ISO14001発行の背景
持続可能な社会への対応
~地球温暖化問題と資源問題~
環境カウンセラー 宇田吉明
1
講師略歴
1947年 神奈川県川崎生まれ
1970年 早稲田大学卒業後明治製菓に入社
食品及び医薬品のエンジニアリングに従事、多くのヒット商品を手がける
食料生産部次長、工務環境室長・環境管理責任者を歴任
大阪工場時代に省エネ及びゼロエミッションで農林水産大臣賞
省エネルギーセンター等で省エネ対策の講演活動
月刊誌等で省エネ対策、ゼロwミッション等の執筆活動
2000年 摂南大学非常勤講師(地球・環境資源論)
事業者の環境経営の支援及び市民のエコライフ支援活動を開始
2008年 省エネコンテスト家庭部門で企業賞2部門受賞
現在
NPO大阪環境カウンセラー協会 副理事長
EA21地域事務局大阪 運営委員 判定委員長 普及委員長
大阪市なにわエコ会議 企画委員 環境に配慮した企業部会長
資格
エネルギー管理士、環境カウンセラー、公害防止管理者、建築士
ISO14001審査員、EA21審査人、中小企業診断士他
著書
2
2000年
2004年
2004年~
2006年
2008年
2008年
ISO14001発行の経緯
1986年
「環境と開発に関する世界委員会」(WCED)が
“持続可能な開発”(Sustainable Development)提唱
1991年6月
「持続可能な発展のための産業人会議」(BCSD)が
ISOに国際規格作りを勧告
1991年9月
ISOが「環境に関する戦略諮問グループ」(SAGE)を
設立し、国際規格作りのニーズ及び計画作り開始
1992年
地球サミット
1993年6月
第1回専門委員会
TC207(Technical Committee)開催
1996年9月
環境マネジメントシステム規格 ISO14001、14004発行
環境経営システムガイドライン エコアクション21発行
3
(背景)持続可能な経済社会の方向
(
課
題
)
(
目
的
)
(
目
標
)
(
活
動
計
画
)
限りある
化石資源
資源の枯渇
生物、子孫
への影響
有害物資汚染
気候変動、
食料不足
地球温暖化
<循環型社会> <安心安全社会> <低炭素社会>
•3R社会の構築
•生物資源へ
•省資源
•再生資源の活用
•生物資源の活用
•安全な物質へ転換
•安全な製法の採用
•環境配慮原材料
•低公害対策
•製法変更
•温室効果ガスの削減
•吸収源の確保
•低炭素製品
•省エネ、創エネ
•森林保全
4 4
※事業者も省エネ、省資源、有害物質の低減に取り組むことが重要な責務
海面温度の変化
5
異常気象と損害
6
気候変動によるリスクの評価
~EUの基本的な考え方~
ニコラス・スターン元世界銀行上級副総裁による気候
変動問題の経済影響に関する報告書(2006年10月)
対策を講じなかった場合
対策を講じた場合
被害
GDPの5%~20%
被害
GDPの1%程度
気候変動に伴う農業・インフラ・工業生産などへの経済影響
(年間、世界総GDPベース)
7 7
オイルピーク
私
娘
孫
8
人類の歴史の中の化石燃料時代
9
環境関連法規制
地球温暖化対策推進大綱
~温暖化対策・資源対策関連~
地球温暖化対策推進法
<低炭素型社会>
省エネルギー法
気候変動枠
組み条約
京都議定書
環境基本法
新エネルギー法
フロン回収・破壊法
RPS法(電力会社の新エネ利用)
環境教育推進法
環境配慮促進法(削減等の公表)
環境配慮契約法
<循環型社会>
循環型社会形
成推進基本法
廃棄物処理法
グリーン購入法
各種リサイクル法
10 10
東京都のCO2削減義務化
~東京都環境確保条例改正~
大規模事業所に二酸化炭素の排出削減を義務
排出量取引制度も取り入れ、国に先駆けた全国初の「キャッ
プ・アンド・トレード」方式が導入される
削減期間:2010~2014年
対象:エネルギー使用量1500KL以上の工場やオフィスなど。
(原油換算/年)
削減目標:工場等・・・6% オフィスビル・・・8%
措置命令違反:罰金+調達費請求+公表
11
環境関連規制
~EUの化学物質関連~
WEEE
ELV指令
RoHS指令
電気電子機器 廃電機・電子機器リサイ
クル関連
自動車
自動車リサイクル関連
電気電子機器 製品含有禁止
REACH規制 各製品
EuP指令
使用/含有化学物質の
登録とリスク評価
環境配慮設計(エコデ
ザイン)を義務
12
環境経営が求められる構図
消費者意識と企業の動向(経済社会のグリーン化への動き)
【消費者意識】
【大企業の動向】
【中小企業の動向】
【商品・サービス】
安心・安全で環境によ
いものを選択
省エネ・創エネ製品
省資源・再生資材利用
有害物質の非使用
製品情報の開示
省エネ・創エネ部品
省資源・再生原料利用
有害物質の非使用
製品情報の開示
【企業】
環境に配慮した企業を
選択
グ
リ
ー
ン
購
入
ISO14001 認 証 取 得 、
グリーン調達の実施、
LCA(製品の生涯の影
響評価)の実施
企業情報公開
グ
リ
ー
ン
調
達
マネジメントシステムの導入
(ISO、EA21認証取得)
企業情報開示
戦略的環境経営
13 13
企業のグリーン調達の構図
~サプライチェーンのグリーン化~
これまでは化学物質管理が中心
環境性能の高い製品
今後は二酸化炭素排出量取引で
関係が強化する可能性がでてきた
製品メーカー
(グリーン調達)
アッセンブリーメーカー
(グリーン調達)
部品メーカー
(グリーン調達)
資材メーカー 資材メーカー
部品メーカー
(グリーン調達)
資材メーカー 資材メーカー
アッセンブリーメーカー
(グリーン調達)
部品メーカー
(グリーン調達)
資材メーカー 資材メーカー
部品メーカー
(グリーン調達)
資材メーカー 資材メーカー
14
グリーン調達の要求事項
要求事項の明示
■購入先に対する要求事項
=環境経営システムの構築
・企業理念、方針の策定
・組織、目標、計画の明確化
・法規制の遵守
・緊急事態への対応
・環境影響評価
(化学物質の管理、水質汚濁の防止、廃棄物管理等)
■資材に対する要求事項
・法律、条例の遵守
・使用禁止物質の含有禁止
・工程での指定物質の使用禁止
・省エネルギー、省資源、再生資源化等の取り組み
QCDからQCD+E(環境)へ
Q:品質
C:コスト
D:納期 15
環境マネジメントシステムの比較
ISO 14001
認証登録件数
下記webサイト
より調査の最
近のデータ
JAB
IGES
エコステージ
KES
審査登録料
50名程度の
製造業の場合
20,085
80~120万円
EA21
エコステージ
6,854
22.5万円
ステージ1:649
ステーシ2: 89
ステーシ3: 6
ステーシ4: 1
H23.11.1
KES
ステップ1:1,805
ステップ2:1,097
ステージ1がEA21
に相当
ステージ2が
ISO14001に相当
ステップ2がEA21
に相当
他地域登録を含
む)
54万円
25万円
審査の方法
コンサル不可
助言あり
審査人を希望できる
特徴
国際標準
システム重視
ISO14005で段階
的取組あり
国の公的制度
パフォーマンス重視 段階式評価
環境活動レポートが
公開される
助言あり
京都市から地方
へ
16
環境マネジメントシステムの構成
環境経営システム
環境影響評価システム
環境情報公開
体制
手続き
統合型
環境経営システム
取組状況の
把握・評価
情報開示
環境会計
ISO14001
環境パフォーマンス評価
環境報告書
(二酸化炭素排出量などを把握評価)
EA21環境経営システム
17 17
環境マネジメントシステムの大枠
~ (環境)目標を達成し継続的に改善するための仕組み~
①
②
③
④
⑤
方針を定め
目標を設定し、実施計画を立て
役割と責任を決め、教育し、実施し
結果を評価し、見直し
継続的に改善する
継続的改善
PDCAサイクル
経営に必要な
手段
品質管理のためデミングらに
より提唱された
環境を切り口にしたものが
環境経営(マネジメント)システム
計画:Plan
見直し:Act
目標の達成
点検・是正:Check
実施・運用:Do
18
まとめ
~環境マネジメントが必要な背景~
•低炭素社会への取り組み(気候変動の抑制、化石燃
料の依存度の低減)
•循環型社会構築への取り組み(資源枯渇への対応)
•有害物質の削減
•省資源、省エネ、効率アップ(コスト削減)
•緊急事態等リスク対策
•企業としての責務(サイト内活動、製品・サービス)
•消費ニーズへの対応
•持続可能な企業
19
ダウンロード

中小企業における 環境経営の必要性と取り組み事例