Implementation of ICH Q8, Q9, Q10
ICH Q8,Q9,Q10ガイドライ
ンを製品ライフサイクルにわた
りいかに連接させ実践するか
International Conference on Harmonisation of Technical
Requirements for Registration of Pharmaceuticals for Human Use
ICH Quality Implementation Working Group - Integrated Implementation Training Workshop
How ICH Q8, Q9, Q10 guidelines are working together throughout
the product life cycle
概要
• 研修会の達成目標
• ICH Q8,Q9およびQ10
• 製品ライフサイクルにわたり,これらのガイドラインを連携
的に実践するか
• ICH Q8,Q9およびQ10の有用性
• 重要メッセージ
• 結論
© ICH, Tokyo, October 2010
slide 3
ICH Quality Implementation Working Group - Integrated Implementation Training Workshop
How ICH Q8, Q9, Q10 guidelines are working together throughout
the product life cycle
研修会の達成目標
• 本講演の目的は, Q8,Q9およびQ10の間の関連と,これらのガイ
ドラインの連携的な実践を概説することである
• 本講演は,規制当局(審査および/または調査)が期待するもの
の概説を意図するものではない
• 本研修会では,
-
Q8,Q9およびQ10の統合的な実施に関するトレーニングを提供する
参加者が実施戦略と経験を共有できるようにする
参加者の意見を求め,実施に関わる問題点や懸念事項を明らかにす
る
© ICH, Tokyo, October 2010
slide 4
ICH Quality Implementation Working Group - Integrated Implementation Training Workshop
How ICH Q8, Q9, Q10 guidelines are working together throughout
the product life cycle
ICH Q8,Q9およびQ10
Nov 2005 & Nov 2008
• ハイレベルの指針(指示を
するものではない)
• 科学およびリスクに基づく
• 系統的なアプローチを推進
• 製品のライフサイクル全体
にわたって適用可能
• 連接し医薬品の品質を向
上させることを意図
© ICH, Tokyo, October 2010
slide 5
ICH Quality Implementation Working Group - Integrated Implementation Training Workshop
How ICH Q8, Q9, Q10 guidelines are working together throughout
the product life cycle
製剤開発 - Q8(R2)
• 製品および製造工程の開発に対する,科学とリスクに基
づくアプローチについて記述
• デザインスペース,規制の弾力的な取り組みという概念
を導入
• Quality by Design(QbD)の概念を導入し,QbD開発ア
プローチとデザインスペースの例を提供
© ICH, Tokyo, October 2010
slide 6
ICH Quality Implementation Working Group - Integrated Implementation Training Workshop
How ICH Q8, Q9, Q10 guidelines are working together throughout
the product life cycle
Q8(R2) - QbDアプローチの例
Product Profile
CQA’s
Risk Assessments
• 目標製品品質プロファイル(QTPP)
• 「潜在的な」重要品質特性を決定(CQAs)
• 原料特性と工程パラメータをCQAにリンクさせ,リスクアセスメントを
実施
Design Space
Control Strategy
Continual
Improvement
• デザインスペースを開発(オプションであり要件ではない)
• 管理戦略の設計と実施
• 継続的改善を含む,製品ライフサイクルのマネジメント
© ICH, Tokyo, October 2010
slide 7
ICH Quality Implementation Working Group - Integrated Implementation Training Workshop
How ICH Q8, Q9, Q10 guidelines are working together throughout
the product life cycle
品質リスクマネジメント – Q9
• 品質に対するリスクのアセスメント,コントロール,コミュ
ニケーションおよびレビューに対する系統的なプロセス
について記述
• 製品ライフサイクル(開発,製造,流通)を通じて適用さ
れる
• 品質リスクマネジメントに関する原則,方法論およびツー
ルの例を含む
• 品質に対するリスクのアセスメントは,
-
科学的知識に基づいていること,
患者の保護に結びついていること,
製品のライフサイクル全体におよぶこと,が必要
© ICH, Tokyo, October 2010
slide 8
ICH Quality Implementation Working Group - Integrated Implementation Training Workshop
How ICH Q8, Q9, Q10 guidelines are working together throughout
the product life cycle
品質リスクマネジメントのプロセス - Q9
リスクマネジメントプロセスの開始
リスクアセスメント
工程開発
リスク特定
リスク分析
リ
ス
ク
コ
ミ
ュ
ニ
ケ
ー
シ
ョ
ン
リスク評価
リスクコントロール
リスク低減
リスク受容
受容不可
リ
ス
ク
マ
ネ
ジ
メ
ン
ト
手
法
管理戦略の開発
リスクマネジメントプロセスの
アウトプット/結果
リスクレビュー
事象レビュー
© ICH, Tokyo, October 2010
製品の継続的改善
slide 9
ICH Quality Implementation Working Group - Integrated Implementation Training Workshop
How ICH Q8, Q9, Q10 guidelines are working together throughout
the product life cycle
医薬品品質システム - Q10
• 製造プロセスの稼働性能と製品品質の管理状態の確立
と維持を促進する主要なシステムについて記述
• 継続的改善を促進
• 製品のライフサイクル全体にわたり,原薬および製剤に
対して適用される
• 適切な製剤開発(Q8R(2))と頑健なPQS(Q10)の組み
合わせによって,規制の弾力的な取り組みの機会が提
供される。 PQSの要素には以下のシステムが含まれる
-
製品品質の追跡と傾向分析を行うシステム
モデルを維持し,必要に応じて更新するシステム
プロセスの変更が成功していることを内部で検証するシステム
© ICH, Tokyo, October 2010
slide 10
ICH Quality Implementation Working Group - Integrated Implementation Training Workshop
How ICH Q8, Q9, Q10 guidelines are working together throughout
the product life cycle
医薬品品質システム - Q10
医薬品開発
技術移転
治験薬
商業生産
製品の終結
GMP
経営陣の責任
製造プロセスの稼働性能および製品品質のモニタリングシステム
是正措置及び予防措置(CAPA)システム
医薬品品質
変更マネジメントシステム
システム要素
マネジメントレビュー
達成のための
手法
© ICH, Tokyo, October 2010
知識管理
品質リスクマネジメント
slide 11
ICH Quality Implementation Working Group - Integrated Implementation Training Workshop
How ICH Q8, Q9, Q10 guidelines are working together throughout
the product life cycle
ICH Q8,Q9およびQ10の連接
Q10
医薬品品質システム
Q9
品質リスクマネジメント
© ICH, Tokyo, October 2010
Q8
製剤開発
製剤処方開発段階:
• QTPPの定義
• プレフォーミュレーション研究
• 処方のスクリーニング
• 最適化と選択
製造工程開発段階:
• 工程のスクリーニング
• ラボスケール開発
• スケールアップ研究
商業生産段階:
• 実生産スケールでの製造
• バッチリリース
• 継続的な確認と改善
slide 12
ICH Quality Implementation Working Group - Integrated Implementation Training Workshop
How ICH Q8, Q9, Q10 guidelines are working together throughout
the product life cycle
3つのガイドラインを連携的に実践するか
• 続くスライド4枚(スライドNo.14~17)は,製品ライフサイ
クルの様々な段階における,Q8,Q9,Q10の連携的実
践を示すことを目的とする
• 各段階における活動を完全に表すことを意図するもので
はなく,これらの活動の正確なタイミング(段階)を示すこ
とを意図するものでもないことに注意
© ICH, Tokyo, October 2010
slide 13
ICH Quality Implementation Working Group - Integrated Implementation Training Workshop
How ICH Q8, Q9, Q10 guidelines are working together throughout
the product life cycle
製剤処方開発段階
ICH Q8(R2) – 製剤開発
関連する活動
ICH Q9 – QRM
関連する活動
ICH Q10 – PQS
関連する統合的な活動
目標製品品質プロ
ファイル(QTPP)
• 原薬の臨床試験および非臨床試
• 患者のニーズと薬剤の潜在的なリス
• 知識管理/既に得られて
プレフォーミュレー
ション研究
• 原薬の特性解析 (物理学的特性)
• 原薬の化学的安定性,分解および
験:バイオアベイラビリティ,PK/PD
および安全性
添加剤との潜在的な相互作用
• 分析法の開発
クを評価するための形式にとらわれ
ない,または形式に従ったリスクアセ
スメント
• 原薬の物理学的および化学的安定
性について,欠陥モードとリスク要因
を決定
処方のスクリーニン
グ
• 添加剤との配合適性
• 溶出試験法の開発
• スクリーニングDOE
• 添加剤の相互作用に関する欠陥モー
処方の最適化と選択
• 添加剤と原薬の物質特性と特性解
• 形式に従ったリスクアセスメントの機
析
• 添加剤の量に関するDOE
• 製剤の安定性と保存条件
• IVIVCの開発
© ICH, Tokyo, October 2010
いる知識(理解,リスクアセ
スメントおよびDOEの範囲
を裏付ける関連情報)
- 実験ノート
- 開発報告書
- その他…
ドとリスク要因の決定
会
slide 14
ICH Quality Implementation Working Group - Integrated Implementation Training Workshop
How ICH Q8, Q9, Q10 guidelines are working together throughout
the product life cycle
製造工程開発段階
ICH Q8(R2) – 製剤開発
関連する活動
ICH Q9 – QRM
関連する活動
ICH Q10 – PQS
関連する活動
工程のスクリーニ
ング
• 単位操作の検討
• 中間体の特性解析
• 単位操作について欠陥モードとリスク要
• ( マスター)バッチ記録と
因を決定し,リスクのランク付けを行う
工程開発と最適
化(ラボスケー
ル)
• 工程パラメータ,物質特性との相互作
• 製品品質に影響を及ぼす可能性があ
用に関するDOE
• デザインスペースの開発
• スケールに依存しないパラメータの操
作範囲
• 重要工程の操作に関する理解
るパラメータを特定する,スクリーニング
のためのリスクアセスメント(例:石川ダ
イアグラム)
• 重要な工程段階,工程パラメータおよ
び物質特性を特定(例:FMEA)
• スケールに関する潜在的な問題
製造のための操作ガイ
ドライン
• 技術移転報告書
• 原料の要求事項を満た
すサプライヤーの特定・
選択
工程開発と最適
化(パイロットス
ケール)
• ラボスケールでの知識を検証するパ
• スケールアップに伴うリスクなどのリス
イロット試験
• DOEとスケールの影響のモデル化
• デザインスペースの開発
• On-line測定技術の開発
© ICH, Tokyo, October 2010
クコントロールのための管理戦略を開
発
slide 15
ICH Quality Implementation Working Group - Integrated Implementation Training Workshop
How ICH Q8, Q9, Q10 guidelines are working together throughout
the product life cycle
技術移転段階
ICH Q8(R2) – 製剤開発
関連する活動
ICH Q9 – QRM
関連する活動
ICH Q10 – PQS
関連する活動
• 製品知識と工程知識の獲得
• 知識は,開発から製造への技術移転を
• 製造工程の基礎をなす
• 管理戦略の実効性を向上させる
• プロセスバリデーションと継続的改善に
• スケールアップ活動を通じた進んだ理解
• 製造プロセスの稼働性能と,製造への統
助け,製品実現を達成する
貢献
© ICH, Tokyo, October 2010
合の成功について予備的な目安が得ら
れる
• 技術移転とスケールアップの活動から知
識を獲得し,管理戦略の基礎を強化
slide 16
ICH Quality Implementation Working Group - Integrated Implementation Training Workshop
How ICH Q8, Q9, Q10 guidelines are working together throughout
the product life cycle
商業生産段階
実生産スケールで
の製剤の製造
ICH Q8(R2) – 製剤開発
関連する活動
ICH Q9 – QRM
関連する活動
ICH Q10 – PQS
関連する活動
• 実生産工程の設計を確定
• 実生産スケールでの運転により
• 工程内管理,最終製品試験,原
• 工程特異的な操作手順(例:サン
料管理および変更管理を含む,
商業生産に関する管理戦略の開
発
• 工程特異的な手順(例:サンプリ
ング計画,デザインスペースおよ
びモデルの検証,デザインス
ペース内における移動の変更管
理)に由来するリスクについて,
PQS内の手順を確認
プリング計画,デザインスペースな
ど)
• On-line試験方法を裏付けるため
の文書作成
• 工程と分析方法の再現性を立証
するためのバリデーション
• 開発レポート,リスクアセスメント
の保管
• 工程データの継続的な分析と傾
• 工程のリスク,または物質特性
• 工程モニタリングと措置限界値に
向解析(多変量SPCなど)
• 工程の変更と,関連する中間体
および製品への影響の評価
の変化に関するリスクのマネジメ
ント(デザインスペース内/外の
変化を含む)
• 監査/調査においてリスクを検
討し,リスクに基づくCAPAを実
施
関する手順
• 変更に関するリスクアセスメントお
よび変更の評価をどのように・いつ
行うかを含む,変更管理手順
• 知識管理の維持と更新
工程設計を検証し,追加的なサ
ンプル採取によって理解を検証
• On-line測定技術を実施
継続的工程確認ン
と継続的改善
© ICH, Tokyo, October 2010
slide 17
ICH Quality Implementation Working Group - Integrated Implementation Training Workshop
How ICH Q8, Q9, Q10 guidelines are working together throughout
the product life cycle
ICH Q8,Q9,Q10の有用性
• Q8,Q9,Q10の実施は,あらゆる製剤にとって,ならびに,製剤開発アプ
ローチおよび薬事規制上のシステムにとって有益である
-
新薬/先発医薬品,上市済み製品/既存製品,後発医薬品
単純な剤形と複雑な剤形
低分子とバイオ医薬品
従来の開発とQbD
ICH 3極の地域内と地域外
• 優れた科学に基づく製剤開発(Q8)と,品質リスクマネジメント(Q9)および
医薬品品質システム(Q10)との組み合わせにより,医薬品の品質と医薬品
製造の効率性が向上する
-
品質は,製品のライフサイクルの全期間にわたり,すべての製剤にとって重要
である(新薬,既存製品および後発医薬品)
© ICH, Tokyo, October 2010
slide 18
ICH Quality Implementation Working Group - Integrated Implementation Training Workshop
How ICH Q8, Q9, Q10 guidelines are working together throughout
the product life cycle
重要メッセージ
• 医薬品の製造と開発に対して,体系的・近代的でリスクおよび科学
に基づくアプローチを提供するために,ICH Q8,Q9およびQ10は
お互いに関連する
• 3つのガイドラインの総合的実施は,ICHの品質ビジョンを実現する
ために必須である
- ガイドラインは製品ライフサイクル全体にわたって適用可能
• ガイドラインはすべての関係者によって活用され得る
-
企業と規制当局
審査員と調査員は,規制プロセス中に品質リスクマネジメントを
取り入れることを期待されている
© ICH, Tokyo, October 2010
slide 19
ICH Quality Implementation Working Group - Integrated Implementation Training Workshop
How ICH Q8, Q9, Q10 guidelines are working together throughout
the product life cycle
重要メッセージ
• ICH Q8(R2)の第1部に概説される従来からの開発アプロー
チは許容される
-
より進んだアプローチ(QbD)は,製品品質をより確実に保証し,製造
における効率性と弾力的な取り組みを実現するための,より多くの機
会を提供する
• 採用する開発アプローチや製造アプローチにかかわらず,品
質リスクマネジメントのプロセス,方法論およびツール(Q9)
の使用は有益である
• 医薬品品質システム(Q10)は,製品のライフサイクル全体に
わたって原薬および製剤に適用され,継続的改善を促進する
ためのツールを提供する
© ICH, Tokyo, October 2010
slide 20
ICH Quality Implementation Working Group - Integrated Implementation Training Workshop
How ICH Q8, Q9, Q10 guidelines are working together throughout
the product life cycle
結論
• 研修会の資料,全体プレゼンテーションおよび分科会で
の討論は,医薬品の開発・製造,関連する規制上の側
面を促進する有用な情報を提供
- トレーニングの資料は具体例に過ぎない
- トレーニングの資料は,医薬品の開発,製造,規制当局
-
による審査や調査の定型書式として使用されることを意
図していない
医薬品によっては,他のアプローチが適切である場合も
ある
© ICH, Tokyo, October 2010
slide 21
ICH Quality Implementation Working Group - Integrated Implementation Training Workshop
How ICH Q8, Q9, Q10 guidelines are working together throughout
the product life cycle
結論
• 本研修会の主な目的は,Q8,Q9およびQ10の総合的な
実施に関するトレーニングを提供することである
• IWGは,医薬品品質の新しいパラダイムに対する実践を
さらに促進させるために,研修会からのフィードバックを
活用する
© ICH, Tokyo, October 2010
slide 22
ダウンロード

PPT 707KB