私立大学教員に求められる教育力
-学力不足の対応を考えるー
公益社団法人 私立大学情報教育協会
事務局長
井 端 正 臣
学力低下の背景
•
•
•
団塊の世代 (1966年)進学率 17%
今の若者世代(2013年)進学率 51%
目的意識のある人が多く大学へ行く時代
↓
目的意識の希薄な人が多く大学へ行く時代
就職のために大学卒業の学歴取得が目的
昔に比べ、「学ぶこと」に対する意欲、関心
が低くなっている
• 授業には出席するが、指示待ちで主体性が欠如
学力低下の要因-1
• 大学生 授業に関連する学修時間(1週間当り)
日本→0h 9.7% 1~5h 57.1% 6~10h 18.4% 11hI以上 14.4%
米国→0h 0.3% 1~5h 15.3% 6~10h 26.0% 11hI以上 58.4%
*出展:東京大学 大学経営政策研究センター『全国大学生調査』2007年
• 高校2年生 学校外における平日の学習時間
1994年(平成 2年) 偏差値50-55 112分(1.9h)
2006年(平成18年) 偏差値50-55 60分(1.0h)
中間層の勉強時間が大きく減少
(注) 学習時間には、塾や予備校、家庭教師との学習時間含む
*出展:Benesse教育研究開発センター「第4回学習基本調査」
学力低下の要因-2
• ゆとり教育による学習時間、学習内容の削減
因果関係の根拠はないが、ゆとり教育移行後にお
いては、読み、書き、計算能力が低下
• 家庭環境の変容
親が子供に筋道の通った考え方を教育していない
• 学生の気質が変容
ネット社会に育った学生は個人の存在を仲間の中
に置くことに気を使い、個性の表現が乏しい。
社会にかかわり合うことに関心は高いが、困難な
問題への踏みとどまりが弱く、創造志向より安定志
向、内向き志向。
教育現場での問題認識 「学生の学修に関する問題」
学生の学修に関する問題としては、「主体性の欠如」、「基礎学力の不足」、「学修意欲の不足」
0%
20%
40%
60%
80%
100%
40.5%
48.7%
学修に必要な基礎学力が不足している
37.4%
34.8%
授業の事前準備や事後の展開などに取
り組む意欲が不足している
54.8%
53.3%
授業には参加するが、自分から学び考
える積極性が見られない
10.0%
9.8%
将来設計やキャリア形成を考えて学修
に取り組んでいない
大学
短期大学
その他
6.0%
4.2%
【分野別の回答】
*1 上 段 : 大 学 回 答 者 下 段 : 短 大 回 答 者
*2 平 均 以 上 の 数 値 を 斜 字 で 強 調
総計
区分
理学系
16,406名
1,192名
885名
学修に必要な基礎学力が不足している
54.5%
48.7%
授業の事前準備や事後の展開などに取
り組む意欲が不足している
37.4%
授業には参加するが、自分から学び考
える積極性が見られない
54.8%
将来設計やキャリア形成を考えて学修
に取り組んでいない
10.0%
その他
22名
52.4%
40.5%
34.8%
34.8%
31.8%
55.5%
63.6%
53.3%
7.1%
9.8%
6.0%
9.1%
5.4%
4.2%
4.5%
能動的な学修を実現するために教員が取り組むべき対策
教員が取り組むべきは、「課題探求型・学生参加型・双方向型・体験型の授業」の積極化
0%
20%
40%
60%
80%
学生の主体性を促す課題探求型授業、学生参加型授業、
双方向型授業、フィールドワーク・実習などによる
授業運営を積極化する
63.4%
71.8%
20.1%
25.2%
学修ポートフォリオなどを活用して、学生の学修時間
や学修内容を把握し、授業改善を図る
17.9%
18.3%
教員連携によるチームティーチングを導入し、教育の
質の向上を図る
32.3%
25.9%
ティーチング・アシスタントなどを積極的に活用し、
きめ細かな授業運営に取り組む
19.5%
21.0%
幅広い学びを提供するために産業界、地域社会と連携
した学修を積極化する
19.3%
18.2%
学修成果の評価基準を客観化し、成果の可視化を図る
その他
大学
短期大学
6.0%
3.2%
【分野別の回答】
※1 上段:大学
下段:短大回答者
※2 平均以上の数字を斜字で協調
下段:短期大学回答者
理学系
16,406名
1,192名
上段:大学回答者
下段:短期大学回答者
885名
学生の主体性を促す課題探求型授業、学生参加型授業、双方向型授
業、フィールドワーク・実習などによる授業運営を積極化する
63.4%
学修ポートフォリオなどを活用して、学生の学修時間や学修内容を
把握し、授業改善を図る
20.1%
教員連携によるチームティーチングを導入し、教育の質の向上を図
る
17.9%
ティーチング・アシスタントなどを積極的に活用し、きめ細かな授
業運営に取り組む
32.3%
幅広い学びを提供するために産業界、地域社会と連携した学修を積
極化する
19.5%
学修成果の評価基準を客観化し、成果の可視化を図る
その他
100%
22名
52.6%
71.8%
36.4%
17.9%
4 0 .9 %
25.2%
17.0%
18.3%
9.1%
3 9 .4 %
4 0 .9 %
25.9%
8.8%
21.0%
19.3%
9.1%
17.6%
18.2%
18.2%
9 .3 %
6.0%
3.2%
9 .1 %
授業での学生像と教員の問題意識
• 学生像
主体性の欠如、基礎学力・学修意欲の不足
• 教員の問題意識
※ 学生が受身の授業から能動的授業への転換
(教員と学生・学生同士の対話や実習・体験の授業)
※ TA・SAによる授業・学修支援のシステム化
※ 学修行動を点検し、達成が思わしくない学生に個別
指導を行う仕組みとしてのポートフォリオの導入
※ 教育の質の向上を図る教員連携による授業運営
学士課程教育での教員の役割
• 学士力の方針と授業科目の役割分担が十分認識さ
れていない
• 学士力を実現する授業とするため、個々の教員の
視点から教育組織が目指す視点に転換
• 学士力に求められる能力の到達基準と授業の関連
付け、授業科目間の連携・調整、到達能力の判定
方法への関与を積極化する必要がある
• 学士力の達成を目指して、教育改善に自主的に関
与することが前提となることから、教員各自の意識
変革と教員団での共通理解の形成が必要
教員の教育力向上の課題
教員の教育力向上の課題は、第一に「能動的授業と双方向型授業のFD」、第二に「教育内容・方法の改善
を支援する組織などの構築」、第三に「自主学修を促すためのFD」
0%
20%
40%
80%
12.7%
13.8%
学位授与方針と授業内容、カリキュラムポリシーの
整合性を定期的に確認・点検するFDの充実
41.2%
45.5%
課題探求型授業、学生参加型授業、双方向型授業を
実施するためのFDの充実
32.9%
35.5%
事前準備、事後の展開に積極的に取り組ませる動機
づけを研究するFDの充実
学修ポートフォリオなどを用いて学修達成度を観察
し、授業の点検・改善を図るFDの充実
12.7%
15.8%
大学
短期大学
7.6%
4.6%
*1 上 段 : 大 学 下 段 : 短 大
*2 平 均 以 上 の 数 値 を 斜 字 で 強 調
【分野別の回答】
総計
区分
理学系
16,406名
1,192名
885名
教育内容・方法の改善を支援する組織の構築
36.4%
22名
34.0%
35.4%
学位授与方針と授業内容、カリキュラムポリシーの整
合性を定期的に確認・点検するFDの充実
12.7%
課題探求型授業、学生参加型授業、双方向型授業を実
施するためのFDの充実
41.2%
事前準備、事後の展開に積極的に取り組ませる動機づ
けを研究するFDの充実
32.9%
学修ポートフォリオなどを用いて学修達成度を観察
し、授業の点検・改善を図るFDの充実
12.7%
その他
100%
36.4%
35.4%
教育内容・方法の改善を支援する組織の構築
その他
60%
27.3%
9.8%
13.8%
13.6%
34.0%
45.5%
36.4%
35.6%
35.5%
27.3%
11.7%
40.9%
15.8%
10.1%
7.6%
4.6%
4.5%
教員の教育力
• 国として教育力を定義した基準はない
• 大学教員は免許制度がないので、教育者としての専
門性が担保されていない
• 大学自ら学士力の質保証を担保する教育指導能力の
枠組みを設定し、大学の責任の下でFDを通じて教育
力向上に努めることが不可欠
• 本協会として策定した教育力の能力要素
*教育者としての使命感・態度
*学生主体の授業力
*教室外での学修指導力
*情報通信技術の活用力
*授業設計・評価・改善力
*人間力を高める授業力
*多元的な成績評価力
*教育改革の提案・推進力
大学としての課題
• 教育力の改善は教員個人での対応に限界がある
• 学部・学科の教員組織と職員組織での対応が必要
• 学力不足学生(留年)の発見と個別指導体制の整備
(チューターによる学修・生活面の指導、院生と一緒に春・夏休みに数学等学修
助手によるスタディズスキル支援、業者委託のeラーニングなど。大学支援を
受けさせるためのインセンティブとしてポイントカード発行などの工夫もある)
• 初年次に主体性を引き出す産学連携PBLの導入
• 院生、上級学年生による学修支援体制・制度の整備
• 学生同士での学び合い・教え合い、学修成果を発表・議
論するラーニング・コモンズの整備
• 学修行動を把握・点検するためのポートフォリオの導入
知識の定着を目指すICT活用の試み
反転授業の導入
① 授業に必要な知識を配信し、教室で質問に答え事前学修の疑
問を払拭した上でグループで課題を考えさせ、教え合う中で知識
の定着につなげる。
② 予習しなければ授業は理解できないため、ビデオ教材で授業
外の学修を促進できる。
③ 教材は、10分単位で作成する。編集作業の手間を省くために
紙芝居型の簡易な教材で、分りにくい部分に詳しい解説を添付
④ 多くの科目で低得点者が減少し、高得点者が大幅に増加した
⑤ 最も重要なことは対面授業の設計と運営
(何を反転して何を対面で行うのか、明確な目的が大切)
⑥ 学修時間の増加、学生の授業関与の増加、教員と学生・学
同士による相互作用が活性化する
知識の定着を目指すICT活用の試み
基礎知識を定着・発展させるモデル例
学内LAN
受講学生
連
携
の
プ
ラ
ッ
ト
フ
ォ
ー
ム
基礎
担当
教員
基礎知識の補充
連
携
専門
担当
教員
個人
又は
グループ
科目間の関連付け
役割分担
理解度の確認
知識の活用状況
を確認
知識の体系化と
総合化の訓練
(対面・ネット上)
eラーニング
専門担当教員か
ら動機付け教材
提供
対話による協働学修で創造的な知性を創り出すモデル
ダウンロード

私立大学教員に求められる教育力