デユアル・モード
グルーバル化時代の
サバイバル・スキル
前ITU事務総局長
内海善雄
2012/4/9 IEEE
Yoshio Utsumi
1
グローバル社会と日本
1.
はじめに
2.
百聞は一見にしかず
ジュネーブで感じたこと
日本の立ち位置
日本人のマインドセット
皆でやろう
3.
4.
5.
6.
日本の現状






超高齢化
産業の空洞化
国家財政危機
エネルギー危機
理科系忌避
内向き志向
2012/4/9 IEEE
Yoshio Utsumi
3
2012/4/9 電子情報通信学会
Yoshio Utsumi
5
2012/4/9 電子情報通信学会
Yoshio Utsumi
6
ITU(国際電気通信連合)




1865年 設立 世界最古の国際機関
加盟国 191国 職員数 約1000名
所在地 ジュネーブ
任務
 電気通信技術の普及
 電波と衛星軌道位置の割当ての国際調整
 電気通信の標準化
2012/4/9 IEEE
Yoshio Utsumi
7
●国際電気通信連合(ITU) - 1865年設立、1947年専門機関となる。
●世界気象機関(WMO) - 1950年(前身は1873年)設立、1951年専門機関となる。
●万国郵便連合(UPU) - 1874年設立、1948年専門機関となる。
●世界知的所有権機関(WIPO) - 1970年(前身は1892年)設立、1974年専門機関となる。
●国際連合食糧農業機関(FAO) - 1945年(前身は1905年)設立。
●国際労働機関(ILO) - 1919年設立、1946年専門機関となる。
●世界観光機関(UNWTO) - 1975年(前身は1925年)設立、2003年専門機関となる。
●国際連合教育科学文化機関(UNESCO) - 1946年設立、1986年専門機関となる。
●国際通貨基金(IMF) - 1946年設立、1947年専門機関となる。
●世界銀行(WB)グループ - 1946年設立。
国際復興開発銀行(IBRD)
国際投資紛争解決センター(ICSID)
国際開発協会(IDA)
国際金融公社(IFC)
多国間投資保障機関(MIGA)
●国際民間航空機関(ICAO) - 1947年設立。
●世界保健機関(WHO) - 1948年設立、同年専門機関となる。
●国際海事機関(IMO) - 1948年設立。
●国際連合工業開発機関(UNIDO) - 1967年設立、同年専門機関となる。
●国際農業開発基金(IFAD) - 1977年設立、同年専門機関となる。
2012/4/9 IEEE
Yoshio Utsumi
8
8年間の主要な成果




第3世代携帯電話規格の合意
IP電話の促進
欧州、アフリカ、西アジアの地上TVのディジタ
ル化 2015年までに
世界情報社会サミットの開催
2015年までに情報社会を建設
 インターネットの民主化・国際管理の推進

2012/4/9 IEEE
Yoshio Utsumi
9
WSIS
World Summit on the Information society
Thematic Meeting
Thematic Meeting
Thematic Meeting
Tunis Summit
Regional Meeting
Regional Meeting
Prep-com
Prep-com
Prep-com
Prep-com
Prep-com
Geneva Summit
Prep-com
Prep-com
Prep-com
Prep-com
Regional Meeting
Regional Meeting
Regional Meeting
Regional Meeting
2012/4/9 IEEE
Yoshio Utsumi
10
WSIS Geneva
2012/4/9 IEEE
Yoshio Utsumi
11
グローバル社会と日本
1.
はじめに
2.
百聞は一見にしかず
3.
ジュネーブで感じたこと
日本の立ち位置
日本人のマインドセット
皆でやろう
4.
5.
6.
百聞は一見にしかず
2012/4/9 IEEE
Yoshio Utsumi
13
百聞は一見にしかず
2012/4/9 IEEE
Yoshio Utsumi
14
百聞は一見にしかず
2012/4/9 IEEE
Yoshio Utsumi
15
日米電気通信交渉

自由化をめぐって数次にわたる交渉
細部にわたる押しつけ
従う日本
日本は主権国家か?

実情は、、、、、、



2012/4/9 IEEE
Yoshio Utsumi
16
IMT-2000

欧州と組んで3Gを日本案でまとめた

実情は

横飯を食う日本 vs Tシャツを配る西欧

「標準化」交渉は看板、実質は「特許料」交渉
2012/4/9 IEEE
Yoshio Utsumi
17
WRC 波取り合戦

モトローラ(米大企業)
テントにラクダ

テレデシック(ベンチャー)
キャリーバッグ

アルカテル(パリジャンヌ)
女性社長の涙

日本
2012/4/9 IEEE
他国のボスを接待
Yoshio Utsumi
18
グローバル社会と日本
2.
はじめに
百聞は一見にしかず
3.
ジュネーブで感じたこと
4.
日本の立ち位置
日本人のマインドセット
皆でやろう
1.
5.
6.
ジュネーブで実感したこと

小さい地球

本当の貧困と豊かさ

生存競争の不得手な超ユニークな日本人
2012/4/9 IEEE
Yoshio Utsumi
20
小さい地球
2012/4/9 IEEE
Yoshio Utsumi
21
豊かさ
2012/4/9 電子情報通信学会
Yoshio Utsumi
22
貧困
2012/4/9 電子情報通信学会
Yoshio Utsumi
23
生存競争の不得手な日本人






日本国を意識しない
自虐的
超お人よし
戦略のなさ 考えない 付和雷同
無責任の体系
大災害でも冷静
➠ inscrutable
2012/4/9 IEEE
Yoshio Utsumi
24
グローバル社会と日本
3.
はじめに
百聞は一見にしかず
ジュネーブで感じたこと
4.
日本の立ち位置
5.
日本人のマインドセット
皆でやろう
1.
2.
6.
日本の現状






超高齢化
産業の空洞化
国家財政危機
エネルギー危機
理科系忌避
内向き志向
2012/4/9 IEEE
Yoshio Utsumi
26
日本に奇跡をもたらした好環境






朝鮮戦争
東西冷戦の最前線
1億人のマーケット
大量生産商品の時代
同質で、緻密でまじめな国民気質
技術発展の時代
2011/6/21 BHN
Yoshio Utsumi
27
奇跡を支えた理念





諸国民の公平と信義
GDP 至上主義
1億総平等至上主義
「和をもって 尊し 」至上主義
米文明至上主義
2011/6/21 BHN
Yoshio Utsumi
28
好環境の消失






冷戦構造の変革
米国の凋落
技術移転 技術のコモディティー化
グローバル化
アジアの台頭
20世紀文明の行き詰まり
2011/6/21 BHN
Yoshio Utsumi
29
20世紀文明(米資本主義)の破綻

自由主義経済の前提

無限にあるリソース
土地
 石油エネルギー
 食料

 原子力

ピューリタンの倫理
2011/6/21 BHN
Yoshio Utsumi
30
グローバル社会と日本
4.
はじめに
百聞は一見にしかず
ジュネーブで感じたこと
日本の立ち位置
5.
日本人のマインドセット
6.
皆でやろう
1.
2.
3.
日本人の価値観に疑問

金持ちになることが幸せか?

道路建設、開発が重要か?

協調性やバランス感覚重視で、外国に勝てる
のか?

平等教育、ゆとり教育で人材は育つか?
2011/6/21 BHN
Yoshio Utsumi
32
現代日本の支配的理念の打破







GDP至上主義
1億総平等至上主義
「和をもって尊し」至上主義
諸国民の公平と信義
米至上主義
消費は美徳
ダメな日本
2011/6/21 BHN
Yoshio Utsumi
33
すばらしい日本の再発見








同一民族による大国
緑の国土 自然の要塞
長寿 最高医療
良好な治安
高い教養・勤勉
和を尊ぶ心・思いやり
日本食 美酒
文化水準 東洋文化と西洋文化の融合
2011/6/21 BHN
Yoshio Utsumi
34
矛盾する価値に対処
(Dual Mode)
 和を尊ぶ心・思いやり
 生き抜くための闘争
2012/4/9 IEEE
Yoshio Utsumi
35
グローバル社会と日本
5.
はじめに
百聞は一見にしかず
ジュネーブで感じたこと
日本の立ち位置
日本人のマインドセット
6.
皆でやろう
1.
2.
3.
4.
今やらなければならないこと
震災の復興 200兆円 400万円/人
 財政再建
800兆円 1600万円/人
 地方分権
 産業構造の変換
 価値観の変換
 責任を果たす ➠ 我慢

2011/6/21 BHN
Yoshio Utsumi
37
具体的な国の政策








テレビ番組の向上
若年寄りの活用 定年制の廃止
科学技術教育の強化
地方文化の維持・涵養
減反政策の廃止
衰退産業保護政策の廃止
外国人の受入れ
国際スタンダードの採用
2011/6/21 BHN
Yoshio Utsumi
38
求められていることは
立ち位置を正しく認識すること
 パラダイム・シフトの再認識
 「日本」の良さの再認識
 「日本人」の良さの再認識
 地方の良さの再認識
 女性や高齢者の力の再認識
 科学技術立国の再認識
 国のために我慢
2011/6/21 BHN
Yoshio Utsumi
39
決め手
アリ地獄の根本的理由
横並び
 自分で考えない
 無責任体制

大部屋 ➠ 個室
2011/6/21 BHN
Yoshio Utsumi
40
皆でやろう

地球環境を守ろう

地球上で生き残ろう

真の幸福を追求しょう
2012/4/9 IEEE
Yoshio Utsumi
41
ありがとうございました。
2012/4/9 IEEE
Yoshio Utsumi
42
ダウンロード

デユアル・モード グローバル化時代のサバイバル・スキル