工学倫理
モジュール5:倫理リテラシーを高めるために(1)
開発 :名古屋大学工学研究科 教授 黒田光太郎
名古屋大学情報科学研究科 教授 戸田山和久
名古屋大学情報科学研究科 助教授 伊勢田哲治
南山大学社会倫理研究所 非常勤研究員 杉原桂太
更新日 December 10, 2003
0
倫理リテラシーとは
•
倫理問題について判断を誤らないために
– 法律、決まりなどについての知識
– いろいろな視点から見る習慣
– 倫理問題について判断する手法
1
思考法としての倫理学
•
倫理学は倫理問題の基本に立ち返ることで見通しを与える
•
簡単な解決は与えないが理解を深めることはできる
2
倫理学の基本となる問い
•
•
•
人はいかにいきるべきか
行為の選択はいかにすべきか
社会の仕組みはどうあるべきか
•
これらの問いに様々な回答が提示されてきた。
3
倫理学概論
•
行為の善し悪しの判断
徳倫理学
性格・動機
義務論
意図・行為
帰結主義
帰結
4
帰結主義(consequentialism)
•
ある行為がいいかどうかは最終的には結果の善し悪しで決まる
•
功利主義(帰結主義の代表)
– 倫理とはみんなの幸せを増進するように行為することだという考え方
•
功利の原理 関係者全員の幸福を最大化するように行為せよ
5
帰結主義(consequentialism)
•
功利判断の基本的モデル
– (1)個々の選択肢が関係者個々人をどの程度幸福に(不幸に)するか見積もり、
– (2)それぞれの選択肢について個々人に対する影響を単純に総和し、
– (3)そのように総和して得られる幸福の総量がもっとも大きい選択肢を選ぶ
6
帰結主義(consequentialism)
•
このモデルの問題点
– 幸福の量をどうやって測るのか
– ある人の幸福と別の人の幸福をどうやって比較するのか
– 一つ一つの行為に対してこのような判断を下すのは事実上不可能ではないのか
7
帰結主義(consequentialism)
•
解決策
– おおむね関係者の幸福を増大するであろうような行為規則を事前に選んでおき、
実際に行動する上では功利の原理を直接適用するのではなく、前もって選んでお
いた行為規則に従う
8
義務論(deontology)
•
功利主義批判
– 全体としての幸福が増しさえすれば無実の人を死刑にしてもよいのか
– 悪人の幸福も勘定に入れるべきなのだろうか
9
義務論(deontology)
•
義務論の考え方
– 行為の善し悪しは、その行為や意図が義務にかなっているかどうかで判断される
– 「嘘をついてはならない」「人を殺してはならない」などが代表的義務
10
義務論(deontology)
•
カント(I. Kant)の義務論
– 通常言う意味での幸福は要するに動物的な欲求が満たされるということであり、そ
んな欲求の奴隷になっている状態は真の自由とはいえない
– 「自律(autonomy)」、つまり、自ら理性をもちいて発見した行為の規則(義務)に基
づいて行為することこそ重要であり、真の自由
11
義務論(deontology)
•
カント(I. Kant)の義務論
– 人格 (person)の尊重の義務
–
他人の人格(自律的に行為する能力と言い換えることもできる)に敬意をはらい、
決して自分の目的を達成するための単なる手段として人格を用いてはならない
12
義務論(deontology)
•
カント(I. Kant)の義務論
– 例:無実の人を全体の幸福のために処刑するのは、その人を他人の幸福のため
の手段として使っていることになるので認められない。
13
義務論(deontology)
•
権利論(right theory)
– ある人が何かの権利を持つならば、他の人はその権利を尊重する義務をもつ
– 義務の側ではなく権利の側から考え始めようというのが権利論
– 「基本的人権」に基礎をおく近代的な自由主義国家の考え方は、権利論の典型
14
義務論(deontology)
•
義務論・権利論の問題点
– 二つ以上の義務(権利)が葛藤した場合どうしたらよいか
– 義務(権利)があらかじめ決められていない場合はどうすればよいか
– 既成の義務を無批判に受け入れて機械的に適用すればよいというものではない。
15
徳倫理学 (virtue theory)
•
功利主義や義務論に対する批判
– どんなに(功利主義や義務論の観点から見て)正しい行いをしている人でも、それ
に暖かい感情が伴っていなければ、やはりその人には何か道徳的にみて欠けて
いるところがあるのではないか
16
徳倫理学 (virtue theory)
•
徳倫理学からの提案
– 困っている人を見たらつい同情して助けずにいられないような性格を養成すること
にこそ道徳的な価値というのがあるのではないか
17
徳倫理学 (virtue theory)
•
行為の善し悪しの判断
– →行為者がどれだけ人徳を身につけているか(「いい人」か)
•
自分がすでに人徳を身につけているならともかく、そうでないなら、「「人徳ある人」なら
どう行動するだろう?」と考えることで行為を決定する。
– →そうすることが徳の涵養にもつながる。
18
徳倫理学 (virtue theory)
•
徳の例
節制
勇気
共感
•
公平
知恵
謙虚
「知識がある」ことや「合理的に判断できる」ことよりも体にしみ込んでいることが大事
19
徳倫理学 (virtue theory)
•
徳倫理学への批判
– あいまいで行為の指針として役に立たない
– 徳の中身は文化によってだいぶ違う
20
三つの立場のまとめ
•
功利主義
– 結果として人々が幸福になるか
•
義務論(カント主義)
– 他人を単なる手段として使っていないか、義務にかなっているか
•
徳倫理学
– 人徳のある人ならそう行動するか
21
これらの理論の使用法
•
多くの場合にはこの三つの観点からの判断は一致する
– 例:浅知恵で行動するよりは義務にしたがった方が結局みんなが幸せになること
が多い
– →常識的倫理の根拠
•
しかし場合によっては全然反対の結論が出てくる。
22
これらの理論の使用法
•
義務論以外の考え方を適用することが不適当だと判断されるような場面
•
非常に新しい問題などで、功利主義以外では回答不能に陥る場面
•
→消去法による解決
23
これらの理論の使用法
•
どの理論の観点からも説明できない道徳的な直観
– 例:生態系や希少種を保護しなくてはならない、という直観
24
これらの理論の使用法
•
三つの理論は倫理というものの、別々の、しかしそれぞれに重要な側面をとらえている
•
功利主義者も義務論者も徳論者もそこそこ納得するような解答は、功利主義者しか納
得しないような解答よりもましな解答
•
→これらの理論をすべて考慮に入れつつ、全体のバランスをとった解決策を考える
25
理論を実践にいかすには
•
三つの理論はどれも一般的なので、ただ従っていれば答えが見えてくるというわけに
はいかない
•
個別の場合についての判断と比較して内容を豊かにしていく作業が必要
26
理論を実践にいかすには
•
反照的均衡法
– 理論と個別の場合についての判断を照らしあわせ、両方を少しづつ修正して全体
の調和をとる方法
27
理論を実践にいかすには
•
反照的均衡法
– 例:人格の尊重 と 尊厳死
– 殺人は相手の人格を尊重しない行為だからダメ、ならば尊厳死は?
28
まとめ
•
行為の善し悪しの最終的な基準について三つの考え方がある
•
三つは場合によって対立するが、よりましな解決をめざすには三つとも考えにいれるの
が大事
•
具体的な内容は具体例について考える中で補っていく必要がある
29
ダウンロード

講義資料 - 人間情報学研究科