マーケティングの歴史と定義の変遷
マーケティングとは
1
市場と企業のかかわり
金融市場
労働市場
購買市場
販売市場
企業
2
販売市場とマーケティング
• 企業にとって販売市場の重要性が増大
• 販売市場への取り組みが重要視
• マーケティングが体系化
3
経営の全体像
財務
購買
製造
販売
労務
4
トップマネージメントからの視点
•
•
•
•
•
•
外部環境の分析
販売計画の設定
生産・購買・財務・労務計画の設定
戦略経営計画を作成
戦略経営計画が組織を通じて実行
結果の評価
マーケティングの重要性
•
•
•
•
5過程のなかで販売過程が重要
販売過程が経営目的の成否を決定
経営過程全体がマーケティング志向へ
経営の基本機能はマーケティングとイノベー
ション
6
コトラーの定義
交換過程を通じてニーズと欲求を充
足させることを目指す人間活動
交換過程を通じてニーズと欲求を充
足させることを目指す社会的プロセス
7
定義の変遷の理由
•
•
•
•
マーケティング過程の決定は企業内部
実践は外部環境である市場で行う
時代や市場の状況から複雑な影響を受ける
マーケティングの実践は外部環境に影響を受
ける
• 定義も時代とともに変化する
8
20世紀 前期
•
•
•
•
南北戦争終了後市場が停滞
過剰生産
独占資本による市場獲得のために開発
財の物的流通ならびにそれらの所有権の移
転にかかわる諸行動
9
20世紀 中期
•
•
•
•
製品の標準化と技術の発達
大量生産体制の確立
「いかに製品を売るか!」を重視
生産者から消費者若しくは使用者に至る商
品及びサービスの流れを指揮する事業活動
の遂行である。
10
20世紀 後期
• 巨大な投資と技術革新により企業存続の危
機
• 顧客こそが経営にとって最も重要
• 長期的視点に立ったマーケティング戦略
• 個人および組織目的を満足させる交換を創
造するために、アイデア、製品、サービスを概
念化し、価格づけ、販売促進、流通を計画し、
実施するプロセスである。
11
21世紀
• 消費者のニーズに応えるだけでなく社会的利
益に貢献
• 企業の利益追求よりも社会的期待を重視
• マーケティングは豊かな社会をもたらす義務
がある
• マーケティングとは、顧客、依頼人、パートナ
ー、そして社会全体にとって価値ある提供物
を創造・伝達・配達・交換するための活動、一
連の制度、過程である。
12
ダウンロード

マーケティングとは