地域包括支援センター発 !
介護お茶のみ話
その4
生涯学習情報
これまで3回にわたり、認知症の改善や悪化防止の方法をお伝えしてきました。普段の体調を整える
と認知力が回復しますが、そのためには①水分、②食事、③運動、④排便の4点が重要です。昨年開催
した「認知症ケア実践塾」を通して、
“普段の体調を整える”という当たり前のことが実は大変で難しく、
とても大切であることを学びました。今回は最後の④排便についてです。
家庭教育学級を開催
■高齢になると便秘の原因が増える!?
学校、家庭、地域の教育力の向上を図ることを目的と
人は年齢を重ねるたびに便秘になりやすく、30代と60代では便秘のリスクが2倍に膨
れあがると言われています。なぜ年を重ねると便秘になるのでしょうか?主な原因として
は、肉体の衰え、筋力低下があります。特に腹筋周りの筋力低下は、腸の動きに直結します。
腸自体の機能の衰えもあり、便がなかなか運ばれず、長く腸内に留まることで水分が失わ
れ、固くなるのでいっそう便秘になりやすくなります。さらに、高齢になると食事量が減る傾向があり
ますが、食べる量が減ることで便の量も減り、排便が少なくなってしまうことも問題です。また、常用
している薬の副作用として、便秘のような症状が出てしまうものもあります。こうして高齢になると便
秘になりやすくなっていきます。
■便秘は認知症を悪化させる!
して、市内の幼児、小中学生の保護者を対象にした家庭
教育学級を開催しています。
平成26年度は、県内で一番高い虫歯り患率の改善を
図る「虫歯予防」
、携帯ゲーム機や携帯電話の普及に伴
う「インターネットの情報モラル」についての講話が多
く実施されました。
虫歯やインターネット利用時の注意点など、保護者が
子どもに対して気をつけることで予防できる内容に「継
続して実施したい」との声が寄せられました。
便秘になると、気分が落ち着かず、イライラして不安定になることが多くなります。
高齢者人材バンク派遣事業のお知らせ
また、認知症の高齢者の場合には、便秘が症状の悪化につながるとも言われています。
便秘が続くことで精神状態が不安定になり、気分が興奮して不穏な状態になりやすくなります。便秘を
「高齢者人材バンク派遣事業」は、市内在住の高
解消し、規則的な排便習慣を得ることで、認知症の改善や悪化防止につながります。
齢者が永年培った知識・技能を、生きがいとして
■便秘を解消するには?
地域に役立てるものです。活動内容は、生活伝承
便秘を解消するには以下の点に留意することが大切です。なるべく下剤を使わず、トイレでの自然排
文化に関するものやスポーツ、レクリエーション
便を目指しましょう!
など多様な分野で、自薦他薦を問いません。
●水分摂取…起きたときにコップ1杯の水を飲みましょう。また、脱水が便秘の原因となるため、1日
平成26年度は、剣舞など郷土芸能をはじめ、着
に1500ccの水分摂取を目指しましょう。
付けや踊りなど35人が登録し、派遣要請を受け
●食事…規則的な食事を心がけてください。お粥ではなく常食でしっかりと食べましょう。
た学校や公民館、各種団体等へ講師として出向き
●食物繊維…食物繊維を摂取しましょう。水分を取るときに、センナ茶や繊維質ゼリーも効果的です。
ました。
●定時の排便…出ても出なくても一定の時間にトイレへ行きましょう。起床時と毎食後にトイレに座っ
高齢者に限らず、習得した知識・技能を地域で
て腹部マッサージをすると効果がみられます。便意がなくてもトイレへ行くようにしましょう。
●座位排便…オムツを利用している人は、どうしても寝たままの排便になりがちです。座って排便する
下矢作保育園での虎舞指導
ことで、便の位置が垂直方向を向いて重さと腹圧を利用できるため、残便が少なくなります。
●運動…便秘の原因の一つが運動不足です。しっかり歩いて運動不足と便秘を解消しましょう。
●そのほかにも…腸内を整えるカスピ海ヨーグルト、オリゴ糖やファイバー食品もお勧めです。こうし
た食品も上手に取り入れてみましょう。
実際にスマートフォンを操作しながら理解を深めた「インター
ネットの情報モラル」
発揮していただける人を随時募集しています。詳
しくは、生涯学習課までお問い合わせください。
文化財ニュース
∼ 毎年1月26日は文化財防火デー ∼
文化財防火デーとは、昭和24年1月26日に奈良県法隆寺
水分、食事、運動、排便はすべて相互に関係しています。脱水を起こし
ていると、食欲が低下し、便秘を起こし、元気を失って運動ができなくな
ります。便秘や運動不足は食欲を低下させます。運動を取り入れたら水分補給に留
意しないと脱水を起こしやすくなります。これら4つのポイントをおさえてケアす
ることが重要です。
これまでの「介護お茶のみ話」をぜひ参考にしてください!
問い合わせ先 地域包括支援センター(内線205、206)
⑪
の金堂が炎上し、貴重な壁画が損失した事件をきっかけに、全
国各地で毎年1月26日に行われている文化財を守るための消
防訓練などのことです。
市内では、矢作町馬越にある市指定文化財の閑董院宥健尊師
堂で行われました。当日は、消防署の指導のもと、地域の人々
と一緒に火災時の対応について学びました。
問い合わせ先 生涯学習課(内線255)
2015年
(平成27年)
2月1日号
⑩
ダウンロード

10~11ページ