左前の机に資料プリント
(A3サイズ×1枚)がありますので,
取って下さい。
今日,課題レポート「自己実現」を提
出できる人は,前の黄緑色の箱内に
提出して下さい。
専門教育としての技術教育
・高等学校の職業技術教育
・専修学校における技術教育
・職業訓練法による技能者養成
・技手(テクニシャン)と技師(エンジニア)の養成
・社会教育
・企業内教育
2015 年卒マイナビ大学生就職企業人気
ランキング調査結果発表
(2014年3月27日)
調査回答数19,228 件にて2015年3月大学・大
学院卒業予定者の調査結果がまとまりました。
■ 文系総合 JTBグループが7 年連続トップ。
旅行・空輸・広告が各2 社ずつで上位を占める
■ 理系総合 カゴメが初のトップ。2 位のトヨタ
自動車は6 年ぶりのトップ3 返り咲き
■ 文系トップ100 飲料メーカー、ゲーム関連業
、ブライダル業界の上昇が目立つ
■ 理系トップ100 ゼネコンの上昇が目を引く。
飲料メーカー、薬品メーカーも上昇
■ 理系院生ランキング トヨタ自動車がトップ。
日立製作所、東芝と続き、トップ3 総入れ替え
<採用・就職市場の概況>
■ 2年連続の内定率の上昇などを受けて、大手志向、安定志向が、ともに
増加傾向
2015年卒の新卒採用は、次年度に政府要請による採用スケジュールの変
更を控えているため、3年続いた12月採用広報開始・4月選考開始の最終年
となる。前々年度、前年度と内定率が上昇傾向だったことや、景況感の改善
を伝える報道の影響からか、「2015年卒マイナビ大学生就職意識調査」で
は2年連続で「大手志向」がやや増加した。
企業人気ランキングの選社理由では、前年同様「やりたい仕事ができる*1」
が最も票を集めたが、文系では前年度に続いてやや割合が下がった(理系
はほぼ横ばい)。一方「安定している*2」は文理とも前年に続いて上昇し、安
定志向が強まっているようだ。また「業界上位である*3」は文系では増加、
理系では減少という対照的な結果となった。その他、文理とも増加したのは「
将来性がある*4」で、逆に文理とも減少したのは「社会的貢献度が高い*5」
だった。
このような状況のもと、文系のランキングでは「JTBグループ」が7年連続の
トップ(文系男子・文系女子ともにトップ)、理系のランキングでは「カゴメ」が
前々年の3位、前年の2位からひとつずつ順位を上げて初のトップとなった。
「カゴメ」は理系女子でも前年に続いてトップとなったが、理系男子、理系院
生では「トヨタ自動車」がそれぞれ前年より順位を上げてトップを獲得した。
<文系ランキングの概況>
■ JTBグループが7年連続トップ。旅行・空輸・広告が各2社ずつで上位を
占める
「JTBグループ」が7年連続のトップとなった。文系女子でも同じく7年連続の
トップ、さらに文系男子でも2年ぶりにトップに返り咲いた。
2位は4年連続で「ANA(全日本空輸)」が入った。前年同様2位だった文系
女子に加え、文系男子でも13位から6位と大きく上昇した。「客室乗務員の
採用数を過去最多にする」という報道も注目を集めたものと思われる。
3位も前年と同じ「エイチ・アイ・エス(H.I.S.)」で、トップ3は前年とまったく同じ
となった。文系男子では前年の24位から4位と大きく順位を上げた。
4位には前年の8位から上昇した「JAL(日本航空)」がランクイン。2010年
卒の5位以来のトップ5入りとなった。文系女子でも4位、文系男子では大き
く順位を上げて30位に入った。 「訪日外国人旅行者が1000万人を突破した
」ことなどが追い風となり(2013年、日本政府観光局の統計)、上位4社を旅
行・観光関連業が占める結果となった。
5位には「電通」が、続く6位には前年の14位から上昇した「博報堂/博報堂
DYメディアパートナーズ」がランクインし、広告業界大手が続いた。
7位には「三菱東京UFJ銀行」、9位には「東京海上日動火災保険」が入り、
トップ10内の金融業は前年同様2社となった。
文系トップ100内で上昇した企業が目立つ業界としては、飲料メーカー、ゲー
ム関連業、ブライダル業界が挙げられる。金融もおおむね上昇傾向で、銀行
・証券では8社中6社が順位を上げた。
<理系ランキングの概況>
■ カゴメが初のトップ。2位のトヨタ自動車は6年ぶりのトップ3返り咲き
「カゴメ」が前々年の3位、前年の2位からトップに登りつめた。2007年卒か
ら9年連続トップ10入りの末、ついに1位獲得となった。理系女子でも2年連
続のトップとなっている。学科系統別の「数・物・農・その他系」でも前年に引
き続きトップだった。
2位は前年の7位からランクアップした「トヨタ自動車」。2009年卒の1位以
来、6年ぶりのトップ3返り咲きとなった。理系男子、理系院生ではトップとな
っている。輸出増やハイブリッド車の普及など好材料がそろう自動車業界を
牽引する存在として、就活生の注目度も高まったようだ。
3位は前年6位から上昇の「味の素」で、3年ぶりのトップ3入りとなった。理
系女子で3位、理系院生で7位、「数・物・農・その他系」で2位、「化学・薬学
系」で9位と、幅広く票を集めている。
4位は「JR東日本(東日本旅客鉄道)」。選社理由では「安定している」が
28.8%と、トップ50位内で最も高く、理系の安定志向の票を集める形となっ
たようだ。5位は前年と同じく「明治グループ(明治・Meiji Seika ファルマ)」。
4年連続のトップ5入りで、安定した人気となっている。
6位には8位から順位を上げた「三菱重工業」、7位には9位から順位を上げ
た「東芝」が入った。「三菱重工業」は「機械・電気・情報系」で前年4位から
上昇しトップとなった。8位の「旭化成グループ」は「化学・薬学系」で前年に
引き続きトップだった。トップ10に新たにランクインしたのは10位の「一条工
務店」1社で、前年の14位から初のトップ10入りとなった。「土木・建築系」で
も前年に引き続きトップとなっている。
理系のトップ100では、ゼネコン5社がいずれもランクアップしているのが目
を引く。アベノミクスによる「大規模な公共投資」の効果が早くも表われた形
となった。前年同様、業界別で最も多くの企業がランクインしている食品業界
では、文系でも上昇が見られた飲料メーカーが理系でも上昇している。また
、薬品業界も上昇する企業が多く見られた。
<理系院生ランキングの概況>
■ トヨタ自動車がトップ。日立製作所、東芝と続き、トップ3総入れ替え
今年度で2年目となった理系大学院生の企業人気ランキングは、研究職志
向をより強く反映したランキングになっている。
トップは「トヨタ自動車」で、主に「機械・電気・情報系」の大学院生から票を集
め、前年6位から上昇した。選社理由では「技術力が高い」(21.3%)と「業界
上位である」(20.4%)がともに2割を超え、「安定している」(15.2%)も高い
割合となっている。
2位は「日立製作所」で前年7位から上昇。「機械・電気・情報系」の大学院
生の票を最も多く集めた。また理系全体の得票のうち大学院生からの票は
64.1%で、非常に高い割合となっている(理系の全投票のうち、大学院生の
票は28.4%)。
3位は前年7位の「東芝」で、ここまでのトップ3は前年から総入れ替えとなっ
た。「機械・電気・情報系」の大学院生だけでなく、「数・物・農・その他系」の
大学院生からも多くの票を獲得している。選社理由の最多は「技術力が高い
」(28.8%)だった。
4位は「三菱重工業」。選社理由の「技術力が高い」は34.3%で、トップ20内
で最も高い値だった。
5位は「三菱電機」。理系学生の得票のうち大学院生が占める割合は62.3
%と6割を超えている。
「化学・薬学系」の大学院生の票を最も集めた「旭化成グループ」は6位。「
数・物・農・その他系」の大学院生の票を最も集めた「カゴメ」は9位となった。
2014 年卒マイナビ大学生就職企業人気ランキン
グ調査結果発表 (2013年3月28日,株式会社マ
イナビ)2014 年3月大学卒業予定者の調査結果
■ 文系総合 JTBグループ6年連続トップ。経営再建を果
たしたJAL(日本航空)が8位。
■ 理系総合 JR東日本(東日本旅客鉄道)が初のトップ。
■ 文系トップ100 銀行・証券、生保・損保、建築・住宅、
鉄道・航空の上昇が目立つ
■ 理系トップ100 前年同様食品が強い、鉄道・航空、繊
維・化学・薬品・化粧品が上昇
■ 理系院生ランキング 旭化成グループがトップ、三菱電
機、JR 東海(東海旅客鉄道)がつづく
文系総合ランキング
1 JTBグループ775 1
2 ANA(全日本空輸) 520 2
3 エイチ・アイ・エス441 6
4 電通414 4
5 三菱東京UFJ銀行410 5
6 オリエンタルランド408 3
7 JR東日本(東日本旅客鉄道) 363 10
8 JAL(日本航空) 341 9 Plan・Do・See 333 18
10 東京海上日動火災保険332 20
理系総合ランキング:上位10社
1 JR東日本(東日本旅客鉄道)
2 カゴメ
3 旭化成グループ
4 資生堂
5 明治グループ(明治・Meiji Seika ファルマ)
6 味の素
7 トヨタ自動車
8 三菱重工業
9 東芝
10 NTTデータ
就職希望企業ランキング2014
(2013年3月10日発表)
沖縄タイムス 就職ナビ
JTBが首位、日本郵政4位=大学生の就職志望-リクルート調査
2010年4月7日(水)20:03 [時事通信社]
リクルートは7日、来春卒業予定の大学生の就職志望ランキング
を発表した。それによると、JTBグループが女性の高い支持を集め
て首位となり、不況に強いとされる鉄道のJR東海、JR東日本が2、
3位と前年同様に上位を占めた。4位には日本郵政グループが
入った。
JTBは前年まで地域会社ごと、日本郵政は事業会社ごとの集計
だったが、今回からグループ全体で取りまとめた結果、トップ10に
顔を出した。また、全日空の5位に対し、前年14位で経営再建中
の日本航空は上位100位から名前が消えた。 オリエンタルランド
が6位と初めて10位内に入り、バンダイも8位となるなど娯楽関連
企業が躍進したのも今回の特徴だ。リクルートは「レジャー産業全
体の社会的地位が向上している」と分析している。 調査は2月に実
施、1万5346人から回答を得た。このほか、ソニーは前年の29位
から77位に急落。リコール問題に揺れるトヨタは82位だった。
文系は「JTBグループ」、理系は「ソニー」が首位、マイコミ「大学生
就職人気企業ランキング」2009年3月13日 (日経BPネット)
毎日コミュニケーションズ(本社:東京都千代田区)が2009年3月
12日発表した2010年卒業予定者「大学生就職人気企業ランキン
グ」によると、文系ランキング総合1位はJTBグループが2年連続で
首位、理系ランキング総合1位はソニーが6年ぶりに首位に返り咲
いた。文系トップ5が前年と変わらないが、理系はトップ10全てで順
位が変動した。
深刻な不況によって、2010年卒の新卒採用市場は数年続いた売
手市場から買手市場に大きく様相が変わりそうという。採用数は減
少傾向で、例年より採用予定人数の決定時期も遅れている。「自分
たちの就職は厳しくなるだろう」と考える学生は、昨年の1割強から
約9割に激増。1人当たりのエントリー社数や企業セミナーに参加す
る割合も増えた。一方で「企業を見極めよう」とする姿勢も強まり、
企業選択のポイントでは安定要素の比率が高まっている。
文系総合ベスト5は、JTBグループ、資生堂、ANA(全日本空輸)、
三菱東京UFJ銀行、JAL(日本航空)。5位までのランキングは昨年
と同じで、景気に左右されない上位企業群の人気が鮮明になった。
選社理由は「業界上位」「安定している」「やりたい仕事ができそう」
など。とくにJTBグループは業界トップの実績に加え、地域別・事業
別にグループ各社が募集を行うため仕事内容が明確で、「やりたい
仕事ができそう」という選社理由の高さにつながっている。
トップ100位では、好業績の波に乗る7位のオリエンタルランド(昨
年10位)や、旅行会社などサービス各社の伸びが目立った。このほ
か8位にランクアップしたJR東日本(同19位)などの鉄道、エネル
ギー、食品業界の躍進がめざましい。男子1位は三菱東京UFJ銀行
(3年連続)、女子1位はJTBグループ(2年連続)だった。
理系総合ベスト5は、ソニー(昨年3位)、パナソニック(同8位)、資
生堂(同2位)、サントリー(同7位)、味の素(同11位)。前年1位のト
ヨタ自動車は7位に落ちた。ソニーは学生にとって身近で強力なブ
ランド力や、規格競争を制したブルーレイディスクなどの自主規格
への強いこだわりと最先端の技術開発に挑む社風が「技術力が高
い」「実力主義・能力主義である」といった選社理由につながった。
トップ100位までをみると、文系総合と同じく、鉄道・エネルギー各
社や食品各社が躍進。理系総合独自の特徴としては、8位にランク
アップした「旭化成グループ」に代表される化学業界が6社そろって
前年を上回り、薬品業界も9社中5社がランクアップしている。男子1
位はソニー(6年ぶり)、女子1位は資生堂(15年連続)だった。文
系・理系の総合・男子・女子各上位100社はWebで閲覧できる。有
効回答数は2万2077人。(平城 奈緒里=Infostand)
http://job.mynavi.jp/conts/saponet/enq_gakusei/ranking/2009r
ank/index.html
「みずほ」など金融機関が就職人気、採用増で大学生
2007年4月12日(木) 読売新聞
リクルートが12日発表した来春卒業予定の大学生の就職志
望ランキングで、金融機関が人気を集めた。金融機関の多くは
採用数を増やしており、リクルートは「門戸が広がったと感じた
学生の支持を集めた」と分析している。
今回から傘下金融機関の合計数で発表するように集計方法
が変更されたみずほフィナンシャルグループ(FG)がトップに
立ったほかにも、三菱東京UFJ銀行が3位(前年6位)、三井住
友銀行が12位(同13位)、野村証券16位(同39位)などと軒
並み順位を上げた。
電機・家電メーカーも、松下電器産業10位(同27位)、キヤノ
ン18位(同41位)、シャープ30位(同81位)などと人気が回復
した企業が多い。
来春卒の就職内定率、早くも34% リクルート調査
朝日新聞 2008年04月18日
09年春卒業予定の大学生のうち34.0%が、今月5日まで
に内定(内々定)を得ていることが18日、リクルートが初めて発
表した就職活動動向調査でわかった。内定率は文系の29.
6%に対し理系が44.9%に達しており、理系学生の採用活動
が活発さをみせている。
ただ、その企業に入社の意思があるのは文系で16.4%、理
系で25.7%にとどまる。売り手市場が続く中、学生らはもっと
合う企業への就職を目指し、就職活動を続けているようだ。
調査は1~5日、関東、東海、関西の大学生を対象にインター
ネット上で実施し、1346人から回答を得た。
内定率86%で最高 高校生就職07年3月末
琉球新報(2007年4月28日)
県教育委員会は27日、ことし3月に卒業した県立高校生の就
職内定率は同月末現在で86・4%(内定者2849人)に達した
と発表した。昨年同期の84・1%(2805人)を2・3ポイント(44
人)上回った。1992年以降、最も高い内定率となった。
卒業者数1万5330人のうち就職希望者は21・5%に当たる
3297人。
県外就職希望者の内定率は93・2%(1144人)、県内希望
者は82・4%(1705人)だった。内定率を男女別にみると、男
子が89・4%(1603人)、女子は82・9%(1246人)となった。
県教育委員会は就職内定率向上の要因を「県内でのインター
ンシップ、県外企業職場実習の実施、ジョブアドバイザーの配
置、県外求人開拓・定着指導などの成果が出た」と分析してい
る。
県内高校生就職内定率、過去最低の15・3%/文科省調査
琉球新報 2002年12月18日
来春卒業予定で就職を希望する高校生の10月末時点での調
査で、県内の内定率が過去最低の前年を1ポイント下回る15・
3%となり、全国でも最低となったことが17日、文部科学省の調
査により分かった。
県内の高校卒業予定者は1万6652人で、就職希望者は3465
人。そのうち内定者は529人で、県内224人、県外305人となっ
ている。県教育委員会では「県外求人数の半減、根強い県内志
向、高卒者が就職していた仕事に専門学校や大学、短大生が
シフトした」などを原因として挙げている。
県教委によると県内希望者は2480人(71・6%)、県外希望が
985人(28・4%)。9月末の求人数は県内が前年の424件に対し
311件で73%、県外が前年の1294件に対し719件と55%と半
減している。
県教委は「各学校が地域の企業に求人開拓することにより、ま
だ掘り起こしが可能」と話し、校長や就職担当者が直接企業に
出向き再度求人を要請するよう求めている。
全国の内定率も47・1%で、1976年以来最低だった昨年同期
を3・6ポイント下回った。就職先未定の生徒は約12万8000人に
上っている。
男女別では、男子49・7%、女子は44・1%。昨年同期比で男
子は4・1ポイント、女子は3・1ポイントそれぞれ下回った。
国公私立の高校で来春卒業予定の約129万人のうち就職希
望者は約24万2000人。うち内定者は約11万4000人にとどまっ
ている。
内定率が高い都道府県は岐阜70・4%、三重67・9%、愛知
67・2%-など。低いのは沖縄に次いで北海道25・1%、宮城28・
1%、高知32・2%、福岡33・2%となっている。
「職業指導Ⅰ」の講義内容
1章 職業と教育 (職業指導の視点)
2章 職業指導の理論と歴史
3章 産業社会の職業構造
4章 職業的選抜と能力主義
5章 学歴社会の職業的社会化
6章 職業指導の方法・技術
7章 学校における職業指導の実際
8章 諸外国の職業教育の現状と課題
9章 生涯教育のなかの職業と教育
10章 職業指導の課題と展望
1章 職業と教育 (職業指導の視点)
1-1 職業の重要性
1-1-1 職業の意味
ラインハルト(Reinhart,B., 1979):
①個人の経済的目標の達成に寄与する。
②生計を得るだけではなく,自分にとって「自己実現」
を可能にし,生きがいを得ることができる。
職業的社会化により,「自己同一性(self identity)」
や「自己評価(self-esteem)」を獲得する。
③職業は個人の行動様式を規定する。
④社会的相互作用の仕方を規定する。
1-1-2 職業と教育の関係
農業主導の時代には,
社会教育や徒弟教育が主であった。
産業社会では,職業分化が進行し,「専門職化」が進行するた
め,従来の「見よう見まね」式の教育では追いつかなくなった。
→ 学校を設置。教育の専門家を配置。
生徒を組織的,計画的,目的的に教育する。
職業の要請に見合った職業教育が実施される。
→ 社会の階層構造への人材の選抜と配分が学校によって行
われることになった。また,職業的地位達成過程が学校の試験
によって決定される時代を迎えた。
教育から職業への影響も強まっていく。
・適切な人材が供給されることで,職業の発展が可能。
・逆に人材供給の失敗による職業の衰退が可能。
教育が職業=経済の論理に従属するのではなく,
教育のもっている理念や価値が職業や経済へインパ
クトを与え,そのことによって社会の発展が可能になる
側面がある。
1-2 職業指導の概念
1-2-1 職業指導の定義
職業指導は,社会変化や,個人のライフサイクルの変化,関連学
問領域の研究水準の深化を反映して,時代とともに変化する。
①個人の職業的成長発達の過程を生涯にわたって学校(幼稚園
~大学など)と社会(地域社会,産業界,マスコミなど)において
援助する教育。
②個人の職業的成長発達の課題を十分踏まえた教育。
③それを学校に限定しても,職業のみに狭く限定するのではなく,
一般教育,基礎教育との関係の中に位置づけていく教育。
職業教育が教育制度の中で制度化されていく。
①(理念のレベル)
社会の理論や個人のライフサイクルの理論に位置づけされた
職業教育の必要性。
②(現実のレベル)
学校制度の性格を反映した,つまり学校教育の進路決定の機
関としての性格を反映した職業教育。
①の規範的側面は法律や法規に反映されている。
・「人格の完成」(教育基本法第1条)
・「職業選択の自由」(日本国憲法第22条)
・「社会に必要な職業についての基礎的な知識と技能,勤労を
重んずる態度及び個性に応じて将来の進路を選択する能力を
養うこと」(学校教育法第36条第2号)
ダウンロード

02powerpoint