Seasar Conference
2007 Spring
現場で役立つ実践Teeda
2007.5.27
エスエムジー株式会社
テクニカルコンサルタント
鈴木 貴典
Seasar Conference
2007 Spring
Copyright© 2004-2007 The Seasar Foundation and the others. All rights reserved.
1
はじめまして
•
•
•
•
•
•
名前:鈴木 貴典
Blog:http://d.hatena.ne.jp/szk-takanori/
所属:エスエムジー株式会社(http://www.smg.co.jp)
コミッタ:S2Axis/S2Axis2
メール :[email protected]
主な仕事:
– フレームワーク開発
– Web+DBアプリ開発
– プロセス改善(SEPG)
Seasar Conference
2007 Spring
Copyright© 2004-2007 The Seasar Foundation and the others. All rights reserved.
2
「現場で役立つ実践Teeda」
• このセッションのゴール
Teedaをより便利に使いこな
せるようになってもらいたい!
• このセッションの位置づけ
– Teedaプロジェクトリーダの大谷さんによる「今から役立つ
Teeda入門」に続くものです
Seasar Conference
2007 Spring
Copyright© 2004-2007 The Seasar Foundation and the others. All rights reserved.
3
Agenda
1.
2.
3.
4.
5.
6.
Teedaの特徴
アプリケーション・アーキテクチャを決める
HTMLモックアップ作成のコツ
スコープ管理を使いこなす
かゆいところに手が届く便利機能
Teedaにおけるテスト実践
Seasar Conference
2007 Spring
Copyright© 2004-2007 The Seasar Foundation and the others. All rights reserved.
4
Teedaの特徴
Seasar Conference
2007 Spring
Copyright© 2004-2007 The Seasar Foundation and the others. All rights reserved.
5
Teedaの特徴
ページ開発駆動
• UI(=ページ)を中心に開発するスタイル
– ユーザにとって、最も分かりやすいものを中心に据える
– Teedaは、この開発スタイルによって最適化されている
UIスケッチ
xxx
xxx
ユーザレビュー
OK
キャンセル
Javaクラス
DB
データベース
モデリング
Seasar Conference
2007 Spring
HTML
テンプレート
(View)
UIモック
自動生成
(Chura)
Copyright© 2004-2007 The Seasar Foundation and the others. All rights reserved.
6
アプリケーション・アーキテクチャを
決める
Seasar Conference
2007 Spring
Copyright© 2004-2007 The Seasar Foundation and the others. All rights reserved.
7
アプリケーション・アーキテクチャを決める
• レイヤーとコンポーネントの構成を考える
– Goyaベース
– DxoやDoltengとの親和性の向上を目指す
• Teedaでは、画面と1:1になるようにPageを作成する
– employeeList.html → EmployeeListPage.java
• ただし、Page(画面の項目と関連)とAction(画面のボ
タンと関連)を分割することも可能
– employeeList.html → EmployeeListPage.java
→ EmployeeListAction.java
Seasar Conference
2007 Spring
Copyright© 2004-2007 The Seasar Foundation and the others. All rights reserved.
8
アプリケーション・アーキテクチャを決める
Full Pattern
• 大規模アプリケーション向け
• 画面とロジックを分担して共同開発したり、フロー制御
や他システム連携が多かったりするシステムに向く
Actionを無くして、
Pageだけにする構成
でもOK!
Seasar Conference
2007 Spring
Copyright© 2004-2007 The Seasar Foundation and the others. All rights reserved.
9
アプリケーション・アーキテクチャを決める
Middle Pattern
• 中規模アプリケーション向け
• 画面ロジックとドメインロジックを2つのレイヤーに集約
させたパターンであり、大抵のシステムに対応できる
Seasar Conference
2007 Spring
Copyright© 2004-2007 The Seasar Foundation and the others. All rights reserved.
10
アプリケーション・アーキテクチャを決める
Lightweight Pattern
• 小規模アプリケーション向け
• 画面とDBテーブルが1対1で、ロジックはほぼない、と
いうシステムに向く
Seasar Conference
2007 Spring
Copyright© 2004-2007 The Seasar Foundation and the others. All rights reserved.
11
HTMLモックアップ作成のコツ
Seasar Conference
2007 Spring
Copyright© 2004-2007 The Seasar Foundation and the others. All rights reserved.
12
HTMLモックアップ作成のコツ
IDの決め方
• 全フィールドに対して、ユニークになるように付ける
– ×:name ○:userName
Dxoでの変換時に、変換ルー
ルを指定しなくても、自動的
– HTMLのIDと、DBのフィールドを
にマッピングされる。
一致させる
(DBのカラム名もユニークにする(※ID/VersionNo以外))
EMPLOYEE
社員番号
社員名
所属
登録
id=“empNo”
EMP_NO
EMP_NAME
DEPT_ID
id=“empName”
Dxo
▼
id=“deptNoItems”
(value) : deptNo
DEPT
DEPT_NO
DEPT_NAME
※リスト項目のIDは、『valueとなるIDに合わせる』
Seasar Conference
2007 Spring
Copyright© 2004-2007 The Seasar Foundation and the others. All rights reserved.
13
HTMLモックアップ作成のコツ
ボタンとリンクの使い分け
• 『ボタン』と『リンク』では、値の引き継がれ方が異なる
– ボタン(doXxx, goXxx, jumpXxx)
• 全プロパティが次画面に引き継がれる
画面設計の段階で、どちらを
利用するのかを考慮!
– リンク(goXxx)
• クエリストリングで指定したプロパティのみ、次画面に引き継がれる
• でも、リンクで遷移して、かつ、値も引き継ぎたい場合も
ある・・・
–例
Step1
Step2
Step3
• タブ(に見せかけたリンク)を利用した自画面遷移
– 回避策
• 非表示のボタンを用意しておき、JavaScriptを利用して、リンクが押下
された際にボタンが押下されるようにする
• <a id=“xxx” href=“#?id=1” onclick=“navigate(this)”>
Seasar Conference
2007 Spring
Copyright© 2004-2007 The Seasar Foundation and the others. All rights reserved.
14
HTMLモックアップ作成のコツ
モックタグの活用
• モックだけで表示させ、動作時には表示されないタグを
記述することが可能
– <div id=“mockXxx”> (※ idを『mock』から始める)
• こんなときに便利
– HTML自体に仕様やメモを書いておく
<div id=“mockComment”>
XXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX
</div>
– JavaScriptをモックのときだけ動作させたい
<script id="mockScript" type="text/javascript">
<!—
alert(“Hello”); //
-->
</script>
Seasar Conference
2007 Spring
Copyright© 2004-2007 The Seasar Foundation and the others. All rights reserved.
15
スコープ管理を使いこなす
Seasar Conference
2007 Spring
Copyright© 2004-2007 The Seasar Foundation and the others. All rights reserved.
16
スコープ管理を使いこなす
HTTP Request/Sessionの限界
• HTTP Request/Sessionの限界
– Request
• ウィザードなどの複数リクエストにまたがる処理で利用するには、ライフサイク
ルが短すぎる
– 帯に短し
• 値を引き継ぐために、hiddenを多用する必要がある
– パラメータ改ざんの危険性も出てくる
– Session
• ウィザードなどの複数リクエストにまたがる処理で利用するには、ライフサイク
ルが長すぎる
– タスキに長し
• Sessionへの格納(setAttribute)、および、 Sessionからの削除(
removeAttribute)を、開発者が管理する必要がある
– バグが増える
• マルチウィンドウ
Request/Sessionだけでは不便!
Seasar Conference
2007 Spring
Copyright© 2004-2007 The Seasar Foundation and the others. All rights reserved.
17
スコープ管理を使いこなす
Teedaにおけるスコープ管理(1/4)
• Teedaに画面遷移時の値引き継ぎ原則
ユーザ名
ユーザ名
鈴木 貴典
鈴木 貴典
遷移
登録
実行
戻る
/view/employee/Input.html
/view/employee/confirm.html
<input type=“text” id=“userName” />
<span id=“userName” />
/web/employee/InputPage.java
/web/employee/ConfirmPage.java
public void InputPage {
private String userName;
}
public void ConfirmPage {
private String userName;
}
遷移の前後で、同じプロパティがあれば、
次の画面で、値がインジェクションされる
(※同一サブアプリケーション内でのボタンでの遷移の場合)
Seasar Conference
2007 Spring
Copyright© 2004-2007 The Seasar Foundation and the others. All rights reserved.
18
スコープ管理を使いこなす
Teedaにおけるスコープ管理(2/4)
• Teeda独自のスコープ
スコープ名
ライフサイクル
SubApplicationScope
(デフォルト)
同一のサブアプリケーション内ならば、プロパティを引き継
ぐ。異なるサブアプリケーションに遷移した場合は、プロパ
ティ値は削除される。
RedirectScope
次の画面にリダイレクト後、プロパティ値は削除される。
つまり、次の画面までしか値を引き継がない。
PageScope
次の画面に値を引き継がない。
public void EmployeePage {
@PageScope
private String userName;
プロパティに
アノテーションを指定する
Seasar Conference
2007 Spring
}
Copyright© 2004-2007 The Seasar Foundation and the others. All rights reserved.
19
スコープ管理を使いこなす
Teedaにおけるスコープ管理(3/4)
• Teeda独自のスコープ
<subApp1>
一覧画面
<subApp1>
入力画面
<subApp1>
確認画面
<subApp1>
完了画面
×
PageScope
RedirectScope
SubApplicationScope
<subApp2>
一覧画面
Seasar Conference
2007 Spring
サブアプリケーションが異
なるので、値は引き継が
れない
Copyright© 2004-2007 The Seasar Foundation and the others. All rights reserved.
20
スコープ管理を使いこなす
Teedaにおけるスコープ管理(4/4)
• Session/Requestも使えます
– Pageクラスにインジェクションする
public void EmployeePage {
private HtttpSession session;
public void setSession(HttpSession session) {
this.session = session;
}
}
– Dtoのクラスなどに、アノテーションを指定する
@Component(instance = InstanceType.SESSION)
public class UserDto implements Serializable {
・・・・
}
Seasar Conference
2007 Spring
Copyright© 2004-2007 The Seasar Foundation and the others. All rights reserved.
21
スコープ管理を使いこなす
TakeOver
• TakeOverアノテーションを利用して、引き継ぐプロパテ
ィを個別に指定することもできる
タイプ
説明
アノテーション
NEVER
次画面に何も引き継がない
@TakeOver(
type=TakeOverType.NEVER)
INCLUDE
次画面に「name」「value」のみを引
き継ぐ
@TakeOver(
type=TakeOverType.INCLUDE,
properties=“name, value")
EXCLUDE
次画面に「name」「value」以外のプ
ロパティを引き継ぐ
@TakeOver(
type=TakeOverType.EXCLUDE,
properties=“name, value")
メソッドにアノテーションを
指定する
Seasar Conference
2007 Spring
@TakeOver(type = TakeOverType.NEVER)
public String doExecute() {
return
}
Copyright© 2004-2007 The Seasar Foundation and the others. All rights reserved.
22
かゆいところに手が届く便利機能
Seasar Conference
2007 Spring
Copyright© 2004-2007 The Seasar Foundation and the others. All rights reserved.
23
かゆいところに手が届く便利機能
こんな機能があります
• Teedaでは、以下の機能が便利
– 拡張されたバリデータ
• ボタン指定
• エラー発生時のスタイルシート自動設定
– 簡単なメッセージ表示
• 個別プロパティ/画面全体に対するメッセージ表示
• Utilの活用
– ラベルの引き継ぎ
• プルダウンやラジオボタンで、valueだけでなく、labelの引き継ぎがで
きる
– List<Map>の利用
• 繰り返しや一覧の項目で、わざわざDtoを作成しなくても済む
Seasar Conference
2007 Spring
Copyright© 2004-2007 The Seasar Foundation and the others. All rights reserved.
24
かゆいところに手が届く便利機能
拡張されたバリデータ
• JSFのバリデータを超えています
– ボタン指定
• 1画面内に複数のボタンがある場合にバリデーションが動作するボタ
ンを指定できる
public void EmployeePage {
@Required(target=“doExecute”)
private String empName;
}
target属性に、ボタンのidを
指定する
指定したボタンが押下され
たときだけ、バリデーション
が実行される
– エラー発生時のスタイルシート自動設定
• 「onTeedaError」というスタイルが出力される
<input type="text“
id=“empName"
name=“form:empName“
value=“”
class=“onTeedaError” />
Seasar Conference
2007 Spring
バリデーションエラーとなっ
た項目に、色を付ける等、
分かりやすい表示が可能
になる
Copyright© 2004-2007 The Seasar Foundation and the others. All rights reserved.
25
かゆいところに手が届く便利機能
簡単なメッセージ表示
• これさえ知っていれば問題なし
– HTMLの指定
説明
id
HTMLでの指定
allMessages
全てのメッセージ
<span id=“allMessages” />
messages
項目にヒモ付かないメッセージ
<span id=“messages” />
id+Message
指定されたidにヒモ付くメッセージ
<span id=“empNameMessage” />
– レベルに合わせたスタイルの切り替え
<span id="allMessages"
te:fatalClass=“fatalMessage“ te:errorClass="errorMessage“
te:warnClass="warnMessage” te:infoClass="infoMessage"
</span>
– サーバ側の指定
FacesMessageUtil.addErrorMessage(String messageId)
FacesMessageUtil.addErrorMessage(String messageId, Object[] args)
メッセージ表示は、これだけで可能になる
Seasar Conference
2007 Spring
Copyright© 2004-2007 The Seasar Foundation and the others. All rights reserved.
26
かゆいところに手が届く便利機能
ラベルの引き継ぎ
• N:1の関連でよく使います
– プルダウンやラジオボタンなどで、値(value)だけでなく、ラベ
ル(label)を引き継ぐことができる
– このようなパターンの画面で効いてくる
• 入力画面ではプルダウンで選択
• 確認画面では選択されたlabelを表示
• DBには、valueで登録
※注意
<input type="hidden" id=“fooItemsSave" />
<select id=“fooItems">
<option value=“0”>ラベル0</option>
</select>
xxxLabelというプロパティ
があれば、自動的にラベル
値がインジェクションされる
Seasar Conference
2007 Spring
ItemsSave/
ItemsSessionSaveを利用
する必要がある
public void SelectPage {
private List
fooItems;
private Integer foo;
private String fooLabel;
}
Copyright© 2004-2007 The Seasar Foundation and the others. All rights reserved.
27
かゆいところに手が届く便利機能
List<Map>の利用
• 実装量が減らせます
– 繰り返しや一覧(Grid/ForEach/SelectOneRadioなど)の
プロパティ(xxxItems)では、Dtoのリスト/配列だけでなく、
Mapのリストも利用できる
– 更新処理がなければ、Mapのリストで十分
<select id=“fooItems">
<option value=“0”>選択</option>
</select>
public void SelectPage {
private List<Map<String, String>> fooItems;
}
– Dxoとの連携で、簡単に実現可能
ConversionRuleで、プロパ
ティの関連付けを行う
@ConversionRule(“value : id, label : empName")
List<Map<String, String>> convert(Entity[] entities);
Seasar Conference
2007 Spring
Copyright© 2004-2007 The Seasar Foundation and the others. All rights reserved.
28
Teedaにおけるテスト実践
Seasar Conference
2007 Spring
Copyright© 2004-2007 The Seasar Foundation and the others. All rights reserved.
29
Teedaにおけるテスト実践
テストに関する機能
• Teedaでは、テストのことも考えられています
– RequestDumpFilter
• HTTPリクエストの情報をログに出力するServletFilter
– TeedaTestCase
• JUnitの拡張テストケース
• HttpServletResponseやFacesContextなどのモックが、標準で用意
されている
– TeedaWebTester
• TomcatなどのAPサーバを起動した状態でテストする
Seasar Conference
2007 Spring
Copyright© 2004-2007 The Seasar Foundation and the others. All rights reserved.
30
Teedaにおけるテスト実践
RequestDumpFilter
• RequestDumpFilter
– デバッグやテスト実施時のエビデンスとして役に立つ
<filter>
<filter-name>requestDumpFilter</filter-name>
<filter-class>org.seasar.teeda.core.filter.RequestDumpFilter</filter-class>
<init-param>
<param-name>beforeRequestParameter</param-name>
<param-value>true</param-value>
</init-param>
・・・・
</filter>
入力値や押下したボタンの
IDなどが分かる
Seasar Conference
2007 Spring
** before *************: /view/add/add.html
Request class=org.seasar.extension.httpsession.
RequestedSessionId=c0a8811c1aaf64da9e22e349fb91
REQUEST_URI=/teeda-html-example/view/add/add.html,
SERVLET_PATH=/view/add/add.html
・・・・
[param]_id24:addForm/view/add/add.html=_id24:addForm
[param]_id24:addForm:arg1=1
[param]_id24:addForm:arg2=2
[param]_id24:addForm:doCalculate=calculate
Copyright© 2004-2007 The Seasar Foundation and the others. All rights reserved.
31
Teedaにおけるテスト実践
TeedaTestCase
• TeedaTestCase
– HttpServletResponse/FacesContextなどのモックが利用
できるので、ServletやJSFのAPIが絡むテストも可能
public class DownloadActionTest extends TeedaTestCase {
public void testResponseComplete() throws Exception {
DownloadAction action = new DownloadAction();
action.setResponse(getResponse());
assertEquals(false, getFacesContext().getResponseComplete());
action.download();
assertEquals(true, getFacesContext().getResponseComplete());
}
}
Seasar Conference
2007 Spring
Copyright© 2004-2007 The Seasar Foundation and the others. All rights reserved.
32
Teedaにおけるテスト実践
TeedaWebTester
• TeedaWebTester
– 画面からの操作を自動化するイメージで使う
– 実行する前に、対象のアプリケーションを起動しておく
public class AddWebTest extends TestCase {
public void testAdd() throws Exception {
final TeedaWebTester tester = new TeedaWebTester();
tester.beginAt(“http://localhost:8080/teeda-html-example”, "view/add/add.html");
tester.setTextById("arg1", “5");
tester.setTextById("arg2", “27");
tester.submitById("doCalculate");
tester.assertTextEqualsById(“result”, “32");
}
}
Seasar Conference
2007 Spring
Copyright© 2004-2007 The Seasar Foundation and the others. All rights reserved.
33
ふりかえり
4.
アプリケーション・アーキテクチャ
を決める
– Goyaベースのアーキテク
チャ
– Full Pattern
– Middle Pattern
– Lightweight Pattern
スコープ管理を使いこなす
– SubApplicationScope
– RedirectScope
– PageScope
– TakeOverアノテーション
5.
HTMLモックアップ作成のコツ
– IDの付け方
– ボタンとリンクの使い分け
– モックタグの活用
かゆいところに手が届く便利機能
– 拡張されたバリデータ
– 簡単なメッセージ表示
– ラベルの引き継ぎ
– List<Map>の利用
6.
Teedaにおけるテスト実践
– RequestDumpFilter
– TeedaTestCase
– TeedaWebTester
1.
Teedaの特徴
– ページ駆動開発
2.
3.
Seasar Conference
2007 Spring
Copyright© 2004-2007 The Seasar Foundation and the others. All rights reserved.
34
ご静聴
ありがとうございました
Seasar Conference
2007 Spring
Copyright© 2004-2007 The Seasar Foundation and the others. All rights reserved.
35
ダウンロード

現場で役立つ実践Teeda