プライマリ・ケア国際分類第2版
(ICPC-2)教育セッション
症例集
日本プライマリ・ケア学会
日本プライマリ・ケア国際疾病分類研究会
第26回日本プライマリ・ケア学会
ICPC-2教育セッション
熱
A03
症例1
咳
49歳男性。
昨日から熱が出て、
咳と鼻もでている、と言う。
診察したところ、急性上気
道炎と診断して、薬を処方
した。
R05
鼻汁
R07
診察
R31
受診理由
患者の言葉そのまま
診断行為
急性上気道炎
R74
薬処方
R50
第26回日本プライマリ・ケア学会
ICPC-2教育セッション
診断
治療行為
熱
A03
症例2
受診理由
インフルエンザの検査
5歳女児。
今朝から急に高熱が出て
いると言う。
母親はインフルエンザの
検査をして欲しいとのこと。
検査の結果、インフルエン
ザAと判明し、薬を処方し
た。
R33
患者の言葉そのまま
診察
R31
診断行為
インフルエンザの検査
R33
インフルエンザ
R80
診断
抗インフルエンザ薬処方
R50
第26回日本プライマリ・ケア学会
ICPC-2教育セッション
治療行為
風邪引いた
R74
症例3
嘔吐
40歳女性。
風邪をひいたという。
嘔吐と下痢もある、という。
診察したところ、急性胃腸
炎と診断して、整腸剤など
を処方した。
D10
患者の言葉そのまま
受診理由
下痢
D11
診察
D31
診断行為
急性胃腸炎
D73
整腸剤処方
D50
第26回日本プライマリ・ケア学会
ICPC-2教育セッション
診断
治療行為
不妊症の注射
W50
症例4
27歳女性。
不妊症の治療を他医院で
受けており、遠方なので今
日はここで注射をして欲し
い。
不妊症の注射をした。
受診理由
診察
W31
診断行為
不妊症
診断
W15
不妊症の注射
W50
第26回日本プライマリ・ケア学会
ICPC-2教育セッション
治療行為
腹痛
D06
症例5
受診理由
熱
8歳男児。
昨日から腹痛と発熱を訴
え、今日は嘔吐している。
診察の結果、急性虫垂炎
を疑い、後方病院に紹介
した。
A03
嘔吐
D10
診察
診断行為
D31
急性虫垂炎
D88
後方病院に紹介
D67
第26回日本プライマリ・ケア学会
ICPC-2教育セッション
診断
治療行為
水イボ
S95
症例6
3歳女児。
水イボだといって母親が
連れてきた。
診察の結果、水痘と診断
し、痂皮化するまでの外出
禁止を指導して、薬を処方
した。
診察
S31
受診理由
診断行為
水痘
診断
A72
助言/生活指導
A45
水痘の投薬
A50
第26回日本プライマリ・ケア学会
ICPC-2教育セッション
治療行為
のどに魚の骨が刺さった
R87
症例7
受診理由
1歳女児。
のどに魚の骨が刺さった
ようだといって母親が連れ
てきた。
診察の結果、咽頭に魚の
骨を発見し、ピンセットで
除去した。
診察
R31
診断行為
咽頭異物
診断
R87
咽頭異物除去
R59
第26回日本プライマリ・ケア学会
ICPC-2教育セッション
治療行為
蜂に刺された
S12
症例8
受診理由
57歳女性。
農作業中に右上腕を蜂に
刺された。
診察の結果、消毒と投薬
を行った。
診察
S31
蜂刺傷
S12
診断行為
診断
消毒
S56
薬の処方
S50
第26回日本プライマリ・ケア学会
ICPC-2教育セッション
治療行為
症例9
受診理由
釣り針による刺傷
S15(皮膚の異物)
57歳男性。
釣りをしていて左の薬指に
釣り針が刺さった。
釣り針を除去して抗生剤
を投与した。
診察
S31
診断行為
釣り針刺傷
S15
診断
釣り針除去
S59
抗生剤投薬
S50
治療行為
歩き方がおかしい
症例10
3歳女児。
歩き方がおかしくて、左足
が痛いようだと母親が連
れてきた。
左足部が痛いようなので
湿布を処方したが原因は
わからなかった。
様子をみて、よくならない
ようなら再診を指示した
受診理由
N29
左足痛
L17
診察
診断行為
N31
左足痛
診断がつかなければ
受診理由を病名にする
診断
L17
湿布処方
L50
治療行為
助言/再診指示
L45
症例11
58歳男性。
高血圧で通院している。
今日もいつものように
診察したが、水虫の薬
が欲しいという。
足白癬を認めたので、
軟膏といつもの降圧薬
を処方した。
高血圧
水虫の薬
経過観察
K63
希望
S50
診察
診察
K31
S31
高血圧
足白癬
K86
S74
降圧薬
抗真菌剤
K50
S50
複数のエピソードを区別してコードする
受
診
理
由
診断
行為
診
断
治療
行為
エピソードが複数ある場合、それぞれコード化していく
症例12
45歳男性。
職場の健診で、肥満
(BMI:32)と高血圧
(BP:155/95)を指摘され受
診した。健診時の他の結
果は異常なし。自覚症状・
既往症・家族歴なし。
食事指導を行い、血圧自
己測定を勧め、1ヵ月後の
再診を予約した。
受
肥満 血圧の上昇 診
理
T82 K85
由
診察 診察
T31
K31
診断
行為
肥満 血圧の上昇
T82
助言
K85
診
断
助言
再診指示 再診指示 治療
行為
T45
K45
動悸
症例13 –1
K04
手の震え
受診
理由
N08
35歳女性。
診察
1か月前から続く動悸 K31
と手の震えを訴えて受 血液 心電図 診断
行為
診した。
K34 K42
診察を行い、血液検査、
心電図検査を行なった。 甲状腺機能亢進症
診断
T85
甲状腺機能亢進症と
診断し、食事指導と次
助言/再診指示
治療
回受診予約をした。
L45
行為
甲状腺機能亢進症
症例13 –2
の再診
T31
受診
理由
1週間後に受診した。
診察
診断
この間、動悸や手の震 T31
行為
えはなかったという。
診察を行い、血液検査、
甲状腺機能亢進症 診
の説明を行なった。
断
T85
甲状腺機能亢進症の
診断で投薬をした。
投薬
T50
治療
行為
鼻閉、鼻汁
症例14 –1
R07
診察
50歳男性。
3週間前から鼻閉、鼻汁が
続くので受診した。
後鼻漏があるが身体所見
は異常ない。
レントゲン撮影にて右上顎
洞の急性副鼻腔炎の診断
で抗生剤を処方して再診
を指示した。
R31
受診理由
診断行為
副鼻腔X-p
R41
急性副鼻腔炎
R75
診断
抗生剤処方
R50
治療行為
助言/再診指示
R45
症例14 –2
数日後、鼻の症状はよくなったが、
最近息切れがするといって再診。
動くと息がきれるので仕事を休ん
でおり、横になるよりも座っていた
ほうが楽だという。数年前心筋症
といわれ治療を受けたことがある
が、現在は落ち着いているため定
期通院はしていないという。
胸部聴診上湿性ラ音を聴取。酸
素飽和度92%、胸部X-P上著名な
心拡大と肺浮腫を認め心不全を
合併したものと診断した。
副鼻腔炎
息切れ
再診
R31
R02
診察
診察
R31
R31・K31
受診
理由
診
断
SpO2
行
R38
胸部X-p 為
R41
急性
心不全
副鼻腔炎
R75
K77
利尿剤静注により症状は改善した
が、精査加療のため入院を勧め
た。
エピソードが複数ある場合、それぞれコード化していく
診断
利尿剤静注
R50
入院助言治療
R45
行為
症例15 –1
34歳女性。
頻尿と排尿時痛で来院。
血圧も心配だと言う。
尿検査で沈査に白血球を
認め、膀胱炎の診断で抗
生剤を処方した。
血圧は170/100mmHgと高
値で、1週間後に血圧測
定のため再診を指示した。
頻尿
血圧が心配
U02
K25
排尿痛
U01
診察
血圧測定
U31
K31
尿検査
受
診
理
由
診断
行為
U35
急性膀胱炎 血圧上昇
U71
K85
診
断
抗生剤処方 再診指示
U50
K45
エピソードが複数ある場合、それぞれコード化していく
治療
行為
症例15 –2
症例11の女性が血圧測
定のために再受診した。
膀胱炎については「治りま
した」という。
医師は再発予防のアドバ
イスを行なった。
今回の血圧は正常範囲
だったので、1か月後に血
圧測定のため再診を指示
した。
膀胱炎
血圧測定
再診
U31
K31
受
診
理
由
診察
血圧測定 診断
U31
K31
行為
急性膀胱炎一過性高血圧
U71
K85
再発予防
再診指示
U45
K45
前回の複数のエピソードを再診時もフォローする
診
断
治療
行為
ダウンロード

ICPC-2コード化演習用PPTファイル (178KB)