思想と行為
第10回 ベンサムとミル
「功利主義、公共性、自由」
吉田寛
ミ
ベ
ベンサム










秀才、まじめ、
がんこ、意思、
偏屈、同情家、
孤独
1748年生 法律家の家庭
英才教育 5歳で「哲学者」と呼ばれる
オクスフォード大(12歳-15歳)
法律家の道は挫折、法哲学者へ(30-40歳ごろ)
1776年『政府論断章』、89年『道徳および立法の原理序
論』出版→名声と社交生活の確保
40歳-60歳ごろならぬ恋→ロシアへ、生涯独身
1791-1802年パノプティコン(監獄)の設計
1808年ごろよりジェームズ・ミル(40歳)とその子J.S.ミル
(7歳)と交友
1826年 市民の大学「ロンドン大学」設立に参加
1832年 没 解剖→ロンドン大へ
J.S.ミル











天才、緻密、誠実、
知性、ロマンス、バラ
ンス
ベンサムの友人で功利主義者
活動的官僚の父 1806年生
英才教育+天才(IQ190?)11歳で
ローマ政体史とアリストテレスに関する論文執筆
15歳 ベンサム主義『経済学要綱』(父と)
17歳 東インド会社就職(1863年まで)
1826年(20歳) 美や愛、信仰の尊重とベンサム流功利主
義への疑問
1830- テイラー婦人とのロマンス 51年(45歳)結婚
1837年『論理学体系』、1842年『経済学原理』など
1858年 婦人没 功利主義の改良と自由主義の完成へ
1859年(53歳)『自由論』 1863年『功利主義』
1865年 代議士 1867年セント=アンドリュース大学総長
1873年 没(65歳)
信
仰
・
教
会
ベンサム・ミルの時代
→
理
性
・
王
権
帝
国
主
義
と
福
祉
産
業
の
発
展
J.S.
市
場
と
自
由
主
義
議
会
と
市
民
の
台
頭
ベ
ン
1633年 ガ裁判、41年 デ『省察』
サ
1640-60年 清教徒革命、 51年 ホ『リバイア ム
サン』
1688年 名誉革命、87年ニュ『プリンキピア』、
89年 ロ『統治論』
1733年 ケイ「飛び緋」、65年 ワット蒸気機関
1776年 ベ『政府論断章』、81- カ『○○批判』
1775年 アメリカ独立戦争、89年 フランス革
命、ナポレオン 1815年 ウイーン会議
1832年 選挙法改正(民主化)、46年穀物
法廃止(自由化)
1859年 ミ『自由論』
1868年 日本明治維新
ミ
ル
ベンサムの「幸福」

人間=快と苦に支配されている存在
– 快苦は人のなすことの原因

人は快に従う(事実)
– 科学としての人間科学

人は快に従うべき(価値)
– 「善く生きる」に関わる倫理学

快=幸福=善を基本とした合理的(科学
的?)倫理学
快楽計算
2.
行為A→結果a、行為B→結果b
快楽計算 a>b
行為の倫理的判断 A(善)>B(悪)

計算の基準

1.
–
–
–
快楽の強度、持続性、確実性、近接性(行為と
結果の時空的な近さ)
豊富さ(プラスの相乗効果)、純粋さ(マイナス
の効果、副作用がないこと)
範囲(快苦を感じる人の数)→次項へ
「最大多数の最大幸福」

快楽計算は範囲を考慮する
– 社会の総ての人について、
(快の合計)-(苦の合計)を計算
– a = (a1+ + a2+ + a3+ +・・)-( a1- + a2- + a3- +・・ )
– b = (b1+ + b2+ + b3+ +・・)-( b1- + b2- + b3- +・・ )
– a > b なら A > B

快楽計算によって、最大多数の最大幸福を
実現するのが善い選択
– 個人の行為選択、立法や政策の判断の基準
– 国民による多数決(議会など)を正当化
ベンサムの功利主義

特徴
– 人間理性による判断(計算)が道徳を実現する
– 幸福の定量化 快苦を基本とする生物としての
人間 道徳の科学化(≠カント、ウィトゲンシュタイ
ン)
– アトミズム 社会とは個々の人間の集合でしかな
い(個人主義>公共、コミュニティ)
– 善悪を社会全体と相対的に判断(穏やかな普遍
主義? 相対主義?)
– 快苦や幸福を善とする(≠カント)
ベンサムへの批判

カント主義(義務論)
– 道徳は普遍的→欲望や感情での行為は×

結果主義
– どんな行為でも結果が善かったらそれでOK?
• 「うそも方便」「わいろも効果しだいでOK」
– たまたま結果が善くなれば行為も善くなる?
• 人を殺した→たまたま悪人だった→よい行為だった?
– ベ:結果そのものでなく、結果の見積もりが大切

情操や、質的な違いを無視している
– 「満足なブタよりも、不満足なソクラテスでありたい」
(J.S.ミル)
J.S.ミルの功利主義
ベンサムの功利主義の批判的発展
 ベンサムの継承

– 最大多数の最大幸福が善である

批判「不満足なソクラテス」
– ただし、「幸福」な生(善く生きる)には、情操(愛
や美、崇高、利他的感情など)がポイント(T)
– 快にも質の区別がある(生理的な快に対して、情
操的な快の区別)
– 快楽計算は、質の高い快に重み付けして、最大
化をはかるべき。
公共性の重視

質の高い快として利他的な快を重視
– =公共の領域(他人に関わる領域)における功利
主義(質も考慮した快楽計算)
– 選挙制度の改良(比例区、専門性に重み付け)
– 教育(リテラシー)の必要
– 社会福祉、平等(女性、植民地)の重視(T)

他人に関する領域→まず公共性を優先
人に害を及ぼさないなら自由(危害原理)

自分自身にのみ関わる領域→自由を尊重(T)
自由の尊重

(功利計算外の)私的領域に関する自由の尊重(≒カ)
– 思想と両親の自由
– 趣味と探求の自由
– 団結の自由

議会制民主主
義を支える
自由を侵害するもの
– 社会の慣習や道徳法則(カント)
– 不当な政治権力

公共・福祉/個人・自由のバランス
– バランスのとれた社会、人間を善しとする
参考文献
『人と思想 ベンサム』、山田英世(著)、清水
書院。紹介本
 『人と思想 J.S.ミル』、菊川忠夫(著)、清水書
院。紹介本


『公共性の哲学を学ぶ人のために』 安彦一
恵/谷本光男(編著)、世界思想社
– ミルの政治論に関する紹介、ほかロックやホッブ
ス、カントらの政治的な思想の整理と紹介など

『世界の名著38 ベンサム J.S.ミル』関嘉彦
(編著)中央公論社(絶版)。ベ『原理序説』、ミ
『自由論』、ミ『功利主義』などの翻訳。
連絡など(もう一度)


日程:共通教育の日程は、12月18日、20日が年内
最終で、年始は1月15日、17日から、1月29日、31日
までだそうです。ただし、1月17日(水)の授業は休講
の予定です。
最終日1月29日、31日はレポート提出日にします。
一週間前にはレポートのテーマを出します。その場
で書ける内容にしますので、その場で書いても、授
業の最初に提出しても、どちらでもかまいません。
(の、予定です)
– 2月15日が早い人の成績締め切りなので、早めに提出し
てもらって、急いで成績つけに入るつもりです。
ダウンロード

第十回