FSSCニュース
2011.8.18
FSSC事務局
第43 回日本オプティミストセーリング選手権大会
榊原健人 堂々の準優勝!
須賀内茉里 女子3位入賞!!
今年度のジュニアヨットの日本チャンピオンを決定する『2011 年第43 回日本オ
プティミストセーリング選手権大会 兼 2012 年度JODAナショナルチーム第一次
選考会』が、 8月20日~8月23日の期間で佐賀県の唐津市にある佐賀県ヨット
ハーバーで全国のジュニアセイラー140名により開催されました。
この大会には、FSSCはナショナルチームの榊原健人をはじめ、須賀内茉里、
仲美南、伊藤聖夏のFSSCとしては初の女子主体での遠征に臨んだ。
暑い夏の大会が想定され、暑さ対策を持って臨んだFSSCのメンバーですが前
線が停滞したせいか終日雨か曇りの天候。
レース1日目まで、軽風のレース。この時点で潮を読んだ榊原健人7位。唐津の
海に慣れている須賀内茉莉11位。初出場の仲美南は59位。伊藤聖夏は65位と
苦戦。翌日のレースに期待をつなぐ。
大会2日目は、前日の2ディビジョン目のレースがノーレースとなったため、途中
から開始。仲美南、伊藤聖夏ともに軽風のレースに苦戦。
1/4
FSSCニュース
2011.8.18
FSSC事務局
その後、風は次第にあがり、大会2日目は4.5レースを消化。2日目を終了し、
榊原健人は、暫定順位で1位と6点差の2位。翌日以降での逆転優勝を充分に狙
える位置となった。また、須賀内茉莉も総合で15位。女子で3位と好位置につけ、
入賞を狙う。仲美南は、スタートや1上までは10番代で回航するものの、マーク回
航のたびに順位を落とし、初めての全日本では苦戦。伊藤聖夏は、総合で65位
となり、後半でひと頑張りして50番以内のナショナルチーム選考会を目指す。
続く、大会3日目。朝からのあいにくの雨であったが、出艇時には雨もやみレー
ス海面では風が北に振れるのをまって風速5~6mでスタート。
7Aグループが3マークを回航するころ西方がにわかに掻き曇り雷雲らしきもの
が、音とともに近づく。7Aグループの伊藤聖夏はそんな状況のなかで見事7位
フィニッシュ。総合順位を多いにあげたと思われたが、海面でも雷が視認できるよ
うになり、7Aのレースはノーレース。突然の豪雨で視界の悪い中、選手は曳航で
全員ハーバーバックとなり、結局、この日はレースは実施されなかった。
続く最終日。榊原健人は逆転優勝を狙うが天候は昨日と同様、遠くで雷音が鳴
り響く天候。レース委員会は安全を考慮し出艇を控え、12時をもってAP+Aが掲
揚。ここで全日本選手権が終了した。FSSCとしてはクラブ創設以来の3位入賞と
女子入賞と素晴らしい成績をもって大会を終えた。
最後に、唐津での佐賀県ヨット連盟様のすばらしい運営と玄海セーリングクラブ
のホスピタリティの高さにクラブ一同敬服し、唐津の地を後にした。
2/4
FSSCニュース
2011.8.18
FSSC事務局
開会式の入場行進
クラブOB父兄のJODA国見副会長の挨拶
スタート前セールをチェックする榊原健人
2マークをトップ回航し3マークへ向かう榊原健人
3/4
FSSCニュース
2011.8.18
FSSC事務局
準優勝スピーチをする榊原健人
総合2位 榊原健人(左)
4/4
女子3位 須賀内茉里(右)
山下ヘッドコーチと全日本選手権に参加した4選手
ダウンロード

こちらから - 藤沢市青少年セーリングクラブ