ブレークスルーキャンプ2011
決勝プレゼン大会
主催:ブレークスルーパートナーズ株式会社
共催: スローガン株式会社
運営: ブレークスルーキャンプ運営事務局
2011年9月19日
日本を何とか元気にしたい
1
日本を何とかしなければ!
2
デジタルネイティブが大活
躍できる時代になったはず
3
でも、企画だけのビジネス
プランコンテストをいくら
やってもしょうがない!
4
学生エンジニアでも、2,3ヶ
月で、実際にアプリ・サービ
スを作れるのでは?
5
スローガン株式会社の
伊藤社長にご相談し、
同志を得た
6
マイクロソフトの石坂さん、砂
金さんにご相談し、力を得た
7
クーガーの石井さんにご
相談し、2ヶ月の開発合宿
を開始する決意ができた
8
ブレークスルーキャンプ
と名付けよう!
9
開発場所も宿泊場所も
全部無料で提供しよう!
10
ブレークスルーキャンプ2011
 予想を上回る49チーム、160名が応募し、23チーム、74
名の学生エンジニア、プランナー、UIデザイナーを厳選
 全国の学生(高校生、大学生、大学院生、高専生、専門
学校生)、留学生+社会人2年目まで対象
 世界を目指すスマートフォンアプリ・サービスを2ヶ月で開
発し、リリース(7/16~9/19)
 神田で開発オフィス・宿泊場所を無料提供、食費補助
 地方の場合は、往復交通費提供。食費補助増額
 優勝チームは、シリコンバレー4泊6日の先進オフィスツアー
11
 先輩エンジニアによる、週次のセミナー・懇親会
 ビジネスプランコンテストや資金調達ではなく、サービス
開発を通じ、世界のダイナミックさを感じていただく
 スローガン株式会社と共催
 運営事務局
代表: 早稲田大学3年
遠藤結万(@endoyuma)
副代表: 慶応義塾大学4年
小俣剛貴(@goooooki)
12
X
X
13
高校3年生も2ヶ月の開発合宿に参加
甲斐啓真さん 慶応高校
出典:神田経済新聞 http://kanda.keizai.biz/photoflash/68/
高橋俊成さん 慶応高校
14
15
16
17
18
19
20
2011年9月19日
ブレークスルーキャンプ 決勝プレゼン大会
15:00-15:01 決勝プレゼン大会開催の挨拶(運営事務局代表:遠藤)
15:01-15:08 ブレークスルーキャンプの開催趣旨・概要、審査員ご紹介(赤羽)
15:08-15:10 共同主催者からのご挨拶(スローガン株式会社伊藤社長)
15:10-15:30 協賛パートナー 様からのご挨拶
15:30-17:00 決勝進出12チームからのプレゼン5分、質疑応答2分
発表は4分でベル1回、4分半で2回、5分で終了
質疑応答2分まで(発表を入れて合計7分までとします)
17:00-17:10 休憩、審査結果集計
17:10-17:45 11チームからのライトニングトーク(1チーム3分)
17:45-18:00 休憩、表彰準備、審査
18:00-18:20 結果発表、表彰式、審査員講評
18:20-18:25 メンター紹介、運営事務局スタッフ紹介、主催者からのお礼
18:25-18:30 エンディングムービー
18:30-18:35 懇親会準備
18:35-20:00 懇親会
審査員ご紹介
22
審査員ご紹介
• モビーダジャパン株式会社
代表取締役 孫泰蔵 様
• AppBank代表
村井智建様
• 勝屋久事務所代表/プロフェッショナルコネクター
勝屋久様
• TechWave副編集長
増田真樹様
• マイクロソフトディベロップメント株式会社
代表取締役 加治佐俊一様
• ブレークスルーパートナーズ株式会社
代表取締役 赤羽雄二
23
共同主催者からのご挨拶
24
協賛パートナー様からの
ご挨拶
25
プレミアムパートナー
シルバーパートナー
注: 掲載は五十音順です
26
ブロンズパートナー
食品協賛パートナー
注: 掲載は五十音順です
27
決勝進出12チームからの
プレゼン
1.平光チーム
2.高瀬チーム
3.高橋チーム
4.亀井チーム
5.合田チーム
6.渋谷チーム
7.呂チーム
8.中山チーム
9.白鳥チーム
10.大西チーム
11.市川チーム
12.田中チーム
28
ライトニングトーク 11チーム
1.成内チーム
2.松村チーム
3.阿部チーム
4.西原チーム
5.友巻チーム
6.立川チーム
7.長部チーム
8.水田チーム
9.杉山チーム
10.檜垣チーム
11.大橋チーム
29
審査結果発表
30
マイクロソフト特別賞
杉山チーム:
Tegal Stock
31
3 位
中山チーム: I’m free
高瀬チーム: Mutl
32
2 位
高橋チーム: engraph
33
1 位
合田チーム:
Facematch
34
メンターのご紹介
35
メンター紹介(1/4)
アイ・エム・ジェイ嶋津大輝さん
アイ・エム・ジェイ南洋平さん
アイ・エム・ジェイ原秀明さん
エス・エム・エス上東卓哉さん
エス・エム・エス鈴木陽平さん
ミクシィ七尾貴史さん
36
メンター紹介(2/4)
ドリコム杉山秀樹さん
ドリコム二ッ森大介さん
エムスリー瀬良和弘さん
ラーニングエッジ中澤俊介さん
エムスリー本多一行さん
37
メンター紹介(3/4)
わっぜか鎌ヶ迫正俊さん
インデックス小原憲太郎さん
F-edit 戸門慶さん
コナミ 宋 瑜さん
38
メンター紹介(4/4)
コニット三本壮馬さん
CTC 大元隆志さん
Zen Startup 宗像淳さん
NECビッグローブ川崎雄史さん
Zen Startup 町田龍馬さん
39
運営事務局
スタッフご紹介
40
運営事務局学生スタッフ紹介(1/5)
代表
遠藤結万
早稲田大学3年
副代表
小俣剛貴
慶應義塾大学4年
広報リーダー
三野泰佑
慶應義塾大学3年
ソーシャルメディア担当
柳川あかり
慶應義塾大学3年
ブログ担当リーダー
野崎佑太
慶應義塾大学3年
ブログ担当
小西りりこ
早稲田大学4年
41
運営事務局学生スタッフ紹介(2/5)
プレスリリース・リーダー
田沢雄基
慶応義塾大学4年
プレスリリース担当
野原弘義
慶応義塾大学4年
Facebook担当
菅原敬
東京理科大学4年
Webページ担当
川瀬圭亮
国際基督教大学3年
海外担当
鈴木研吾
UCバークレー校
動画コンテンツ担当
谷嶋佑里恵
デジタルハリウッド大学3年
42
運営事務局学生スタッフ紹介(3/5)
動画コンテンツ担当
小林ほなみ
駒沢女子大学2年
動画コンテンツ担当
平田恵理
駒沢女子大学2年
総務・協賛企業担当
長浜健太
慶應義塾大学3年
開発オフィスリーダー
佐々木詩織
早稲田大学4年
開発オフィス担当
塩田壮史
早稲田大学3年
開発オフィス担当
横江優希
一橋大学3年
43
運営事務局学生スタッフ紹介(4/5)
開発オフィス担当
荒川 彩子
一橋大学2年
宿泊施設リーダー
金瑞香
立教大学4年
宿泊施設担当
土橋亘
慶應義塾大学3年
宿泊施設担当
和田崇
立教大学3年
44
運営事務局学生スタッフ紹介(5/5)
イベント担当
神田真悠
慶應義塾大学3年
イベント担当
原真須美
中央大学2年
開発サポート・リーダー
浦野昌平
木更津高専専攻科2年
リクルーティング担当
四宮裕多
法政大学3年
45
運営事務局社会人スタッフ紹介(1/3)
ブレークスルーパートナーズ株式会社
赤羽雄二
スローガン株式会社
伊藤豊
日本マイクロソフト株式会社
石坂誠
日本マイクロソフト株式会社
砂金信一郎
クーガー株式会社
石井敦
データベースコンサルタント
浅見城輝
46
運営事務局社会人スタッフ紹介(2/3)
レバレジーズ株式会社
清水敬輔
NECビッグローブ株式会社
川崎雄史
株式会社 Zen Startup
宗像淳
株式会社 Zen Startup
町田龍馬
堂野法律事務所
後藤大
フリーランス エンジニア
山崎翔平
47
運営事務局社会人スタッフ紹介(3/3)
株式会社エー・クラン
里園成義
桜丘製作所
前田直紀
株式会社ワークスアプリケーションズ
空野正輝
株式会社89i
加藤おさむ
わっぜか株式会社
鎌ヶ迫正俊
株式会社リコー
島本佳紀
48
スペシャルサポート デザイナーチーム紹介(1/2)
リーダー
デジタルハリウッド大学3年
谷嶋佑里恵
デジタルハリウッド大学1年
浅田将寿
デジタルハリウッド大学1年
小林知佳
デジタルハリウッド大学1年
小林桃子
デジタルハリウッド大学1年
安藤克通
49
スペシャルサポート デザイナーチーム紹介(2/2)
デジタルハリウッド大学1年
岡澤彩
法政大学2年
松井田彰
デジタルハリウッド大学1年
真田静波
デジタルハリウッド大学卒業
張萌
デジタルハリウッド大学3年
名刺デザイン 宮川雄気
50
主催者からのお礼
51
2ヶ月の開発合宿なんて、
夢だと思っていました
52
ところが、参加チームの
皆さんの情熱、頑張りと
53
協賛パートナー、メンター、
運営事務局学生・社会人
スタッフの皆様の努力で、
54
日本を変える一歩を踏み
出すことができました
55
本当にありがとうござい
ました。心よりお礼申し
上げます
56
今日発表された23の
アプリを完成させ、
ぜひヒットさせましょう
57
これからが勝負です
58
私は、来年のブレーク
スルーキャンプ開催に
向けて頑張ります
59
あらためて、ありがとう
ございました。
60
エンディングムービー
61
日本発の世界的ベンチャーを
!
いつでもご相談ください
24時間365日サポート
ブレークスルーパートナーズ株式会社
マネージングディレクター
赤羽 雄二
[email protected]
www.b-t-partners.com
Facebook:http://www.facebook.com/yuji.akaba
Twitter: http://twitter.com/#!/YujiAkaba
62
略歴: 赤羽 雄二
東京大学工学部を1978年3月に卒業後、小松製作所で建設現場用
の超大型ダンプトラックの設計・開発
1983~1985年、スタンフォード大学 大学院に留学
1986年、マッキンゼー入社。経営戦略、組織設計、マーケティング、
新事業立ち上げなどのプロジェクト多数を14年間にわたりリード
シリコンバレーのベンチャーキャピタルをへて、2002年、創業前、創
業当初からの非常にきめ細かな支援を特徴とするブレークスルー
パートナーズ株式会社を森廣弘司と共同創業し「日本発の世界的ベ
ンチャー」を生み出すべく活動。ベンチャーの共同創業、経営支援
経済産業省「産業競争力と知的財産を考える研究会」、総務省「ITベ
ンチャー研究会」委員、「ICTベンチャーの人材確保の在り方に関す
る研究会」委員、 「事業計画作成支援コース」の企画立案および講
師、「事業計画作成とベンチャー経営の手引き」著者
東京大学工学部「産業総論」講師、北陸先端科学技術大学講師
ソーシャルアプリ、ソーシャルメディア、電気自動車等への取り組み
63
ダウンロード

PowerPoint版 - ブレークスルーパートナーズ