ヤマセ海域のSST変動と
海洋内部構造の関係
ー2011年の事例解析ー
理工学部 地球環境学科 気象学研究室4年
08S4025 佐々木 実紀
ヤマセとは?
地上
500hpa
典型的なヤマセの天気図
•オホーツク海上にブロッキング高気圧
•三陸沖上空に切離低気圧
•沿海州と北日本太平洋側に
リッジが延びている
背景①
最近大気海洋相互作用が注目されているが・・・・
研究が多い
• 海洋→大気(ヤマセ)・・・・・
• 大気(ヤマセ)→海洋・・・・・
研究が少ない
ヤマセが海面水温に影響?
以降SSTとする
?
背景②:冷水渦と暖水渦
水深100mでは・・・?
親潮
時計
回り
混合域
2002年7月上旬の深さ100mの水温図(℃)
気象庁HPより
反時計
回り
黒潮
ヤマセが吹く海域の
海洋内部構造は複雑!
背景②:冷水渦と暖水渦
2002年7月上旬の深さ100mの水温図(℃)
表層の暖水が・・・・
厚い
気象庁HPより
薄い
冷水渦=表層の暖水が薄い
→SSTも下がりやすい?
ヤマセ後のSSTの変化→内部構造も関係???
目的
研究例の少ない
ヤマセ→海洋
の影響を考える!
•ヤマセが吹いた後にSSTはどのように変
化するか?
•表層の暖水の厚さは関係するのか?
•ヤマセが吹いた後、海洋からの熱はど
のように変化するか?
使用データ
使用データ(UTC)
•NCEP/NCAR再解析データ(6時間)
→気温、風
•JCOPE2(1日)
→水深1000mまでの水温、
海洋の流れ
JCOPE2とは?
• 海洋客観解析データ(モデル予報+観測)
モデル
POM/POMgcs(プリンスオーシャンモデル)を基に
構築。
観測
入手可能なすべての観測データ
(人工衛星、ARGOフロート、各種船舶によるデータ)
→精度がかなり良い
•格子間隔 1/12度(約10Km)
•一日毎のデータ
JCOPE2
NOAA:OISST(内挿
データ)
格子間隔1度
SSTが見れる
NOAA
研究期間
六ヶ所の観測 風の東西成分の高度分布図
7月30日12時の地上天気図
7月30日6時頃より
東風成分が強くなる
沿海州と太平洋沿岸
にリッジが伸び
ヤマセの天気図となる
研究期間
ヤマセ前
7月29日
ヤマセ
7月30日~8月1日強い東風
8月2日~8月4日南東風
ヤマセ後
8月5日以降は南風
ヤマセ期間 : 7月30日~8月4日
研究期間 : 7月25日~8月7日
方法
JCOPE2のデータで
•
•
① ・29日のSSTと7月30日~8月07日
の差をとりSSTの変動を見る
・海洋の流れ、内部構造
② 潜熱、顕熱フラックスを求め
熱の輸送を見る
ヤマセ前日のもととなるSST
③ ヤマセ海域での領域平均をとる
結果①:SSTの変動
ヤマセの吹き始め
ヤマセ持続中 8月1日~8月4日
ヤマセの終わり
SSTが下がりやすい海域 SSTに大きな変化
SSTは上がっていく
→
→
SSTが下がりにくい海域
→
が見られる SSTが上がりやすい海域と上がりにくい海域が
結果①:100m水温図と流速
暖水渦??
→時計回りに渦巻く
4つ
冷水渦??
→反時計回りに渦巻く
4つ
結果①:SSTの変動と内部構造
例.東経142.5度
暖水渦→SSTが下がりにくい
冷水渦→SSTが下がりやすい
水深100mの水温図
予想通りとなったのは
暖水渦2つと冷水渦2つ
29日からの偏差
北
暖水渦
南
冷水渦
結果①:SSTの変動と内部構造
水深100mの水温図
例.東経146.5度
暖水渦→SSTが低下!?
例.東経146.0度
冷水渦→SSTが上昇!?
29日からの偏差
黒潮が北上
黒潮の移動によってSSTが変動
結果①:まとめ
ヤマセが吹いた影響でSSTが変化した海域は・・・?
冷水渦では・・・
暖水渦①
北緯41.5度
東経144.0度
ヤマセが吹くと表層の暖水
がかき混ぜられすぐ下の冷
水が現れるためSSTが低下。
冷水渦②
北緯37.0度
東経141.5度
暖水渦②
北緯40.0度
東経142.5度
冷水渦①
北緯38.3度
東経142.8度
結果②:潜熱・顕熱フラックス
潜熱フラックス
7月29日~31日
0W/m 2 ~徐々に上がる
8月1日~2日の
潜熱・顕熱フラックスが上昇
また両フラックスは
顕熱フラックス
暖水渦→上がりやすい
冷水渦→上がりにくい
急激に増加
注:上向き:正
結果②のまとめ
暖水渦① 北緯41.5度,東経144度
冷水渦① 北緯38.3度,東経142.8度
気温
SST
水深10mの水温
SST
気温
水深10mの水温
水温100mの水温
水温100mの水温
潜熱フラックス
潜熱フラックス
顕熱フラックス
顕熱フラックス
暖水渦ではSSTが下がりにくい
冷水渦ではSSTが低下
水深10mの水温も低下
結果③:領域平均
ヤマセが吹き始めると気温が
下がりSSTも下がる。
潜熱フラックス
顕熱フラックス
•8月1日~8月2日
→気温がSSTより大幅に下降
それにともない
潜熱、顕熱フラックスが増大!
=海面から熱が出ていく
気温(℃)
SST(℃)
領域: 東経142.0度
~東経144.5度
北緯38.0度
~東経41.7度
気温は上がっていくが
SSTの上昇は抑えられる。
まとめ
•ヤマセが吹くことによりSSTは低下する。
• ヤマセ時のSSTは
暖水渦では低下しにくく、冷水渦では低下しやすい。
→SSTの変動と海洋内部構造は関係
• 潜熱、顕熱フラックスは
ヤマセの吹き出し時に急激に増加
→その結果SSTの季節的上昇が抑えられる
ダウンロード

Document