早稲田大学
商学部
井上ゼミナール
前期見学会特別公演
ケース・スタディ
成功する「演劇業界のビジネスシステム」
[キャスト]
瀧田 正行 笹本 こころ
櫻井 秀樹
〔総監督〕
真木 圭亮
HSakurai,KSasamoto,MTakita and KMaki All rights reserved.
Copyright©2005 Waseda University Inoue Tatsuhiko Seminar KSasamoto,HSakurai,MTakita
開演
Copyright©2005 Waseda University Inoue Tatsuhiko Seminar KSasamoto,HSakurai,MTakita and KMaki All rights reserved.
今日の流れ
■イントロダクション・・・・・・・・・5分
■資料を読む・・・・・・・・・・・・・・・・10分
■ディスカッション・・・・・・・・・・30分
■発表・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・25分
■解説・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・10分
約1時間20分の予定です。
Copyright©2005 Waseda University Inoue Tatsuhiko Seminar HSakurai,KSasamoto,MTakita and KMaki All rights reserved.
資料を読む
ケース・スタディ
成功する「演劇業界のビジネスシステム」
Copyright©2005 Waseda University Inoue Tatsuhiko Seminar HSakurai,KSasamoto,MTakita and KMaki All rights reserved.
ディスカッション
このときヨノバカは、
より大きな収益をあげることが
できる劇団となるために、
スター主義と作品主義の
どちらを採用したらよいか。
Copyright©2005 Waseda University Inoue Tatsuhiko Seminar HSakurai,KSasamoto,MTakita and KMaki All rights reserved.
残り時間
終了
5分
10分
Copyright©2005 Waseda University Inoue Tatsuhiko Seminar HSakurai,KSasamoto,MTakita and KMaki All rights reserved.
発表
発表
Copyright©2005 Waseda University Inoue Tatsuhiko Seminar HSakurai,KSasamoto,MTakita and KMaki All rights reserved.
メリットとデメリットの一覧
スター主義
作品主義
スターの人気で観客確保ができ、集客が容易
普段演劇を観ない人を動員できる
地方でも公演が成立する
収支計画が立てやすい
企業の協賛を得やすい
テレビのスケジュールが優先される
公演に長期間連続出演できない
スターと劇団間にトラブルが起きやすい
スターが稽古の時間を十分にとることができない
スターのイメージへの配慮による役柄の価値減少がありうる
非競争環境によるモチベーションの低下
舞台の水準が下がる可能性がある
観劇文化が成熟しない
スターへのギャランティーコストが大きい
賃金格差による俳優間のトラブル
スターの人気に変動や限界がある
競争環境で舞台の水準が向上する
観劇文化の成熟につながる
出演者の長期連続出演が可能
出演者が変わっても公演可能
公平な評価のもとで俳優間のトラブルがおこりにくい
集客が困難
地方公演が成立しにくい
ロイヤリティが高額
資金調達に困難がともなう
投資の回収に時間がかかる
長期間使用できる劇場の確保が困難
長期公演中のすべての出演者の質の担保が必要
Copyright©2005 Waseda University Inoue Tatsuhiko Seminar HSakurai,KSasamoto,MTakita and KMaki All rights reserved.
主要な特徴のまとめ
スター主義
作品主義
収益
短期間で小規模
長期間で莫大
成否のリスク
小さい
大きい
台本
スターへの配慮
海外からのヒット作
俳優
スター
全員の実力が高水準
長期間の出演可能
劇場
どこでも成立する
演出が最大化できる
長期間使える
Copyright©2005 Waseda University Inoue Tatsuhiko Seminar HSakurai,KSasamoto,MTakita and KMaki All rights reserved.
収益とリスク
スター主義
12カ月
利益幅
作品主義
一つの公演
利益幅
Copyright©2005 Waseda University Inoue Tatsuhiko Seminar HSakurai,KSasamoto,MTakita and KMaki All rights reserved.
リスクの比較
スター主義
作品主義
人的資源損失リスク
総合的なリスクは量ることができない
Copyright©2005 Waseda University Inoue Tatsuhiko Seminar HSakurai,KSasamoto,MTakita and KMaki All rights reserved.
利幅の比較
スター主義
作品主義
作品主義の採用
Copyright©2005 Waseda University Inoue Tatsuhiko Seminar HSakurai,KSasamoto,MTakita and KMaki All rights reserved.
作品主義のリスク
ロングラン
リスクを低減することができれば、
それだけ成功の確率が高くなる。
Copyright©2005 Waseda University Inoue Tatsuhiko Seminar HSakurai,KSasamoto,MTakita and KMaki All rights reserved.
作品主義成功のための3要素
スター主義
ロングラン
作品主義
収益
短期間で小規模
長期間で莫大
成否のリスク
小さい
劇場
大きい
長期間使用できる
演出効果が最大化できる
台本
スターへの配慮
ヒット作の輸入
俳優
スター
全員の実力が高水準
長期間の出演可能
どこでも公演できる
俳優
演出効果が最大化できる
長期間使用できる
台本
劇場
ヒット作の輸入
全員の実力が高水準
長期間の出演可能
Copyright©2005 Waseda University Inoue Tatsuhiko Seminar HSakurai,KSasamoto,MTakita and KMaki All rights reserved.
ヨノナカバカナノヨの状況
LR
劇場
仮設テント
劇場運営ノウハウ
台本
ヒット作の輸入
俳優
全員の実力が高水準
長期間の出演可能
Copyright©2005 Waseda University Inoue Tatsuhiko Seminar HSakurai,KSasamoto,MTakita and KMaki All rights reserved.
プレゼングループの解答
このとき、ヨノバカは、より収益をあげることができる劇団となるために、
スター主義と作品主義のどちらを採用したらよいか。
ヨノバカは作品主義を採用するべきである。
作品主義はスター主義よりも
収益をあげることができる公演形態であり、
作品主義での公演の成否のリスクは、
「劇場・俳優・台本」、の3要素で低減することができる。
ヨノバカは現在、「劇場・俳優」の2要素を備えており、
「台本」の輸入によって、
作品主義の成功パターンであるロングランを
実現できる状況にあるからである。
Copyright©2005 Waseda University Inoue Tatsuhiko Seminar HSakurai,KSasamoto,MTakita and KMaki All rights reserved.
作品主義の成功事例―劇団四季
劇団四季
Copyright©2005 Waseda University Inoue Tatsuhiko Seminar HSakurai,KSasamoto,MTakita and KMaki All rights reserved.
劇団四季のビジネスシステム
スポンサー
経営管理
ファン作り
電通、JR、フジテレビ、etc.
経営管理
公演ごとの収支管理
劇場
ノウハウ
etc.
仮設テント・専用劇場ノウハウ
LR
スポンサー
ファン作り
俳優
劇場
四季の会
育成システム
顧客第一主義
オーディション
etc.
etc.
台本
台本
俳優
招聘する台本の吟味
etc.
Copyright©2005 Waseda University Inoue Tatsuhiko Seminar HSakurai,KSasamoto,MTakita and KMaki All rights reserved.
作品主義のビジネスシステム
経営管理
ファン作り
スポンサー
LR
劇場
台本
俳優
Copyright©2005 Waseda University Inoue Tatsuhiko Seminar HSakurai,KSasamoto,MTakita and KMaki All rights reserved.
松崎哲久 「劇団四季と浅利慶太」文春新書 2002年
『一橋ビジネスレビュー』「ビジネス・ケース 劇団四季」2004年 AUT.
『日経ビジネス』2001.10.8. 142-7p.p.
『日経ビジネス』1998.11.23 46-8p.p.
『日経ビジネス』2005.4.18 158-165p.p
『日経レストラン』2003.2月号
『週刊東洋経済』2003.1.11 28-33p.p.
『AERA』2004.3.22. 48-52p.p.
劇団四季HP http://www.shiki.gr.jp/index_j.html
キャスト
笹本 こころ
瀧田 正行
櫻井 秀樹
Copyright©2005 Waseda University Inoue Tatsuhiko Seminar KSasamoto,HSakurai,MTakita and KMaki All rights reserved.
ダウンロード

同上)(スライド)