14
14
13年
14年
28
1
7
1
6
65
62
1
5
20
20
16年
17年
2
5
0
2
38
28
33
40
0
15年
18年
19年
20年
21年
22年
23年
販売事業者等に起因する事故の大きな要因
1、腐食等の劣化
2、容器交換時等のミス
3、工事ミス
販売事業者等に起因する事故の内訳
70
件
65
60
12
50
13
40
30
20
10
0
28
20
9
6
3
2
17年
7
2
9
10
18年
腐食等劣化
62
12
13
38
17
5
4
10
21
20
19
19年
20年
21年
19
工事ミス
40
33
5
6
9
13
22年
容器交換時ミス
11
10
19
23年
その他
販売事業者等に起因する事故の防止
1、腐食等の劣化による事故の防止
平成23年の腐食場所の内訳
腐食場所
事故件数
配管(埋設分及び立上がり部)
6
配管(湯や水がかかる露出部)
2
調整器
3
ガス栓(末端ヒューズ、中間ガス栓)
2
高圧ホース
1
金属フレキ(給湯器)
1
容器(50kg)
1
外付け遮断機
1
排気筒
1
フレキシブルメタル(バルク貯槽)
1
合計
19
1、腐食等の劣化による事故の防止
配管腐食(埋設配管)
年月日
2011年5月15日
発生場所
東京都府中市
被害状況
漏えい
原因者
販売事業者
事故の原因
埋設供給管の腐食
事故概要
共同住宅において、付近住人よりガス臭がす
るとの通報を受け販売事業者が出動し気密試
験を行ったところ、埋設供給管からのガス漏え
いを確認した。原因は埋設供給管(白管)の腐
食によりガスが漏えいしたと判断した。
なお、直近の容器交換時のマイコンメータ確
認では異常はなく、前回供給設備点検の埋設
管の腐食測定では抵抗値が76.71Ω(10Ω以下
で腐食の恐れ)で腐食の恐れなしと判断。
また、付近住民は一週間程前からガス臭を
感じていたとのことであった。(都は、白管埋設
部は腐食測定を過信せず、露出あるいは高耐
久性の材質に改善するように指示した。
腐食例
1、腐食等の劣化による事故の防止
配管(埋設配管等)
漏洩検知装置による管理
埋設管腐食測定器による腐食管理
通電用ケーブル(赤)
通電棒
(金属棒)
絶縁継手
漏洩検知装置
流量検知式切替型
漏えい検知装置
正常時
※電気的絶縁継手があ
る場合、電気的継手の
下の配管の金属部分に
接続
警告表示微小漏えい
液晶の例
基準電極用
ケーブル(青)
LPガス管用ケーブル(黒)
B
B表示
基準電極
(飽和硫酸銅)
赤ランプ
点灯
GL
LEDの例
赤ランプ点灯
圧力式微小漏えい警告
S型・SB型メータ
B
R
埋設管防護器具
埋設管標識シート
B・R表示
埋設位置表示ピン
埋設管位置表示杭
流量式微小漏えい警告
B
B表示
埋設管位置の表示例
赤ランプ点灯
標識シート
流量検知式圧力型
漏えい検知装置
表示ピン
表示杭
PE立上り管
PE立上り管
漏えい検知部
EFソケット
ロケーティングワイヤ
PEエルボ
漏えい監視部
ガス未使用時6.0Kpa以上に
圧力が上昇している
ガス未使用時6.0Kpaまで
圧力が上昇しない
PE(ポリエチレン)管配管例
25
14
1、腐食等の劣化による事故の防止
調整器経年劣化
年月日
2011年2月4日
発生場所
北海道札幌市
被害状況
漏えい
原因者
販売事業者
事故の原因
調整器の経年劣化
事故概要
共同住宅において、通行人よりガス臭がする
との通報を受け、消防、保安センターが出動し、
調整器からのガス漏れを確認したため、販売
事業者に連絡し、出動した販売事業者は調整
器の交換を行なった。
原因は期限切れの調整器の一次側ダイヤフ
ラムビート部のゴムの弾性が経年劣化により
失われ、一次側通気口から漏えいしたもの。
なお、販売事業者は期限管理を行っていたも
のの、コンピューター入力時に西暦と和暦の取
り違えたため、期限超過に気付かなかった。
(調整器RF10:1994年7月製造)
ダイヤフラム
腐食例
期限切れ調整器例
(平成23年度の研修会)
調整器の期限管理について
機器別の事故発生件数(H18~22年)
供給・消費設備事故件数
(燃焼機器は除く)
金属フレキ
6%
可とう管ガス
栓
7%
原因別事故件数
(調整器)
その他
17%
その他
23%
341
件
製造ミス
7%
調整器
27%
140
件
雪害
46%
接続ミス
14%
高圧ホース
18%
ホースガス栓
19%
経年劣化
16%
調整器の事故のうち、経年劣化が16%を占める。
経産省は経年劣化事故を販売事業者責任に分類。
(平成24年度液化石油ガス販売事業者等保安対策指針)
3.事故防止対策
(3)LPガス販売事業者等に起因する事故の防止対策
②機器の事故防止対策
調整器、マイコンメータ、高圧ホース、警報器等は設置環境や使用状況により
電池寿命や機器の劣化の進行が異なるものの、長期使用に係る漏えい事故が
発生している。高圧ガス保安協会による調整器の事故の分析結果によれば、平成
14年から平成23年に発生した186件のうち、雪害等の自然現象や接続作業時
のミスなど使用年数に起因しないものを除くと43件であり、これらの直接の原因は
腐食及び劣化によるものである。このうち88%に相当する38件がメーカー
の交換推奨期限以内である7年及び10年を超えてから発生しており、これらは交
換推奨期限以内に交換されていれば事故の発生を未然に防げたものである。
また、宮崎県で発生したメーカーの交換推奨期限を超えて使用された調整器に
起因する事故をきっかけとして、保安院本院及び産業保安監督部で実施した調整
器の期限管理の実態調査の結果、ほとんどのLPガス販売事業者がメーカーの交
換推奨期限を超えたものについても計画的に交換していくとの方向をしめしている
ところである。
こうしたことを踏まえ、LPガス販売事業者等は、調整器、マイコンメーター、高圧
ホース、警報器等の期限管理を確実に行うことが必要である。
1、腐食等の劣化による事故の防止
防止策
①埋設配管の管理の徹底(台帳整備と検査と改善)
*白管等埋設管の年1回以上の漏えい試験とPE等への取替促進
②供給機器の期限管理の徹底(調整器、高圧ホース等)
*マネージメントの承認のもと計画的に実施する
③定期点検・調査の確実な実施(腐食箇所の発見と改善)
*年数だけでなく、配管及び機器の現状を把握する
④消費者との日頃のコミュニケーション(早急な連絡)
*配送事業者とも良好な関係を築いておく
*改善及び交換機器を管理するためのデータの把握が必要
*費用がかかる為、マネージメントの理解と積極的な後押しが重要
2、容器交換時等のミスによる事故の防止
平成23年の容器交換時ミスの内訳
容器交換時ミスの内容
件数
接続不十分
7
接続忘れ
2
締め付け過ぎ
1
その他
1
合計
11
2、容器交換時等のミスによる事故の防止
接続不十分
年月日
2011年6月6日
発生場所
北海道札幌市
被害状況
漏えい
原因者
販売事業者
事故の原因
容器と高圧ホース接続部の緩み
事故概要
地下に店舗が入った共同住宅において、近隣
よりガス臭いとの通報を受け、消防、配送セン
ター及び販売事業者が出動したところ、容器と
高圧ホースの接続部から漏えいしていることを
確認した。原因は容器と高圧ホースの接続部
が何らかの要因で緩んでいたことによる。
道は技術上の基準により、的確な容器交換作
業及び点検を実施するように指導した。
販売事業者は、配送員の社内教育の徹底を
行うこととした。
2、容器交換時等のミスによる事故の防止
接続不十分
接続忘れ
接続時の
作業ミス
目視点検で
の見落とし
二重のミス
このような基本的なミスは毎月のように発生している。
その原因は?
 配送員の注意不足
 単純作業の繰り返しの慣れによるミス
 社内教育の不足
 作業環境(多すぎる配送件数等:平均5分程度)
 その他
2、容器交換時等のミスによる事故の防止
防止策
①容器交換マニュアルの制定と順守
(*具体的な内容になっているか)
②社内教育の徹底(確実な作業と目視点検)
(*事故事例と漏えい事故の重大性を周知)
③指差呼称の励行(重要な作業の再確認)
(*ホース接続確認、バルブ開放確認等)
④作業環境のチェック
(*配送の受け持ち件数、休養状況)
容器交換
マニュアル
3、工事ミスによる事故の防止
平成23年の工事ミスの内訳
工事ミスの内容
件数
点火ミス
5
締め付け不足
3
バルク安全弁交換作業ミス
1
漏えい試験なし
1
合計
10
初歩的なミスが多い
消費者と同じレベル?
基礎的知識の不足
経験不足
点火ミス
•①ガス漏えい後の点火ミス
•②風呂釜点火不良調査時の点火ミス
•③中華レンジ清掃後の点火ミス
•④コンロ修理後の点火ミス
•⑤メータ復帰後の点火ミス
締め付け不足
•①システムコンロ接地時のフレキホース
の締め付け不足
•②風呂釜交換時の低圧ホースと末端
ガス栓の締め付け不足
•③ガスメータユニオンの締め付け不足
*ビルトインコンロの部品交換後の漏え
い試験なし
*バルク安全弁交換作業ミス
3、工事ミスによる事故の防止
点火ミス
年月日
2011年11月10日
発生場所
兵庫県姫路市
被害状況
漏えい爆発軽症2名
原因者
販売事業者
事故の原因
販売事業者の作業ミス
事故概要
飲食店において、販売事業者が中華レンジを
掃除し、燃焼確認のため点火作業を行ったと
ころ炎が上がり2名が軽い火傷を負った。
原因は点火棒による点火前に中華レンジのガ
ス栓を開け、点火に手間取ったため、滞留して
いたガスに点火棒の火が引火し燃え上がった
もの。
県は類似事故発生防止のため、全事業所社
員の保安教育を早急に実施し報告するよう指
示した。
3、工事ミスによる事故の防止
バルク貯槽安全弁交換作業ミス
年月日
2011年6月15日
発生場所
埼玉県川口市
被害状況
漏えい爆発・火災 重症1名、軽傷3名
原因者
販売事業者(不明調査中)
事故の原因
販売事業者の作業ミス(不明調査中)
事故概要
共同住宅において、バルク貯槽安全弁の交換作
業中に何らかの原因で漏えいしたガスに引火し、
爆発・火災により、1名が重傷、3名が軽傷を負っ
た。
原因は安全弁の根元から漏えいしたガスに何ら
かの火が引火したものと推定されるが、詳細は現
在調査中
平成24年度保安対策指針の中では、
当該事故は、安全弁の交換作業の基本的な手順
によらずに作業を行ったために事故にいたったも
のであり、基本的な作業手順の遵守・徹底が重要
であることを改めて示すものである。
3、工事ミスによる事故の防止
防止策
①社内教育の徹底(LPG基礎知識の再教育)
*点火時の危険性等「安全作業マニュアル」の作成
②技術及び知識の継承(ベテランから新人)
*同行によるOJT等
③漏えい検査の確実な実施(漏えいを見落とさない)
*検査のダブルチェックも
平成24年度高圧ガス保安活動促進週間
重点目標
(液石法関係)
①一般消費者等に対して、液化石油ガ
ス販売事業者等が行っている保安業務
の内容、消費機器の維持管理方法、一
酸化炭素中毒事故防止対策及びガスが
万が一漏出した場合の適切な対処方法
の周知
②業務用厨房等の事故防止対策として、
燃焼器具の適切な操作方法に重点をお
いた周知の徹底
③高齢者及び一人暮らしの消費者に対
して、LPガス設備を安全・安心に使用す
るための保安啓発の実施
④液化石油ガス販売事業者等に対して、
法令遵守、事故防止対策等の再周知の
徹底
販売事業者等に起因する事故の防止
原因
1、腐食等の劣化 2、容器交換時等のミス 3、工事ミス
①埋設配管の管理の徹底(台帳整備と検査と改善)
腐食等劣化
*白管等埋設管の年1回以上の漏えい試験とPE等への取替促進
②供給機器の期限管理の徹底(調整器、高圧ホース等)
*マネージメントの承認のもと計画的に実施する
③定期点検・調査の確実な実施(腐食箇所の発見と改善)
*年数だけでなく、配管及び機器の現状を把握する
④消費者との日頃のコミュニケーション(早急な連絡)
*配送事業者とも良好な関係を築いておく
容器交換時等のミス
①容器交換マニュアルの制定と順守
(*具体的な内容になっているか)
②社内教育の徹底(確実な作業と目視点検)
(*事故事例と漏えい事故の重大性を周知)
③指差呼称の励行(重要な作業の再確認)
(*ホース接続確認、バルブ開放確認等)
④作業環境のチェック
(*配送の受け持ち件数、休養状況)
工事ミス
①社内教育の徹底(基礎的知識の再教育)
*点火時の危険性等「安全作業マニュアル」の作成
②技術及び知識の継承(ベテランから新人)
*同行によるOJT等
③漏えい検査の確実な実施(漏えいを見落とさない)
*検査のダブルチェックも
販売事業者等に起因する事故防止の重要ポイント
1.腐食等劣化
埋設白管等のPE等への取替促進
供給機器の期限管理の徹底
2.容器交換時のミス
指差呼称の徹底
作業環境のチェック
3.工事ミス
安全基礎知識の再教育
確実な漏えい検査
LPG
LPG
LPG
ご清聴ありがとうございました
ダウンロード

販売事業者に起因するLPG事故の防止