「貨幣・国際通貨制度の歴史における
中南米の銀の意義」
財団法人 国際通貨研究所
松井謙一郎
日本国際経済学会(関東部会)
平成18年11月18日
1
本発表の概要
「中南米の銀」の通貨(貨幣)制度の歴史での意義の考察




2
中南米からヨ-ロッパへの銀流入の影響(一般的説明)
価格革命・商業革命 重商主義
ペル-の銀
ミタル労働 最近の資源国有化の動きとの関係
メキシコの銀(19世紀後半における位置付け)
ヨーロッパでの金銀複本位制度崩壊と銀の役割の後退
北米・東アジアでのメキシコ銀の位置付け
江戸後期・明治時代の日本における銀との関係
メキシコの銀(現代における位置付け)
銀の活用の動き(銀貨流通のための法案)
発表の問題意識

一般的な位置付け
中南米(最初はペル-、後
はメキシコ)の銀は、16世紀
のヨ-ロッパに大量にもたら
され、価格革命・商業革命・
重商主義思想の出発点に
なったとされる。
世界史上で中南米の銀が表
に出てくるのは専らこの文脈
に関連してである。
3

メキシコの銀の歴史的な役
割に係る認識の必要性
メキシコの銀は、ヨ-ロッパ
以外でも19世紀末まで東ア
ジア・北米でも重要な位置付
けにあり、その歴史的事実は
現在のメキシコの通貨制度
を考える際にも不可欠である。
その代表的な例として、最近
のメキシコにおける銀貨流通
のための動きを紹介する。
銀の位置付け①(銀相場・用途)

銀相場の変動要因
銀の価格の変動要因として
は、工業用途の需要、産出
高の変動、通貨・為替の一般
的な動向等がある。
産出高で見ると、現在メキシ
コ・ペル-が世界の主要な銀
の産出国であり、現在の銀
相場を見る上でも両国の動
向が相場の変動の大きな要
因となっている。
4

銀の用途
銀の用途としては、宝飾
品だけでなく、写真の感光
剤・医療用途への応用の
他、電気抵抗が少ない性
質を利用して電子工学分
野に幅広く使われている。
但し、金と比較すると産出
量が増えているので希少
価値は減少している。
銀の位置付け②(算出量の歴史的
推移:金と銀の比較)
5
(出所)増田義郎「物語 ラテンアメリカの歴史」(P.81より)
銀の位置付け②(算出量の歴史的
推移:メキシコとペル-の比較)
6
(出所)増田義郎「物語 ラテンアメリカの歴史」(P.123より)
銀の位置付③(「メキシコ銀」とは)

中南米の銀産出国
現在のボリビア(当時のペ
ル-)のポトシ銀山が有名
だが、メキシコでも複数の
銀山が発見があり、産出量
が急速に増えていった。
産出量は、当初はペル-が
メキシコを上回っていたが、
18世紀頃になるとメキシコ
がペル-を大きく上回る事
となった。
7

「メキシコ銀」の定義
16世紀以降、スペインがメ
キシコ産の銀で鋳造した銀
貨。
東洋貿易に使用されてアジ
ア各地に流通、アジアの近
代的貨幣制度の発達を促
した。メキシコ‐ドル、墨銀
(ぼくぎん)とも呼ばれる。
銀の位置付け④(産出量の比較推
移)
国 名
メキシコ
1995年
2,324
1999年
2,467
2000年
2,621
ペルー
オーストラリ
ア
アメリカ
中 国
チ リ
1,929
2,231
2,438
941
1,594
1,889
1,560
910
1,041
1,950
1,320
1,380
1,860
1,600
1,245
カナダ
その他
1,285
6,031
1,174
5,437
1,161
5,347
世界全体
16,021
17,553
18,161
(出所)出所:総務省統計局『世界の統計2004』国立印刷局 2004
8
価格革命・商業革命

価格革命
16世紀を中心にヨーロッパ
諸国におこった長期の物価
騰貴。
騰貴は早いところでは15世
紀末から始まり,17世紀初
頭(1620ごろ)までつづい
たが,地域によって時期に
も,騰貴の幅にも大きな差
があった。
9

商業革命
南ドイツ商人の繁栄が大き
く崩れた。
新大陸産銀が南ドイツ産銀
に代わって東インド貿易に
おけるヨーロッパからの対
貨としての役割を担うこと
になり,東インド貿易と新大
陸貿易とは,銀という商品
を通して不可分に結びつい
た。
重商主義の思想

重商主義
国家の産業として商業を特
に重要視した経済思想およ
び経済政策の総称。
15世紀半ばから18世紀に
かけヨーロッパで絶対主義
を標榜する諸国家がとった。
資本本主義が産業革命に
よって確立する以前、王権
が絶対主義体制(常備軍・
官僚制度)の維持・国富増
大を目指して行われた。
10

重商主義の考え方
「富とは金(や銀、貨幣)で
あり、国力の増大とはそ
れらの蓄積である」の認識。
植民地維持のコストの増
大や、国内で政権と結び
ついた特権商人の増加な
どが問題となり、古典派経
済学の発達を促すもとと
なった。
ペル-の銀

スペインの財政事情
スペインには新大陸から大
量の金銀が流入したが、対
トルコの戦争などで多額の
負債を抱えていた。
スペインは財政事情の改
善のために新大陸の銀へ
注力し、特にポトシ銀山か
らの産出増強が進められる
ようになった。
11

ミタ労働
インディオの保護を求める
聖職者の声が高まるなか、
王室からの要求に応えるた
めに、インディオにミタ労働
(強制移住・輪番制労働)
が強制されるようになった。
ポトシ銀山(現在はボリビア
領内にある)のミタ労働が
知られている。
最近(2006年に入ってから)の中南
米での資源ナショナリズムの高まり

ベネズエラ


ボリビア


6月に、大統領選挙の有力候補者(左派のウマラ候補)が、
選出後の公約として資源の国有化を表明
エクアドル

12
5月上旬、大統領が資源(天然ガス・石油)の国有化表明
ペル-


4月、大統領が石油産業の国有化推進を強化する旨発表
5月中旬、政府が、米系の石油大手との開発契約を破棄を
発表(資源国有化の意図は否定)
グレシャムの法則(定義)

改鋳等で、貨幣の含有量等内容が異なる貨幣を、同一の価
値を持たせて並列して流通させる結果として、グレシャムの
法則が発生する。

異なる貨幣(金・銀、金とドル等)が並存して流通している場
合に、法定の交換比率と市場の交換比率に乖離が生じて法
定の交換を維持できなくなる事象もグレシャムの法則と呼ぶ

「交換比率が法定比率と市場評価において乖離が生じ」「そ
の結果として市場評価の低い通貨(悪貨)が使われ、良貨
(市場評価の高い通貨)が使われなくなる」という意味におい
ては両者は本質的には同一であると考えられる。
13
金銀複本位制度①(グレシャムの法
則の発生)

金銀複本位制度の定義
銀貨と金貨を共に本位貨
幣とする制度を指す。日本
の江戸時代でも、東日本で
主に金貨、西日本で主に銀
貨、補助貨幣として銭とい
う制度が施行されていた。
しかし、この金銀複本位制
が形骸化して銀貨のみが
流通、事実上の銀本位制
度となる場合が少なからず
見られる。
14

グレシャムの法則の発生
19世紀ヨーロッパ諸国の多
くも金銀複本位制を採って
いたが、 銀産出高の増加
などにより銀の市場価格が
下落、金貨との法定比価と
の間に開きができた。
この場合、銀貨を流通させ
て金貨を退蔵した方が有利
な為、グレシャムの法則、
なし崩し的に事実上の銀本
位制となった。
金銀複本位制度②(銀の役割の変
化)

金本位制度への移行
この時期の銀の市場価格
の変動は大きくまた下落傾
向が顕著であった。
当時世界経済の主導的地
位を占めていたイギリスが
金本位制度に転じていた。
このため、 銀本位制諸国
は深刻な影響をうけ、19世
紀の終りにはほとんどの国
が金本位制に転じた。
15

銀の役割
銀は貨幣の歴史において
は本位貨幣として位置づけ
られてきたが、金本位制度
が主流になる事で金に主
役の座をゆずる事となる。
以降は、銀は通貨としてで
はなく、貴金属資源として
の役割が中心となる。
金銀複本位制度③(金と銀の交換
比率)
金
と
銀
の
交
換
比
率
世
紀
16
(出所)コインの散歩道http://www1.u-netsurf.ne.jp/~sirakawa/A007.htm
(
様出
所
コ)
イ前
ンス
のラ
散イ
歩ド
道と
同
17
ラテン通貨同盟①(同盟の結成)

ラテン通貨同盟の結成

結成の背景
1865年にフランス、イタリア、 ①複本位制を維持すると金
スイス、ベルギ-の代表が
準備が減っても銀準備が
増える
集まり、結成された。
②東アジアが銀本位制を採用,
貿易関係や為替相場を安
当時、主流となりつつあっ
定させるため銀を本位貨幣
た金本位制度の動きに対
として残す必要
抗して、金銀複本位制存続
③部分的にでも、イギリスに
の道を選んだ。
対抗することができる
18
ラテン通貨同盟②(崩壊)

ラテン通貨同盟の崩壊
1876年フランスは銀貨の発
行を停止し,他の同盟国と
ともに1878年より 金本位制
を事実上採用することを余
儀なくされた(跛行本位制)
これにより、ラテン通貨同
盟も崩壊を余儀なくされた。
19

金本位制度が主流へ
グレシャムの法則に従えば、
金と銀の交換バランスが崩
れた場合、悪貨である銀が
良貨である金を流通から駆
逐する事になる。
しかしながら、対外的な信
用確保のためには金本位
制度の採用が必要となり、
19世紀末のヨ-ロッパでは
金本位制度が主流となる。
19世紀におけるメキシコペソの流通
状況①(アメリカ)

18世紀の状況
独立戦争の最中までは、植
民地時代のスペインドルの
流通が見られた。
1785年にもスペインドルを
統一的な通貨単位として認
めている。
独立後の1792年になって
始めて独自通貨鋳造が行
われた。
20

19世紀の状況
1857年には外国通貨の流
通を禁止して様々な通貨の
並存状況を収束させようと
した。
しかしながら、南北戦争の
戦費調達による政府紙幣
(グリ-ンバック紙幣)の乱
発によるインフレ等制度は
安定していなかった。
19世紀におけるメキシコペソの流通
状況②(カナダ等)

カナダ
19世紀半ばまでは、各
Provinceによる独自通貨
発行の動きのため、統一が
取れず、スペインドルも広く
流通した。
1858年に、Province of
Canadaが自国通貨の発
行を宣言。
21

その他の地域での流通
メキシコペソは、中南米全
体でも広く流通したとされる。
(グアテマラ等の中米、チ
リ・ペル-・ベネズエラ等の
アンデス地域)
東アジアでもメキシコペソ
(銀貨)は、貿易決済として
広く利用され、19世紀後半
においては国際通貨であっ
たと言える。
当時の東アジアの状況

22
マニラの役割

銀が主流の東アジア
マニラが当時はスペイン領と
して東アジアにおける貿易
の拠点となっていた。
日本も明治の初期には、東
アジアとの貿易のために、
銀貨を発行している。
マニラを拠点に中南米と中
国との貿易が行われたが、
この過程で銀が中国にも流
入した。
当時の東アジアでは日本・
中国を始めとして銀本位制
度を取る国が主流であった。
日本への影響①(開国時の状況)

23
開国時の状況

それまで鎖国を行って
いたため、海外の貨幣
との交換比率を決める
必要が出てきた。

基準となったのは、当
時東アジアの貿易決済
で一般的に使用されて
いたメキシコ銀と日本
の銀貨であった。

グレシャムの法則の発生
幕末の開国と金の流出
国内の金銀交換比率(対
外的に適用する公的交換
比率)=1:5
国際的な金銀交換比率=
1:15
この金銀の交換比率の違
いを利用した裁定取引(銀
を金に交換して海外に持ち
出し)が働き、金が流出。
日本への影響②(明治後半の状況)

新貨条例(1871年)
日本においては1871年に
「新貨条例」を制定、形式
上金本位制が採用された。
しかし、当時は東洋市場に
おいては銀貨による対外支
払いが一般的であった為、
1円銀貨を発行し、貿易な
どの対外支払用貨幣として
使用した。
24

1870年後半~1890年後半
1878年には銀貨の国内流
通が認められ、事実上の金
銀複本位制となったが、 金
貨の流出と政府不換紙幣
の大量発行で、金貨は殆ど
流通せず。
1897年に正式に金本位制
を採用するまで、事実上の
銀本位制が継続した。
ドルブロックの形成とメキシコの状
況

メキシコの通貨制度
19世紀の前半は金・銀・銅
貨が並存流通する状況に
あったが、1861年に銀を中
心とする本位制度へ移行
20世紀に入り世界の主要
国が金本位制度に移行す
る中で、メキシコも金本位
制度へ以降(1905年)、
その後はメキシコは革命の
ため混乱する
25

ドルブロックの形成
パナマは、1903年の独立
以降、公式ドル化政策を採
用しておりドル圏に組み込
まれる。
1930年代には中南米全域
にドル圏が拡大した。
中南米地域の現在の通貨圏の現状



26
ECCU
カリブ海の6か国で、通貨
同盟結成
NAFTA、MERCOSUR
通貨圏としての選択肢は、
従来より多くの議論有り
中米
公式ドル化国(パナマ、エ
ルサルバドル)、それ以外
の国でも全般的にドルの影
響は強まっている。

アンデス地域
政治では全体的に左傾化が
進んでおり、今後動向が注
目される地域(過去にアンデ
ス共通通貨構想も有り)
エクアドル→公式ドル化国、
但しExitの可能性有り
ペル-・ボリビア→ドル化比
率が高い国
コロンビア・チリ→親米であ
るが、ドル化比率低
[ベネズエラ→反米]
メキシコでの銀の活用の動き①

概要
メキシコでは過去の銀貨の
歴史・世界有数の銀の産
出国として銀の活用が議論
される事が往々にしてある。
ここではメキシコにおける
最近の銀貨流通のための
法案を活用の事例として取
り上げる。
27

銀貨流通のための法案
銀貨の流通を超党派(PAN、
PRI,PRD)の議員の支持の
下、法案として議会に提出。
脱ドル化・自立性を高める
意味で銀貨を流通させる意
義が重要という主張。
2005年4月に下院に提出さ
れ、現在審議中の状況に
ある。
メキシコでの銀の活用の動き②

28
法案の概要

既存の通貨(ペソ)と並行して銀貨(Onza de Plata
Libertad)も流通させる。

銀貨には固定した表面価値を設定せずに、中銀が常時
価値を公示する。中銀の価値公示に際しては、常にショ
ニリッジを確保できる水準の設定とする。

中銀による銀貨の公示価格は、銀の価格動向(下落)に
左右されないようにするため、価格引下げは行わないが、
設定価格の引き上げは許容する。
メキシコでの銀の活用の動き③

29
法案の狙い

銀貨のみの流通ではなく、既存の通貨との並存を前提と
して銀のメリットを生かした形で銀貨を流通させて銀の活
用を図りつつ、ドル等への過度の依存を回避する。

ドル等の基軸通貨の動向に左右されない体制の具体的
な検討としてメキシコの自立性をアピ-ルするだけでなく、
中南米地域全体の自立性もアピ-ルする。
メキシコでの銀の活用の提案④
1995年
30
2005年
(出所)http://www.legisladoresproplata.org/legisladores/cont_articulo7.aspのサイトより提案書の中の図
メキシコでの銀の活用の動き④
31
(出所)http://www.legisladoresproplata.org/legisladores/cont_articulo7.aspの
サイトより提案書の中の図
メキシコでの銀の活用の動き④
32
(出所)http://www.legisladoresproplata.org/legisladores/cont_articulo7.asp
のサイトより提案書の中の図
メキシコでの銀の活用の動き④
33
(出所)http://www.legisladoresproplata.org/legisladores/cont_articulo7.aspのサイトより提案書
の中の図
メキシコでの銀の活用の動き④
34
(出所)http://www.legisladoresproplata.org/legisladores/cont_articulo7.aspのサイトより提案書
の中の図
メキシコでの銀の活用の動き④

過去の事例
12グラム銀貨(1920~
1945)
7グラム銀貨(1947~1949)
4グラム銀貨(1950~1954
1.6グラム銀貨(1957~
1967
→前掲の図で見たように、
いずれも銀の時価が溶解
点を上回ってからは、銀貨
が退蔵されて失敗。
35

1979年の試み
銀貨に法定価値を刻印せ
ず、時価で流通させる試み
が1979年に行われるが、
価値が変動する銀貨の流
通は浸透せず、失敗に終
わる。
→この際の教訓が、今回の
提案の「銀貨の公示価値
は下げない」という所に取り
入れられている。
まとめ①(19世紀におけるメキシコの
銀の位置付け)

当時の世界の状況
ヨ-ロッパにおける金銀複
本位制度の崩壊に見られ
るように、19世紀の後半に
は銀を金に主役の座を譲
る事になる。
一方で、日本を含む東ア
ジアでは銀が20世紀に入
る直前までメキシコ銀は重
要な位置付けを占めてい
た。
36

北米での状況
19世紀の北米においても、メ
キシコの銀は中心的な貨幣と
しての位置付けを占めていた。
しかしながら、20世紀初頭には
大部分の国が金本位制度へ
移行して、メキシコを含む中南
米もドルブロックに組み込まれ
る事となる。
まとめ②(メキシコの銀の現代における
位置付け)

メキシコにとっての銀
銀は、メキシコにとってスペ
インの植民地時代から19世
紀末に至るまで重要な位置
付けを占めている。
単なる資源に留まらず、国
の過去の繁栄を象徴するも
のとしての意味も持ってい
ると考えられる。
37

メキシコの通貨制度の選択
メキシコにとっては、銀本位
制度も選択肢の一つで有り
得る。(例えば、ドル化と銀
本位制度はメキシコに取っ
て同等の選択肢という主張
もある。)
実際に2005年に銀貨流通
のための法案が議会に提
出されたのはその象徴と言
える。
まとめ③(メキシコの銀の現代にお
ける位置付け)

銀の活用の提案の現実性
銀の活用の提案は相応に工
夫された内容(銀貨の表面価
値を固定しない、かつ公示す
る価値の引下げも行わない)
であるが、
提案の実現やこの動きの中
南米全体への波及は、難しい
ものと思われる。
38

中南米全体での位置付け
本法案はその実現性・効果
よりも、ドル・米国の覇権に
対するアンチテ-ゼとして
の政治的なメッセ-ジとし
ての意義が大きいと言える。
最近アンデス諸国を中心に
資源ナショナリズムの高ま
りが見られるが、メキシコの
法案の動きも関連事項とし
て留意すべきと思われる。
まとめ④(ペル-の銀)

現在のペル-にとっての銀
ペル-では種々の鉱物資
源が採れるが、現在は輸
出品目としては金・銅・亜
鉛・鉛が主なものとなって
いる。
この意味では銀の資源とし
ての位置付けは大きく低下
しているが、象徴的な意味
は依然として相応にあると
考えられる。
39

資源国有化の動きとの関
係
最近大統領候補が問題に
した資源国有化の対象は、
天然ガス・原油であるが、
ペル-における銀の歴史
(ポトシ銀山の繁栄、輪番
制労働等)もこの動きの理
解のためには不可欠であ
ると考えられる。
主要参考文献(和文)








40
「物語ラテンアメリカの歴史」(中公新書、1998年、増田義郎)
「南米ポトシ銀山」(中公新書、2000年、青木康征)
「経済思想」「国際金融の知識」「マネ-の経済学」(日経文庫)
「貨幣から見た日本史」( 朝日選書)
ラテン通貨同盟 http://www.e.u-tokyo.ac.jp/~sbaba/20051110.htm
日本の通貨の歴史 日本銀行貨幣研究所HP
金と銀の交換比率 コインの散歩道http://www1.unetsurf.ne.jp/~sirakawa/A007.htm
一般的な用語検索・事典
デジタル大辞泉(小学館) / 提供:JapanKnowledge
フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
wikipediahttp://ja.wikipedia.org/wiki
旅研 世界歴史辞典デ-タベ-スhttp://www.tabiken.com/
主要参考文献(西文)


41
メキシコの通貨の歴史
メキシコ中銀のサイト
HPhttp://www.banxico.org.mx/siteBanxicoINGLES/index.ht
ml
銀貨流通のための法案
議員連盟による説明のサイト
http://www.legisladoresproplata.org/legisladores/cont_artic
ulo7.asp
法案関連の論文
http://www.plata.com.mx/plata/
ダウンロード

要旨 - 日本国際経済学会