はじめに
近年、飲酒が関与する重大な交通事故が発生しており、未成年の
時からのアルコールについての正しい教育がより重要となってきて
いる。
タバコは学校において健康被害等の防煙教育が徹底されてきて
いるが、アルコールは喫煙と異なり健康を促す側面もあり全否定で
きないため防酒教育導入の難しさがある。しかし、一方でアルコー
ルによる健康被害がある人やアルコール依存症に悩む人が多いの
も事実である。
そこで、早良区薬剤師会では、子どもたちへの防酒教育
の重要性を広く認識していただくために、成人を対象とし
て飲酒の開始時期および未成年者に対して飲酒を勧め
た経験の有無を調査・研究したのでここに報告する。
【調査対象】
早良区薬剤師会所属の薬局に関わりのある成人を対象。
【方法】
早良区薬剤師会所属の薬局84店舗に対して一店舗あたりアンケート15部ずつ配布して
回答を得た。
【有効回答数】
調査対象数1260名に対して有効回答数852名(67.6%)であった。
852名の内訳は20代218名、30代184名、40代182名、50代144名、60代以上124名で男性
は315名、女性は537名であった。
A.年代
15%
B.男女比
25%
20代
37%
30代
17%
男性
40代
50代
60代以上
22%
21%
女性
63%
【調査項目】 以下の項目についての質問を行った。また、回答方法は選択
肢の中の番号を選んで記入してもらった。
A.年代
B.性別
C.あなたはお酒を飲みますか?
D.あなたの初めての飲酒の経験はいつですか?
E.それは誰に勧められましたか?
F.あなたは未成年者へ飲酒を勧めたことがありますか?
G.それは何才くらいの未成年者に勧めましたか?(複数回答可)
H.あなたは未成年者の飲酒についてどう思いますか?(複数回答可)
C.あなたはお酒を飲みますか?
25%
はい
いいえ
75%
・全体の75%(639名)がお酒を飲むと回答した。
D.あなたの初めての飲酒の経験はいつですか?
8%
23%
10%
小学生の時
中学生の時
高校生の時
27%
大学生( 20才未満)
20才以降
32%
・全体の77%の人が20才未満での飲酒を経験していた。
・全体の約60%は高校生の時と高校卒業後20才未満の時に飲酒を経験した人で占
めていた。
E.それは誰に勧められましたか?
15%
周りの人から
自ら
85%
・周りの人から勧められて飲酒をした人が全体の85%を占めていた。
勧められた周りの人の内訳
1%
13%
25%
家族・親戚
友人・先輩
職場関係者
その他
61%
・友人・先輩から飲酒を勧められた割合が最も高く、次に多いのは家族・親戚から
だった。
F.あなたは未成年者へ飲酒を勧めたことがありますか?
27%
はい
いいえ
73%
・全体の27%の人が未成年者へ飲酒を勧めたことがあった。
G.それは何才くらいの未成年者に勧めましたか?
(複数回答可)
3%
6%
30%
61%
小学生くらい
中学生くらい
高校生くらい
大学生くらい
・全体の61%の人が大学生くらいの未成年者に飲酒を勧めていた。高校生くらいの
未成年者に飲酒を勧めた人と合わせると全体の91%となった。
H.あなたは未成年者の飲酒についてどう思いますか?
(複数回答可)
25
20
15
%
10
5
0
①
②
③
④
⑤
⑥
⑦
①成人するとどうせ飲むから構わない
⑤少量なら構わない
②体に悪い影響を与えるからよくない
⑥体への影響を知らないので判断できない
③迷惑かけなければいい
⑦付き合いがあるのでしょうがない
④法律で禁止されているからよくない
⑧その他
⑧
アンケート結果から
・未成年者のほとんどが飲酒を経験している。
・未成年者の飲酒に関して大人は寛容な意識がある。
以上の2つのことが推測できた。
また、アンケート結果を未成年者に飲酒を勧めたことがある人とない人とで
比較検討したところ以下に示す傾向がみられた。
D.あなたの初めての飲酒の経験はいつですか?
100
90
80
92.5
71.3
70
60
未成年者に飲酒を
勧め たこ とがある 人
勧め たこ とがない人
% 50
40
30
28.7
20
10
7.5
0
未成年の時
成人になってから
H.あなたは未成年者の飲酒についてどう思いますか?
(複数回答可)
50
40
未成年者に飲酒を
30
勧め たこ とがある 人
勧め たこ とがない人
%
20
10
0
①
②
③
④
⑤
⑥
⑦
⑧
①成人するとどうせ飲むから構わない
⑤少量なら構わない
②体に悪い影響を与えるからよくない
⑥体への影響を知らないので判断できない
③迷惑かけなければいい
⑦付き合いがあるのでしょうがない
④法律で禁止されているからよくない
⑧その他
2つのグラフから以下のことが示唆された。
・未成年者に飲酒を勧めたことがある人の92.5%
は、自分自身が未成年の時に飲酒を経験してい
た。
・未成年者に飲酒を勧めたことがある人は、未成
年者に飲酒を勧めたことがない人と比較して未成
年者の飲酒に対する意識が寛容である傾向がみ
られた。
未成年者に飲酒を勧めたことがある人
未成年者の飲酒に対し
て寛容な意識の傾向
・迷惑かけなければいい
・少量なら構わない
・付き合いがあるのでしょうがない
未成年者の飲酒
・体に悪い影響を与えるからよくない
・法律で禁止されているからよくない
未成年者に飲酒を勧めたことがない人
まとめ
・アンケート結果より全体の77%が未成年の時に飲酒を経験
していることから、私たち薬剤師は未成年者への服薬指導の
際にも飲酒の有無を確認し、飲酒の経験がある未成年者に
はアルコールの危険性を伝える必要がある。
・未成年者に飲酒を勧めたことがある成人は自分自身が未成
年の時に飲酒を経験している傾向がある。さらに未成年の飲
酒に対する意識が寛容である傾向が強い。
したがって、未成年者にアルコールついて正しい指導を行う
ことは、将来的に未成年者に飲酒を勧める大人の減少につな
がるのではないかと考えられた。
ダウンロード

大人が勧める未成年者の飲酒に関する調査