~経営・人事のためのメンタルヘルスケアセミナー~
他人事ではすまされない!
対策を迫られる、経営リスクとしてのメンタルヘルス問題
Copyright © 2009 by QUICK CO.LTD. All rights reserved.
うつ状態がなぜ恐いか?
「心の風邪」等と、安易にとらえがちですが、
自殺に結びつく恐い「心の病」だからです。
Copyright © 2009 by QUICK CO.LTD. All rights reserved.
自殺者数の年度推移
1998年以来、10年連続3万人越え
H20年6月発表 警察庁統計資料より
http://www.t-pec.co.jp/mental/2002-08-4.htm
Copyright © 2009 by QUICK CO.LTD. All rights reserved.
1997年→1998年 自殺率急増の原因は?
前年比135%の急増・・・24,391人→32,863人
◆1997年とは
4月 1日 - 消費税増税実施(3%→5%)。
11月 3日 - 三洋証券破綻。証券会社の倒産は戦後初
11月17日 - 北海道拓殖銀行破綻
11月22日 - 山一證券破綻
昨年から今
年の状況に
似ていない
か!
◆1998年とは
3月10日 - 自由民主党、10兆円規模の追加景気対策表明
4月 1日 - 日本版金融ビッグバンスタート
6月22日 - 金融監督庁発足
8月31日 - 北朝鮮、テポドン発射、三陸沖に着弾
10月 7日 - 7日から8日にかけて、円が急騰。ドルに対して20円以上高くなる
銀行破綻:日本長期信用銀行(10月)、日本債券信用銀行(12月)
賃金削減、正社員減少等により、一億総中流時代が次第に過去のものとなる。
経済・雇用環境の悪化→長期失業者の増加→(相関係数0.67)→自殺者の増加
経済生活問題が原因の自殺が前年比70.4%、勤務問題が原因の自殺が52.6%増加.
他方、健康問題を原因とする自殺の割合は減少.
Copyright © 2009 by QUICK CO.LTD. All rights reserved.
自殺者と精神疾患、特にうつとの関係
■自殺者の90%は、亡くなった時に精神疾患相当の
状態であった。(自殺予防総合対策センター)
■その内訳は、「うつ病」、「アルコール依存症」、「統合
失調症」などであったが、うつ病によるものが70%とそ
の多くをしめている。
■うつ病とは、その患者の10%は自殺を試み、1%は
実際に命を絶ってしまう病気である。精神科医 和田秀樹氏
Copyright © 2009 by QUICK CO.LTD. All rights reserved.
うつによる休職者の増加
■うつ病など精神疾患で1ヶ月以上休んだ
職員は3849人。全病休者中63%。
5年で1.74倍
(人事院発表2006年国家公務員の病休実態調査)
■平成19年にうつ病など精神疾患が原因
で連続7日以上休職した職員は200人
10年前の2倍
(大阪府庁)
Copyright © 2009 by QUICK CO.LTD. All rights reserved.
産業人メンタルヘルス白書
社会経済生産性本部
「心の病」は増加傾向にあるという企業
Yesと答えた企業は全体の約56%。
大企業(従業員3000人以上)では、66.2%。
Copyright © 2009 by QUICK CO.LTD. All rights reserved.
精神障害による労災認定件数の推移
Copyright © 2009 by QUICK CO.LTD. All rights reserved.
約70%の事業所が 「心の健康」 に関して対策を講じていない
うつ病など心の健康(メンタルヘルス)について対策を
講じている事業所の割合が、2007年10月末の段階で、
約3割にとどまっている。※厚生労働省 2007年労働者健康状況調査
2006年3月、企業規模に係わらずに
メンタルヘルス対策の努力義務を課す指針を
厚生労働省が出した。
厚生労働省では、もっと企業への指針の周知徹底を
図りたいとしている。
Copyright © 2009 by QUICK CO.LTD. All rights reserved.
国をあげてのメンタルヘルス対策
1999年 心理的負荷による精神障害等に係わる
業務上外の判断指針
2000年 事業場における労働者の心の健康づくりの
ための指針
2004年 心の健康問題により休業した
労働者の職場復帰支援の手引き
2006年 労働者の心の健康保持増進のための指針
2006年 労働安全衛生法改定で、過重労働対策と
メンタルヘルス対策が盛り込まれた
2006年 自殺対策基本法
Copyright © 2009 by QUICK CO.LTD. All rights reserved.
企業の責任とリスク
企業は従業員に対して、幅広く「安全配慮義務」を負う
※安全配慮義務とは、民法、労働基準法、労働安全衛生法などに基づき、使用者が労
働者に対して負う義務(雇用契約に付随する義務)の一つで、「使用者は労働者の生命
および健康などを危険から保護するよう配慮しなければならない」というもの。
使用者が安全配慮義務を怠ることによって労働者が損害を被っ
たときは、以下のような損失・負担が発生する
◆民事上の損害賠償責任
◆業務上過失傷害などの刑事責任
◆人材の損失(労働日数の損失)
◆事故等による営業・操業停止に伴う経済的損失
◆社会的信頼の失墜
◆訴訟等の準備に伴う経済的・時間的損失
Copyright © 2009 by QUICK CO.LTD. All rights reserved.
対策を講じられない理由とは・・・
「専門スタッフがいない、取り組み方が分からない・・・」
1.どういう状態が「心の病」か、分からない
2.誰が「心の病」か、分からない
3.「心の病」への対処が、分からない
Copyright © 2009 by QUICK CO.LTD. All rights reserved.
「うつ」とは
憂鬱(ゆううつ)の「うつ」で、ストレスや思いがけないことで気分が
沈み、活力がなくなり、意欲的に行動できない落ち込んだ気分の
こと。抑うつも同じ。
通常の「うつ」な気分は時間の経過と共に回復し立ち治って行くが、
「うつ」な状態がそのまま長く続く※1のが「うつ状態」であり「うつ病」
である。
※1:おおよそ2週間以上で毎日
Copyright © 2009 by QUICK CO.LTD. All rights reserved.
「うつ状態」 「うつ病」 の原因
「うつ状態」「うつ病」は心理的・社会的刺激が
ストレスとなって起こることが多い病気である。
これらのストレスが強く長く続くと、脳内の神経伝達物質に
変調をきたし「うつ」となる。これを「心因性」という。
他には脳や身体の病気が原因(器質的精神病)、薬物中毒が原因
(中毒精神病)の「外因性」や、これらに該当せず体質・遺伝が原因
とも言われている「内因性」がある。
Copyright © 2009 by QUICK CO.LTD. All rights reserved.
ストレスは常にあるもの蓄積させないことがポイント
1967年に発表されたホームズ博士※2等の研究によれ
ば、過去1年間に受けたストレスの合計がある値を超
えただけで、5割以上の人がうつ病等のストレス性疾
患を発症することが分かった。
ストレスへの強さには個人差があるものの、溜まりす
ぎたストレスに耐えきれなくなり、脳が疲れ果ててうま
く働けなくなったのが「うつ状態」であり「うつ病」である。
※2:オックスフォード大学 精神神経学科 エミリー・ホームズ(Emily Holmes)博士
Copyright © 2009 by QUICK CO.LTD. All rights reserved.
ストレス脆弱性モデル (Zubin J,et ai)
閾値
強
←
(
心
理
・
社
会弱
的
要 ス
因 ト
) レ
ス
外傷性
ストレス障害
不全(発症・再発)
健全
→
うつ病
統合失調症
小←
脆弱性
(素質・後天的能力・対応力等)
→大
厚生労働省「心の健康問題の正しい理解のための普及啓発検討会報告書」より
Copyright © 2009 by QUICK CO.LTD. All rights reserved.
うつに関係した様々な要因
喪失体験
喪失体験
職場のストレス
職場のストレス
(仕事、人間関係)
(役割、
親しい人など)
家庭のストレス
(不和、借金)
慢性の病気
(癌、難病など)
精神疾患
精神疾患
(アルコール依存症
など)
個人
個人
性格・体験
性格・体験
行動様式
行動様式
生物学的要因
生物学的要因
スト
レス
状態
うつ病
うつ病
うつ状態
一部の人に
自殺のキケン
社会的風潮
(不況、戦争など)
社会的支援の不足
(職場、家庭などで)
厚生労働省 「うつ対策推進方策マニュアル」
Copyright © 2009 by QUICK CO.LTD. All rights reserved.
職場に問題を感じている労働者は、約6割!
自分の仕事や職業生活に関して強い不安、悩み、ストレスが「ある」とする労働者
の割合は58.0%という結果に。
※厚生労働省 平成19年労働者健康状況調査結果
Copyright © 2009 by QUICK CO.LTD. All rights reserved.
ビジネス上の様々なストレス
・成果主義的な評価制度による緊張感の増加.
・景況感の悪化による目標達成の困難度の増加.
・顧客による要求の高度化・複雑化.
・人間関係の多様化・複雑化.
・人員減少に伴う業務の増加による過重労働.
・IT技術の進歩による働き方の変化、スピードアップ.
これらは多くの人にとってストレッサー(ストレスの元)となっている.
Copyright © 2009 by QUICK CO.LTD. All rights reserved.
うつ状態(軽度)とその影響
・自分がつらいものだから家族の悩みを聴く余裕がない
・家族への思いやりの低下
・家族の大切な行事への不参加
・ささいなことで感情的になる
・家族がうつ病を理解していないと家族サービスの低下
を責められて口論が多くなる
プライベート
社会
本人
社会
・疲労感
・睡眠障害
・感情の抑制力が低下
・思考判断力が低下
・自律神経系の失調による身体の不調
(胃や腸の不調、頭痛、肩こりなど)
会社
・仕事の失敗、事故の増加
・仕事の能率低下
・仕事の品質低下
・対人関係で顧客や同僚、部下にきびしくあたる
・仕事に対する意欲の低下
Copyright © 2009 by QUICK CO.LTD. All rights reserved.
大
き
な
社
会
問
題
うつ状態の職場・職務への影響
■うつ状態では、集中力・思考力・行動力が低下し、普段の能
力発揮ができず、労働力は平均30%程度低下するといわ
れている。
※5時間未満の睡眠不足が続くと、ケアレスミスが1.5~1.7倍
になるという研究結果もある。
■うつ状態が現れたり、休職者がでることになれば、その労働
力低下を補う為に、他の一人当たりの業務量も増加する。
■他の社員までストレス過多となり、うつ状態になり易く、職場
全体の生産性が大きく低下する。
Copyright © 2009 by QUICK CO.LTD. All rights reserved.
うつは早期発見、早期治療が必要
本人による「うつ」の申告
本人
会社
周囲による異常の察知
■ 疲れているのかな? 少し調子が悪いな!
この程度のこと、もっと頑張らなければ !
■ 治療が遅れ長期化すると
慢性化すると
■ 定期的なアセスメントこそが
うつ早期発見の
既
に
重
度
化
し
て
い
る
うつと思わず
悪化させる
再発率60から70%
再々発率は90%
” Gate keeper(見張り番)”
Copyright © 2009 by QUICK CO.LTD. All rights reserved.
「うつ状態」、ふたつの次元
その1・・・個人レベルの「うつ状態」
1.「うつ状態」には誰もがなる可能性がある
※うつ病の生涯罹患率 男性10%、女性20% といわれる
2.発症するための条件は個人の特性と、環境との関係で決まる
同じ環境でもうつ状態になる人とならない人がいる.
同じ人でも、うつ状態になる環境と、ならない環境がある.
うつ状態= f [ 個人特性要因 ・ ストレッサー ・ ストレス緩和要因]
3.本人にとって「うつ状態」は、早期発見し、医師やカウンセラーと
連携し、早期治療すれば治り易く恐れることはない。
Copyright © 2009 by QUICK CO.LTD. All rights reserved.
「うつ状態」、ふたつの次元
その2・・・組織レベルの「うつ状態」
社員のうつ状態が蔓延し、組織の生産性の低下、活力の失われた
状態はまさに「組織の“うつ状態” 」です。
放置すれば組織は壊滅するかもしれません。
うつに関係する諸要因の関係性を、組織ぐるみで構造化することで
原因解明と対策が可能となります。
必要なのは、『どのような人が(性格・ストレス耐性)』、『どのような
環境の中で(ストレッサー、緩衝要因)』、『どのような「心の状態」に
あるのか』を構造化して診ることができること。
Copyright © 2009 by QUICK CO.LTD. All rights reserved.
職業性ストレスモデル
NIOSH(National for Institute Occupational Safety and Health:米国労働安全保健研究所)
年齢・性別・婚姻・在職期間・職位、
特に性格など
物理的環境・役割葛藤・
役割あいまい性・人間関
係・仕事の将来性・
仕事の裁量・仕事量・
責任・能力発揮程度・
認知的欲求
人
仕事のストレッサー
仕事外の要因
家庭、家族の要求
<心理的>
職務不満足・抑うつ
<生理的>身体的愁訴
<行動的>事故・病欠
個人要因
ストレス反応
疾患
<ストレス関連疾患>
医師の診断による疾患
緩衝要因
上司・同僚、家族からの支援
Copyright © 2009 by QUICK CO.LTD. All rights reserved.
NIOSH(米国労働安全保健研究所)の職業性ストレスモデルに基づく診断
<唯一の統合的アセスメントツール>
ストレス反応
個人特性(性格)
仕事のストレッサー・緩衝要因
疾患(ここでは状態)
あえて除外した「仕事外の要因」
Copyright © 2009 by QUICK CO.LTD. All rights reserved.
1
メンタル状態 総合分析結果
あなたの現在の状態を
「動作レベル」
「体調レベル」
「気分レベル」
の3つのバランスから、
“正常”、“無気力状態”、“仮面うつ状態”、“うつ状態”
のいずれかに診断し、さらにそれぞれの状態について
“軽度”、“中度”、“重度”の3段階で提示しています。
Copyright © 2009 by QUICK CO.LTD. All rights reserved.
2
メンタル状態 詳細分析結果
あなたの現在の状態を「動作レベル」「体調レベル」「気分レベル」の3つの視
点から分析し、それぞれ0~100Pで提示しています。
状態の度合いは、61P~100Pが正常、46~60Pが要注意、
0~45Pが至急対応となっています。
動作レベル
体調レベル
気分レベル
0~45
至急対応
46~60
要注意
正常
Copyright © 2009 by QUICK CO.LTD. All rights reserved.
61~100
正常
“正常”からいきなり“うつ状態”にはならず、“無気力” 、“仮面うつ”を経由する。
動作レベル
体調レバル
気分レベル
至急対応
要注意
正常
無気力状態
動作レベル
動作レベル
体調レバル
体調レバル
気分レベル
気分レベル
至急対応
要注意
正常
至急対応
要注意
うつ状態
正常
動作レベル
体調レバル
気分レベル
至急対応
要注意
正常
仮面うつ状態
Copyright © 2009 by QUICK CO.LTD. All rights reserved.
正常
監修者の井上敏明(臨床心理学博士)の45年間、
50万件を超える臨床症例から得られたデータを分析して作成。
精神病理学(異常心理学)とともに、生物学的精神医学(Biological psychiatry)
の知見も加え、受検者の状態を「気分」だけでなく、「動作」、「体調」という3つの
視点から分析することで、 “正常”と“うつ状態”、さらに“無気力状態”や“仮面う
つ状態”の診断も可能となっている。
大半のうつ判定アセスメントが「気分」だけを問う為に、 “仮面うつ状態”を見逃
すとともに、 “無気力状態”を“うつ状態”と誤診してしまう。
Copyright © 2009 by QUICK CO.LTD. All rights reserved.
3
あなたの行動および状況の特徴
受検者の回答内容に基づいて、今のメンタル状態に関連する行
動および状況の特徴を提示しています。
ここに挙げられた特徴の中には本人が自己認知できていないも
のもあるかもしれませんので、よく振り返って受検者自身に行動
や状況の特徴を理解してもらう必要があります。
Copyright © 2009 by QUICK CO.LTD. All rights reserved.
4 自己認知のためのアドバイス
受検者のメンタル状態分析結果に基づき、今のメンタル状態を十
分に自己認知し、状態を悪化させることなく、より良い生活を送る
ためのアドバイスを提示しています。
受検者はよく読んで、これからの行動の参考としていただきます。
Copyright © 2009 by QUICK CO.LTD. All rights reserved.
5 あなたのストレッサー分析結果
受検者が、仕事(ビジネスシーン)で受ける代表的な10のスト
レッサーの中から、ストレスの原因を調べる事で、能力発揮に影
響するストレスの原因とストレスの程度を分析しています 。
適正ストレス
ストレスの程度が40~60の範囲で、適度なストレスがかかっており、
やる気を生み出す状態です。
オーバーストレス ストレスの程度が60以上で、強すぎるストレスがかかっており、疲
労
や悩みの原因となる状態です。
アンダーストレス ストレスの程度が40以下で、適度なストレスがかかっておらず、
物足りなさを感じさせる状態。
適正ストレス範囲から離れているストレーッサーは、仕事に何ら
かの悪影響を及ぼしている可能性があります。
Copyright © 2009 by QUICK CO.LTD. All rights reserved.
6 あなたのストレス度・ストレス耐性分析結果
ストレス度分析では、 「精神的ストレス」と「身体的ストレス」の
両面から、受検者が受けているストレスの強さに対し、受検者の
ストレス耐性を比べることで、現在のストレス度を分析しています。
例えば睡眠不足の場合
「仕事に集中できない」や「イライラする」 → 精神的ストレス
「身体がだるい、重い」や「疲れがとれない」→ 身体的ストレス
精神的ストレス
・少しのことで落ち込む
・怒りがおさまらない
・簡単なミスが増える
・いつも焦っている
・突然に集中力が切れる
身体的ストレス
・風邪、微熱が治りにくい
・頭痛、胃痛がする
・動悸が激しくなる
・朝起きられない
・食欲がでない
Copyright © 2009 by QUICK CO.LTD. All rights reserved.
■ストレスの強さ 「 5 あなたのストレッサー分析結果」
に加え、仕事以外のストレッサーも加味されたトータルの
ストレスの強さであり、仕事のみと比較することでプライ
ベートのストレス負荷を類推できます。
■ストレス耐性 受けたストレスに対して、どの程度耐え
る力があるか無いかを表します。
■ストレス度
(精神的・身体的)ストレスの強さ
(精神的・身体的)ストレス耐性
55
41
(精神的・身体的)ストレス度
Copyright © 2009 by QUICK CO.LTD. All rights reserved.
+14
参考
あなたの性格分析結果
参考となっていますが、実はこれが最大のポイント!です。
仮に、“うつ状態”の社員のストレッサー分析結果が、
「職場の人間関係」がオーバーストレスである場合、
性格が明るく社交的な性格であれば、その職場の人間関係が
ドライなことがストレスとなっているのに対し、
性格が暗く非社交的であれば、何かと世話をやかれる濃密な
人間関係がストレスとなり、対処の仕方は全く異なる。
言い換えれば、同じ人であっても、“うつ状態”になりやすい環境も
あれば、なりにくい環境もある。
Copyright © 2009 by QUICK CO.LTD. All rights reserved.
受診後の「組織の“うつ状態”」への対処例
1.職務特性と人材特性のマッチングのあり方の検討
●ビジネスプロセスの再構築
●採用モデルの再検討
2.マネジメントのあり方の検討
●マネジメントに関する知識・スキルの教育
●マネジメントスタイルに応じた人材タイプの組み合せ
3.人事制度の検討
●評価制度の検討
●給与制度の検討
Copyright © 2009 by QUICK CO.LTD. All rights reserved.
組織の“うつ状態”
「うつ」の原因が、強く長くかかるストレスが脳内の
神経伝達物質の活性を鈍らせたことであったように、
組織が内外の環境に適応できなくなることによって、
組織全体に強いストレスがかかり続け、組織内の
意思伝達にあたる人材の活性が鈍り、様々な軋轢が
生じ、組織が“うつ状態”におちいる。
社員の“うつ状態”の多発は、組織が“うつ状態”に
あることを示している。
Copyright © 2009 by QUICK CO.LTD. All rights reserved.
補足
社員の“うつ状態”(メンタル不全)は、医師や
カウンセラーの協力を得ることで、回復(メンタル健全)
に至りますが、組織の“うつ状態”を治すのは経営者と
人事部門です。
加えて、組織が人材に求めるのはメンタル健全レベル
ではなく、マインド健全のレベルであるべきです。
「Mind Checkup」をはじめ、Mind upシリーズが目指すの
は、マインド健全な社員に満ちた、健全な組織です。
Copyright © 2009 by QUICK CO.LTD. All rights reserved.
ふたつの心
マインド健全
Enhancement
Mind
メンタル健全
Mental
Treatment
メンタル不全
Copyright © 2009 by QUICK CO.LTD. All rights reserved.
Mindup シリーズ
マインド゙健
全
ラインケアのための
トレーニング
メンタル
状態の
分析
Mind Catchup
Enhancement
社員
(組織)
●治療・育成方針の決定
●組織全体の活性度の
診断
(不活性=組織の“うつ状態”)
Mind Checkup
選考
●状態に応じて合否の判定
メンタル健全
セルフケアのための
トレーニング
予防
Mind Setup
Treatment
メンタル不全
軽度
中度
応募者
重度
Copyright © 2009 by QUICK CO.LTD. All rights reserved.
医師、
カウンセラーの
受診
ダウンロード

うつ状態 - happy!