第174回 インストラクショナルデザインとテクノロジ輪読
「第4章 インストラクショナルデザインの心理学的基盤」
• 行動主義
– 観察できる「刺激-行動」が対象
• 認知主義・スキーマ理論と認知的負荷
– 人の認知プロセスをIDに活用
• 状況的学習理論
– 社会的・文化的な要因を考慮
• ガニェのID理論・構成主義
余談:構成主義にはじまり構成主義に終わる
– 認知理論や状況的学習理論を踏まえた学習環境
の設計指針
各理論の差異と位置づけ
©2013 平岡斉士
eラーニング推進機構eラーニング授業設計支援室
ランチョンセミナー
1
行動主義学習理論
教授システム学専攻公開科目 基盤的教育論
第7回 行動主義:代理強化とティーチングマシン」より
反応
刺
激
刺激→インストラクション
行動→学習目標
「~ができる」
フィードバック→強化
心理学を科学に→「客観的に観察可能な行動」を対象に。
古典的条件付け:条件反射、パブロフの犬
オペラント条件付け:自発的な行動+強化、スキナー → プログラム学習
認知的情報処理理論
教授システム学専攻公開科目 基盤的教育論
第8回 「認知主義:先行オーガナイザとスキーマ理論」より
反応
刺
激
情報処理をしやすいよ
うに、インストラクション
やフィードバックを行え
ば、学習が容易になる。
学習の成功や失敗の要因:
教授方法、提示する情報、既存の知識、学習者の方略、リハーサル
のタイミング…など様々な要因を検討することができるようになった
スキーマ理論と認知的負荷
できあがってから少し時間を置いた材料を使
うほうが楽に作れる。形は好きな様にすれば
いいが、一度に完成形にするのは難しい。何
度か繰り返して形を整える。あまり複雑な形
は難しい。材料はひとつでもいいし、いくつか
を使ってもいい。ただし、主役となる材料は
決まっている。他の材料はバリエーションを
つける役割しかない。家で作ることもあるが、
店で買うこともできる。ただし、それを実際に
使うのはたいてい外だ。
eラーニング推進機構eラーニング授業設計支援室
ランチョンセミナー
4
状況的学習理論 ⇔ 畳水練
•
•
「学んだことを文章としてまとめる」
→リーディングとライティングの指導を状況に埋め込める
「我々が用いている知識は、それが用いられる状況や文脈の中で適切に生起する
ものであり、身の回りの道具や他者との間に分かちもたれているのであって、決 し
て特定の個人の中にしまい込まれているわけではない」との主張。単に人が自分
で知識を構成する、というよりは、人とのやり取りの中で「社会的に」知識を 構成し
ていく (教授システム学専攻公開科目 基盤的教育論 第9回 「構成主義:正統的周辺参加と足場づくり」より)
• ICTの発展→ウェブ上で専門家と学習者とを連結
– CSILE(Computer-Supported International Learning Environment)
• アンカードインストラクションの例:ジャスパープロジェクト
– 鈴木克明(1995)「教室学習文脈へのリアリティ付与について
―ジャスパープロジェクトを例に―」『教育メディア研究』2(1) 13 – 27
http://www.gsis.kumamoto-u.ac.jp/ksuzuki/resume/journals/1995b.html
ガニェの教授理論
•
ガニェの教授理論の3つの要素(テキスト本文p.63より)
– 人間が学ぶことのできる能力タイプを定義する学習成果の分類法
– 各分類の学習成果の習得と関連している内的または外的な学習の条件
– 学習において特定の認知的プロセスを促進する9教授事象
•
鈴木克明(1995)『放送利用からの授業デザイナー入門
~若い先生へのメッセージ~』財団法人 日本放送教育協会 より
http://www.gsis.kumamoto-u.ac.jp/ksuzuki/resume/books/1995rtv/rtv03.html
– 「評価方法のみならず指導方略の差、すなわち学習を支援する外的条件の差
を反映した形で目標の分類枠を提案する。同じ分類に属する学習目標につい
ては、その 達成を促すために共通な条件が存在する。その共通な条件は、広
く共有することができる。これがガニェの分類法の精神であると筆者は思う。あ
る学習課題を教 えるときにとてもうまくいく方法が、なぜ成功するのか。その理
由を目標の分類にしたがって、追求することができる。そして、同じ様な方法が
通用するのはどの範囲なのか、異なる方法の方がふさわしいのはどこからな
のかを明らかにしていく」
構成主義
•
•
•
•
•
鈴木克明(2005)「〔解説〕教育・学習のモデルとICT利用の展望:教授設計理論の
視座から」『教育システム情報学会誌』22巻1号、42-53.
http://www.gsis.kumamoto-u.ac.jp/ksuzuki/resume/journals/2005a.html
行動主義・認知主義が、客観的に捉えられる(誰が見ても同じ)知識を身につける
プロセスとして学習を捉えていた(客観主義)のに対して、学習者一人ひとりが(各
自異なる)意味を自ら構成していく過程として学習を捉えている。
認知主義
– 社会的・文化的文脈の影響の中での「学習者の学び」
構成主義
– 「社会的・文化的文脈の中における学習者の学び」
各理論の差異と位置づけ
教育メディア研究の温故知新 (鈴木克明、2013)
http://www2.gsis.kumamoto-u.ac.jp/~idportal/wpcontent/uploads/JAEMSmedia
http://www.gsis.kumamotou.ac.jp/ksuzuki/resume/journals/2005a.html
余談:構成主義に始まり
構成主義に終わる
• ヴィルヘルム・ヴント(1832-1920):ドイツ出身
• 哲学的心理学→実験心理学(世界初の実験室)
– 心理学は直接経験の科学、物理学は間接経験
• 構成心理学(structural psychology)
– 内観:心の中を感覚、感情などの要素に分ける
→ ある結合法則でそれらを構成し直す
もちろん、教育の構成主義(constructivism)とは別。
©2009 鈴木克明
eラーニング推進機構eラーニング授業設計支援室
ランチョンセミナー
9
ダウンロード

行動主義 - eラーニング推進機構