中央大学剣道部
設立100周年(創部115周年)
記念式典及び記念行事 準備状況
2008年6月14日(土)
剣友会総会にて
●本日のご報告
1.寄附金と記念誌への広告(同期・企業)の状況について
2.記念式典について(11月1日、11月2日)
3.剣道部への記念品について
4.記念誌編集状況について
5.名簿の更新について
6.剣友会HPと、メールでの更新ご案内について
●ご承認いただきたいこと
・式典の招待状について
・寄附金にご協力いただいていない先輩への対応について
式典参加費
記念誌と名簿の贈呈
1
1.寄附金と記念誌への広告(同期・企業)の状況について(1)
予算案(ご承認済)
①記念式典(パーティ)
会場費(料理、飲み物、映写機器含)
400万円
映像制作費
200万円
②剣道部への記念品(名札と棚)
300万円
③記念誌2誌 制作・印刷(送料別)
300万円
④OB名簿 改訂版編集、印刷(送料別)
50万円
1,250万円
寄附金ご報告
2008年6月10日現在、353名、7,634,890円のご寄附をいただいております。
(参考:昨年の総会時のご報告では、2007年5月26日現在、約660万円)
また今までの主な出費は以下の通りで、現在の残金は、約400万円弱となっております。
①道場への名札と棚(2008年5月取り付け)
2,968,350円
②道場の記念写真整理、額入れ(昨年の総会でご報告)
約 8万円
③取材費、準備委員日当(交通費含)・食事代
約 30万円(2005年~)
④通信費(切手や資料の送付代、寄附金振込用紙印刷)
約 30万円(2005年~)
⑤編集用のPC(11月以降剣道部に寄贈)
約 15万円
約 379万円
2
1.寄附金と記念誌への広告(同期・企業)の状況について(2)
広告(同期・企業)ご報告
6月5日現在、下記の通り、お申し込みをいただいております。
総会後に、請求書を送付予定で、9月中にご入金いただけるようお願いする予定です。
同期広告 計75万円
39年卒・44年卒・45年卒・51年卒・55年卒・59年卒・平成7年卒・平成19年卒
企業広告 計●●万円
(企業名列記予定 尾方君に情報もらう 間に合えば)
3
1.寄附金の状況について(3)
寄附金の不足について
1,250万円を目標としておりますが、現在までに約760万円しか集まっておらず(広告除く)、
約500万円弱、不足しております。過去の総会において、基金の使用などをご許可いただき
ましたが、引き続き、寄附金協力をお願いしつつも、当初予定していたパーティでの「映像
費」削減などを検討したいと思います。
同期とりまとめ役の先輩には、引き続き、同期の皆様へのご協力依頼をお願いいたします。
寄附金入金の締切について
今まで、ひとりでも多くの先輩にご協力いただけるように、締切は設けておらず、式
典直前であってもお振込みいただけるのであれば歓迎するというスタンスでおりま
した。今後も、その方針は変わりません。
しかし、式典会場や協力会社への支払いが必要であり、記念誌の印刷部数を確定
させる必要もあり、また総会当日の受付での金銭授受による混乱を防ぐために、10
月上旬をめどに、大々的な依頼活動を終える予定です。
4
2.記念式典について
ご報告
昨年の総会で11月1日(土、三連休の初日)、会場をアルカディア市ヶ谷とご報告させ
ていただきましたが、変更はございません。
開始時間は14:00、受付開始は13:30を予定しております。
なお、翌11月2日(日)の10:00より、班別対抗戦及びOB大稽古会を開催することにな
りました。場所や班の編成などは、剣道部にご尽力いただき、詳細を検討していただ
いている最中です。
式典のご招待者リストは、剣道部にもご相談し、現在作成中です。
学長、理事長、学友会体育会会長などの中大関係者、関東学連、他大学(日大、明
大、法大など、親交の深い大学)などを予定しております。
11月1日、2日とも、剣道部始まって以来の大イベントにな
りますので、是非とも成功させたいと思います。先輩方の
ご協力をいただきたく、なにとぞよろしくお願いいたします。
5
3.剣道部への記念品について(1)
ご報告
壁に飾ってあった歴代優勝者の写真の大きさと額を揃えました。
またいつの入賞の写真で、その先輩が誰か、分かるようにしました。
6
3.剣道部への記念品について(2)
ご報告
棚と名札が新しくなりました。やっと名札ができた先輩もいらっしゃいます。
HPでもご報告しましたが、地方の先輩より自分の名前を見つけて感動したというご連絡を
いただきました。古い名札は、名前が判別できる場合は、式典でお渡しする予定です。
7
4.記念誌編集状況のご報告
ご報告
6月10日時点で50名の先輩から60本以上の原稿をいただいております。
別紙の目次をご参照願います。
記念誌は、伝統の『斌徳』誌(第5号)、及び別冊の計2冊を刊行し、関係者各位にお配り
させていただく予定にしております。
内容として『斌徳』は中大剣道部の歴史を記録・整理した冊子とし、部史年表のほか、グ
ラビアや諸先輩・役員の方々の寄稿、出場大会記録などの記載を中心に剣道部100年
の正史となるよう構成する予定です。
一方の別冊は、諸先輩方の在学中の日常生活、思い出などを綴った文章・写真等を掲
載し、「中大ファミリー」のよき伝統を反映させることを考えております。『斌徳』より大判で、
卒業年度ごとに数ページずつ振り分け、諸先輩方にご自由にお使い頂く予定です。
本日、昭和40年卒の代のページをお持ちしましたので、是非、ご覧下さい。
8
5.名簿の更新
ご報告
参考:前回の名簿発行は平成11年6月。
同期取りまとめ役の先輩に依頼し、また連絡先不明の先輩は年代が近い先輩に
問い合わせるなどして、引き続き、収集活動中です。
また昨年の総会で
「現在の名簿に載っていない平成16年以降卒の先輩方については剣道部との連
携で住所の把握に努めます」
とご報告しましたが、現在は上村助監督に、平成7年~20年(今年の3月の卒業
生)までの名簿作成にご尽力いただいております。
9
6.剣友会HPと、メールでの更新ご案内について
ご報告
http://www.chuo-kendo.net/kenyukai/
今年に入り、100周年記念行事の進捗をご報告すべく、更新頻度をあげ、また、メールア
ドレスが判明している先輩(約100名)に更新内容と剣道部近況をメールしています。
おおむねご好評をいただいております。
・・・が、このHPの存在を知らない
先輩もいらっしゃいます。
今後は、学生時代からHPに慣れ
親しんでいただき、卒業後も継続
して、積極的に、剣友会とコミュ
ニケーションをとっていただける
ような仕組みが必要と考えます。
今年は、剣道部もHP更新に力を
入れていますので、期待したいと
思います。
10
ご承認いただきたいこと・・・以下のご承認をお願いいたします。
式典の招待状について
別紙の通り、招待状を予定しております。
1.寄附金にご協力いただいていない先輩が来場される際には参加費2万円とさせ
ていただきたい。
2.家族を同伴される場合は、成人のみ、おひとり1万円とさせていただきたい。
3.故人となった先輩のご家族は、無料とさせていただきたい。
(招待の予定はないので、もし参加されたいというご連絡があったケースに限定)
寄附金にご協力いただいていない先輩への対応について
1.寄附金の2万円は、式典参加費と、記念誌と、名簿と、式典当日の手土産が含まれる、
という認識の下、11月1日の式典への参加を希望される場合は、当日2万円をいただ
きたいと思います。
2.寄附金にご協力いただいていない先輩で、式典にご参加いただけなかった先輩には、
式典後に、ご案内を送付します。もし記念誌等の送付希望があったら、できれば実費
以上、今の予定では1万円にて、お譲りしたいと考えております。
3.名簿に関しては、昨今の社会情勢を考慮し、無条件で送りつけることは止めたい
と思います。また記載事項は、卒業年、連絡先住所・電話番号とします。
11
ダウンロード

ファイルをダウンロード - 中央大学剣友会