近代女性思想 12
ベティ・フリーダン
ケイト・ミレット
そしてウーマンリブ
ベティ・フリーダン
新しい女性の創造
• 『女らしさの神話』(邦訳、新しい女性の創造)
1963(原題 The Feminine Mystique)
• リベラル・フェミニズム
• ラディカル・フェミニズム
• 第二次大戦後のアメリカ
• 女は家に帰れ
• 中流階級の女性→家庭の母への崇拝
» 戦時には生産、軍隊で使われる
» 妻。母。消費者(女性の模範像)(4人の子ども、郊外のき
れいな家に住む)
» 保育所・託児所・食堂が消える
» 漠然とした不安(満ち足りない、生きている気がしない)
『女らしさの神話』(邦訳、新しい女性の創造)19
63
1966全米女性機構創立
女も人間だ
• 1960「女も人間だ!」『グッド・ハウスキーピ
ング』9月号
• 女性たちの悩みーー貧乏、病気、飢餓といっ
た物質的なものではなく、セックスの問題でも
なく、妻・母・主婦として「外からの圧力で」立
ち働き、15分以上一つのことをすることがな
い集中力に欠けた生活から来る疲労、倦怠
感、空虚さに苛まれていること
全米女性機構(NOW)1966
• 「女性が男性と全く平等の権利と責任を持ち、男性と協力し
て、アメリカ社会の主流に加わるために、実際に行動を開始
するのは今(Now)だ。」
• National Organization for Women(NOW)
• 「女性は何よりもまず人間であり、社会に生きる他の人々と
同じように自己の人間的な可能性を徹底的に発展させる機
会を持たねばならない」
• 家庭の母親が職業教育を受ける機会と雇用される権利、再
就職
• 男女の賃金の平等
• 家庭内での男女の権利の平等
• 性差別主義的な広告の禁止
1967女性解放運動(WLM)
• Women’s liberation mouvement
• 「団結は力である。抑圧されたものは団結す
ることによってしか自分たちの抑圧について
自覚し、それを乗り越えることはできない。」
• 目標
•
性差別主義的な女性像を変える
•
雇用と賃金面での女性差別廃止
•
妊娠中絶の権利(性と生殖を分離、女の
快楽の権利)
フリーダンによる女性解放
• 女性が人間として本来備えている成長志向を
疎外しない
• 一個人となる勇気を持ち、将来計画を立て、
それへの努力をすること
• そのためには女性の自己成長、自己確立を
促す教育を受けること
• またそれが可能になるように国家的規模で女
性の教育援助計画を立てること
リベラル・フェミニズムに対する批判
• リサ・タトルによる批判
• 1 根本的に改良主義
• 2 家父長制に根ざした本質と、階級抑圧や
人種抑圧の現実を無視(白人の中産階級女
性のお遊び)
• 3 男性の価値観に挑戦せず、むしろそれを
受け入れている
ケイト・ミレット
性の政治学
• 1970
• ラディカル・フェミニズムの古典
• 政治ーー一群の人間の他の人間への支配の
仕組み、権力構造
• 性の領域に男性による女性支配システムとし
ての「家父長制」が貫通していること
• キャロル・ハニッシュ『二年目の報告』のマニフェスト
• Hanisch, Carol. The Personal is Political, Notes
from the Second Year. 1970.
• 「ある集団が他の集団を支配するとき、この両者の
関係は政治的である。このような状態が長期にわ
たって続くとき、それはイデオロギー(封建主義、人
種差別など)を発展させる。あらゆる歴史上の文明
は家父長的である。ーそれらのイデオロギーは男性
優位である。被抑圧集団は、教育、経済的自立、実
権ある公職、代表権、尊厳と自尊の自覚、地位の平
等、
• さらには一個の人間として認められること、を
拒否される。全歴史を通じて、女はつねにこ
れらすべてを拒否されてきたし、これは現在
でも(中略)まだ続いているのだ。」
個人的なことは政治的なことである
キャロル・ハニッシュ
• 最も個人的なことと見なされている男女の性
的な場にこそ、歴史的・構造的な男女の権力
関係という政治的なものが貫通している、と
いうラディカルな認識(大越愛子『フェミニズム
入門』ちくま新書、48ページ)
• 近代二元論に対する根本的な挑戦(同上、47
ページ)→意識変革の実践(意識覚醒運動)
ダウンロード

第2波フェミニズムの諸相、ラディカル・フェミニズムなど