環境都市計画2-3
環境都市論
北村眞一
目次
環境都市論
1.環境の思想
2.エコ・シティ
3.まとめ
2
1.環境の思想
3
環境思想の分類
テクノ中心主義
エコ中心主義
ディープ・
エコロジスト
自頼心
ソフトテ
クノロジー
順応型
環境主義者
コルヌ
コピアン
T.O’Riordan, 1981, Environmentalism,Pion London
(オリオーダン、環境主義)
宇都宮深志、環境理念と管理の研究、東海大学出版会*(*
文献1)
4
1)コルヌコピアン(豊饒の角)
・進歩は科学、テクノロジー及び管理の
結果であり、コミットメントと政治的
支持があれば、克服できない様な障害
物は無いと信じる。
・環境問題は科学とテクノロジーと人間
の知恵で解決できる。
(持続可能な開発、アメニティ)
(出典:文献1)
5
2)順応型環境主義者
・再配分や環境保護に多少妥協しなけれ
ばならないことを認める一方では、ラ
ジカルな改革には反対であり、インク
リメンタル(漸変的)に対応する。
・エコ中心主義者の要求に順応すること
により妥協をはかる。
(国、自治体、国連) (出典:文献1)
6
3)エコ中心主義
(ディープ・エコロジスト、自頼心ソフトテクノロジー)
・地球の有限を信じ、技術的過信から離れて、生態学
的過程との調和に対し、よりつつましく、人間的な
アプローチと地球との真の一体の方向に基本的な態
度の変化なしには、生息可能な未来は可能でないこ
とを受け入れる。
・人間以外のすべての生物などにもそれ自身の生存権
を主張する。
.(ガイア仮説、環境の持続性) (出典:文献1)
7
4)環境思想まとめ
1)人為による環境への影響はある。
2)影響は地域から地球環境へ及ぶ。
3)テクノ中心主義からエコ中心主義
環境へ環境イデオロギーがあり、行
動している。
4)自然と人間の認識は2種に分ける。
3)と関連
8
2.エコ・シティ
9
1)メドウズ他 成長の限界
限界を超えて 1972-1992
・地球の資源は限界がある。
・成長を管理し、持続可能な生態的・経
済的安定状態を確立することは不可能
でない。
・あらゆる人々の基本的物的ニーズを満
たし、すべての個人の潜在的可能性に
機会が平等に与えられ、均衡状態も設
計可能である。
出典:限界を超えて、ダイヤモンド社1992
10
天然資源
人口と寿命
環境
農業
土地
食糧
工業
商業
世界モデル
出典:成長の限界、
ダイヤモンド社1972
課題:資源枯渇,伝染病,気候変動の組み込み
11
スタン
ダード・
ラン
従来通り
に成長し
て限界に
来る
出典:限界を超えて、
ダイヤモンド社1992
12
シナリオ2
2倍の資源
を使い続け
ていく
出典:限界を超えて、
ダイヤモンド社1992
13
2)アン・W・スパーン1984
・都市は「非自然的な」なものでというわけでなく、
ちょうど食糧や材木の生産のために農地や森に手を
加え、管理するのと同じように、人類が自分たちの
必要性から「野生」の自然を改変したものだ。。。
人類の欲望によって引き起こされる環境問題は、最
古の都市の出現と同じぐらい古い数千年の歴史をも
つ。
・都市は自然である→都市のエコシステム解明
出典:アン・W・スパーン1984、アーバンエコシステム、公害対策技術同友会
14
3)アーバンエコシステム
アン・W・スパーン
自然と共生する都市
1984
15
4)品田穣1992文明の生態学
1)文明化(機械道具で効率便利化)
・食料入手の効率化:家畜・耕作→農耕
・食品の多様化:数百種
・家庭用道具や刃物の効率化・便利化
2)文明の行きすぎの証拠
・分散・流出(都市・行動の拡大)
・総合性回復(エコアップ)
・自然保護・回復運動
出典:品田穣1992、文明の生態学、海游社
16
5)エコポリスのまとめ(内
藤)
近年のエコポリスの一般的特徴
・環境負荷の低減 ・適正なメタボリズム
・資源利用の適正化 ・自然との共生、保全
・豊かなアメニティ ・アイデンティティ
(出典:内藤正明1992、エコトピア、日刊工業新聞)
17
6)持続する都市
ライトマン 1999
1)1人あたりのエコロジカルな影響が少ないか減少させて
いる都市
2)1人あたりの富を減少させず生み出している都市
3)日との健康の危険性を減少させ、汚染を最小化し、再生
可能な資源を最大限に利用している創造的な都市
持続する都市ー都市デザインにおける環境計画の運用
Leitmann,J(1999) Sustaining Cities - Environmental
Planning Management in Urban Design, McGraw-Hill
(出典:海道清信2001、コンパクトシティ、学芸出版)
18
7)持続可能な経済発展
宇沢弘文
・経済発展が持続可能であるというのは、
自然環境の状態が年々一定水準に保た
れ、自然資源の利用は一定のパターン
のもとに行われ、しかも、消費、生活
のパターンが動学的な観点から見て最
適、かつ世代間を通じて公平な経路を
形成している時であると定義される。
(出典:宇沢弘文2000、社会的共通資本、岩波新書)
19
3.まとめ
20
文明論と環境論
・文明は農耕・都市の発達から始まる
・人間の側から見ると文明の発達,
地球側から見ると環境破壊
環境
文化
文明
=
都市
21
文明の盛衰と環境都市
1)西洋都市の発達
自然制約の克服から,技術と都市社会の発達へ
2)文明の興亡と環境
気候変動など自然要因,モラル低下・指導層欠
如など社会要因により文明は興亡し,刺激が対
応を促すことで発達する
3)倫理:科学と自然生態系どちらを信頼するか
4)資源消費・環境負荷の少ない都市へ移行は可
能かー文明の発展を止める実験
22
ダウンロード

PPTダウンロード