13.近似アルゴリズム
1
13.1
近似アルゴリズムの種類
NP困難な問題に対しては多項式時間で最適解を求め
ることは困難であるので、最適解に近い近似解を求める
アルゴリズムが用いられることがある。
このように、必ずしも厳密解を求めないアルゴリズムは、
大きく分けて2つの範疇に分けられる。
2
ヒューリスティックと近似アルゴリズム
ヒュ-リスティクス
(発見的解法、経験的解法)
遺伝的アルゴリズム(GA)
アニ-リング(焼きなまし法)
精度保証無し、
タブサーチ
実験的評価が主
ローカルサーチ
ニューラルネット
等
近似アルゴリズム
定数近似アルゴリズム(APX)
多項式近似スキーム(PTAS)
精度保証付き
完全多項式近似スキーム(FPTAS)
理論的解析が主
ここでは、近似アルゴリズムについてみていく。
3
α近似アルゴリズム
定義: α近似アルゴリズム
最小化問題に対して、いつも最適解のα倍以下の解
を入力サイズの多項式時間で求めるようなアルゴリズ
ムをα近似アルゴリズムという。ここで、a ³ 1 でありα
を近似率という。すなわち、最適解をfOPT (x ) と表し、
アルゴリズムの解の評価値を fA L (x )
と表すと、常
に次の式を満足する。
fA L (x )
£ a
fOPT (x )
\ fA L (x ) £ a fOPT (x )
4
β近似アルゴリズム
定義:β近似アルゴリズム
最大化問題に対して、いつも最適解のβ倍以上の解
を入力サイズの多項式時間で求めるようなアルゴリズ
ムをβ近似アルゴリズムという。ここで、b £ 1 でありβ
を近似率という。また、βを近似保証ということもある。
すなわち、最適解を fOPT (x ) と表し、アルゴリズムの解
f (x )
の評価値を A L
と表すと、常に次の式を満足す
る。
fA L (x )
³ b
fOPT (x )
\ fA L (x ) ³ b fOPT (x )
5
APX
定義:クラスAPX
α(あるいはβ)定数であるような多項式時間アルゴリズ
ムが存在するクラスをAPX(APproXimation)という。
6
PTASとFPTAS
定義:PTAS、FPTAS
近似率α(β)を限りなく1に近づけることができるとき、
そのようなα近似アルゴリズムをPTAS(Polynomial
Time Approximation Scheme,多項式時間近似スキー
ム)という。すなわち、任意の正数 e > 0 に対して、a = 1 + e
とできる入力サイズの多項式時間アルゴリズムを
PTASという。さらに、入力サイズ n と精度1 e の多項
式時間アルゴリズムFPTAS(Fully Polynomial Time
Approximation Scheme,完全多項式時間近似スキー
ム)という。
問題によっては、PTASが存在しない(知られていない)
ものがある。また、定数近似すら存在しない問題もあ
る。このようなアルゴリズムの出力は入力サイズに依
存した近似値になってしまう。
7
近似アルゴリズムの存在
近似アルゴリズムが存在するクラス
APXが存在するクラス
PTASが存在するクラス
FPTASが存在するクラス
8
13-2.巡回セールスマン問題
巡回セールスマン問題には、ネットワーク型と、幾何型とがある。
ネットワーク型の巡回セールスマン問題では、入力は辺
重み付きのグラフであり、出力は頂点を全て辿る閉路で重
みの総和が最小のものである。
5
2
2
9
三角不等式を満足しないようなネットワーク型の巡回セール
スマン問題は、近似アルゴリズムを得ることすらNP-困難で
ある。
具体的には、定数近似アルゴリズムが存在するとと、NP完
全問題であるハミルトン閉路問題が多項式時間で解けてし
まう。つまり、ハミルトン閉路問題をネットワーク型の定数近
似巡回セールスマン問題に帰着できてしまう。このことより、
ネットワーク型の巡回セールスマン問題には定数近似アル
ゴリズムは存在しないと考えられている。
10
ハミルトン閉路問題と巡回セールスマン問題
問題
名称:ハミルトン閉路問題
インスタンス:グラフG
問い:G中に、全ての頂点を丁度1度だけ通るような
閉路は存在するか?
問題
名称:巡回セールスマン(NTSP)
インスタンス:ネットワークN、正数K
問い:ネットワーク中の全ての頂点を通るような閉路
で重みの総和がK以下となるようなもの存在するか?
11
巡回セールスマン問題への帰着
ネットワーク型の巡回セールスマン問題を解くα近似アル
ゴリズムが存在すると、次のようにハミルトン閉路問題を巡
回セールスマン問題に帰着できる。つまり、ハミルトン閉路
問題のインスタンスであるグラフGから巡回セールスマン
問題のインスタンスである辺重み付きグラフ(ネットワーク
N)と整数Kを定めればめることができる。
まず、Gの辺に全て1の重みをつけてネットワークNを構
n
成する。次に、Kとして、K =
として、巡回セールスマ
a
ン問題へ帰着する。このとき、αの定数近似であるAPXが
存在すると、多項式時間でハミルトン閉路の存在判定がで
きてしまう。
以上のことより、 P ¹ N P
である限り、ネットワーク
型の巡回セールスマン問題を解く多項式時間アルゴリズ
ムはない。
12
幾何巡回セールスマン問題(GTSP)
実は、幾何巡回セールスマン問題には、定数近似アルゴリズム
が存在する。ネットワーク型と、幾何型での最大のちがいは、三
角不等式が成り立つかどうかである。ここで三角不等式とは、任
意の x , y , z 対して、次が成り立つことである。
d(x , y ) £ d(x , z ) + d(y, z )
13
2次元(ユークリッド)平面上の点集合を考えれば、2点間の距
離は自動的に三角不等式を満たす。
このことは、利用できる情報(三角不等式)が多くなっ
たということであり、ネットワーク型よりも幾何型の方が
問題が簡単であることを意味する.実際、幾何型の巡
回セールスマン問題は、FPTASを持つことが最近(19
98年)に示された。このアルゴリズムは複雑なので、
ここでは2近似アルゴリズムとそれを改善した1.5近
似アルゴリズムを示す。
14
NTSPとGTSP
近似アルゴリズムが存在するクラス
NTSP
APXが存在するクラス
PTASが存在するクラス
GTSP
FPTASが存在するクラス
15
2近似アルゴリズム
GTSPに対する2近似アルゴリズム
1.点集合を連結する最小全域木MST Tを
求める。
2.Tの辺を辿りながら、全ての点を通る巡回路
C を求める。(Tの辺を全て2重化すればいい。)
3.C で一度通過した点をショートカットする順回
路 C 'を求める。
次にこのアルゴリズムの動作を示す。
16
2近似アルゴリズムの動作
入力(点集合)
2重化
最小木T
ショートカット
17
近似率の解析
最適な順回路をC OPT とし、アルゴリズムで得られる順回
路をC A L とする。また、 COPT , C A L でそれぞれの長さを表
すものとする。
順回路 C OPT
から任意に一本辺を除去すると、全
域木が得られる。よって、最小全域木 T の方が辺の重
み総和は小さい。(そもそも、頂点を連結するもののなか
で、重みが最小なものが最小全域木であった。)
よって、次が成り立つ。
T £ COPT
18
また、アルゴリズムで得られる閉路では、最小木を2
重化したものより小さいので、次が成り立つ。
C AL £ 2 T
C AL
\
£ T
2
以上より、
C AL
\
£ T £ C OPT
2
\ C A L £ 2 C OPT
C AL
\
£ 2
C OPT
19
1.5近似アルゴリズム
GTSPに対する1.5近似アルゴリズム
1.点集合を連結する最小全域木MST Tを
求める。
2.Tにおいて、次数が奇数の点からなる完全グラ
フを作り、最小重みマッチングMを求める。
3.T+Mはオイラーグラフであるので、一筆書きに
対応する順回路Cを求める。
4.3の順回路Cからできるだけショートかっとして、
順回路C ' を構成する。
20
1.5近似アルゴリズムの動作
入力(点集合)
マッチングM
最小木T
ショートカット
21
近似率の解析
最適な順回路をC OPT とし、アルゴリズムで得られる順回
路をC A L とする。また、 COPT , C A L でそれぞれの長さを表
すものとする。
2近似アルゴリズムの解析と同様にして、
T £ COPT
を得る。
また、 C OPT 上で、次数が奇数の点(奇点)を結ぶパスを
考える。 C OPT 上で、奇点を結ぶパスを交互に選ぶことによ
り、 C OPT 上の辺集合を2つに分類する。
22
奇点が偶数個しかないことに注意すると、いつ
もきちんと2分割することができることがわかる。
C OPT
このように、 C OPT の辺集合を、
P P と分割できる。もちろん、 COPT = P1 È P2
1
よって、
2
COPT = P 1 + P2
23
また、三角不等式がなりたっているので、
パスで結ぶより直接辺でたどったほうが短い。
よって、最小マッチングMの重み総和に関して,
次が成り立つ。
M £ min {P1 , P2 }
\ C OPT = P1 + P2
³ 2 min {P1 , P2 }
³ 2M
24
一方、アルゴリズムより、
C AL £ T + M
以上より、
C AL £ T + M
£ C opt
1
+ C opt
2
3
= C opt
2
\
C AL
C opt
£ 1.5
25
このように、いろいろな技法を組み合わせて、近似率の改善が
行われる。
NP完全問題に対しても、厳密解でななくてもよければ、
近似アルゴリズムの適用を考えてみると良い。
26
13-3.ナップザック問題
ナップザック問題の一般形は次のよう書ける。
問題: ナップザック
P 特徴ベクトル
x = t (x 1, x 2, L , x n )
n
最大化
f (x ) = å vi x i
i= 1
条件
n
å
si x i £ b
i= 1
x i Î {0,1}
27
ナップザック問題における欲張り法
(グリーディ法、Greedy法)
連続ナップザック問題のように、単位価値の高い法から順に
選んでいく方法を考察する。このように、部分的に評価関数を
改善するだけの方法を欲張り法(Greedy法)という。(欲張り法
でも近似アルゴリズムになっていることもある。これらは、問題
やアルゴリズムをきちんと解析しないとわからない。)
28
ナップザックに対する欲張り法
1.単位価値の高い順にならべる。すなわち、必
要なら添え字を付け換えて、
v1 v 2
vn
³
³ L ³
s1
s2
sn
とする。
2.i = 1 から n まで順番に
i- 1
si £ b -
å
sjx j
なら x i = 1 とし、
j=1
そうでないなら
xi = 0
とする。
29
欲張り法の性能
g
g
g
g
欲張り法で得られる解を x = (x1 , x 2 , L , xn ) とおき、
最適解をx o = (x1o , x 2o , L , xno ) とおく。
x g = x o なら、欲張り法と最適解が一致している。
g
o
以下では、x ¹ x のときを考えよう。
このときは、最適解には採用されたが、欲張り解に
は採用されなかった最初の要素を考えてその添え字を
とする。すなわち、
j
0 = x jg < x oj = 1
このとき、任意の i £ j - 1
x jg ³ x oj
である。
に対して、
30
よって、
j
n
f (x ) =
g
å
i= 1
j
³
å
i= 1
vx +
vx =
g
i i
i= 1
å
j
vx +
o
i i
i= 1
å
vi (x ig - x io )
i= 1
j
vj æ
si (x - x ) = å v x + ççå si x ig sj
s j çè i = 1
i= 1
j
o
i i
j
å
vx ³
g
i i
j
vj
å
i= 1
g
i
o
i
o
i i
ö
÷
åi = 1 s x ÷÷ø
j
0
i i
という式が成り立つ。ここで、次のようなことに注意する。
任意の
i³ j+1
に対して、
v
vi
£ j
si
sj
である。
欲張り法で j が選ばれなかったことから、
j
j- 1
å
g
i i
sx =
å
i= 1
si x ig > b - s j
i= 1
最適解でも制約式を満たすので、
n
å
si x io £ b
i= 1
j
\
å
i= 1
n
si x £ b 0
i
å
i= j + 1
si x i0
31
以上より、次の関係式が導ける。
ö vj æ
çç b - s ÷
s
x
³
÷
åi = 1 ÷ø s çç( j )
j è
j
vj æ
ççå s x g i i
s j çè i = 1
j
0
i i
ö
æn
ö
vj æ
÷
o÷
ç
ç
çççç å si x i ÷
³
- sj ÷
³
÷
÷
÷
÷
ç
s j çèèi = j + 1
ø
ø
æ
ççb ççè
ö
ö
÷
÷
÷
÷
s
x
÷
å
÷
÷
÷
ø
i= j + 1
ø
n
o
i i
n
å
vi x io - v j
i= j + 1
ææ n
ö
ö
v
÷
j çç
g
o
o÷
\ f (x ) ³ å vi x i + çççç å si x i ÷
- sj ÷
÷
÷
÷
÷
ç
s j çèèi = j + 1
ø
i= 1
ø
j
n
³
å
vi x io - v j ³ f (x o ) - v j ³ f (x o ) - v max
i= 1
なお、ここで、v max
は価値 v i の最大値である。
32
欲張り法で悪い評価値を出すインスタンス
A
a1
s1  1
v1  2
a2
s2  1
v2  2
a4
a3
B = 10
s3  1
v3  2
s4  10
v4  10
x g = (1,1,1, 0)
S  (1,1,1,10)
V  (2, 2, 2,10)
b = 10
f (x g ) = 6
x o = (0, 0, 0,1)
f (x o ) = 10
33
ナップザックの1/2近似アルゴリズム
ナップザックに対する1/2近似アルゴリズム
g
1.欲張り法によって解 x
を求める。
2.価値が最大のものを一つだけ選ぶ。
3.上の2つのうちで大きい方を解x a
として
出力する。
34
近似率
アルゴリズムの出力(解)
が成り立つ。
x
a
とする。このとき、以下の式
g
f
x
(
) + v max 1
a
o
f (x ) ³
³
f (x )
2
2
以上より、1/2近似アルゴリズムであることがわかる。
35
ナップザック問題に対するFPTAS
e
ナップザック問題に対しては、任意の正数 に対する
近似保証 (1 - e ) のアルゴリズムが知られている。
ナップザックに対するFPTAS
evmax
1.与えられた に対して、 K =
とおく。
n
êvi ú
v
'
=
ê ú と修正する。
2.各要素 i に対して、価値を i
êëK ú
û
e
3.修正した価値のもとで、ナップザックの最適解 x
を動的計画法で求める。
r
r
4.上記の解 x と最初の価値のもとでの最大値を比べて
評価値の高いものをアルゴリズムの出力(解)x a とする。
36
FPTASの評価
êv
vi ' = ê i
êëK
ú
ú とおいていることにより、 0 £ vi - Kvi ' < K
ú
û
よって、任意の解 x に対して,その修正後の評価値
に関して次式が成立する。
f '(x )
0 £ f (x ) - Kf '(x ) < nK
r
x
一方、
は修正した価値での最適解なので
f '(x r ) ³ f '(x o )
また、
f (x a ) ³ vmax
37
よって、
f (x ) ³ f (x ) ³ Kf '(x ) ³ Kf '(x )
a
r
r
o
³ f (x o ) - nK = f (x o ) - ev max ³ f (x o ) - e f (x a )
以上より、
(1 + e) f (x a ) ³ f (x o )
1
\ f (x ) ³
f (x o ) > (1 - e) f (x o )
1+ e
a
38
計算時間
ステップ3の動的計画法の部分について考察しよう。
まず、動的計画法に基づくナップザックアルゴリズムとして、
大きさが決まっているときの価値の最大値を表として構成して
いた。この動的計画法に基づいた場合、O (nb) 時間のアルゴ
リズムが得られた。
ここでは、この動的計画法を以下の方針に切り替える。
価値が決まってているときに、大きさの最小値として構成する。
このような動的計画法も構成できることに注意する。この場合、
価値の最大値は、 v max であるので、評価値の最大値は、
O (nv max ) である。よって、アルゴリズムの計算量は、
O(n 2vmax )
時間である。
FPTASでは修正した値を用いるので、結局、
1 3
2 êv max ú
2 ên ú
O (n ê
ú) = O (n ê ú) = O ( n )
êë K ú
êëe ú
e
û
û
39
ナップザック問題の近似可能性
近似アルゴリズム
ナップザック
APX
PTAS
FPTAS
40
ダウンロード

pptx